2018年2月17日 (土)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第41号・42号 カメラボード付属の高額号

Atom414201

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。13日の火曜日に41号と42号が到着しました。

そんなに工作内容は多くないので平日の夜でも十分に出来そうでしたが、結局週末まで手掛けられませんでした。現在は左脚の作成で、既に完成している右脚の時の作業の繰り返しのようなものなので、あまり新鮮味がないからということもあります。

高額号である42号にはカメラボードが付属していますが、アトムへの組み込みはずっと後の号になります。

Atom414202

まず41号から開封します。
アトムの大きな足のパーツが出てきます。

Atom414203

今回は前回までに組み立てた左足首のパーツに足の甲や足の裏を取り付けていきます。難しい作業内容は全くありません。

Atom414204

まず足首のパーツのサーボモーター用ハーネスの向きを取り付け位置に合わせて曲げていきます。

Atom414205

脚の甲のパーツの裏側に足首のパーツをはめ込みます。ハーネスは動きの邪魔にならない位置になるようにします。

Atom414206

足の裏のパーツをはめ込んで7か所のビスで固定します。

Atom414207

これで今回の作業は終了です。
サーボモーターの動作テストは今回は指示されていません。まあ前回やったばかりなので大丈夫でしょう。

Atom414208

続いて42号を開封します。
今号は5990円の高額号となっています。小さいながらも高価なカメラボードが付属しているからです。カメラボード自体はまだ組み立てに使用しません。ずっと先の号で組みこむのですが、適度に高額号を導入して連続して読者の負担が重くならないようにしているのでしょう。

Atom414209

今回は付属のカメラボードを確認してハーネスを取り付ける作業を行います。

Atom414210

カメラボードが入っている静電気防止袋から取り出す時は、シリーズに付属してきた白手袋を使用するとの事。ちゃんと手を洗ってから放電していれば素手でえも大丈夫ですが、せっかく手袋付属しているので今回はちゃんと使っておきます。

Atom414211

白手袋をはめたまま、カメラボードにハーネスを取り付けます。

Atom414212

ハーネスを取り付けた状態で、再び静電気防止袋に戻して今回の作業は終了です。
今回にて、全70号のこのシリーズの60%に到達しました。残り4割です。

Atom414213

次号、43号は左股関節のサーボモーターが付属します。
今回作業した右つま先部分のサーボモーターの動作テストも実施します。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第39号・40号 左足首の組み立て

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第52号、第53号 意気の上がらない飾りコード設置作業

Bttf0525301

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。2月4日の日曜日に52号と53号が到着しました。

現在コクピット部分の製作中です。全130号のシリーズのまだ半分にも到達していません。今回のパッケージは2号ともペラペラに薄いものです。映画の中のデロリアンのメカメカしいディティールアップのための飾り配線のパーツの為です。

48号と49号でコクピット内部の飾り配線を組み立てた時は、正直言ってあまり楽しい作業とは思えませんでした。模型っぽく配線が太くてリアル感が無いからです。今回もそんな感じの作業になるのかと少々気が重いですが、週末の内に組み立てを進めます。

Bttf0525302

52号から開封します。
シリーズ中番らしく、スッカスカに軽い内容です。この号だけ取り出したらとんでもないボッタクリですが、長丁場のシリーズでは仕方ないことです。

Bttf0525303

今回は運転席の横に飾り配線を這わせ、フロアパネルにドアシルを取り付けていきます。

Bttf0525304

組み立て中のフロアパネルを用意します。

Bttf0525305

まず今回付属のビニールパイプ3本と4色コードを全てひとまとめにして結束バンドで束ねます。位置は後で調整できるように少しだけ緩くしておきます。

Bttf0525306

運転席の横の床に束ねたコードを這わせ、橋をダッシュボードの裏側に通します。

Bttf0525307

コード類の後ろ端をフロアパネルに合わせて今回付属のコークリップで止めます。

Bttf0525308

ダッシュボードの前に出したコードを固定します。
既に固定しているコードクリップを一旦外して今回のコードも挟みこみます。それぞれのコードやパイプの長さが異なるので、余った部分をこのダッシュボード部分に出して調整しました。

Bttf0525309

ドアシルにパーキングブレーキのレバーを取り付けます。

Bttf0525310

パーキングブレーキは裏側から1本のビスで固定します。

Bttf0525311

ドアシルの位置合わせをしたら、コード類を纏めている結束バンドを閉めて余分を切断します。

Bttf0525313

ドアシルをはめ込みコード類をパーキングブレーキのレバーの上部に這わせます。

Bttf0525314

フロアパネルの裏側からビス3本でドアシルを固定します。

Bttf0525315

これで今回の作業は終了です。

Bttf0525316

続いて53号を開封します。
52号に引き続き、ペラペラスカスカのパーツです。

Bttf0525317

今回は、助手席側のパイプやチューブ類の設置です。全て映画のデロリアン独自の飾りパーツです。

Bttf0525318

前回に引き続き、フロアパネルパーツに取り付けていきます。

Bttf0525319

まずシルバーの二つのチューブのパーツを連結してビスで固定します。このパーツは樹脂の成型パーツなので、位置を正確に設置することが出来そうです。

Bttf0525320

接続したチューブを助手席の横側に設置します。先端はダッシュボードの下側の穴に入れます。

Bttf0525321

フロアパネルの裏側から2本のビスで固定します。

Bttf0525322

続いてドアシルを取り付けます。
パイプやコード類を先に設置するのかと思っていたのですが、別にどっちが先でも問題無さそうです。

Bttf0525323

ドアシルはフロアパネルの裏側からビス留めして固定します。

Bttf0525324

今回付属のパイプやコード類を全てひとまとめにして、結束バンドで締めます。この時点では後で結束バンドの位置を調整出来る程度に締めておくに留めます。
パイプやコード類は長さが揃っていないので、コネクターのパーツが付いている方を揃え、もう一方の先はバラバラの長さにてダッシュボード側に隠すことにします。

Bttf0525325

束ねたコード類をダッシュボード前側に通します。

Bttf0525326

コードクリップを一旦外してから、今回のコード類も一緒に挟みこんで固定します。

Bttf0525327

コード類を助手席の横に這わせてから結束バンドを締め、余分を切ります。

Bttf0525328

これで今回の作業は終了です。
ゴチャゴチャとした飾りコードが増えてきました。しかしコードが太すぎる上に結束バンドが大きすぎてリアル感はあまりありません。試作品と異なる結束バンドは何とかならないものでしょうか。改良している方も多いかと思います。

今回は48号、49号の時の飾りコード設置作業ほど面倒なことはありませんでしたが、あまり意気の上がる内容ではありませんでした。仕方ありません。

Bttf0525329

次回54号ではシートの後ろ側にバルクヘッドを設置します。55号では音声ギミックを出力するスピーカーが付属します。スイッチパネルをハッチに取り付け、バルクヘッドに設置します。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第50号、第51号 ちゃんとクッションの入ったシート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第39号・40号 左足首の組み立て

Atom394000

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。1月30日に39号と40号が届きました。

現在は左脚の製作中です。既に右足を組み立て終わっているので、既に行った作業と同じような作業を繰り返していきます。そんなに時間を要さないので平日の夜でも作れるのですが、新鮮味がないので意気が上がらず、結局週末まで持ち越しになりました。

Atom394001

まず39号から開封します。
左つま先のパーツの他、サーボホーンなどが入っています。

Atom394002

今回の作業は、左つま先用のサーボモーターの組み込みです。

Atom394003

前号に付属してきたサーボモーターも使用して作業を行います。

Atom394004

まず、38号に付属してきたサーボモーターにサーボホーンを取り付けます。

Atom394005

今号付属の2本のサーボモーター用ハーネスの内、長い方を取り付けます。

Atom394006

サーボモーターにIDを書き込みます。今回はID19です。

Atom394007

サーボモーターに19番のシールを貼ります。

Atom394008

サーボモーターのコネクタ部分に保護用の黒シールを貼ります。

Atom394009

サーボホーンに左足首パーツを取り付けます。
取り付けの方向は決まっているので、組み立てガイドを見てよく確認し、ビス穴を合わせてビス4本で固定します。

Atom394010

これで今回の作業は終了です。
足首のパーツは余っていますが、これは次号のサーボモーターを組みこむときに使用します。

Atom394011

続いて40号を開封します。

Atom394012

今回はサーボモーターは付属しています。左足首に組み込むID18のサーボモーターです。IDを書き込んでから、39号付属のパーツを使用して組み立てていきます。

Atom394013

39号で組み立てた左足首パーツと残りのパーツを全て使用して作業を進めます。

Atom394014

組み立てガイドの手順では、まずサーボモーターにサーボホーンを取り付け、IDを書き込む前に18番のシールを貼っておくことになっています。シールは後でも先でも変わらないので、問題ありません。

Atom394015

前号付属の短いサーボモーター用ハーネスを取り付け、ID18を書き込みます。

Atom394016

コネクタ部分に黒い保護シールを貼ります。

Atom394017

前号で組み立てた足首パーツのID19のサーボモーターに取り付けた長いハーネスに白テープを巻いて目印にします。貼るのはコネクタから6cmの場所です。今回もご丁寧に冊子の下端に6cmのスケールが印刷されています。至れり尽くせりのシリーズです。

Atom394018

足首パーツを組み立てていきます。
白テープを巻いたハーネスをパーツの穴に通します。ハーネスローラーもちゃんと取り付けておきます。完成後に稼働させるときに、このハーネスローラーは重要だとの事。

Atom394019

ハーネスを更にパーツの穴に通していきます。

Atom394020

ハーネスの白テープを巻いた部分が、足首パーツから出す位置の目印になります。ハーネスがパーツ内部で浮かないように白テープで押さえます。

Atom394021

白テープで押さえたハーネスが挟まらないように気を付けながら、今回IDを書き込んだID18のサーボモーターをはめ込みます。

Atom394022

左足首のパーツを被せます。

Atom394023

3か所のビス穴にビスをねじ込んで固定します。

Atom394024

これで今回の作業は終了です。

Atom394025

次号、41号のパーツは左足部分です。
今回の足首と組み合わせていきます。50号までは坦々とした組み立て作業が続くことと思います。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第37号・38号 Raspberry Pi3がやってきた!

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第41号・42号 カメラボード付属の高額号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

アシェットティレルP34と零戦五二型創刊号、両方買っても489円

P345201

書店に行ったら、アシェットの「ティレルP34をつくる」と「零戦五二型」の創刊号が平積みされていたので、思わず両方手に取って買って来てしまいました。ティレルP34は190円、零戦五二型は299円。両方買っても489円とワンコインでおつりがくる価格。パンサー戦車の創刊号もありましたが、さすがに3冊は帰りの荷物が多くなるうえに後のパッケージの処理が面倒なので我慢しました。

パートワークの創刊号は、今後シリーズを続けてもらうために興味を持ちやすい内容にして破格の値付けをしています。毎回少しずつ付属するパーツを組み立てていって大型模型が完成するので、創刊号のパーツだけでは殆どの場合、無駄になります。でも冊子の内容が充実していたりする上に、アシェットの場合はスタートアップDVDが付いているので結構楽しめるものです。

P345202

まずは創刊号ビックリ価格190円のティレルP34を作るから確認します。異色のF1マシン、6輪ティレルの大型模型のシリーズです。190円でスタートアップDVDまで付属しています。私の様に創刊号だけ買う人が大勢いることでしょう。

P345203

創刊号は190円ですが、2号以降は1,799円。全110号予定です。
最近発刊される大型モデルカーのパートワークはどんどん号数が多くなっているような気がします。造りが良くなっているというよりは、多く分割してトータル価格をアップしているのではないかと思います。
F1マシンの8分の1模型は、せいぜい70~80号位が妥当ではと個人的には感じています。このスケールで過剰に細かい部分までの再現でパーツを分けでも、工作の楽しさには比例しないと思います。

P345204

開封します。
大きなフロントスポイラーのパーツ、そしてスタートアップDVDが出てきました。

P345205

このシリーズでは、全110号で2年以上を掛けて全長51cmの8分の1スケール大型ディスプレイモデルを組み立てていきます。現在私が組み立てているデアゴスティーニのデロリアンの模型とほぼ同じ大きさです。

ティレルP34は1976年と77年の2年間に亘って活躍しましたが、今回のシリーズでは1976年F1世界選手権イン・ジャパンで走行したジョディー・シェクターのマシンを再現します。

1976年は、日本では「日本グランプリ」の名称は全日本F2000選手権最終戦で使用されることが決まっていたため、「F1世界選手権イン・ジャパン」なんていう変則的な名称で開催されました。富士スピードウェイで開催されたこのレース、当時のスーパーカーブームと相まって子供の頃の強烈な思い出となっています。その中でもティレル6輪は人気が高く、プラモデル等たくさん発売されました。

P345206

スタートアップDVDでは、シリーズで製作する模型の紹介に加え、最初で最後の6輪のF1マシン、ティレルP34の当時の映像も少しだけ収められています。しかしアスペクト比が狂っていて少々見難いのが残念。でも当時のF1の雰囲気が少し味わえます。

P345207

創刊号のパーツはフロントスポイラー等です。elfの大きなロゴが目立ちます。現在ではタバコのスポンサーのロゴは模型でも消されるようになっていますが、このP34は運良くタバコスポンサーが付いておらず、当時の姿を再現できるようです。

F1世界選手権イン・ジャパンでは、今回のモデルとなったシェクターのNO.3マシンは終盤にリタイヤしています。同僚のパトリック・ドゥパイエのNO.4マシンの方が2位表彰台に上っているので、実績的にはドゥパイエのマシンの方を作るべきでしょうが、それはやっぱりNO.1ドライバーで実績豊富な名ドライバーのシェクターのマシンになっているようです。

P345208

創刊号で組み立てるフロントスポイラーの他、ステアリングホイールやメーターパネルも付属しています。読者に興味を持ってもらうために、各所の特徴的なパーツを序盤に付属させています。

P345209

創刊号の組み立ては難しくありませんが、このシリーズでは組み立てに接着剤を使用します。接着剤は各自用意する必要があります。ABS樹脂と金属の複合素材なので。多様と接着剤が必要です。場所によっては瞬間接着剤でも良いでしょうが、硬化時の白化に注意が必要です。

週刊パートワークの大型モデルカーは、はめ込みビス止めが主体で接着は少ないものが多いのですが、このシリーズは接着剤を多用するようで、少々技術が必要な予感がします。

P345210

組み立て自体は10分も掛かりません。メーターパネルへのゲージカバーの取り付けでは、透明パーツ部分に接着剤が付着しないように注意します。

P345211

このシリーズでは、音や光のギミックも付属します。エキゾーストサウンドが鳴り、インパネやテールライトが点灯します。

ギミックがあるとはいえ、ちょっと110号は分割し過ぎのように思います。中盤は非常にショボいパーツ構成の号が続きそうです。

P345212

2号からはP34の小さな前輪パーツを組み立てます。
記事の内容は当初はP34ネタで行けるでしょうが、その内ネタ切れになると思われます。F1の歴史を紹介するような記事になっていくのでしょう。

P345213

続いて、同じくアシェットの零戦五二型の創刊号です。
零戦は以前、デアゴスティーニの零戦二一型を最後まで購読て組み立てた経験があるので、私にとっては馴染みがあります。

P345214

このシリーズでは、全長50.7cm、全幅61.1cmの1/18スケールの大型の零戦五二型の模型を組み立てます。創刊号を見ると、プロペラのパーツが入っていることが判ります。きれいに塗装されています。

P345215

開封します。
パーツと共に、スタートアップDVDが付属しています。

P345216

零戦の模型は、全長以上に全幅の方が長いので、完成後は広い設置場所が必要です。このシリーズは創刊号は特別価格の299円、2号以降は1,799円で全100号の予定です。

以前、私も購読していた同じく零戦の大型模型であるデアゴスティーニの零戦二一型はパーツが無塗装でしたが、このシリーズは塗装済みのようです。

P345217

冊子内に完成品の実物大の写真があるので、手元のデアゴスティーニの16分の1の零戦模型と並べます。
二一型も五二型も全長は同じ様なものなので、16分の1と18分の1の差の分、少し今回のシリーズの方が小さくなっています。しかし大型であることは変わりなく、完成後の迫力はかなりのものでしょう。

デアゴスティーニの零戦は塗装の作業が結構大変でしたが、今回のアシェット零戦はその手間が無い分、気軽に始められるでしょう。

P345218

創刊号のパーツはプロペラです。
プロペラのブレードは金属製ですが、先頭のスピナーは樹脂製です。プロペラ回転のギミックを組みこむので、あまり重量があってはいけないからかもしれません。できればプロペラは樹脂でも、スピナーは金属製の方が質感が良くなるのでは、と勝手に思います。

P345219

プロペラのブレードは3枚が連動して角度を変化させられる仕組みになっています。角度を固定するための治具が付属しているので、セットして組み立てていきます。

P345220

スピナーの内部には少しだけ瞬間接着剤で接着する指示がありますが、私の様に試しに組み立てるだけなら接着しなくても進められます。工作時間は5分程で創刊号の組み立ては終了しました。
塗装の質感は高く、良い雰囲気です。ブレードが金属製なので、適度な重みもあります。

P345221

デアゴスティーニの零戦のプロペラと比べます。
スケールの違いの分、少し小さいだけでなく、少々簡略化した模型であることを感じます。

P345222

今回のシリーズは、零戦の動きを再現したギミックに特徴があります。実際に飛んでいるかのような姿を再現できます。これで全100号なのは、なかなか頑張っていると思います。設置場所が確保できれば、私も挑戦したいくらいです。今回は創刊号だけでリタイヤですが・・・。

P345223

2号以降もプロペラに近いエンジン回りの製作が続きます。完成後はかなりの満足感が得られそうな、優れたシリーズである予感がします。

零戦の方はプロペラだけ見ていても楽しい。しばらく手元に置いてブレードの角度を変えながら弄びます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第50号、第51号 ちゃんとクッションの入ったシート

Bttf05005101

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。21日の日曜日に50号と51号が到着しました。

21日は、先日亡くなった叔父の葬儀の為に東京に行っていました。お通夜も葬儀も穏やかな日で、昼間はコートさえ要らないくらいでしたが、翌日の月曜日からは雪模様。一日違いだったら東京から帰ってこられなかったかもしれません。大勢の方に葬儀に来てもらえる日を叔父が指定したのかと思わざるを得ません。やさしい叔父の思い出を胸に、感謝してご冥福をお祈りしたいと思います。

週末は工作はお休みしました。少々遅れても長丁場なのですぐ追いつけるのですが、とりあえず開封して中身を確認しておく必要はあります。今回の2号分の工作は簡単ですぐ終わるので、平日の夜でも十分に実施できます。

Bttf05005102

まず50号から開封します。
コード類でスカスカに軽かった前回に比べて、今回はズッシリと重みがあります。

Bttf05005103

今回のパーツは運転席のシートです。
シートベースとシートバックの内部は金属製です。シートの表面は、本革とはいかないものの、マット調で雰囲気は上々です。運転席シートを組み立ててフロアパネルに取り付けます。

Bttf05005104

シートバックとシートベースに内部には、クッション材としてちゃんとスポンジを入れることになっています。実車のウレタンベースの代わりという事でしょうか。模型にクッション素材など必要ないのですが、組み立てを楽しむための演出ということでしょう。

こういった類のスポンジは、年数が経つと加水分解してベタベタになりかねません。でも今の段階で心配しても仕方ないので、組み立ててしまうことにします。

Bttf05005105

シートバックとシートベースの内部にスポンジを入れ、挟みこむようにしてはめ込みます。

Bttf05005106

シートバックとシートベースを組み合わせていきます。

Bttf05005107

ヒンジの部分にシートノブをはめ込みます。

Bttf05005108

内側からビスで固定します。

Bttf05005109

シートバックの裏側のパーツを合わせてビスで固定します。

Bttf05005110

シートベースの裏側にもパーツを合わせて固定します。

Bttf05005111

フロアパネルにシートを取り付けます。
シートを仮置きしながら前回取り付けた飾りコードをまとめた結束バンドの位置を決めて締め込み、余分な個所を切断します。

Bttf05005112

コードの束は、シートベルトの上側を通すとの事です。

Bttf05005113

シートベルトとコードを後ろに出し、シートを設置します。

Bttf05005114

裏側から2か所、ビスで固定します。

Bttf05005115

これで今回の作業は終了です。
コクピットにシートが取り付けられました。昨今のスポーツカーならバゲットシートですが、このデロリアンの時代には普通の乗用車のシートを流用していたのでしょう。ホールド性は良くなさそうですが、ゆったりと座れそうなシートです。レザーシートの実車の雰囲気が少し伝わります。

Bttf05005116

続いて51号を開封します。
50号とほぼ同じようなパーツ構成です。

Bttf05005118

今回は助手席のパーツです。
組み立て作業は前回とほぼ同じです。若干、コード類の取り回し方が異なる程度です。

Bttf05005119

今回も、シート内部にスポンジのクッション材を入れて作っていきます。

Bttf05005120

シートバック、シートベースを組み合わせます。

Bttf05005121

ヒンジ部分にシートノブをはめ込んで内側からビスで固定します。

Bttf05005122

シートの裏側パーツを固定します。

Bttf05005123

フロアパネルにシートを取り付けます。
コードの束の取り回し方は、運転席側はシートのサイドに通していきましたが、助手席側はシートの上部を這わせるようです。劇中ではどうなっているか、今度ゆっくり確かめたいものです。

Bttf05005124

シートをフロアパネルの裏側からビスで固定します。

Bttf05005125

これで今回の作業は終了です。
左右で微妙にコードの取り回し方が異なります。今後訂正が入っても、すぐに直すことが出来るので、とりあえず組み立てガイドの記載通り組み立てていきます。

Bttf05005126

コクピットが出来上がると、車内の完成形が見えてくるようです。

Bttf05005127

次号、52号はドアシルの組み立てです。フロアパネルにパーツを取り付けていきます。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第48号、第49号 結構時間を要する飾りコードの取り付け

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第52号、第53号 意気の上がらない飾りコード設置作業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第37号・38号 Raspberry Pi3がやってきた!

Atom373801

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。37号と38号が16日の火曜日に到着していましたが、結局週末の開封となってしまいました。そんなに作業は多くないので、多少溜めても大丈夫なシリーズですが、手つかずのものは早くこなしたいものです。

明日は同時に進めているデアゴスティーニのデロリアンが届く予定です。しかし叔父の葬儀に参列のために東京に日帰りで出かけるので、しばらく手掛けられません。子供の頃から可愛がってもらっていた親戚が、だんだん亡くなっていく年代になりました。寂しい限りです。

Atom373802

まず37号から開封します。
今回は8,990円(税込)という、シリーズ中最も高価な特別号となっています。パートワークとしては異常な価格ではあります。
アトムの頭脳ともいうべきRaspberry Pi3の付属する号であるのである程度高価なのは仕方ないのです。しかしRaspberry Pi3を、市販のもので流用出来ないように、脚のパーツも同梱させています。

Atom373803

Raspberry Pi3 ModelBは、Amazon等で5も,500円程度はするので、37号を買わずにわざわざ市販のものを使用する方はいないでしょうが、一応他のパーツも一緒にしているのかと思われます。

Atom373804

今回の作業は、Raspberry Pi3の確認と、右ブーツカバーの取り付けです。今回の作業で右脚が完成します。
Raspberry Pi3を取り出す時には、静電気防止の為に作業用白手袋を使用するとの記載があります。体に帯電している静電気を放電させてから始めた方が良いでしょう。

Atom373805

Raspberry Pi3を取り出して確認します。
とはいっても、明らかな破損などない限り、素人が見てわかるものではありませんが、各種インターフェイスばコンパクトに収められた基盤を見ていると楽しいものです。

まだアトム本体に設置するのは先のことなので、確認したら袋に戻して箱に入れて保管します。

Atom373806

右脚のサーボモーターの動作確認を行います。
前回4連ハブ基板を取り付けたので、それを経由しての動作確認です。チェックスタンドにテスト基板用延長ハーネスを取り付け、茶色いコネクターを接続します。ID12、13、14の3つのサーボモーターは全てこの緑色のコネクターを経由しているので、それぞれ差し替える必要はありません。

まずID14のサーボモーターの動作確認です。

Atom373807

続いてID13の動作確認。

Atom373808

最後にID12の動作確認を行います。

Atom373809_2

4連ハブ基板を中に収めてブーツカバーを取り付け、右脚を完成させていきます。

Atom373810

前側のブーツカバーを被せ、ケーブルをパーツ内に押し込んでからビス穴を合わせます。今回付属のビスで左右2か所締めます。

Atom373811

2か所目のビス留めです。

Atom373812

後ろ側のブーツカバーを被せ、内側のビス穴を合わせてビス留めします。

Atom373813

もう一方のビス穴もビス留めします。

Atom373814

これで右脚の完成です。
なかなか存在感のある脚です。

Atom373815

続いて38号を開封します。
38号より左脚の製作を行います。

Atom373816

38号のパーツは、ID19の左つま先用のサーボモーターです。今回はパーツの確認を行うだけで、組み立て作業はありません。

Atom373817

左脚の組み立てスケジュールを確認します。
今後50号まで、左脚を組み立てます。右脚の時の作業の繰り返しのようになるので新鮮味はありませんが、重い作業は無いので予定は立てやすいでしょう。

Atom373818

次号、39号のパーツは左足首です。
50号までは難しい作業は無さそうなので、気楽に進めたいと思います。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第35号・36号 今年最後の工作にてアトム折り返し点通過

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第39号・40号 左足首の組み立て

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

週刊スター・ウォーズR2-D2創刊号を買ってきた

R2d20101

デアゴスティーニから新年早々創刊となった「週刊スター・ウォーズR2-D2」の1号が書店の店頭に積まれていたので買ってきました。

現在、同じくデアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンを購読中ですし、講談社の鉄腕アトムも買っているので新たに新シリーズを始める余裕はありません。これも創刊号コレクションとなってしまいます。

1号は特別価格の499円(8%税込)、2号以降は1,998円、第90号だけ特別価格で4,980円。全100号予定のシリーズなので、シリーズ全てで201,283円となります。しかしシリーズ途上で消費税率がアップしますし、終盤になってから案内されるオプションパーツなども欲しくなるようになっているので、24~25万くらいは掛かると考えておいた方が良いでしょう。

名作シリーズ、スター・ウォーズに登場するキャラクターの中でも特に人気の高いR2-D2を、2分の1スケールで再現したロボットを組み立てていきます。劇中通りとはいかないものの、ある程度ロボットとして稼働させることが出来るので、外観だけの模型とは一線を画していると思います。

R2d20102

100号掛けて組み立てていくシリーズなので、創刊号だけ買っても役に立ちません。書店でパーツの内容を確認できるので見てみると、最低限ドライバーくらいは他に流用できるようです。

R2d20103

開封します。
スタートアップDVDはありません。結構期待していたのですが、現在はネット配信動画で案内してしまうようです。

R2d20104

冊子内に、完成後の実物大の写真が載っています。
現在製作中の講談社のアトムとほぼ同じくらいの大きさです。ボディが円筒型で太いので、完成後は相当存在感がありそうです。

R2d20105

25号までの読者プレゼントは、全長123mmの可愛いR2-D2のフィギュアです。これだけ欲しいですが、そのためにはシリーズ続ける必要がありますし、25号まで買ってしまったら最後までやらざるを得なくなるでしょう。

R2d20106

創刊号のパーツです。
シリーズの創刊号には、大抵特徴的なものを付属させるので、今回は頭部のドームかと思っていました。しかし実際には右ショルダープレートとインジケーター等でした。
このパーツ群だけ見ていたら、何を作るシリーズなのかよく判らないでしょう。

R2d20107

創刊号ではLEDクラスターの組み立てを行います。
LEDの付いた基板をタッピングビスで固定するだけです。

R2d20108

LEDパネルには、最初からチップLEDと抵抗が取り付けられています。赤と青のチップLEDが光る仕組みです。
早々に点灯実験をされたカズキさんによると、掛ける電圧は3Vで良いそうです。

R2d20109

次回以降も右腕部分を作っていくようです。序盤に特徴的な各部のパーツを配布して、その後中盤以降まで仕掛品を放置というデアゴスティーニの他のシリーズと異なり、とりあえずは一か所のパーツの組み立てを最初から行っていくというのは良心的です。組み立てにはドライバーの他、接着剤も使用するので、ロビやアトムと比べると多少難易度が高いかもしれません。

私は創刊号リタイヤ組ですが、2年掛けて大型の稼働するR2-D2を作り上げていくシリーズは魅力的。デロリアンと両方手掛ける方も多いのではないでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第48号、第49号 結構時間を要する飾りコードの取り付け

Bttf04804901

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。1月7日の日曜日の夜に48号と49号が届きました。

世の中は6日から8日まで3連休だったのですが、その間も新年会など何かと忙しく過ごしており、しかも今回はなかなか手数が必要な作業だったために、進めるのが遅れました。劇中のデロリアンのコクピット内の飾り配線の設置をコツコツ作っていくことになります。

Bttf04804902

48号から開封します。
なにやらビニール被膜のコードばかり入っています。非常に軽いパッケージです。

Bttf04804903

コードが付属していますが、今回付属のものに電流を通すわけではありません。チマチマとコクピット内部に飾りとして配置していきます。

パーツがショボいので簡単な作業かと思っていましたが、意外に時間を要しました。48号、49号の作業は、これまでのシリーズ中でも作業量が多い上位に入ると思います。

ただ、コードが電飾等のギミックに関わっているわけでは無く、また劇中のデロリアンに忠実に作られているのかは分かりません。カーモデルとして、応力が加わるパーツでもありません。8分の1スケールとしてはコードが太すぎますし、コードを纏める結束バンドが大きさ、形状共にあまりにもかけ離れていることもあるので、ある程度鷹揚に進めていった方が良いような気がします。

Bttf04804904

今回付属のコード類と共に、コクピットのダッシュボードとフロアパネルを用意します。

Bttf04804905

まず、既に取り付けてあるインスツルメントハウジングコードをダッシュボードの裏側に取り回します。

Bttf04804906

LEDパネルコードと共に、コンソールの裏側に通します。

Bttf04804907

次に、ダッシュボードとフロアパネルを接続します。

Bttf04804908

フロアパネルの裏側から4本のビスで固定します。

Bttf04804909

次に、5色9本束ねになっているコードをコードセパレーターに通していきます。

Bttf04804910

組み立てガイドを見ながら、コードの色の順番を確認して通します。セパレーターはコードの中央に位置する様に、との記載がありましたが、実際には中央から少しずらす必要がありました。コードセパレーターをダッシュボードに仮固定して、少しずつコードをずらして長さを調整しました。

Bttf04804911

コードセパレーターをダッシュボードに取り付けます。
最終的に接着したい感じですが、コードをコードセパレーターの中央にしているとダッシュボードの裏側にコードを通した時に長さが合わないので、コードの調整が終わってから接着する必要があります。

Bttf04804912

9本コードをダッシュボードに這わせて裏側に通します。
劇中のデロリアンと同様のコードの色になっているのかは私にはわかりません。しかし少々太すぎるような気がします。取り回し方など映画を見ながら正確に行う根性はありません・・・。

Bttf04804913

コードセパレーターのをコードの中央に位置すると、裏側に出した時に片方の奈川がが足りなくなります。少し調整しましたが、まあ、次号で付属するコードクリップで挟んで固定できるだけの長さがあれば良いでしょう。どのみちチャチな飾りですから。

Bttf04804914

黒いビニールパイプと黄色いコードをダッシュボードの上面に這わせていきます。

Bttf04804915

パイプとコードをダッシュボードに這わせ、裏側に出していきます。

Bttf04804916

先程取り付けた9本コードと、黒パイプと黄色コードを結束バンドで束ねます。

Bttf04804917_2

位置を調整して結束バンドを締めつけたら、バンドの飛び出た部分をニッパーで切断します。

Bttf04804918

中央寄りのコードも結束バンドで束ねます。

Bttf04804919

ダッシュボード上面中央部のコードも2か所束ねます。

Bttf04804920

ダッシュボード左側のコードも束ねます。
結束バンド、あまりに大きすぎてリアル感に掛けますが、まあこのまま作業を進めていきます。今後、適当なパーツが見つかったら交換も考えたいものです。

Bttf04804921

飛び出たコードをダッシュボード上のコネクションユニットやベントに差し込んで位置を調整します。少し瞬間接着剤で固定しました。差し込むときにそれぞれのコードの長さを合わせてニッパーで切断しました。

これで今回の作業は終了です。

Bttf04804922

続いて49号を開封します。
今回も軽いパッケージです。

Bttf04804923

今回も飾り用のコード類ばかりです。48号で取り付けたコードと合わせてコクピット内を這わせていきます。

Bttf04804924

まずシートベルトを取り付けます。
このシートベルトのパーツ、接着が甘いのか最初から外れていました。手に持って確認すると、油で指がベタベタになります。油分が多すぎて接着剤が効かなかったのでしょう。

Bttf04804925

多少油分を拭き取り、瞬間接着剤で固定しました。

Bttf04804926

フロアパネルにシートベルトを取り付けます。
シートベルトのバックル部分に「R」と書かれているものを運転席側に、{L」と書かれているものを助手席側に取り付けます。左右が逆のような感じですが、それぞれの席の左右を考えるとこれで良いような気もしますし、良く判りません。指示通りに進めておきます。

Bttf04804927

助手席側に「L」のベルトを取り付けます。

Bttf04804928

コクピット右側のフロアに、黒ビニールパイプ、コネクタ付き5色コード、赤黒コードを通します。

Bttf04804929

ダッシュボード裏側にコードを通し、前回取り付けた9本コード等とまとめてコードクリップで挟んで固定します。

Bttf04804930

コネクター付きビニールパイプ2本も、同字フロア中央部に通します。

Bttf04804931

こちらもコードクリップで2本まとめて挟んで固定します。

Bttf04804932

フロア右中央側のコードやパイプをまとめて二つの結束バンドで締めます。
シートを取り付けてから結束バンドの位置を調整するかもしれないとの事なので、最後まで締めつけない方が良いとのとこですが、私はうっかり締めつけて切断してしまいました・・・。位置の変更くらいは出来そうなので問題はありません。

Bttf04804933

残っている4色コードとビニールパイプをまとめて、適当な位置に結束バンドを巻いて軽く締めておきます。

Bttf04804934

まとめたコードとパイプを、フロアパネルの運転席側の中央に通します。

Bttf04804935

ダッシュボードの裏側に出ているコードやパイプをまとめて全てコードクリップで固定します。

Bttf04804936

これで今回の作業は終了です。
たくさんのコード類は、タイムマシンとしての劇中のデロリアンの「後付け感」を演出する多ための飾りなので、雑然としている方が雰囲気があると思っています。

Bttf04804937

次号、50号にはドライバーズシートが付属します。
もう飾りコード類の取り付けはひと段落したようです。あまり長く続けたい作業ではありません。

今回の2号分には結構な作業時間が必要の為、のんびり行う心持が必要でした。次回からは再びスイスイ作業が進むことでしょう。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第46号、第47号 センターコンソールとダッシュボードの合体

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第50号、第51号 ちゃんとクッションの入ったシート

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第35号・36号 今年最後の工作にてアトム折り返し点通過

Atom353601

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。12月26日の火曜日に35号と36号が到着しましたが、年末の忙しい時期の為に平日に開封することが出来ず、年末年始休暇まで作業持ち越しとなりました。

このシリーズは全70号なので、今回到着分にて折り返し点を過ぎたことになります。まだチェックスタンドと両腕と右足の一部しか組み立ててないので半分まで到達している感覚はありませんが、工作期間はあと半分なのは間違いありません。

Atom353602

まず35号から開封します。
今回のパーツは、右ひざ用のサーボモーターです。

Atom353603

今回の作業は、ID12のサーボモーターへのIDの書き込みと右ひざねの組み込みです。

Atom353604

前号までに組み立てた右ひざのパーツを用意します。前号に付属してきて保存指示となっていたパーツも全部取り出します。

Atom353605

いつもの様にサーボモーターの回転軸にサーボホーンを取り付けます。

Atom353606

サーボモーターにハーネスを取り付け、12番のシールを貼り付けます。

Atom353607

サーボモーターにID12を書き込みます。
今回もハーネスが短いため、パーツケースを台にしてサーボモーターがぶら下がらないようにします。書き込みには結構時間が掛かるので、ずっと手にもって浮き上がらせているのは辛いのです。

Atom353608

サーボモーターのハーネスを取り付けた部分に保護シールを貼り付けます。腕のサーボモーターには貼らなかったこのシール、何故か足に使用するものには全て貼るようです。

Atom353609

サーボモーターを右ひざに組み込みます。
ケーブルをパーツに挟みこまないように取り回します。組み立てガイドの写真解説が非常に丁寧なので、ちゃんと見て行えば大丈夫でしょう。アトムは設計に余裕があるので、隙間があって組み付けに苦労しません。

Atom353610

右ひざの後ろ側のパーツを被せてビスで固定します。

Atom353611

これで今回の作業は終了です。
アトムの前半終了です。

Atom353612

続いて36号を開封します。
長丁場のアトムの工作は後半に入ります。

Atom353613

今回の作業は、右ひざのフレームを組み立ててひざと足を連結していきます。右脚は完成に近づきます。

Atom353614

前回までに組み立てた右ひざ部分に加え、30号までに組み立てた右足を用意します。

Atom353615

右ひざの下部分に、ブーツフレームを取り付けます。
まずサーボホーンと連結する側のフレームから取り付けます。ひざをまっすぐ伸ばした状態にしてビスで固定します。

Atom353616

右ひざのID12のサーボモーターの動作確認を行います。
取り付けたブーツフレームが動くことを確認します。

Atom353617

ブーツフレームに右足部分を連結します。
こちらも真っすぐに脚を伸ばした状態で固定します。

Atom353618

反対側のブーツフレームを被せます。
4本のハーネスは穴から外に出します。

Atom353619

ブーツフレームを3本のビスで固定します。

Atom353620

ハーネスを通した穴に、ハーネスローラーを通します。

Atom353621

右足首のID13のサーボモーターの動作確認を行います。

Atom353622

ブーツフレームの穴に4本のハーネスを内側に通します。
わざわざ一旦外に出したケーブルをぐるぐる取り回すわけですが、工作の手順を簡単になる良い方法だと思います。

Atom353623

右ひざと右足から通した4本のハーネスのコネクターを、今回付属の4連ハブ基板に差し込みます。
黒いコネクター部分には、黒いハーネスのどれをつないでも良いようです。

Atom353624

これで今回の作業は終了です。
今年最後の工作にて、アトムの右脚部分が繋がりました。

Atom353625

次回、37号の発売は1月9日です。
38号の発売が16日なので、次回は少々先のことになりそうです。

昨年、少々忙しい事が続いて工作を中断していましたが、今年になってアトムやデロリアンを手掛けて楽しい時間を過ごすことが出来ました。来年も継続してボチボチ楽しんでいきたく思います。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第33号・34号 アトムのACアダプターは大容量!

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第37号・38号 Raspberry Pi3がやってきた!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第46号、第47号 センターコンソールとダッシュボードの合体

Bttf04604701

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。12月24日に46号と47号が到着しました。

デアゴスティーニの通販にて2号まとめて2週間に1回、大抵日曜日に届けられています。普段なら昼前か午後早く届くのですが、今日は夕方、それもかなり遅くなっての到着となりました。年末になって宅配便の物量が増加して配送現場が苦労している様子が窺えます。それでも週末の内に届けてくれたので、何とか日曜日に開封することが出来ました。作業内容は大した量は無いので、2号まとめてゆっくり組み立てて30分程度です。

Bttf04604702

まず46号から開封します。
このところコクピット周りの小物の取り付けが続いています。電飾ギミックのLEDが付いた基板を組みこんでいくので、ケーブル部分を丁寧に扱うなどの注意が必要です。

Bttf04604703

今回は、ダッシュボードに取り付けるプルトニウムチャンバーインジケーターなどを組み立てます。メーター内部に基板の組み込みも行います。

Bttf04604704

前号までに組み立てたダッシュボードを用意します。

Bttf04604705

まず、ダッシュボードの中央に配置するコネクションユニットを取り付けます。

Bttf04604706

裏側からビス1本で固定します。

Bttf04604707

プルトニウムチャンバーインジケーターのメーター部分を取り付けます。

Bttf04604708

プルトニウムチャンバーインジケーターの内部に取り付けるLEDパネルです。基盤の周囲に囲う字のバリがあって、このままでは取り付けが出来ません。無理に押し込んだらダッシュボードへの取り付け時に破損しそうです。

私の手元に来た基盤は加工が雑でした。ちゃんとLEDが発光するか心配ではあります。

Bttf04604709

ニッパーとやすりで基盤のバリを切り取ります。この際、ケーブルや基盤を破損させないように気を付けます。

Bttf04604710

LEDパネルの差し込み位置を確認しながら差し込みます。
メーター部分からLEDが随分と離れているのが気になります。これではメーターごとの照明は不可能ですし、点灯効果が低くなりそうです。気になる方はメーター部に密着する様に加工するでしょうが、私はまあこんなもので良いかと、このまま進めます。

Bttf04604711

ダッシュボードに取り付けます。

Bttf04604712

ケーブルをダッシュボードの穴から下に出し、ビス2本で固定します。

Bttf04604713_2

ダッシュボード内部に取り付けていたコードのソケットを接続し、コードクリップで固定します。

Bttf04604714

これで今回の作業は終了です。
映画用に取り付けたメーター類、ごちゃごちゃしていて楽しいです。でもLEDの点灯実験が出来ないので、いざ組み立ててから点かないという事が十分に予測できます。分解しての修理は結構面倒そうです。中盤で仮の点灯テストを行えるような手順が欲しいものです。

Bttf04604715

続いて47号を開封します。

Bttf04604716

今回はだッシュボードにステアリングホイールを取り付け、センターコンソールと接続します。

Bttf04604717

このところ組み立てているダッシュボードに加え、センターコンソールも用意します。

Bttf04604718

まずステアリングコラムを組み立てます。
左右のレバーの取り付け位置に気を付けます。実車のレバーを見たことはありませんが、多分同じような表示があるのでしょう。

Bttf04604719

レバーを取り付け、ステアリングコラムカバーのパーツを被せてビスで固定します。

Bttf04604721

ステアリングコラムカバーをダッシュボードに取り付けます。
取り付け部分が細くて強度がちょっと心配でしたが、結構しっかりと固定されました。

Bttf04604722

ダッシュボードベースにステアリングコラム押さえを取り付けます。

Bttf04604723

ダッシュボードの下側に、ダッシュボードベースを固定します。

Bttf04604724_2

ステアリングコラムとステアリングホイールは金属製でズッシリとしています。ステアリングコラムはともかく、ステアリングホイールまで金属製の必要があるのかと思っていましたが、回転軸の部分の強度を確保するために金属製にしたのかと思われます。

Bttf04604725

ステアリングコラムをダッシュボードのステアリングコラムカバー部分に差し込みます。

Bttf04604726

ステアリングホイールをビスで固定します。

Bttf04604727

ステアリングホイールの中央部に、ステアリングホイールセンターパッドを取り付けます。特に接着の必要はありませんでした。

Bttf04604728

ダッシュボートとセンターコンソールを合体します。

Bttf04604729

ケーブルをセンターコンソール下側に取り回してマスキングテープで仮固定しました。
これで今回の作業は終了です。

Bttf04604730

ダッシュボード部分はかなり完成形に近づきました。
シャシーフレームに載せてみると、コクピット内部の雰囲気がかなり出来上がってきていることがわかります。

Bttf04604731

次号、48号のパーツはコード類です。
たくさんのコードをダッシュボードに設置しますが、多くは飾りです。タイムマシンとしてのデロリアンの雰囲気づくりのためのパーツです。
49号からはシートを作成します。シートはクッション部分にスポンジを入れて作るという、大型モデルならではの構造です。当分コクピット部分の組み立てが続くようです。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第44号、第45号 ダッシュボードの作成

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第48号、第49号 結構時間を要する飾りコードの取り付け

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第33号・34号 アトムのACアダプターは大容量!