2017年8月20日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第28号、第29号 ずっしり金属製アンダープレートの取り付け

Bttf02802901

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。8月20日の日曜日の午後に28号と29号が到着しました。

29号に久しぶりの大型パーツであるアンダープレートが付属しているのでパッケージのサイズが大きくなっています。しかし工作自体は簡単で手順も少なく、すぐに終わります。

Bttf02802902

まず28号から開封します。
前回の27号に引き続き、ラジエーターのパーツです。

Bttf02802903

今回はラジエーターのダクト部分などを組み立て、前回作成したラジエーターファンのパーツを組み合わせてボディのフレームに固定します。

Bttf02802904

ラジエーターを組み立てていきます。後部、前部、ダクトの3つのパーツを合わせて二つのネジで固定します。

ラジエーターの通風部分はメッシュの造形が作られているだけで素通しではなく、残念ながらファンが回る構造ではありません。

Bttf02802905

ラジエーターの3つのパーツをFPビスで固定します。

Bttf02802906

前回作成したラジエーターファンのパーツを取り付けます。6つのAPビスで固定します。
前回せっかくファンが回るようにしたのですが、空気が通らない構造なので、ラジエーターに取り付けたら回らなくなってしまいます。

Bttf02802907

ボディのフレーム前部に取り付けます。

Bttf02802908

フレームを裏返してパーツを手で支えながら、2か所のビスでラジエーターを固定します。

Bttf02802909

これで今回の作業は終了です。
ラジエーターのファンは、通常の状態では確認することは出来ません。作り込んだという満足感を得るという事でしょうか。

Bttf02802910

続いて29号を開封します。
今回のアンダープレートのパーツは、嬉しいことに金属製です。コストの掛かったパーツと思われ、ズッシリと重みがあります。

Bttf02802911

今回はボディフレームの底部にアンダープレートを取り付けます。シャシー部分がだんだん出来上がっていきます。

Bttf02802912

まずボディフレームをひっくり返してアンダープレートの取り付け位置を確認しておきます。パーツにゆがみなどは無く、ピッタリと収まりそうです。

Bttf02802913

ボディフレームを元に戻し、アンダープレートを固定してい見ます。まず中央部の2か所のビス穴から固定します。金属パーツにネジ山を切りながらのねじ込みとなりますが、特にネジ切りタップを使う程のことではありません。

Bttf02802914

続いてフレーム前部の4つのビス穴を固定します。

Bttf02802915

ボディフレームを裏返し、樹脂パーツのアンダープレート中央部を取り付けます。
このパーツには前後の違いがあります。パーツの突起をフレームの穴に合わせてはめ込みます。

Bttf02802916

ビス穴は4か所ありますが、今回固定するのは後部の2か所のみです。前部の2か所は後の作業でネジを入れるとの事。今回の2か所も後で外すかもしれないので、本格的なねじ込みは前部の2か所と合わせて行うことにします。

Bttf02802917

これで今回の作業は終了です。
ボディフレームにアンダープレートが取り付けられ、シャシーの全体像が見えてきました。しかし今までフレームの中央部の部分を掴んで動かしていたことが出来なくなっており、丁寧に両手で運ばなければならなくなりました。製作中の模型を丁寧に扱うのは当たり前の事ではありますが。

次号、30号ではエンジン回りにパイプ類を取り付けてディティールアップを行います。31号ではアンダーフレーム後部にエアデフレクターを取り付けます。

Bttf02802918

結構シャシー周りが出来上がってきたような気がしますが、全130号という長丁場のこのシリーズはまだ100号以上続きます。毎号の付属パーツは順次取り付けていくので、やたらと仕掛品が増えるシリーズと比べてストレスはありませんが、完成まで2年以上を要すと考えると、先のことをあまり考えずに取り組んでいきたいものです。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第26号、第27号 フレームにエンジン搭載!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

横着ズームレンズの買い替えニコンレンズAF-S DX 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

Afsdx18300001

久しぶりにニコンのデジタル一眼レフのレンズを買い足しました。AF-S DX 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRという普及価格の高倍率のズームレンズです。3年も前に発売になったレンズです。このところ安くなっていて、定価は10万8千円ですが、店によっては6万円以下で入手できる様になっています。

Afsdx18300002

デジタル一眼レフ、私は今だにニコンのD90を使用しています。実に9年前に購入したカメラです。デジカメの進化は激しく、完全に時代遅れではありますが、私は特にこれで不便を感じておらず、思うままに操れるので今のところ十分なのです。新しいカメラは使えば当然良いのでしょうが、あくまで道具として考えればこの古いD90でも私の用途には十分応えてくれます。ブログの写真も、8割方はD90と18-200mmズームレンズで撮影しています。

ところが普段使用しているズームレンズにガタがやってきました。
AF-S DX VR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-EDという11.1倍の倍率を持つ横着ズームレンズ、最近ピントを合わせようとすると、ギアが空回りするような「ガガガッ!」という音が出るようになってきました。このレンズ、カメラ本体より古い2005年に買ったものです。当時使用していたニコンD70から付け替えて使用を続けており、既に12年選手。

毎日使っているわけでは無いものの、長い間ハードに使い続けてきたから壊れてきたのでしょう。全く使用できないわけでは無く、適時手振れ補正機能のスイッチのON-OFFを切り替えたりして胡麻化せば異音は一時収まるのですが、効果は長続きしません。こんな古いレンズ、修理するより買い替える方が安いので、いろいろ探していたら、更に高倍率のレンズが候補に挙がったわけです。

レンズと同時にカメラ本体も買い替え時期なのかもしれませんが、それは次の機会にして、まずはストレス無く撮影が出来るレンズに買い替えることに致しました。

Afsdx18300003

ズッシリと重い割に小さな箱から出てきたのは、今までの18-200mmと代わり映えしない大きさのレンズ。それでも永年の使用で鏡筒部分の表記が剥げ、元来艶消し部分だったところがツルツルになっている古いレンズと比べ、新品は良い。

でもなんか、最初の印象が安っぽい・・・。実際にずっと安いレンズなんだから仕方ありません。

ニコンDXフォーマットで18-300mmのズームレンズとは、FXフォーマットの35mmサイズの27-450mmズームに相当します。広角レンズから超望遠までを1本でカバーするという、かなり無理のある設計であるといえます。

このAF-S DX 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRというレンズ、16.6倍という更なる高倍率レンズです。その代り望遠側のF値が6.3と、今までの5.6よりも半絞り暗くなっています。昔のフィルムカメラ時代にはF6.3なんて暗いレンズはあまり使い物になりませんでしたが、高感度に強いデジカメ時代となって、問題が無くなってきたようです。もちろん明るいレンズの方が撮影の幅が拡がりますが、その代り大きくなって持ち歩きが億劫になってしまいます。ニコンにも18-300mmのズームで望遠側のF値が5.6のレンズがありますが、今回購入したレンズよりも一回り大きくて重くなっています。

Afsdx18300004

古い18-200mmレンズと、今回購入した18-300mmレンズを並べて比べます。長さも太さも似ています。少し18-300の方が太く感じますが、こちらの方が軽いです。距離計窓が省略されているなど、全体的に簡略化しているようです。

データ上の重量は、18-200mmが560g、18-300mmは550g。10gほど軽くなっています。16.7倍もの倍率を持ったレンズながら、コンパクトに軽くまとまっているものです。

ニコン純正じゃなければ、タムロンから18-400mmというレンズが出ています。付けっぱなしで用が足るというこの類のモノ、用途に応じてレンズ交換が出来るという一眼レフの特徴を無視しているようなものかもしれません。でも私はこういった一見万能レンズ、好きなのです。決して写りが良いわけではありませんが、すぐにシャッターチャンスに備えられること、持ち歩きの際に荷物を減らせることというメリットがあります。

Afsdx18300005

古いD90ですが、ちゃんとこのレンズも使えます。本体古びていてレンズだけがピカピカの新品ですが、一見今までとあまり見た目は変わりません。少々太くなったものの、重量バランスは変わらず、かえって左手のおさまりは良くなったように感じます。

Afsdx18300006

カメラに取り付けた感じも殆ど変わりません。但し、ズームリングの動きが適度に固くなっていて、操作しやすくなっています。私が使用していた18-200mmレンズは最初期のものなので、ズームリングが軽く、すぐに動いてしまって操作にコツが必要だったのです。後期型では改良された点ですが、ちゃんと後発のレンズにも引き継がれています。

Afsdx18300007

レンズのサイドのスイッチも少し変更になっています。ズームの鏡筒が延びる部分をロックするスイッチが取り付けられ、不用意にビヨーンと延びてしまっていたこれまでの欠点が解消されています。手振れ補正のVRのON-OFFスイッチはそのままですが、NORMALモードとACTIVEモードの切り替えスイッチは省略されてしまいました。殆ど切り替えたことが無かったスイッチなので、私としては別に問題ありません。これで小型化とコストダウンがなされたのなら歓迎します。

Afsdx18300008

このレンズ、中国製です。レンズの構造からしてタムロンのOEM生産かもしれないとのことですが、ガワがニコン純正なのだから、つくりと写りがしっかりしていれば、これも私は問題ありません。タムロンの同等のレンズだと、16-300mmと高角側が少し広くなっていて使い勝手が良さそうです。でも私はガワが純正の方が持った時の満足感があるのでニコンを選びます。

ちなみに、これまで使用していた18-200mmレンズは日本製でした。ニコンでは今は長い間モデルチェンジをしていないものか、高級ラインしか日本製のレンズは見当たりません。

但しこのレンズ、コストダウンの影響で、レンズ本体の他にはレンズキャップと裏ブタしか付属していません。普通レンズを買うと同梱されているレンズポーチやレンズフードはありません。カメラに付けっぱなしのレンズなのでレンズポーチは要りませんが、レンズフードは欲しい。屋外で使用する時、ゴーストやフレアを防いでくれるしレンズの保護にもなる。そして何より格好良くなるからです。

Afsdx18300101

別売りのレンズフードも購入しました。こちらは2000円少々。レンズ本体を安くするには省略されても仕方ない価格です。
18-300mmレンズのフード経は67mmです。以前、NikionD70で使用していたAF-S DX 18-70mmF/3.5-4.5G EDレンズと同じ口径です。そのレンズフードが使用出来ないかと思いましたが、残念ながら取り付け部の形状が微妙に違っていて取り付けられません。専用品を購入することにしました。

Afsdx18300102

やっぱりある程度の大きさのレンズにはレンズフードがあった方が格好良いです。ガツンとぶつけた時の保護にもなります。あと好みの問題ですが、私は保護用のレンズフィルターも取り付けておきます。

屋内で使用する時は必ず外します。内蔵フラッシュを使用する時に、フードの影が入り込んでしまうからです。

最短撮影距離は0.48mと、以前の18-200mmレンズの0.5mmとほぼ同等。でも感覚的に18-300mmレンズの方が近距離に強く、模型などを撮影しやすく感じます。尤も、模型撮影にはマクロレンズを買った方が良いのは間違いありません。

Afsdx1830020118jpg

良く晴れていた日に、家のベランダから外を試し撮りします。オリジナルサイズだと画像サイズが大きいので、640×425ピクセルに縮小しています。

まず18mm時での撮影です。こういう風景写真では周辺部の歪曲は目立たないのかもしれませんが、普通に広角レンズとして優秀。ISO400でF値はF11、シャッタースピードは1/250。明るい光の下のせいもありますが、シャープな写りです。

Afsdx1830020235jpg

35mm時です。歪曲が完全に消えて、かなり自然な写りになります。

Afsdx1830020375jpg

75mm時です。35mm換算で112.5mm。中望遠の域です。

Afsdx18300204105jpg

105mm時。

Afsdx18300205200jpg

200mm時。

Afsdx18300206300jpg

最大望遠の300mm時です。
望遠側でもかなりシャープです。この写真は三脚で固定していますが、35mm換算で450mmの超望遠ですが、軽いので手持ちでも楽勝です。お出かけの際にはこれ1本で十分。それなら高倍率ズームのコンデジでもいいじゃないかと言われそうですが、やっぱりデジタル一眼レフの方が反応がずっと早いし失敗が少なくなります。思うような画像が撮れるのはやっぱり一眼レフの方です。

果たしてこんなに小さくて本当に300mmもの望遠レンズの撮影が出来るのかと疑問に思ったので、以前の18-200mmレンズと付け替えて撮影してみました。

Afsdx18300207200jpg

これが18-200mmレンズでの200mm時の画像。
18-300mmレンズの200mm時と殆ど変わらないので、本当に300mmの撮影が出来るレンズだったようです。

カメラ本体がD90という古物なので、色んなものを写してみましたが、写り自体は以前の18-200mmとの差が判りません。ピントが合う速度はズーム全域で速く、手振れ補正もヘタっていた前のレンズに比べて新しい分優秀という印象です。ニコンが謳う、手振れ補正効果4段というのは眉唾ですが、電子補正無しのレンズ側の光学補正だけで目に見える効果があります。

また、取り付けるカメラがD90だと、昼光下では問題ありませんが、夜景など暗い場所ではやっぱりF6.3という望遠側の暗さが影響して、ピントが合う際に少し迷う時があります。このレンズを活かすためには、高感度に対応したニコンの新しいカメラが欲しくなるところです。今だとD500とかD7500といったところでしょうか。

そして屋内でもフラッシュ撮影の時に鏡筒の太さのために高角側では近距離時にレンズの影が下部に写り込むことがあります。近距離時には少し望遠側にするという工夫が要ります。

私の場合、テーブルの上の模型などを撮影する際に、このレンズははっきり言って不向きかもしれません。35mmとか40mmマイクロ等の単焦点レンズをいつか買う、と言って久しいのですが、ずっと万能ズームを使っていてやめられません。付け替えるのが面倒なんですね。私の様な横着ものにピッタリのレンズ、前任のように長く使い続けたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第26号、第27号 フレームにエンジン搭載!

Bttf02602701

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。8月6日の午後に26号と27号が到着しました。

今回、長らく組み立ててきたエンジンのパーツをフレームに搭載します。全130号の長いシリーズでは、まだ序盤ともいえる段階ですが、モデルカーらしくなってきました。

Bttf02602702

26、27号共に薄く軽いのですが、商品紹介のパンフレットが2部入っていました。
まず、8月29日創刊の「ザ・ビートルズ・LPレコードコレクション」です。創刊号は特別価格なのに1,990円。やたらと高価だと思ったら、CDではなくLPレコードが付属するシリーズでした。ビートルズの音楽を楽しむだけでなく、LPレコードという存在感のあるモノを手にするという喜びを感じることが出来る様です。

既にレコードプレーヤーなんてとっくに処分してるよ、という方の為に、シリーズ中で特別モデルのオプション販売もあります。

Bttf02602703

もう一つ入っていたパンフレットは、デアゴスティーニの通販カタログです。いきなれい1/350スケールの巨大なエッフェル塔の模型が紹介されています。

Bttf02602704

私がかつて組み立てていたカウンタックLP500Sのアウトレット販売もあります。98,000円(税別)とかなりお得価格です。冊子は全て揃っていないそうですが、組み立てガイドは当然全部あるので、模型を組み立てるのならこれは良いと思います。

デアゴスティーニのモデルカーのシリーズはどんどん品質が上がっており、このカウンタックは精度が高くて組み立てやすい模型でした。

但し、私が今から全てのパーツが届く状態で組み立てるかというと疑問です。毎回作業を少しずつ進めていくから完成できたのかと思います。

Bttf02602705

以前のカウンタックより、今回のデロリアンの方が、現時点では更に精度が上がって組み立てやすくなっています。26号から開封します。今回のパーツはマフラーのパーツ等です。エンジン後部にマフラーを取り付けてエンジンを完成させ、フレームに搭載します。

Bttf02602706

付属パーツは樹脂の軽いものばかり少量ですが、作業はちょっと手応えがある内容です。時間がある時にのんびり行いたいものです。

Bttf02602707

今回、組み立て中のエンジンと共に、久しぶりにフレームを用意します。

Bttf02602708

まずマフラー部分を組み立てます。
マフラー後部のパーツに、2本のテイルパイプを取り付けます。このパーツは左右の区別はありません。マフラーの取り付け部の切り欠きに合わせて内側からビス止めします。

Bttf02602709

APネジで内側からビス止めします。

Bttf02602710

テイルパイプを左右ともに取り付けました。

Bttf02602711

マフラー後部にマフラー前部のパーツを合わせてビス止めします。

Bttf02602712

エンジン後部にマフラーを取り付けます。
エンジンのエキゾーストパイプをマフラーのサイドの穴に差し込んで位置を合わせます。

Bttf02602713

左後部のネジ穴からビスを入れて固定します。

Bttf02602714

右側もビス穴を合わせて固定します。

Bttf02602715

マフラー上部右側に、マフラーサポートを取り付けます。しかし差し込んだだけでは外れそうです。

Bttf02602716

マフラーサポートの取り付け部には、接着剤を使用しました。私はアクアリンカーを使用しましたが、ゼリー状瞬間接着剤の方がしっかりと固定できると思います。

Bttf02602717

フレーム後部にエンジンを載せます。

Bttf02602718

トランスミッション部分を前に差し込むように、フレームにエンジンをはめ込んでいきます。

Bttf02602719

そのままフレームをひっくり返し、3か所のビス穴にDMビスを使用してエンジンを固定します。ここはしっかりと固定しないとエンジンがガタつきます。でもネジ切りタップを使用するほどの事はありませんでした。

Bttf02602720

ドライブシャフトを取り付けます。
12号と14号で組み立て、ずっと保管してきたドライブシャフトを取り出します。

Bttf02602721

ドライブシャフトに、今回付属のラバーブーツを通します。既にラバーブールは一つ通してありますが、今回のものはエンジン側に寄せておくためのものです。

Bttf02602722

ドライブシャフトの一端をタイヤの内側にはめ込み、もう一方のネジ穴をエンジン側に合わせ、EPビスで固定します。
この部分はネジ切りタップか予備のネジを使用して予めネジ穴を切っておくと楽に固定できます。

Bttf02602723_2

もう一方のドライブシャフトも固定します。

Bttf02602724

ラバーブーツをエンジン側とタイヤ側にそれぞれ寄せて、ドライブシャフトの取り付け完了です。

Bttf02602725

マフラーの後部にライトボックスブラケットを取り付けます。

Bttf02602726

左右ともにライトボックスブラケットを取り付けます。このパーツはライトボックスを取り付ける際に微調整を行うので、この時点ではいっぱいまでねじ込まない様にしておきました。

Bttf02602727

フレーム後部にエンジンが搭載されました。後部のみズッシリと重くなっています。

Bttf02602728

これで26号の作業は終了です。

Bttf02602729

続いて27号を開封します。

Bttf02602730

前回にてエンジンの組み立てが終了し、新しいフェーズに入ります。今回はホーンの取り付けやラジエターパーツの組み立てなどを行います。

Bttf02602731

まずフレームの前部左側に取り付けるホーンを組み立てます。
ホーンにホーンブラケットをビス止めします。

Bttf02602732

ホーンブラケットをフレーム前部左側の穴にはめ込んで位置を決め、ビス止めして固定します。

Bttf02602733_2

ラジエーターブラケットを取り付けます。
まず左側から。

Bttf02602734_2

右側も固定します。

Bttf02602735

ラジエーターファンカウリングに二つのファンを取り付けます。

Bttf02602736

ラジエーターファンが回るように、軸部分にシリコンスプレーを塗布しました。息を吹きかけると風車の様に回りますが、実際のラジエーターファンは動力で回転するものなので、無駄な作業だったかもしれません・・・。

Bttf02602737

これで今回の作業は終了です。

次号、28号ではラジエーターを組み立ててフレームに取り付けます。29号ではアンダーパネルをフレーム下部に取り付けます。このシリーズはあちこちの部位の仕掛品が溜まることなく、順次車体への取り付けを行っていくので、組み立てる際にストレスが少ないと思います。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第24号、第25号 読者プレゼントのナンバープレート&バインダーも到着

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第28号、第29号 ずっしり金属製アンダープレートの取り付け

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第15号・16号 組み立てガイドの手順満載だが臆する必要ナシ

Atom151601

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。8月1日の火曜日に15号と16号が到着しました。

現在は右腕の組み立てフェーズです。今回の2号分でほぼ右腕は完成します。このところ、工作の作業量は少なくてすぐに終わってしまう内容が続いていたので、今回もそうだろうと思っていたら、16号の冊子冊子の組み立てガイドの記事のボリュームが大きくて、少々臆してしまう程でした。

平日の夜でも組み立てられるかと思っていたのですが、結局土曜日に持ち越しになりました。実際には、既に右腕に組み込んだサーボモーターの動作確認の手順を非常に丁寧に記載してあるために説明が多くなっている状態であり、作業量としてはさほどではありません。あまり時間が無くても安心して取り組める内容です。但し、組み立てガイドの長大な説明を、画像を適当に見るだけにして組み立てていると、ちょっとした作業を見落とします。画像だけでなく、説明文も順を追って丁寧に読んでいく必要があります。説明通り進んでいけば、まず間違いなく動作確認を正確に終えることが出来るでしょう。

Atom151602

15号から開封します。
今回のパーツは右肩のカバーです。12号で作った右肩ディスクを右肩カバーに組みこみ、右上腕フレームに取り付けます。右腕の長さがほぼ確認できるようになります。

Atom151603

これまでに組み立てた右腕パーツと右肩ディスクを用意します。今回の作業のハイライトは、右肩ディスクが稼働する様に正確に右肩カバーに収めることです。方向が正確なら、結構すんなりと入るはずです。

Atom151604

右肩カバー内部に右肩ディスクをはめ込みます。
カバーの円盤になっている部分の凹みをカバーの奥の突起に合わせます。

Atom151605

サーボのハーネスを右肩カバーのサイドの穴から外に通し、ID5のサーボモーターをはめ込みます。この際、右肩ディスクが外れないよう、手で支えておきます。特に円盤部分が外れやすいので、はめ込んだ状態を保持して進めます。

Atom151606

右肩カバーを被せます。内部の右肩ディスクの円盤部分がうまくカバー内部の溝にはまるように調整します。ちゃんとはまっていないとパーツを閉じることが出来ません。

Atom151607

ピッタリと右肩カバーが閉じたら、3本のビスで固定します。

Atom151608

右肩ディスクの取り付けの位置関係を確認します。この辺りは組み立てガイドの写真と説明文を参照して、繰り返し確認しながら進めます。

Atom151609

右上腕の付け根部分に、右型パーツを取り付けます。まず二つのハーネスを、一つずつ穴から通します。

Atom151610

右肩をはめ込んだら、サーボホーンの軸が直角になるように調整します。

Atom151611

この状態で、ビス4本を使用してサーボホーンと右上腕を固定します。ビスは締めつけない様にするとの事。たしかに奥まで締めても更にドライバーが回りそうです。でも回し過ぎるとネジ穴が拡がって固定が不十分になりそうです。工作には、やり過ぎない「ころあい」の感覚が必要です。

Atom151612

最後にハーネスローラーを回転事務の穴に通して完了です。

Atom151613

これで右腕の部分の大きさがほぼ判るようになりました。

Atom151614

続いて16号を開封します。今回は右上腕カバーです。

Atom151615

今回は右上腕カバーを取り付けて、右腕をほぼ完成させます。チェックスタンドを使用し、これまでに右腕に組みこんだ3つのサーボモーターの動作確認を行います。

いつもより少し厚い冊子のほぼ全体が組み立てガイドのなっており、工作前にパラパラ確認したときには結構な作業量かと思ってしまいます。しかしチェック手順が一つずつ丁寧に書かれているから説明が多いのであり、工作自体はそんなに多くありません。しかもこれまでちゃんと説明通りに組み立てていれば、まず間違いなく正確に動作確認が終わると思います。

Atom151616

今回のメイン作業は、ID4、ID5、ID6の3つのサーボモーターの動作確認作業です。ID5とID6のサーボモーターは、3連ハブ基板を介した動作確認も行うので、都合5回の動作確認を行うことになります。どれも手順を間違わなければ無事に終わります。

動作確認の準備として、まず13号で組み立てたテスト基板用延長ハーネスをチェックスタンドのジャックにはめ込みます。

Atom151617

まず肘の部分のID6のサーボモーターの動作確認です。
肘から伸びているハーネスを、テスト基板延長ハーネスに取り付けた3連ハブ基板の黒いジャックにはめ込みます。

Atom151618

今回、チェックスタンドの二つのボタンの内、「動作確認」のボタンしか使用しません。「ID書込み」のボタンを誤って押さないよう、テープで蓋をしておきました。

Atom151619

チェックスタンドの右側のロータリースイッチを6に合わせてから電源スイッチを入れ、動作確認ボタンを押します。組み立てガイドには、この際に肘を90度折り曲げてから動作確認ボタンを押すことと記載されていました。私は曲げるのを忘れてそのままボタンを押してしまいましたが、問題なく動作確認できました。

Atom151620

おお、グイッと右ひじが静かに90度曲がってから元に戻りました。このサーボモーター、動作が静かです。私が以前に組み立てたデアゴスティーニのロビやロボゼロに比べると、動きが非常に滑らかです。

Atom151621

次にID5のサーボモーターの動作確認です。
右肘からのハーネスを抜き、右肩の回転軸の穴から出ているハーネスを3連ハブ基板のジャックにはめ込みます。

Atom151622

チェックスタンドの右側のロータリースイッチを5に合わせ、動作確認ボタンを押します。
静かに上腕部分が動きます。

Atom151623

続いて右肩用のID4のサーボモーターの動作確認です。
肩の内側にむき出しになっているサーボモーターから伸びたケーブルを、3連ハブ基板のジャックに差し込みます。

Atom151624

チェックスタンドの右側のロータリースイッチを4に合わせ、動作確認ボタンを押します。
右肩ディスクの動きに引っかかりが無いかを確認します。動作確認テストの途中にエラーが出たり、動きがぎこちなかった場合は、右肩ディスクへのケーブルの巻き付け方に問題があるのかもしれません。冊子の11ページ以降のトラブルシューティングを参照して、分解、確認作業が必要です。

Atom151625

次に、右肘のサーボモーターのハーネスと肩のサーボモーターのハーネスとを今回付属の3連ハブ基板を介して接続します。
なるほど、こうして二つのサーボモーターをデイジーチェーン接続することにより、メインボードに接続するハーネスを纏めるわけですね。3連ハブ基板は結構大きいですが、アトムは大きさに余裕があるので、上腕の隙間に十分収めることが出来ます。

Atom151626

肩と肘の部分のサーボモーターを3連ハブ基板を使用して接続した状態で、ID6とID5の二つのサーボモーターの動作確認を行います。
肩の部分のID5のサーボモーターの茶色のハーネスを、チェックスタンドに接続してある3連ハブ基板の茶色いジャックに差し込みます。

Atom151627

まず肘のID6のサーボモーターの動作確認です。
ロータリースイッチを6に合わせて動作確認ボタンを押します。先ほどと同じ様に、肘が90度動いてから元に戻ります。

Atom151628

その接続状態のまま、肩のID5のサーボモーターの動作確認です。
ロータリースイッチを5に合わせて動作確認スイッチを押します。肩が90度曲がって元に戻します。これで一つのハーネスで二つのサーボモーターに動作を送ることが出来る様になりました。

Atom151629

ID5とID6の二つのサーボモーターを接続した3連ハブ基板を上腕部の隙間に収めます。

Atom151630

今回付属の右上腕カバーを被せます。

Atom151631

二つのカバーを被せ、3本のビスで固定します。
これで今回の作業は終了です。

Atom151632

動作確認時の、ID4のサーボモーターの実際の動きと冊子の記載が異なっていることを訂正する説明文が冊子に挟まっていました。私はすべての作業後にこの紙があることに気が付きました。

Atom151633

ようやく右腕が完成です。次回からは左腕の製作に入ります。
これまでの作業の左右対称のものを繰り返すことになるので、スイスイと進めることが出来るでしょう。あちこちの部位をつまみ食い的に作っていくのではなく、腕だけを集中して作成していくのは好感が持てます。

Atom151634

チェックスタンド、右腕、ボイスクロック。まだ先は長いこのシリーズですが、ゆっくりと前進していることを感じる様になりました。

Atom151635

久しぶりに、デアゴスティーニとのロビとの比較です。アトムの右腕、デカい!アトムはロビに比べて大きさに余裕があるので、工作の難易度は高くない様に思います。ロビは小さな体にみっちり!で、アトムはゆったりといった感じです。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第13号・14号 読者プレゼントの大声時計も楽しいぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

鉄たび展で原信太郎さんの珠玉の模型「或る列車」と出会う

2017080400

今日の仕事帰りに、8月2日から14日まで、ジェイアール名古屋タカシマヤの催事場で開催されている鉄たび展に行ってきました。入場料は大人800円ですが、妻がタカシマヤで買い物をした際に招待券をもらってきたので、それを使いました。

2017080401

このイベント、熊本地震復興支援企画として行われています。鉄道模型趣味人の神様のような存在の、原信太郎さんの作品と、JR九州の個性的な列車たちを連動させて紹介しています。

2017080402

毎年この時期にジェイアール名古屋タカシマヤで開催されている「わくわくレールランド」のイベントに併設しての開催です。夏休み時期にてお子様連れで賑わっているかと思ったのですが、金曜日の夕方はあまり人がおらず、スタッフの方が目立つくらいです。でも明日、明後日の週末は混雑することでしょう。

2017080403

鉄たび展の入口が判りづらく、うろうろ探してしまいました。混雑時にはきちんと案内がなされることでしょう。結構チケットを購入している方が多くおられました。大人ばかりです。今日は、お子様連れは殆ど入ってきていませんでした。

2017080404

入口にまず、原信太郎さんの「シャングリ・ラ鉄道」の写真。横浜にある原鉄道模型博物館にも行ってみたいものです。実は、私はまだ行ったことがありません。当初は写真撮影が禁止だったことがあり、何となく行きそびれていたのです。

2017080405

大型模型や貴重な資料の展示から開始となっています。
会場内で気が付いたのは、女性の来場者が多いこと。かなり大人向けの展示の中で、美術館の展示品を見るかのような佇まいの女性を多く見ました。こういう鉄道催事もいいものです。

2017080406

ワゴン・リのプルマン客車。Oゲージの大型模型だと迫力があります。
この車両は見栄えがして好きです。NゲージやHOゲージのものは持っていますが、大型模型をいつか入手したいものです。

2017080407

同じくOゲージの名鉄モ850型、通称なまず。実車が1両も保存されていないのが残念な名車です。

2017080408

この催事のハイライトが、原信太郎さんの鉄道コレクションです。スケールは1番ゲージ。大型のレイアウトの中を走行します。

2017080409

レールの継ぎ目を超える時の、カタンカタンという響きがリアルです。Nゲージでは得られない迫力です。

2017080410

レイアウトの中や周囲には、原さんのコレクションの一部が並べられています。

2017080411

今日走行していたのは、この企画の看板でもある「或る列車」の模型。古い設計図を基に、原さんが忠実に再現した模型です。この模型の写真や映像は以前からよく見ていましたが、実物は相当のオーラがあります。細かく作り込まれてもいますし、何といっても全体の重量感を感じます。暖色系のLEDの室内灯は今回の規格の為に取り付けられたものとの事ですが、良い雰囲気を出すのを手伝っているようです。

私は鉄道模型を作らなくなって久しくなってしまいました。現在の家には置く場所が無いので、デアゴC62を始めとして、殆どを近所にある私の実家の中の、父が使っていた部屋に置かせてもらっています。手元には一部しかありません。

今日の様に、凄い模型を拝見すると、また作りたくなるものです。

2017080412

展示の後半は、JR九州で活躍する観光列車の紹介です。もちろん或る列車もあります。

この鉄たび展、しっとりとした大人の企画の様に思えました。私の様に、一人で仕事帰りに訪れている人が多いようでした。でも、お子様こそこういう凄い模型を見て刺激を受けるのは良いことの様に思います。ただ、お金を出せば買えるものじゃないので、ねだられてもどうしようもありません。逆に安心でしょう。

今日は久しぶりに鉄道模型の世界に触れ、熱い想いでのめり込んでいた時代を思い起こすことが出来たように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

2017年のアメックスバースデーギフトは魔法のペン!

先日7月28日に50歳になりました。

アンケートの年齢選択の欄が変わって、内容によっては最も高齢の括りにされているものさえあります。

昔なら中老の域に達したわけで、世の中を知ったような顔をしていなければならないのですが、現実は相変わらずの体たらくです。孔子曰く「五十にして天命を知る」との事です。自分自身は、天から授かった使命を知るには余りに未熟であることを感じます。年相応に、様々な衰えを自覚せねばならなくはなっていますが。

2017amex01

毎年誕生日はやってくると、長年使っているクレジットカードのアメックスからバースデーギフトが送られてきます。殆どは役に立たないガラクタながら、不必要に高品質なものばかりで、ササヤカな楽しみとなっています。

昨年は引っ越し準備など環境変化が激しくて、アメックスのバースデーギフトのレポートを書いている余裕がありませんでした。今回2年分の記録を取ります。

一昨年までの報告です。

2015年7月29日 (水)
2015アメックスのバースデーギフトは昨年に引続きソメスサドルのステーショナリー
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2015/07/2015-7272.html

2014年7月29日 (火)
アメックスのバースデーギフトはガラクタから実用品にシフト?2014年はソメスサドルのペン
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2014/07/2014-85d6.html
2013年7月27日 (土)
恒例のアメックスのバースデーギフト!今年は二番煎じの靴べらながらちょっと実用的?
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2013/07/post-4842.html
2012年7月28日 (土)
今年はネーム入りのガラクタだ!アメックスのバースデーギフト
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2012/07/post-a983.html
2011年7月29日 (金)
無駄の極地!カードと共に役立たずのアメックスのバースデーギフト見ながらビールで乾杯!
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2011/07/post-106f.html
2010年7月30日 (金)
ガラクタが増えたよ!2010年アメックスバースデーギフト
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2010/07/2010-4e34.html
2009年7月30日 (木)
今年もアメックスのバースデーギフトはキラキラのガラクタ?
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2009/07/post-c198.html
2008年7月30日 (水)
役立たずのガラクタながら楽しい、アメックスのバースデーギフト
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2008/07/post_648c.html

2016amex01

まず昨年のギフト。
忙しく過ごしながら、幸い画像だけは残していました。革製品です。一昨年まではソメスサドルの革製品が続いていましたのでその続きかと思っていたら、異なる会社が作ったものでした。昨年はネタにするにはちょっと「弱い」ので、多忙にかまけて放置してあったのでしょうか。

2016amex02

取り出すと、二つ折りの財布の様です。クロム鞣しで軽くしなやかに仕上げてあります。

2016amex03

拡げてみると財布ではありません。カードケースでした。
端の部分の切れ込みは、カードを出しやすくするためのものです。

2016amex04

定期入れ等に使えないことはありません。軽量ですし、触った時の感触が良い。

2016amex05

財布なら使えたのですが、このカードケースは微妙。素材が高品質なだけに、惜しいガラクタです。捨てずに机の引き出しの肥やしとして、引っ越し後もしまい込んだままです。多分一生使うことは無く、その内散逸してしまうのでしょう。

2017amex02

今年のギフトは細長い箱に入っていました。小さいですが、去年よりも重みがあります。開けてみると金属製のペンのようなものが出てきました。

2017amex03

なんだまたボールペンか、と思って取り出します。でもこれボールペンじゃありませんでした。形状は鉛筆の様ですが、軸がアルミ合金製で、ペン先にはインクの出る穴がありません。

2017amex04

長さ165mm、太さ8mm。インクレスメタルペンというものでした。
インクの要らないペン?

2017amex05

ペン先は特殊合金製とのことです。インクを使わなくても、このまま紙に字が書けるとの事。私は文具は結構好きな方なのですが、この金属製のインクレスペンというものは存在自体知りませんでした。

特殊合金って何だろうと思います。詳しい記載はありませんが、鉛を主体とする合金とのことです。鉛筆を使う時に先を舐める癖がある方は危険なので使えませんね。お子様に持たせてはいけません。

2017amex06

ペン軸は無垢のアルミ合金製なので重みがあります。測ってみると25g。鉛筆並みの細さでこの重さは使い易くはありません。でも格好は良い。

2017amex07

バースデーカードに書かれた能書きを読むと、金属をペン先に用いたペンは、古くは中世からデッサンペンとして使われていた筆記具で、ルネッサンス期には芸術家達に愛用されていたとの事。ペン先があまり尖っていないので、細かい字を書くことは困難です。

ペン先に特殊合金を使用しているので、半永久的に使えると書かれています。金属を紙に擦り付けて、金属部分が削れて書くわけなので、どんどんすり減ってしまいそうなものですが・・・。

2017amex08

紙に書いてみると、確かにちゃんと書ける!でも金属を擦り付けている感触なので、かなりの筆圧が必要です。気軽にメモを取るような調子では書けません。

それに色が薄い。4H等の鉛筆くらいの薄さです。よく見ると銀色に見えます。

押し付けて書くような感触なので、ササッと書くようには使用できません。これを使っていると目立つと思います。いちいちインクレスペンを説明するための話題作りとしては面白い道具でしょう。

本当に半永久的に使用出来るのでしょうか。ハードに使いたくなるような筆記具では無いので、確かに長く性能を維持するのでしょう。

2017amex09

書いた文字は消しゴムでは消すことが出来ません。ちょっと薄くなっただけでした。鉛筆の様に黒い粒が紙の表面に付くだけではなく、色が紙の奥まで入り込んでいるようです。

消せないとはますます使い道が限定されますが、ずっと使えて長い間減らないペンなんて魔法の道具の様です。

手にして感触が良い。大した実用にもならないけど素材が高品質。こういった明らかに「ムダ」の典型のギフト。今年も選ぶ人のセンスが秀逸だと感心させて頂きました。

この数年、私は周囲の面倒なことに巻き込まれて惑わされることが多かったのですが、ようやく落ち着いてきたように思います。新しい区切りを経て、天命を知る域に少しは近づきたいものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第24号、第25号 読者プレゼントのナンバープレート&バインダーも到着

Bttf02402501

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。23日の日曜日の午後に24号と25号が到着しました。エンジン製作が佳境に入ってきました。

20170722

昨日7月22日土曜日の夜は、地元半田市の衣浦みなとまつり花火大会が開催されていました。打ち上げ場所の衣浦湾は半田市中央部にある我が家から3~4km離れていますが、その間には遮蔽物が無いので自宅のベランダからしっかり鑑賞できます。

昨年まで住んでいた岡崎市の花火大会に比べると規模が小さいながら、自宅に居ながらにしてビールでも飲みながら寛いで見られるのは贅沢。毎年の夏の風物詩になりそうです。華やかな花火から少し遅れて炸裂音が聞こえてくるのを楽しみます。1時間強の光と音の饗宴でした。

Bttf02402502

今回、読者プレゼントのデロリアンナンバープレートと専用バインダーが同梱されていました。本誌はエンジンのディティールの小パーツのみの薄く軽いパッケージですが、プレゼント部分が大きいので荷物がいつもよりも嵩張っていました。

Bttf02402503

まずは実物大のナンバープレートを確認します。ちゃんと金属製です。実際のナンバープレートと同じ大きさのため、かなりの存在感があります。8分の1スケールの模型のナンバープレートと比べると、その大きさが実感できます。模型の完成後は一緒に並べて楽しみたいものです。

市場に出回っているレプリカのナンバープレートと比べてよく出来ているかどうかはわかりませんが、映画の雰囲気を楽しむには十分です。

劇中では冒頭部分に登場するだけながら、最初のタイムトラベルの時に車体から外れて地面をクルクルと回っていたのが印象的です。

Bttf02402504

冊子を20号分閉じることができるバインダーです。シリーズ内ではオプション販売されているものが読者プレゼントになっています。全130号のこのシリーズの場合、全てバインダーに収めるには7冊必要です。

Bttf02402505

このバインダー、デアゴスティーニの他のシリーズでも必ず販売されますが、私は使用していません。かつて「蒸気機関車C62を作る」のシリーズでバインダーを必要数購入して全て綴じていたことがありますが、書庫の場所を取る上に後で冊子を読み返す時に不便でした。付属のピンを外して冊子を閉じる方法もあまり使い勝手がよくありません。C62の時に購入した5冊のファイルは外して廃棄してしまいました。

今回も冊子を閉じることはせず、しばらくバインダーカバーとして眺めて楽しむだけにしておきます。

もちろん使うか使わないかは好みがあります。バインダーを用いると、ペラペラの冊子が書庫の中で百科事典のような存在感を持って格好良いことも事実です。

Bttf02402506

8月29日に新創刊となる「週刊ムーミンハウスをつくる」の案内チラシも入っていました。ムーミン、日本では依然人気があるのでしょうね。いわゆるドールハウスですが、大人が楽しめるクオリティのようです。デアゴスティーニでは過去にドールハウスのシリーズが何度か発売されています。

Bttf02402507

なるほど楽しそうですが、私の興味の範疇では無い上に、これ以上のパートワークは時間と費用の問題で困難なので諦めます。

Bttf02402508

さて、24号から開封します。
今回も小さなエンジン回りのパーツです。しかもすべて樹脂パーツなので、非常に軽くてコンパクトです。

Bttf02402509

エンジンにプーリーとベルトを取り付ける作業です。プーリーは似た様な形状なので、冊子の解説を見ながら記号順に並べておいて作業を始めました。

Bttf02402510

プーリーはベルトが巻けるように、いくつか組み合わせて4か所に取り付けます。まずは下部の取り付け部からです。ここは3つのパーツを順番に組み合わせます。

Bttf02402511

3つのパーツを合わせてからビスで固定します。
ベルトは稼働するわけじゃないので、プーリーが回転する必要はありません。

Bttf02402512

中央部は2つのパーツを組み合わせて固定します。

Bttf02402513

右側はオルタネーターファンとプーリーを組み合わせて固定します。

Bttf02402514

左側も二つのパーツを合わせて固定します。
パーツを間違わなければ簡単な作業です。

Bttf02402515

黒い輪ゴムのようなベルトを掛けます。
まずは奥のベルトを3つのプーリーに掛けます。

Bttf02402516

手前のベルトを二つのプーリーに掛けます。
これで今回の作業は終了です。

Bttf02402517

続いて25号を開封します。

Bttf02402518

今回もエンジンのディティールパーツの取り付けです。

Bttf02402519

マフラーブラケットの二つは金属パーツでした。他の樹脂パーツとの塗装のクオリティーが同じなので違和感がありません。

Bttf02402520

まずエンジンブロックにマフラーブラケットを取り付けます。ネジ山を切りながらの作業ですが、今回は特にネジ切りタップを使用するまでのことは無いと思います。

Bttf02402521

左側のマフラーブラケットも取り付けます。

Bttf02402522

樹脂パーツのマフラーヒートシールドを取り付けます。

Bttf02402523

2分割されているエキゾーストパイプを接続します。

Bttf02402524

エキゾーストパイプをエンジンに取り付けます。
パーツ精度が高いので、ネジ穴位置が気持ち良い程にピッタリと合います。

Bttf02402525

エンジン右側のネジ穴も固定して今回の作業は終了です。

Bttf02402526

エンジン自体は今回でほぼ完成となります。

Bttf02402527

次号、26号ではいよいよエンジンをフレームに載せます。その次の27号からは新しいフェーズに入ります。まずはラジエターの作成からです。

長らくエンジンを作り続けてきたので、次回でフレームに載せてしまうのが惜しいくらいです。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第22号、第23号 MMビスの破損に注意!

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第26号、第27号 フレームにエンジン搭載!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第13号・14号 読者プレゼントの大声時計も楽しいぞ

Atom131401

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。

18日の火曜日に13号と14号が到着しました。いつもながら平日は忙しいので、週末の開封となりました。しかし今回の2号は大した工作が無いので、平日の夜でも十分に行える内容です。また、今回の2号分に先行して読者プレゼントも届いているので内容確認しました。

Atom131402

13号から開封します。
今回のパーツは、テスト基板用の延長ハーネス等です。アトムの動作確認に必要なテスト用基板の延長用のハーネスと基板を作成します。これで通常号の価格の付属品かと思うような内容ですが、長編のパートワークはこんな号も結構あるものです。この13号だけを購入する読者はいないので、シリーズ通してコストを考えないといけません。逆にサーボモーターの付属する号は若干通常より価格を上乗せしてあるものの、それでもかなりの特価です。サーボモーターばかりたくさん買い占められることを歯止めするために、一応サーボホーンと別の号に分けていることと思われます。

Atom131403

今回はハブ用基板にハーネスを取り付けるだけです。サーボホーンなど3つのパーツは次回まで持ち越しです。

Atom131404

テスト基板延長ハーネスのコネクタを、3連ハブ基板の真ん中のジャックにはめ込みます。冊子の写真を見ながら方向を間違えない様にします。間違っていたら入っていかないのですぐにわかります。

Atom131405

13号の作業はこれで終了です。
アトムの腕や足の動作確認を行う際に、この延長ハーネスが必要になるとの事です。

Atom131406

続いて14号も開封します。

Atom131407

14号のパーツは右上腕用のサーボモーターです。
13号に付属してきたサーボホーンとハーネスを取り付け、サーボIDを書き込みます。

Atom131408_2

まずサーボホーンの取り付けです。

Atom131409

サーボモーターのIDシールを貼付します。今回は5番です。

Atom131410

ハーネスを取り付けます。

Atom131411

チェックスタンドに接続してサーボIDを書き込みます。今回は右側のロータリースイッチを5番に合わせて書き込みます。

Atom131412

今回の作業はこれまでです。殆ど組み立てらしいものはありませんでした。長丁場ではこんな号もあるものです。

Atom131413

次号、15号では右肩にディスクとサーボモーターを組みこんで右上腕フレームに取り付けます。ある程度の工作が見込まれるので楽しみです。

Atom131414

今回の13号、14号の配達に先んじて、7月15日に読者プレゼントの「ATOMボイスクロック」が到着しました。

Atom131415

定期購読を申し込んでいると、この時期にプレゼントがもらえる様でした。

Atom131416

これは市販されていないものなので貴重です。
デアゴスティーニのロビのシリーズの読者プレゼントでもボイスクロックがもらえました。但しあれは外装の樹脂パーツが組成分解を来してベタついて汚くなり、アルコールで拭いてもきれいにならなかったので処分してしまいました。見た目は可愛かったのに、モノとしてはダメ時計でした。

パートワークのオマケの時計であまりまともなのは無いのですが、今回はわかりません。アトムの声で時間を教えてくれたり、起こしてくれるようです。

Atom131417

アトムのシルエットの目覚まし時計です。台座部分にはATOMのロゴがあります。素材は無塗装の単純なプラスチックなので組成分解する心配はありません。上部にアナログ、下部にデジタルの表示がされるようです。しかし全て液晶画面なので、電池を入れない状態では何も見えません。

前高約11cm。かなり小振りな時計です。

Atom131418

電池は付属していないので、手持ちの単3アルカリ電池を2本入れます。

Atom131419

一応説明書は付属していますが、見なくても操作できるレベルです。通常使用するボタンは3つしかありません。一番右側の小さなボタンはリセット用です。

Atom131420

時刻を合わせると、アナログとデジタルの表示が確認できます。デジタル表示部分は多少横からでも見えますが、上部のアナログ表示部分は正面から出ないと見えません。このアナログ部分は必要だったのか不明です。機能ではなく、時計のデザイン的な要素かと思われます。

上部のボタンを押すと、アトムの声で「~時~分、だよ」と時間を教えてくれます。またアラームをセットすると、4パターンのセリフで起こしてくれます。かなりの大声なので、目覚ましとしての機能はバッチリでしょう。

実際に目覚まし時計に使用するには表示部が小さいし、時刻を告げる声が大きすぎるので夜中に「何時かな?」とボタンを押すとすっかり目覚めてしまいそうなので、作業を行っているデスクにおいてしばらく楽しんでみようと思います。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第11号・12号 至れり尽くせりの組み立て解説

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第15号・16号 組み立てガイドの手順満載だが臆する必要ナシ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第22号、第23号 MMビスの破損に注意!

Bttf02202301

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。通常通り7月9日の日曜日の午後に22号と23号が到着しました。

2冊ともペラペラで軽いパッケージです。エンジンの小さなディティールパーツばかりが続いているからです。チマチマと小さなパーツを取り付ける作業は結構楽しいものです。しかし今回、少し力を込めて締めただけでビスの頭が割れてしまいました。予備のビスを加工して作業を乗り切りましたが、同様の苦労をしている読者が多いのではと予測します。私はビス自体の強度不足が原因と思います。パーツ不良の対策を取って頂きたく思いました。

Bttf02202302

まず22号から開封します。
ビスを除き、樹脂製の軽い小さなパーツばかりです。ビスの内、シリーズ中で今回初めて付属してきたMMビスに問題がありました

Bttf02202303

今回の作業は、前回に引き続きエンジンのディティールパーツの取り付けです。作業後にはエンジンが更にゴチャゴチャとして機械らしくなってきます。
樹脂の小パーツは塗装の品質にムラがあるように思えます。エンジンブロックの丁寧な塗装に比べて、少々剥げているところも散見されます。まあ取り付けてしまえばそんなに目立つものでもないので、そのまま作業を続けます。

Bttf02202304

組み立て中のエンジンパーツやドライバーを用意します。インジェクションパイプの取り付けの際に、ピンセットを使用した方が作業が楽になります。シリーズ付属のものでも、無いよりあった方が良いと思います。

Bttf02202305

エンジン部品を組み立てていきます。
冊子の解説ではパーツの写真では無くて3D風に描画された画像を使用しているので、実際のパーツよりも大きく見えます。拡大版ともいえる解説画像を参考にして、小さなパーツを組み合わせていきます。

Bttf02202306

最初のステップにて取り付けるパーツの固定にはMMビスを使用します。エンジンブロックの金属パーツにネジ山を切りながらねじ込んでいくために、少々力を込める必要があります。

Bttf02202308

しかしこのMMビス、ビスの頭部分が薄過ぎて、金属パーツにネジ穴を切りながらねじ込んでいく力に耐えられません。奥までもう少しのところでネジ頭が割れてしまいました。

ネジ山を切るタップを使用するにも、残念ながらこのMMビス1.5mmのサイズのタップは私の手元にありません。

ドライバーで少々力を込めたらネジ頭が割れてしまうようなビスは、この個所に使用するものではありません。このMMパーツは不適品であると思います。

しかしあと少しのところまでねじ込んで割れてしまったビスの取り外しには苦労します。どうしても抜けない方は、このままパーツを接着して済ませても良いかもしれません。そんなに応力のかかる部分では無いからです。

Bttf02202309

パーツを傷つけないように気を付けながら、ラジオペンチを使用して壊れたビスを取り除きました。相当力を込めてビスの軸を掴んで回さないと取り外すことが出来ませんでした。

Bttf02202310

MMビスは、今回予備が1本あります。ビスを短く切断して取り付けることにしました。ニッパーを使用して、少々ビスの先端を切断します。

Bttf02202311

短いビスでも十分に今回のパーツの固定が出来ます。少しきつく締めるとまたビスが壊れそうなので、慎重にねじ込みます。今回の作業のポイントは、このMMビスのねじ込みであると思います。

ネジ頭の飛び出しを少なくするために薄いMMビスを使用するのでしょうが、エンジン部分全体で黒いネジ頭だらけなのだから、細かいことを気にせずに頑丈なビスに代えた方が良さそうです。もし予備のMMビスも破損してしまったら、予備でたくさん余っているビスの中で、使えそうなBMビス辺りを代替に出来そうです。

Bttf02202312

エンジンにサーモスタットのパーツを取り付けます。ここは頑丈なAPビスなので壊れる心配はありません。

Bttf02202313

スロットコントロールユニットを組み立てます。

Bttf02202314

スロットルコントロールユニットをエンジンに取り付けます。

Bttf02202315

ミクスチャーコントロールユニットをヒューエルディストリビューターに取り付けます。

Bttf02202316

更にパーツを組み合わせていきます。

Bttf02202317

ヒューエルディストリビューターの6個の穴に、ホローボルトを取り付けます。
冊子の解説ではエンジンに取り付けた後の作業になっていますが、この時点で取り付けておいた方が良いと思います。小さなパーツながら、ちょっと力を入れて押し込むことになるからです。

Bttf02202318

エンジンブロックに取り付けます。

Bttf02202319

6本のインジェクションパイプを取り付けます。
インジェクションパイプは3種類の長さのものが2本ずつ、計6本あります。しかし私の手元に届いたものは、短い方の4本の長さの違いが微妙です。正確に2本ずつ長さが合わせてあるわけではありません。パイプの長さには余裕があるので、そんなに気にする必要は無いのでしょう。

Bttf02202320

インジェクションパイプの取り付けにはピンセットが便利です。私は手持ちのちゃんとしたピンセットを使用していますが、シリーズ付属のものでも大丈夫です。

Bttf02202321

インジェクションパイプは接着しないとすぐに抜けてしまいます。後でリカバリーが出来る様、水性のアクアリンカーを使いました。この便利な接着剤、現在売っていないのが残念です。

Bttf02202322

6本のインジェクションパイプを取り付けました。少々長すぎるかもしれませんが不自然なほどではありません。

Bttf02202323

続いて23号を開封します。
23号のパーツもエンジンのディティールパーツです。2号分合わせても掌に載るくらいの量しかありません。

Bttf02202324

今回の作業は、オルタネーター、エンジンレベルゲージの取り付け等です。22号の様にビスが壊れてしまうという事も無いので、すぐに終わります。

Bttf02202325

エンジンにマフラーアッパーブラケットを取り付けます。

Bttf02202326

オルタネーターを組み立てます。

Bttf02202327

先程エンジンに取り付けたブラケットにオルタネーターを取り付けます。

Bttf02202328

オルタネーターを固定するためにオルタネーターブラケットを取り付けます。

Bttf02202329

オイルレベルゲージを取り付けます。
取り付け部からすぐに抜けてしまうので、接着剤で固定しました。

Bttf02202330

エンジン前部のギアボックス部分に、トランスミッションケースブラケットを取り付けます。

Bttf02202331

左右ともにブラケットを取り付けて、今回の作業は終了です。

Bttf02202332

オイルレベルゲージのハンドル部分の赤い塗装が、銀色のエンジンの中で良いアクセントになっています。

Bttf02202333

次号、24号ではエンジンにオルタネーターベルトを取り付けます。完成後には隠れてしまうエンジンですが、長期に亘って丁寧に組み立てることになります。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第20号、第21号 エンジンの全容が見えてきた

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第24号、第25号 読者プレゼントのナンバープレート&バインダーも到着

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第11号・12号 至れり尽くせりの組み立て解説

Atom111201

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。7月4日の火曜日に11号と12号が配達されました。

このところ、右腕の製作が続いています。あれこれと色んな箇所のパーツを配布するのではなく、一つの部分を連続して作っていく方法には好感が持てます。かなり前に配布されたパーツを引っ張り出すのは面倒なものです。このシリーズは、サーボモーターとハーネスが分割配布されていること以外には、毎回付属のパーツを殆ど使い切るパターンが多いので、ストレスを感じにくいと思います。

また、冊子の組み立てガイドの記載が丁寧で、ちゃんと読んでいけば正確に組み立てられるのも良いところです。今回は、12号の肩ディスクねの中継ハーネスの巻き方、肩フレームとの組み合わせ方について詳しく書かれています。写真に加えて文章もきちんと読みこめば、きちんと組み立てられます。決して難しくはありません。

Atom111202

まず11号から開封します。11号のパーツはサーボモーターです。今回のサーボモーターは右肩に使用します。

Atom111203

11号にはサーボモーター本体しか付属していないので、前号の10号に付属していたサーボモーター用ハーネスとチェックスタンド、サーボモーター用IDシールを用意します。

Atom111204_2

サーボモーターにサーボモーター用ハーネスを取り付けます。カチッとはめ込みます。

Atom111205

今回のサーボモーターのIDは4です。4番のシールを貼り付けます。

Atom111206

サーボモーターにIDを書き込みます。
チェックスタンドにサーボモーター用ハーネスを接続し、右側のスイッチを4に合わせ、電源を入れてからID書き込みスイッチを押します。書き込み時にはサーボモーターの回転軸が回っています。書き込みには数十秒を要するので、点滅しているチェックスタンドの緑色のLEDが消えるまで辛抱強く待ちます。

Atom111207

サーボモーターにID4を書き込んだら今回の作業は終了です。

Atom111208

続いて12号の作業に移ります。
12号のパーツは右肩のフレームと上腕カバーです。肩ディスクに中継ハーネスを巻き付けて肩フレームと組み合わせるところがハイライトです。組み立てガイドの説明が詳細に書かれているので、記載に沿って作業すれば難しくはありません。公式サイトに作業手順の動画もアップされています。至れり尽くせりです。

Atom111211

まず肩ディスクに中継ハーネスを通します。
中継ハーネスのコネクタの根元から、肩ディスクより出る長さは8cmとの事です。

Atom1113

わざわざ定規を用意しなくても、組み立てガイドに8cmを測る事が出来る様に定規が印刷されています。

Atom1114

中継ハーネスを、肩ディスクの中央部に巻きつけます。
反時計回りに3回巻くのですが、その巻き方は図解と写真で説明されています。3回目は肩を動かした時にケーブルが張らない様に緩やかに巻き付けます。

Atom1115

肩ディスクに肩フレームを合わせます。
この時点では二つのパーツには隙間があり、手で支えないとすぐに外れてしまいます。

Atom1116

前号にてIDを書き込んだ4番のサーボモーターの回転軸に、肩ディスクをはめ込みます。

Atom1117

中央部のネジ穴に、ビスをねじ込んで固定します。

Atom1118

次に、右腕に右上腕カバーを取り付けます。

Atom1119

ビス2本で固定します。

Atom1120

もう一つのカバーを取り付けてビスで固定します。

Atom1121_2

これで今回の作業は終了です。
肩ディスクへの中継ハーネスの巻き付け方は、実際に動作確認を行わないと正解であったかどうかはわかりませんが、とりあえず組み立てガイドの解説通りに作業を行いました。

Atom1122

次号、13号のパーツはハーネス2本とサーボホーンです。3連ハブ基盤も付属しますが、これで1号分かと思ってしまう程のショボさです。サーボモーターの号では大盤振る舞いをしているのだから、その間の号は仕方ないのでしょうか。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第9号・10号 右腕の組み立てが続く

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第13号・14号 読者プレゼントの大声時計も楽しいぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第20号、第21号 エンジンの全容が見えてきた