« 「昭和の鉄道模型をつくる」にKATOオハ31系客車は似合う | トップページ | 鉄道コレクション 地下鉄開業50周年記念グッズ「名古屋市交通局300型」通称「黄電(きいでん)」 »

2007年11月11日 (日)

NHK「関口知宏が行くドイツ鉄道の旅」DVD

Nhk1

義母の誕生日祝いの食事会のため、今日は妻の実家に出かけます。

天気が良ければ車庫を借りてBMWを洗車するのがいつものことなのですが、岡崎は今日はあいにくの雨模様。夕食まで時間を持て余しますので、義母のDVDコレクションを拝借して時間つぶしです。

韓国ドラマのコレクション!の中に、NHKの関口知宏が行くヨーロッパの鉄道旅行のシリーズがありましたので、お借りして鑑賞することにします。

関口知宏さんのNHKの鉄道旅行のシリーズは、今は中国旅行になっていますが、ヨーロッパの頃は私は見たことがありません。第一、自宅は衛星放送見られないので、放送自体を見ることがありませんでした。

私自身、大学2年の20歳の頃に始めて3ヶ月間、ヨーロッパを鉄道旅行して以来、ドイツは20代の頃に3回訪れているので曾遊の地でもあり、思い出深いところばかりです。

関口知宏さんは、あの関口宏さんの息子さんの俳優ですが、何とも自然体のレポートで楽しめます。旅行レポーターというと、説明口調の独り言で、使命感に追われていることが普通なのですが、関口さんの場合、自然体で、このドイツの鉄道の旅でも、フランクフルトから出発して、最初のマインツの乗換えで乗り遅れてがっかりしたりして、見ている私たちが心配したりしてしまいます。
誰とも気さくに仲良くなって話しかけるところや、疲れていたら車内で居眠りしているところなど、気負って撮影していないところにも好感を覚えます。

このDVDの旅で、ほぼドイツを一周するのですが、最大のポイントが、旅の途中でドイツの車窓や人々との出会いの中で新しい歌を作り上げていくというところです。それも、ドイツの古い民族楽器の「リュート」というギターにも似た19弦の複雑な楽器で作曲していくというもの。

このリュートも、ヴィースバーデンという地方都市のリュートの工房で、30万円もする楽器を熟考の上、思い切って購入し、ハードケースに入れたその大切な楽器を後生大事にずっと持ち歩く健気さに、何とも親しみを感じるのです。

もちろん、テレビ番組としての「仕込み」はあるのでしょうが、ドイツの広い草原の光景と、ゆったりした人々とのふれあいが、自然とDVDを見ている私にも、同じ時を共有している錯覚に陥れるのです。

さて、車内で出会った人たちに助けられてドイツ語の歌詞も完成し、ミュンヘンでリュート演奏の名人に奏法を教わって完成していくくだりに応援している自分に気が付きます。楽譜が書けないのか、「シーミードー」とかカタカナで書いているのはご愛嬌ですが、自分の感性で慣れない楽器も弾きこなしています。

私事ですが、私も20歳の頃にヨーロッパに旅に出たとき、カシオのキーボードを携えて各地で弾いていました。電池式で、コードとリズムを多少入れながらメロディーを弾けるという簡単なものでした。重くて邪魔なのでどこかに置いてくるつもりだったのに、結局旅の最後まで持ち歩いて楽しんでいました。宿泊したユースホステルなどで弾いていると、各国の皆さんと一緒に歌っている事もあり、コミュニケーションの手段として大活躍したものです。音楽に国境は無いことを実感した体験でした。

ドイツで羨ましいのは、ICE等の最新の列車に加え、蒸気機関車や古い登山列車の保存鉄道が大切に運行されていることです。特に、蒸気機関車は多くが残されていて、他の国と故郷を接していて、自国の文化を大切に保存していく意識の強いヨーロッパならではであると思います。

こんなDVDを見ると、本当にヨーロッパに旅行に行きたくなります。
このシリーズは、ドイツの他にイギリス編とスペイン編を義母が持っていたので、借りてきて順次見ていく予定です。悩ましいものに足を入れてしまったものです。

Nhk2 Nhk3

ところで、このDVDに出てくるドイツの超特急ICE、何かに似ていると思ったら、今年の7月に仕事で出張した際に乗ったJR九州の「白いかもめ」そっくりでした。外見だけでなく、革シートの車内のインテリアまで似ています。JR九州が真似したんですね・・・。

|

« 「昭和の鉄道模型をつくる」にKATOオハ31系客車は似合う | トップページ | 鉄道コレクション 地下鉄開業50周年記念グッズ「名古屋市交通局300型」通称「黄電(きいでん)」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん、こんにちは。

ウチも衛星放送見れないんですが、この番組の
中国編中間ダイジェストを地上波でやってたんで
見ました。面白いですよね♪

僕はイギリス、フランス、スイス、イタリアの
主要都市を研修ツアーで駆け足で回った程度ですが
今度ヨーロッパへ行けたらドイツ行ってみたいです。

それと、今月から朝日新聞社が発刊する『世界の車窓から』の
DVDブック、初の定期購読ポチッ!しちゃいそうです(笑)

投稿: タカ | 2007年11月12日 (月) 12時09分

タカさん、こんにちは。

このシリーズ、なんとも関口さんのレポートがひょうひょうとしていて、よい感じですね。
中国編で一旦、一連の旅から引退との事で、残念です。だれか引き継いでくれないでしょうか。
困るのは、美しい映像を見ていると、自分も旅に出たくてうずうずしてしまうことです(^^;

「世界の車窓から」のDVDブック、とりあえず第1巻はスイスですね。こちらもなんとも魅力的です。欲しいもの多くて困りますね。

投稿: YUJI | 2007年11月12日 (月) 12時59分

はじめまして。関口さんのシリーズまだみたことないので今度見てみようと思います。地上波でも再放送ないですかね

投稿: 鉄道トリビア・ながら | 2007年12月 5日 (水) 08時16分

鉄道トリビア・ながらさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
関口知宏さんのシリーズ、今は中国の旅ですけれど、12月27日にNHK総合でスペシャル版の放送があるようですね。
http://www.nhk.or.jp/tabi/
11月30日に放送されたハイライト版も良かったですよ(^^)

投稿: YUJI | 2007年12月 5日 (水) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/17046371

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「関口知宏が行くドイツ鉄道の旅」DVD:

» こだわりの食品、おすすめ通販情報を紹介しています [こだわり通販情報]
はじめまして、素敵なブログですね。私は、こだわりの食品、雑貨、その他の通販情報を紹介するサイトを運営しています。もし、よろしければ、見に来てください。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日) 23時38分

« 「昭和の鉄道模型をつくる」にKATOオハ31系客車は似合う | トップページ | 鉄道コレクション 地下鉄開業50周年記念グッズ「名古屋市交通局300型」通称「黄電(きいでん)」 »