« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第21号 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる 27巻 »

2008年1月30日 (水)

岡山出張の際の駅弁「桃太郎の祭ずし」

08013001

今日は急遽岡山に出張となりました。

昨年の7月に私が岡山でセットアップしたローカルサーバが不調となり、電話対応でもリモートでもトラブル解決しません。業務に支障が出るので再セットアップを試みるためのお呼び出しです。

ともあれ、新幹線に乗るのでも、良く出かける東京方面と違って、西の方に行くのは気分が変わって楽しみです。・・・って現地では楽しいなんて状態じゃないのかもしれませんけれど、汽車好きとしては乗っているだけで楽しいのですね。

早朝の名古屋を出るのぞみ99号は、昨年7月に登場したばかりに乗ったのと同じN700系。
山陽道は最高時速300km/hで駆け抜ける俊足で、名古屋から岡山までは1時間35分程度しか要しません。でも、車内は白々としていて安っぽいし、窓が飛行機のように小さくて外があまり見えません。静かで揺れも無く、スピード感に乏しいので本当に300km/hも出ているのかと思ってしまいます。

08013002

良い部分は、山陽新幹線はガラガラなので普通車でも快適に乗っていけることと、窓際席を取れば1列ごとに足元のコンセントがあることです。モバイルオフィスとばかり電池の容量を気にすることなくパソコンを使えるのですが、今日の仕事は現地にあるので車内ではメールチェックくらいしかやることが無いのです・・・。

08013003

足元のコンセント、携帯の充電もできますので新幹線に乗っていても安心感がありますね。従来の700系のぞみよりも大抵乗車率が高い状態です。
でも、今の季節は朝でもガラガラでしたけれど・・・。

08013004

相生を過ぎた辺りから建物の屋根に白いものが目立ってきて、岡山では道路際などはかなりの残雪がありました。温暖な岡山で雪が降ったとは驚きです。聞いてみると、先週は20cmも積もる大雪だったそうで、それが乾かない内に一昨日も降ったとか。
20cmで大雪とは、雪国の方々には笑止千万と言われそうですが、私の住んでいる愛知県と同様、めったに雪の降らない地方では交通マヒを起こします。実際に高速道路が通行止めになって生活に支障が出たとの事です。

トラブルの根が深ければ岡山泊まりも覚悟(楽しみ?)にしていたのですが、朝の9時半から飲まず食わずで作業を続けた結果、2時ごろには目処が付いて日帰りになります。

08013005

随分遅い昼ご飯件おやつは岡山駅の「桃太郎の祭ずし」950円です。
岡山の定番的な駅弁で、全国の駅弁大会でも常連です。昼ごはんには遅すぎる時間なので、定番モノしか残っていませんでした。

08013006

容器は可愛い桃の形のプラスチック製です。
以前よりもちょっと薄っぺらくなったような気がします。

08013007

錦糸卵を散らした酢飯に芝エビ、タコ、酢じめの鰆、あさり、穴子、ママカリ、椎茸、蓮根などの野菜を載せたちらし寿司で、極限の空腹の為にそれなりに美味しかったのですが、普段小食の私にとっても、いかんせんご飯が少なすぎました。つまみ代わりに5分で完食。

帰りはコンセントの無い700系だったので、パソコン広げることもできず、食べた後はゆったりと居眠りをしている間に名古屋です。
岡山は観光地も多いので、プライベートでゆっくり出かけたいものです。

|

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第21号 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる 27巻 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん、こんにちは。

いらっしゃいませ♪ 岡山まで来られてたんですね。
確かに岡山だと今回くらいの積雪でもちょっとした事件です(笑)

僕は生まれも育ちも岡山ですが、年間通じての気候だとか
環境だけは、やたらと良い県だと思います。

今度は、ぜひゆっくりと後楽園など散策にいらしてくださいね♪

投稿: タカ | 2008年1月31日 (木) 11時25分

タカさん、こんにちは。

新幹線のスピードが早いので、岡山も当たり前に日帰り出張となってしまいます。
岡山は冬も暖かいですし、主観的かもしれませんが、出張で訪れてもいつも暖かく迎えてくださる気がします。
それにしても、雪はびっくりしました!

後楽園に倉敷に、と行きたいところはいっぱいありますし、尊敬する内田百閒センセイの故郷でもありますからゆっくり散策してみたいものです。

投稿: YUJI | 2008年1月31日 (木) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/17901094

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山出張の際の駅弁「桃太郎の祭ずし」:

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第21号 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる 27巻 »