« 原田純余 2008年3~5月ピアノコンサート情報 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる 31巻 »

2008年2月26日 (火)

今日は列車に乗って松江に移動です。

今日は、デアゴスティーニの「週刊蒸気機関車C62を作る」26号の発売日ですが、出張のために組み立てることが出来ません。名古屋駅で新幹線に乗る前に寄り道して予約している三省堂名古屋店で受け取ってこようかと思ったのですけれど、組み立てられるわけでもなく、出張中ずっと部品を持ち歩いているのも面倒なので、帰ってきてから買うことにしました。

とにかく、午前中に仕事をやっつけて、いざ新幹線で西へ向かいます。

2008022600

今日の目的地は松江です。前泊のための移動なので、非常に気楽な道中です。
当初は、中部国際空港から米子空港へのANAで向かう予定だったのですが、松江前泊なのに到着が遅くなってしまうので、新幹線で岡山に行き、特急「やくも」に乗り換えて向かうことにしました。これならば、夕食前に松江に到着できますし、好きな汽車に揺られていくのは楽しいものです。

2008022601

寒いと思われる山陰に向かうのに、名古屋駅を出発する時から既に雪がたくさん降っています。関が原近辺で「のぞみ」が徐行しないかが心配になります。
乗車予定よりも1本前の、新大阪行きの700系のぞみの車掌さんが、美人さんだったのでパチリ。すみません。

2008022602

乗り込んだN700系のぞみ19号は、なぜか指定を取った周りが満席。どうしたことかと思ったら、中高年の団体の中に入ってしまったようです。もう少し考えて指定席を取ればよいのに、と思われますが、いつも使用しているJR東海の「エキスプレス予約」ではなく、乗り継ぎ割り引き適用のために、仕方なく普通に駅の窓口で切符を買ったので、駅員が適当に開いている窓際席を指定したのでしょう。混雑状態を確認しながら席指定できる「エキスプレス予約」だと絶対に取らない座席です。N700系ならば席も広いので普通車で十分!と思っていたのですが、いざ加齢臭に囲まれるとなぜグリーン車をケチったか後悔します。だって、新幹線のグリーン車、あんまり好きではないので・・・。

2008022603

丁度昼下がりのために、車内で食事です。
JR東海パッセンジャーの販売している駅弁が、消費期限艤装しているとの報道がなされていますが、私は以前より名古屋駅の駅弁は好きではありません。美味しかったためしがありません。そこで、駅ビルの高島屋の地下で買うか、時間があるときは近鉄パッセの地下の魚屋さん「森平」でうなぎ弁当を買うことにしています。

JR名古屋駅から近鉄パッセまでは往復10分くらいかかるのですが、ここのうなぎ弁当がすこぶる美味しいのです。以前、マイミクから教えていただいた情報で買って以来、贔屓にしています。

2008022604

今日は、「上うなぎ丼」950円。特別お腹が減っていなかったら、並の750円でも十分です。

見た目は良くありませんけれど、冷めても美味しいのはここのお弁当の特徴です。香ばしく焼き上げて、香りも豊かです。蒸さなくて直接白焼きしてからたまりを使用したたれにつけて再度焼く名古屋風です。ご飯も硬めに炊いてあるので、全く持って私の好みどおり。やかましく、窮屈な車内でも、ご飯がよければシアワセになる単純さです。
食べ終わる頃にはすっかり雪はきえておりました。

心配された雪も、名古屋を出てしばらくすると止んでしまって、関が原近辺は少し積もっていたものの、全く降っていません。よって、定刻に岡山に到着です。

2008022605

岡山からは、伯備線経由の特急「やくも」に乗り換えです。
これまた昔懐かしい、国鉄型の381系電車。それも「ゆったりやくも」にリニューアルされていないタイプです。名古屋近辺ではとっくの昔に引退しているタイプですけれども、こちらでは現役なのですね。まだリニューアルされていない車両だったので、昭和の香りを濃く残していてワクワクします。

2008022606

今度はちゃんと4号車のグリーン車に乗車です。
やくも号用としてはトップナンバーのサロ381-23です。もうすぐリニューアルされて普通車に格下げされてしまうようです。

2008022607

車内も、国鉄時代を思わせる横4列シートですが、適度に空いており、広々としていて快適です。
「やくも」には、10年ぐらい前にも仕事で乗った覚えがあるのですが、そのときは横3列シートの御大尽仕様だったので、リニューアル前車両にもいろんなタイプがあるのでしょう。現在はどんどんとリニューアルが進められて、横3列タイプの「ゆったりやくも」になっています。しかし、この古い381系をいつまで使うのでしょうか・・・。
倉敷を過ぎてから伯備線に入ると、覚えのある足元をすくう様な不自然な、初期の自然振子電車独特の揺れが感じられます。こりゃ、慣れなきゃ酔うわけだ、と思います。昔は、同じく381系だった「しなの」に随分乗りましたが、酔っている方が多数おられました。

2008022608

もう食事は済んでいるので、車内販売の年季の入ったお姉さんからアイスクリームを買います。260円。
これが、名古屋のめいらくのスジャータアイス。東海道新幹線で販売されているものと同じです。これまた私のお気に入りなので、よい気分です。まったりとして美味しいのです。

雨だった岡山から、高梁川に沿って山を登っていきます。
雨降りでも、中国山地の山は変化に富んでいて楽しめます。特に、山頂近くに水蒸気がかかっている様は、日本昔話に出てくる「正しい日本のふるさと」の趣で、「むかーしむかしのことじゃった・・・」という語り口が聞こえてきそうです。

2008022609

その、ことじゃった山を見ながらよい気分でうとうとすると、知らない内に窓外の川の流れが逆になっています。分水嶺を越えて、雪深くなってきていてびっくりします。

2008022610

松江に到着すると、雪は無くなっていて一安心です。
今夜の宿は、野津旅館という、駅に程近い大橋川沿いに立つ温泉旅館です。いつも出張時にはビジネスホテルかシティーホテルではつまらないので、趣向を変えます。最近は、シーズンオフにはビジネス客に対応して、朝食付きのプランを安く提供する温泉旅館が多いので、ホテルに飽きたときには楽しめます。美人若女将に迎えられて、気分はすっかり湯治です。

2008022611

部屋で一仕事した後は、お腹が空いていることに気付きます。旅先の一人での食事もたまにはいいものです。
冷たい雨が降っているので遠くまで歩くことも出来ず、宿の目の前の新大橋を渡ったふもとにある「やまいち」という古い居酒屋に入ります。
外には誰も歩いていないのに、店内はお客さんがたくさんいるといった、北国の様な状況です。この店の食べ物が美味しかった!
宍道湖名物の白魚(しらうお)の天ぷら、タラの芽、フキノトウの天ぷら、(天ぷらは抹茶塩でいただきます。)カンパチ、ヒラメ、イカのお造り、赤貝の煮付け、これでもか!と蜆のはいった味噌汁。地酒も適当に飲んで3800円也。
旅先(出張だが)でのよい店との出会いはシアワセです。

メシ撮りしたかったのですが、一人客がカウンターに座って、しかも狭い店内混んでいる状態でパチパチ写真撮るほどずうずうしくなれませんでした・・・。
まだまだですね。

これから温泉にゆっくり浸かって、のんびり。そろそろ明日の仕事のことも考えなくてはなりませんね

|

« 原田純余 2008年3~5月ピアノコンサート情報 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる 31巻 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

毎週の出張で大変ですね。。。と思ってブログを読んでいたら
忙しいながらも小旅行bullettrainbeerのようで、なんだか羨ましい出張ですねsign01
また戻られましたら、昭鉄のブログ作成をお願いしますね。

投稿: TETSU | 2008年2月26日 (火) 23時04分

こんばんわ。

出張ご苦労様です。(^^

戻ってからのブログ更新楽しみにしてます。

投稿: ミラノ | 2008年2月27日 (水) 00時16分

TETSUさん、ミラノさん、おはようございます。

昨日は移動日なので楽しませていただきました。ただ、時間が空いたときにも工作することができないのが寂しいですcoldsweats01

投稿: YUJI | 2008年2月27日 (水) 05時56分

おはようございますhappy01

出張の朝って、早いんですねcoldsweats01

bullettraintrainの移動の疲れはとれましたか~
昨夜のbottlerestaurantで、大丈夫かなwwww

工作の出来ない時間は、じっくりイメトレですねhappy01

うわっcoldsweats02
もうこんな時間wobbly
私も仕事に行きますcar

バタバタのカキコで失礼しました^^;

出張での仕事、頑張ってください~~

では、また遊びにきます^^

投稿: タグ | 2008年2月27日 (水) 08時12分

こんにちわ。

自分も時間があるとNゲージの雑誌など
読みながらあれこれアイデア考えてます。(笑

思いついたらメモしておいて仕事
終わり次第取り掛かります。(^0^

投稿: ミラノ | 2008年2月27日 (水) 11時02分

松江は、朝は雪が舞っていましたが、昼から日が射して、暖かくなってまいりました。
出張先でも昼休みにはチェックしてますhappy01

>タグさん、こんにちは。

空いた列車に乗ってのんびり揺られていると、お腹が空いていろいろと食べるので、不思議と疲れないものですね。ゆうべのbottleも美味しかったですよ
今夜はさすがに楽しむ暇が無いかもしれませんけれど・・・。

せっかく温泉宿に泊まったので、起きぬけのspaを浴びるための早起きです。それでもいつもよりはゆっくりなのです。

出張先でも、街灯や道路の具合、線路端の設備などが気になってしまって、何かレイアウトに役立つものはないかと考えてしまいます。


>ミラノさん、こんにちは。

ミラノさんの改良のお話、とても参考になります。
Nゲージの雑誌にもたくさんテクニックが書かれていますね。道具も模型屋さんに売っていないものが多いので、いつもアンテナを伸ばして、何が使えるか考えていることが多いです。

アイデアを溜めても、私は空気頭なのにめんどくさがりでメモしないので、後ですっかり忘れていますcoldsweats01

さて、そろそろ仕事に戻らねばなりません。

投稿: YUJI | 2008年2月27日 (水) 13時17分

こんばんわ。

自分はほぼ毎日何かかにかやってます。(^^

というのも昭和の鉄道が初の鉄道模型で
使う道具などがどれも使い慣れてなくて。(^^;

鉄道模型は色々な材料があるのでその使い道に
慣れるだけで大変です。

パウダー・フォーリッジ・コースターフ
その場その場での使う物が決まっていて
色々実験がてら試してます。(笑

木工ボンドを薄めての水溶液の作り方も
なんとなくわかってきました。

始めはどれくらいか量がイマイチ良く分らなくて
流したら玉状になってしまったりで。(苦笑

投稿: ミラノ | 2008年2月27日 (水) 23時11分

『やくも』の車両は381系でも最終製造にあたりますよ。
(しなの→くろしお→やくもの順ですし)

投稿: 松江市民 | 2008年2月28日 (木) 01時29分

今日は松江から鳥取に移動し、明日帰宅する予定だったのですが、急遽、支店の都合で仕事が延期となり、夕方には名古屋に戻ることになりました。
再来週に鳥取に出直しです


>ミラノさん、おはようございます。

>パウダー・フォーリッジ・コースターフ

いろいろ揃えられましたね。
結構たくさん入っているから、いっぱい余ると思うので、次のレイアウトに使用されますか

旅館や丘など、どんどんとオリジナル部分が増えてきて、すごいです
ブログ拝見していて楽しませていただいています。

ボンド水溶液は私も慣れるまで厄介でした。5倍以上に相当に薄めることと、台所用洗剤をほんの一滴混ぜることで落ち着きましたが、それでもダマになってしまいますよね。


>松江市民さん、はじめまして。

誤記の件、申し訳ありません。細かいところまで読んで下さり、ありがとうございます。

乗車したサロ381-23は、やくも用のグリーン車のトップナンバーでしたね・・・。
増備されたしなの用かと思ってしまいました。

もうすぐリニューアルされるのでしょうね。それにしても昔の電車の雰囲気いっぱいで、タイムスリップした気分になれます。

投稿: YUJI | 2008年2月28日 (木) 05時47分

こんにちわ。

材料に関しては失敗のことも考えて
多めに用意してます。(^^;

今まででも結構材料の使い方に失敗が
ありまして。(苦笑

水溶液の調合に関しては雑誌では
3倍くらいとありましたが
やはり5倍くらいに薄めないと使いづらいですよね。

レイアウトなども皆さんのブログなどを参考に
させていただいてます。(^0^

投稿: ミラノ | 2008年2月28日 (木) 12時49分

ミラノさん、こんばんは。
木工ボンドの水溶液、私もいろいろ試したのですが、相当薄くしてもがっちりと固まりますね。
濃いとパウダーの上でコロコロ転がってしまって始末に終えません。

本当に経験の試行錯誤ですよね。私も以前に買い込んだ材料がまだいっぱいあるので、今回は終盤になって地面の作成をする段階で使用しようと思います。

投稿: YUJI | 2008年2月28日 (木) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/40280726

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は列車に乗って松江に移動です。:

« 原田純余 2008年3~5月ピアノコンサート情報 | トップページ | 昭和の鉄道模型をつくる 31巻 »