« 「週刊蒸気機関車C62を作る」傷ついた煙室部分を作り直すべきかの迷い | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」第23号 »

2008年2月11日 (月)

穏やかな冬晴日の厄除け参りと彦根城周辺散策

2008021101

一昨日までの雪は昨日の好天ですっかり融けて、今日は穏やかな冬晴れ日です。冷たい北風も無く、絶好の行楽日和となりました。模型作りもひとまず休止して、予定通りの外出です。

2008021102_2

私は昭和42年生まれで、今年が本厄となります。年が明けてから早く厄除け参りに行かねばと思っていたのですが、今日になってようやく滋賀県の多賀大社まで出かけることができました。

昨年も同時期に前厄の厄除けに参拝し、大過なく一年を過ごせましたので、そのお礼も兼ねての訪問です。普段、神がかり的なことは信じていませんし信仰心は薄いほうだと思いますが、日本人としては厄年の参拝くらいは人並みにこなしたいという神経は持っています。

妻に加えて私の実家の両親も帯同したため、BMWでは車内が狭いので実家のクラウンを私が運転します。片道2時間強の道中です。運転は楽チンながら、何とも自動車を操縦している感覚に乏しい、トヨタの高級車の独特の特徴ですね。前を見てれば自然と目的地に着くような不思議な感覚です。

2008021103

無事厄除けのお祓いが済んだ後は、大社の近くの彦根城の散策です。
既に梅のつぼみも膨らみかけている状態であり、開花も近い様子です。彦根城で訪れたかったのは、何と言っても国宝の天守閣。17世紀に建てられたそのままの姿で現存する3層の天守閣は、内部に入ることが出来るため、楽しみにしていました。
内部は木造の重厚な建物で、太い丸太の梁や柱も素晴らしく、来てよかったと思います。
ただ、建物内の階段は非常に急な上に見物者が多いため、ミニスカートの女性は登城を控えたほうが良いかもしれません。実際には結構いらっしゃいましたけれど・・・。

2008021104

城内では、梅はまだ開花していませんでしたが、二期桜が可愛い花を付けていて、目を楽しませてくれます。

2008021105

ランチは、彦根城の前の彦根キャッスルホテル内の日本料理橘菖(きっしょう)にて「彦根味めぐり御前」という冬限定のランチセット。真ん中の伊勢海老は鍋焼きうどんにしていただきます。なかなかに美味。食後のチョコバナナケーキもついて2500円。食べたらしばらく動き出せません・・・。

2008021106

彦根といえば、「国宝・彦根城築城400年祭」のイメージキャラクターである「ひこにゃん」が有名です。去年、著作権に関わる使用中止問題で揉めたのですが、無事使用が可能になっているようなので、あちこちに登場しています。写真は、彦根城からほど近い、四番町スクエアにあった石造りのひこにゃん。
休日は、運がよければ着ぐるみのひこにゃんに出会えるとのことですが、今日は見当たりませんでした。

今年もあと10ヶ月少々ですが、厄払いの効果あって大過なく過ごしていきたいものです。

|

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」傷ついた煙室部分を作り直すべきかの迷い | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」第23号 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~YUJIさん^^

厄除けお参りお疲れ様でした~~
今年が大厄だったんですか~~
来年の後厄にも行かなきゃですね~~

何事もない事をお祈りいたします。

自分は、久しぶりにカレンダー通りに3連休www♪
3日間とも昭和に関する事ばかりしてました^^

ブログ?の方に更新しましたんで、暇なときにでも覗いてください~

明日から、また電飾への道ですかねwwwww
楽しみにしてます^^

では^^また遊びにきます~~

投稿: タグ | 2008年2月11日 (月) 23時27分

タグさん、おはようございます。

ブログ拝見いたしましたhappy01
オリジナルの街づくり、いよいよ本格的にスタートですね!
駅前の情景が、オリジナルよりもずっと楽しくなっていますよbleahgood
今後の発展を楽しみにさせて頂きますm(__)m

厄除けの参拝以外、何にも対策をしておりませんが、最低限のことはして、来年も後厄にも出掛けられるようにします。

それにしても、最近は地元でも出先でも街を歩いていると、何かレイアウト作りの参考になるものがないかときょろきょろしております。病膏肓に入るというところでしょう。
特に、私の作っている電飾は、あまりに現実とかけ離れていて、こうなったら開き直ろうかとも思っております。

とりあえず、今夜はC62の後台枠ですねhappy01
だんだん大きくなってきて、テーブル上占領するようになってきてしまいそうですcoldsweats01

投稿: YUJI | 2008年2月12日 (火) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/40091152

この記事へのトラックバック一覧です: 穏やかな冬晴日の厄除け参りと彦根城周辺散策:

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」傷ついた煙室部分を作り直すべきかの迷い | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」第23号 »