« 「昭和の鉄道模型をつくる」JCMさんの電飾作業途中経過写真のご紹介 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」第47号 »

2008年7月28日 (月)

トレインスコープ専用機?TOMIXのED62

今日は午前中からゴロゴロと雷が鳴り響き、時折強く雨が降る日となりました。
7月19日の梅雨明け以来続いていた、地元岡崎市での最高気温35℃超の猛暑日はようやく昨日までで途切れそうです。とはいえ、曇天でも30℃を超えていて異常に蒸し暑いので、過ごしやすいわけではないはずです。猛暑に体が慣れていたので、涼しく感じるのは、感覚も異常になってきているからのようです。

Ed6201

TOMIXの旧国鉄型の直流電気機関車、ED62を入手しました。何の変哲も無い、青い電気機関車ですが、私にとっては模型で遊ぶ上で大きな価値があるものなのです。このところ、ずっと直流型D型電機を探していました。

講談社の週刊Nゲージジオラマ製作マガジン、「昭和の鉄道模型をつくる」のレイアウトで、トレインスコープをゆっくり走らせようとすると、車両重量も重い上にカーブが急なので、スロー運転時に走行がギクシャクします。第1巻に付属の「モ1031型」を動力化した車両では、文字通り「荷が重い」のです。
SLのC12やC56に押させるもの良いのですが、やっぱりパワフルでコンパクトな小型電機が欲しいところです。実車と同様、模型の電気機関車は重量が重くて電車よりも牽引力に富んでいます。

Ed6202

まだナンバープレートも列車無線アンテナも取り付けていない状態です。
昭和中期の新性能電気機関車の標準的なスタイルです。TOMIXからはED61とED62が発売されています。どちらにするか迷ったのですが、かつて実機を見たこともあり、地元に近い飯田線にちなんでED62となりました。昭和の鉄道のレイアウトと、野山をゆるゆる走る飯田線沿線は結びつきませんけれど、ぱっと見た感じでは機関車のスタイルが、飯田線専用という独特のものでもありません。違和感はなさそうです。

Ed6203

ED62は全てED61からの改造機で、二つの動輪台車間に軸重軽減用の中間台車が配置されているのが特徴です。模型ではこの中間台車は大きく左右に振ることができるので、カーブ通過時の障害にはならないと思われます。
カーブのきつい飯田線で、実車はこの中間台車のフランジの磨耗が激しく、保守に手間がかかったようですが、模型では単なる飾りといったところです。

Ed6204

「昭和の鉄道模型をつくる」の「モ1031型」と車長の比較をします。僅かにED62型の方が車長が短くなっており、ミニレイアウトでの使い勝手は良さそうです。

Ed6205

同じくTOMIXの直流電機、EF65PFとの比較です。
F型の大型機と比較して、車長はずっと短いことがわかります。ちなみにEF65は、昭和の鉄道のレイアウトは走れません。動力となっていない中間台車を抜く等の改造を施せば可能かもしれませんが、あまりしたくありませんね。

Ed6206

早速、レイアウト上を走行させてみます。
やっぱり重量のある電気機関車は力強く、走行が安定しています。半径140mmの急カーブも楽々クリアです。超スロー走行もバッチリ!これは期待できそうです。

Ed6207

トレインスコープ車両を後押ししての走行です。
単4電池を搭載した重量級車両を押していても、あまり負担を感じさせない力強さです。ギクシャクしないので、ED62の入線は大成功と思われます。しばしスロー走行で運転室の視点を楽しんでしまいました。
しかし、今後トレインスコープの映像公開は、このレイアウトの完成後の、あと1回となってしまいました。

Ed6208

貨物機のED62が客車を牽く機会は少なかったと思いますが、オハ31系を牽かせてもコンパクトに収まって楽しめます。SLだけでなく、小型ELもローカル線の光景に似合いますね。

Ed6209

全長が短いので、客車2両を繋いでも、ホーム側の引込み線に収まります。KATOのC50だとはみ出します。SLで客車2両を加えて収まるのは、マイクロエースのC56とC12ですが、どちらも集電性能に問題があって牽引力に乏しく、スロー運転は困難です。

Ed6210

ED62にはやっぱり貨車ということで、貨物列車を仕立てます。
ワムやトラは昭和の香りですね!飯田線をこうしてゆっくりと走っていたのでしょう。必ず最後尾に車掌車が付くのがお約束です。但し、ヨ8000では新しすぎました。

Ed6211

ED62は既に全機廃車になっているので活躍を見ることはできませんが、何両か静態保存されているようです。佐久間レールパークに静態保存してあるED62-14号機を5年前に訪れた時に見ているはずですが、あまり印象に残っていません。この写真が残っているのみです。

Ed6212

更に当時は戦前生まれのED18-2号機が健在で、豊橋から中部天竜までトロッコファミリー号を牽引していました。こちらの方が印象に残っています。

両車とも、2011年に名古屋市港区金城埠頭に開館予定の、「JR東海博物館(仮称)」での保存が望まれます。
この博物館の開館は、私も非常に心待ちにしています。歴代の新幹線車両(0系、100系、300系)をはじめ、35両の歴史的価値のある車両が保存予定です。浜松工場に静態保存されているED18、佐久間レールパークのED62に加え、私としては名古屋市の東山動植物園に保存されているC62-17号機の移設を望むばかりです。鉄道のスピードアップの歴史に欠かせない記念的車両が、公園の片隅で露天に晒され苔にまみれて朽ちていくのを見るのは辛いことです。実質的に不十分な管理しかできていない名古屋市側が、博物館開館に際し、JRに返還して欲しいと夢見ています。
TOMIXのED62からは話題が逸れました。

レイアウトも完成に近づいて、周りの情景が豊かになり、トレインスコープの運転が楽しくなってまいりました。このED62型がトレインスコープ専用機として働いていくことになると思われます。

前回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」JCMさんの電飾作業途中経過写真のご紹介

次回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」グリーンマックス火の見やぐらの作成

|

« 「昭和の鉄道模型をつくる」JCMさんの電飾作業途中経過写真のご紹介 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」第47号 »

講談社「昭和の鉄道模型をつくる」」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、211です♪
ED62カッコイイです。大きさも丁度良い感じで、
短編成の貨物列車を牽く姿がとてもキュートです。
町並みにも馴染んでいますね。

こうして見ると、
ED18も小型レイアウトに似合いそうですねぇ…

JR東海博物館、楽しみです。
美濃太田で放置されている車輌郡が
綺麗に保存されるのを期待しています。

投稿: 211 | 2008年7月28日 (月) 23時21分

211さん、おはようございます。

ED62、ミニレイアウトにぴったりでした。青い車体が昭和の鉄道の世界に似合っています。既に結構お気に入りですhappy01

ED18も欲しいのですが、マイクロエースから出ていたものの再販を望んでいます。博物館に収められたりすれば復活するかも、と期待しています。

美濃太田の車両群、私もきれいになって保存されることを望みます。381系トップナンバーやキハ82、旧客などありましたね。

当時は記事にしていませんでしたが、今年の2月に近くを通りかかったことがあったので、久しぶりに国道側から写真を撮りました。相変わらずの放置具合で、381系や103系、キハ58、旧客などはかなり痛んでいます。心も痛みましたが、まだ姿があるだけ良いと思ったほうがいいですね。

鉄博のオハ31だって、放置状態から展示車両への整備をしたくらいなので、JR東海にも期待しています。でも、美濃太田と佐久間と浜松にある保存車両だけで相当な数になるので、どうやって35両を選別するのか、興味があります。

投稿: YUJI | 2008年7月29日 (火) 07時40分

こんにちはー!
ED62入線おめでとうございます。
走りの差は段違いの感がありますよね。

当鉄道はED61に引き続き、ED45,ED11とマイクロエースの私鉄小型電気を導入いたしました。
これらもTOMIXに負けず劣らずスローも効いて良い仕上がりです。
鉄コレ第1弾の貨車をN化させて引っ張りたいと考えています。
近いうちに車両紹介が出来たらなぁと思っているところです。

ボードの反りを直して、C50や8600を走らせてみたところ、前回報告させていただいたときよりは、走行できました。
しかし、ぎくしゃく感と、左回りや、推進運転では脱線したりと、安心して走らせることが出来ませんでした。残念です。

そんなこんなで最近は小型電気天国になっているウチのレイアウトでした。

ではまた。

投稿: lalande | 2008年7月29日 (火) 11時43分

lalandeさん、こんにちは。

lalandeさんからED61情報を教えて頂いてから、模型屋さんを覗くたびにD型電機を探しておりました。結局、地元に近いところの飯田線にちなんでED62を購入しましたが、パワフルな上にスローもバッチリで満足しています。
情報ありがとうございました。

D型電機は模型屋でも交流機は各種あるのですが、D型直流電機は少ないですね。東北線や北陸線、あるいは九州の情景も良いのですけれど、子供の頃の昔の思い出は青い機関車です。

ED11いいですね!
これも飯田線の佐久間レールパークに保存されている機関車なので、私もどこかで見つけたら買いたいと思います。
車両紹介、楽しみにしています。

lalandeさんのレイアウト、急ピッチで作成が進んでいますね。葉桜の情景が楽しみです。
私のほうは、パネルボードの反りの修正は諦めましたweep
ボードの反りで、レールに変なねじれや勾配がついてしまっているようですね。

投稿: YUJI | 2008年7月29日 (火) 12時51分

こんばんはYUJIさん。

D型機本当に少ないですよね。
自分が心待ちにしているのは、東武鉄道のD型ですね!

私は武蔵野線と京成電鉄が子供の頃の思い出の鉄道です。
なので、思い出の機関車というとEF13やEF15ということになります。
車両話も楽しいですね^^

模型のED11は画像で見るよりすごくいいですよ。
後ほどアップすることにします

投稿: lalande | 2008年7月29日 (火) 22時26分

こんばんは~~happy01
今日は、休みだったので模型屋さんに、例の人形とED62か61が売っていたら買ってこようってwwwwnote

残念ながらEDは、売ってませんでしたcoldsweats02

でも、お目当ての人形は買えたので、昭和の方へ配置しましたhappy02

かなり放置の状態でしたが、今UPしてきました^^

時間のある時にでも、覗いてください^^

では^^また遊びにきます~

投稿: タグ | 2008年7月29日 (火) 23時56分

>lalandeさん、おはようございます。

D型電機、交流の赤い機関車はそこそこ見当たるのですが、直流機は本当に少ないですね。自分の思い出の情景の機関車、探したいものです。

私にとってはごく幼少の頃の京都に住んでいるときの東海道本線のEF60やEF65、たまーにEH10、そしてEF58などが思い出の機関車ですね。
その後は専ら名鉄沿線の光景が思い出なので、デキ104もいいですね~

ブログ記事拝見いたしました。デッキ付きの電機、情景にぴったりです!

>タグさん、おはようございます。

更新されたブログ記事拝見いたしました。
レイアウトに夫婦で登場させていただいて、ありがとうございます!びっくりしながらも大変うれしい気持ちです。とてもおいしい料理をご馳走になって、タグシェフと楽しそうに会話している光景が暖かく、ほのぼのします。

タグさんレイアウトは各地で恋愛模様が見られて、うきうきするような物語になってきましたね!タグさん一流のセンスとユーモア、今後も楽しませていただきたいと思います。

投稿: YUJI | 2008年7月30日 (水) 07時54分

カズキです。
タグさん、私どもの悪ガキを登場させていただきありがとうございました。
私も悪ガキならぬ悪ノリをして悪ガキが覗いていた先を作りました。
番外編(カズキのリンク)に写真を掲載しています。
突貫作業で出来は今いちですが楽しんでもらえると思います。
レイアウトの覗いている私の姿を想像しないでください。

投稿: カズキ | 2008年7月30日 (水) 13時01分

こんにちは。

ED62入線おめでとうございます。
TOMIXのED61,62というとふる〜い香港時代の製品を思い出します。
当時欲しくても買えなかった辛い思い出が・・・・。crying
同時期にED75は買ったんですが、青いのも欲しかったんですよね〜。
交流、直流なんのこっちゃ?とか思いながら遊んでました。

ところでPF、走りませんか?私のところでは脱線せずに走るんですが。

投稿: JCM | 2008年7月30日 (水) 13時29分

>カズキさん、こんにちは。

リンク先、拝見しました。大爆笑です!
悪ガキはこんないいものを見ていたのですね。
作成しているカズキさんの楽しそうな光景が浮かんでくるようです。

こんな人形売ってましたっけ?とおもっていたのですが、これって「乗る人」の改造ですよね?
お見事です。


>JCMさん、こんにちは。

TOMIXの香港製の模型って、昔はとても素朴でしたよね。今の新品はとてもよく出来た模型でした。走りも素晴らしいです。ヘッドライトも低速から点灯してくれます。

私のTOMIXのEF65PF、カーブでガガガッといって走りません・・・。私の65PFは友人からもらったものなので、ウェザリングや部品の追加など、様々な改造を施してあります。

KATOのEF70はすんなり走るのですけれど、個体差があるのかもしれません。

投稿: YUJI | 2008年7月30日 (水) 17時34分

>こんな人形売ってましたっけ?とおもっていたのですが、これって「乗る人」の改造ですよね?
そうです。もう1セットあったのでカッターでちょっと服をそぎおとして肌色(クラシックアイボリー)の水性マーカでを塗りました。
最初は手っ取り早くKATOの「水着の若者」を使おうと思いましたが、「オチ」が使えないのでこちらにしました。
ちょっと作り変えているのでもう一度ご覧ください。
画像加工で誤魔化そうかと思いましたが、インチキはいけないので作り変えました。

投稿: カズキ | 2008年7月30日 (水) 17時45分

カズキさん、リンク先の銭湯のページの下のコメント欄にオチがあることに気付きました。
ネタばらしになるので少ししか話せませんが、確かに水着の若者だと、カズキ少年の目的が達成できてしまうところでした。

ところで、この手足を上げてチョケとる少年はどこのレイアウトでもすっかりカズキ少年になってしまいそうですねhappy01
女湯を覗いているのは、断じて私ではありません!とおっしゃっていたにもかかわらず・・・。

投稿: YUJI | 2008年7月30日 (水) 21時12分

こんばんは~~^^
勝手にカズキさんのとこの悪がきを使わせてもらっちゃいました^^;

あの悪がき・・・いえいえ可愛い少年^^は、あんな良い物を見ていたなんて!!
やっぱり悪がきですねwwwwwwwwwww

マウスでドキドキしながら、どこで手に変わるんだ~~
って、思いながらwww
見てビックリでした^^
上手に改造されてますね^^
思わず笑ってしまいました~~

子供の頃に良く行ってた銭湯を思い出しちゃいました^^

投稿: タグ | 2008年7月30日 (水) 21時54分

タグさん、おはようございます。

タグさんのレイアウトではブランコ立ちこぎしているカズキ少年ですね。

風呂を覗いた経験はありませんが、期待度に反してがっかりした気分を味わえました。

投稿: YUJI | 2008年7月31日 (木) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/41996641

この記事へのトラックバック一覧です: トレインスコープ専用機?TOMIXのED62:

« 「昭和の鉄道模型をつくる」JCMさんの電飾作業途中経過写真のご紹介 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」第47号 »