« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第50号 | トップページ | 原田純余ピアノコンサート情報「コンセール・アミ サマーコンサート」 »

2008年8月20日 (水)

「昭和の鉄道模型をつくる」お墓の設置工事 2

講談社の週刊Nゲージジオラマ製作マガジン、「昭和の鉄道模型をつくる」のレイアウト作成作業です。

レイアウト右手前の洋館付き和風住宅の隣に小さな丘を作成して、上にお墓参りセット一式を設置する作業の続きです。紙ねんども乾いたので、いよいよレイアウトに固定します。

0201

スチレンボードを削って土台を作成した上に、ごく薄く軽量紙ねんどを塗りこんで形を整えます。
紙ねんどが乾いてから表面にKATOのアンダーコートアースを塗り、乾く前にターフ土色ブレンドをまぶして地面を作成します。なんだかきな粉をまぶしたお餅のようです。

0202

丘の壁面は、石垣を表現します。
石畳シートを切り取り、壁面に貼り付けます。左側はスロープを登っていくという設定です。

0203

地面にサンドパウダーを撒き、お墓や樹木、人形を設置していきます。セットに入っていたお地蔵さんも、スロープを登った場所に設置します。なんだかアイコムの墓参りセットの設置見本のようになってしまいました。パウダーや草を植えて地面を仕上げていきます。
ごく狭い場所の表現になりましたが、丘はレイアウトの外側に続いている設定です。掃き掃除をしている和尚さんのお寺は、この先にあります。

0204

お墓のお花もお供えもありませんが、これで一旦完成としておきます。
スロープを上がっていくところが結構お気に入りです。

0205

レイアウトに接着して固定します。
洋館付き和風住宅前の未舗装道路からお墓の丘のスロープへ続いているように表現します。線路から見上げる位置にお墓があるという設定です。

0206

丘は、レイアウトの外側の左側に続いているという雰囲気は、何とか出せたと思っています。

0207

洋館付き和風住宅前から道が続いていますが、丘にすることで地平との連続性を弱めることができました。家のすぐ横が墓地という感じは薄いと思います。

レイアウトはまだ方々に小さな空き地が点在しています。
適当に木を植えて完成としても良さそうではあります。ただ休み明けで少々多忙の為、これからしばらく作業が停滞しそうです。

前回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」お墓の設置工事 1

次回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」完成間近にスランプです

|

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第50号 | トップページ | 原田純余ピアノコンサート情報「コンセール・アミ サマーコンサート」 »

講談社「昭和の鉄道模型をつくる」」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~~happy01
ナイスですgood

洋館付き和風住宅からの裏道に延びるスロープが良いですね^^
石垣に石畳のシートを使うとは^^
これも参考になりました^^

昭和の空き地のYUJIさんのオリジナル^^
とっても良いと思いますgood

この昭和もYUJIさんのオリジナルで作っていたら~~~
きっと別物の素晴らしい昭和になっていたんでしょうね^^

今の昭和も^^もちろん、きちんと作られているし、電飾はパーフェクト以上だし^^goodです^^

自分の昭和は、あれからぜんぜん進んでいません^^;
明日、明後日と連休なんで、少しは進むと思うのですが~

妄想が出ないんです^^;

では^^また遊びに来ます~~

投稿: タグ | 2008年8月20日 (水) 21時28分

タグさん、こんばんは。

このところ、多忙の為に工作が少々停滞気味です。
早いところ完成させたいのですが、私も妄想不足で進みません。仕方ないのでマイペースでいこうと思います。

「昭和の鉄道模型をつくる」の企画のおかげでブログを続けて、様々な方に教えを頂き、また時には煽って頂いたので、一応講談社さんのプログラムは終了できました。自力ではきっと途中で放り出していたでしょう。

なかなか模型屋さんに行く暇が無いので、空き地処理のネタが沸きません。
タグさんも御無理なさらず、私の停滞にお付き合いくだされば、長く楽しめますよcoldsweats01

新しい刺激が加わるまで、構想を練っていようと思います。

投稿: YUJI | 2008年8月20日 (水) 21時47分

こんばんは。

休み明けは何かと忙しいですよね!
自分も休み明けから大きなトラブル対応で、
本日客先へ・・・
客先からは直帰だったため、ポポンデッタへ
寄ったのですが、水曜日は定休日だったとはsweat02
仕方なく、ヨドバシを覗いて帰りました。

スロープの感じは、つなぎ目が全く分らず、
極々自然でとても良いです。
自分もこの部分をどうしようか思案中です。
今は、単に草がボウボウっといった感じで
何とも詰まらない状況です。
しかし、YUJIさんのレイアウトを見て、また
やる気が出てきました。
また、手が入ることを楽しみにしております。


投稿: TETSU | 2008年8月20日 (水) 23時42分

こんばんは。

できましたねー自然なつながりがとってもいいですね。
それから、和尚さんとお寺の設定の手法はとても参考になります。
お地蔵さんやもう一つのお墓の処理もアイコムさんのHPより遙かに参考になりました。
自分のお墓部分は完成としてしまいましたが、その辺をもう少し改良してみたいと思います。

ではまた。

投稿: lalande | 2008年8月21日 (木) 00時36分

>TETSUさん、おはようございます。

ポポンデッタは水曜日定休日なのですね。
私もついでの折に立ち寄るときには気をつけようと思います。

方々の空き地の処理、きっと適当に草を生やしたりすれば完成なのでしょうが、レイアウトが小さい分、細部まで凝ってみたくなるものですね。きっとTETSUさんも様々な構想を練っておられることと思います。

毎週追われるものも無いので、ゆっくり取り組みたいと思います。


>lalandeさん、おはようございます。

高台のアイデア応用させていただき、ありがとうございました。
lalandeさんのレイアウトのお墓、樹木が出来合いのものではないのでリアルで素晴らしい雰囲気ですね!夏の盛りのお墓参りで、セミの鳴き声が聞こえてきそうです。

私の方の、奥にお寺がある設定は、妄想の入った逃げ設定です・・・。
本当は山門や鐘やお堂を設置したいのですけれど、もうこのレイアウトでは無理ですcoldsweats01

投稿: YUJI | 2008年8月21日 (木) 07時34分

こんばんは~~happy01

昭和通り商店街の妄想Part1を、UPしました^^;

時間のある時にでも、覗いてください~~

引き続き、Part2の準備をしますwww

投稿: タグ | 2008年8月22日 (金) 21時46分

連カキコ失礼しますcoldsweats01

Part 2もUPできました^^

では^^また遊びにきます~~

投稿: タグ | 2008年8月22日 (金) 22時22分

タグさん、おはようございます。

昭和通り商店街の人形設置の妄想、拝見して楽しませていただきました。いつもセンス抜群で、最高ですhappy01

商店街裏の空き地は処理困るのですが、石畳の路地にして処理されていたので、方々まで無駄なく作り込みできているのですね。反対側から見ても楽しいレイアウトとなっていますね。
私も歓楽街の人たちのお花見に参加したいと思ってしまいますhappy01

投稿: YUJI | 2008年8月23日 (土) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/42223245

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和の鉄道模型をつくる」お墓の設置工事 2:

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第50号 | トップページ | 原田純余ピアノコンサート情報「コンセール・アミ サマーコンサート」 »