« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第48号 | トップページ | 「昭和の鉄道模型をつくる」TOMIX腕木式出発信号機 »

2008年8月 6日 (水)

「昭和の鉄道模型をつくる」電飾への道36 津川洋行ミゼットの電飾

講談社の週刊Nゲージジオラマ製作マガジン、「昭和の鉄道模型をつくる」で作成しているレイアウトに電飾を施す作業の話です。

前回、レイアウト左奥の火の見やぐら周りの情景が出来ました。設置する車はミゼットです。火の見やぐら前の田舎道を作成したときに、情景に似合いそうな車として使用します。何の車を置くかは書いていなかったのですが、スルドいJCMさんにしっかりバレてしまっていました。

0101

3丁目の夕日の情景を作成する際などにもにぴったりでもあるこの津川洋行のミゼット、スケールが1/144なので、Nゲージサイズよりも僅かに大きくなっています。しかし元々小さな車なので1/150の車と並べたりしない限り、違和感はありません。せっかく田舎道が完成したので、ミゼットはぜひ使用したいものです。。
かえるの様な、なんともかわいらしい風貌の3輪自動車です。残念ながら、活躍している時代のことは知りませんが、保存車両は見ていますので、どれだけコンパクトな車かは知っています。

0102

この津川洋行のミゼット、トミーテックのカーコレと異なり金属のダイキャスト製です。
簡単に分解できないような感じでしたが、精密ドライバーでシャシ部分をこじると上下に分解できます。接着剤でとめてあるだけのようです。ちょっと塗装が剥げましたが、破損することなくボディとシャシーは外れました。

0103

肉厚のダイキャストの穴開け作業は慎重に進めます。
使用する光ファイバーに合わせて0.5mmの穴を開けます。しかし、ヘッドライト、テールランプの合計4箇所の穴開け作業を行ったら、0.5mmドリルはずるずるになってしまいました。今まで沢山のカーコレに穴を開けてきた安物ドリルですが、金属用では無かったようです。

0104

ヘッドライト、テールランプの4箇所に光ファイバー「エスカ」0.5mmを通して固定し、車の下でまとめます。車が小さい上に内部スペースが狭いのでカーコレの様にはいきませんが、ここまでくれば大半は終了したようなものです。

0105

先日、街灯付きの電柱を立てた火の見やぐら前の田舎道に穴を開けて設置します。

0106

光ファイバーをぎりぎりの長さに切断してパネルボード裏側にチップLEDを固定して点灯実験です。
かわいい形態の車に丸型ライトが似合います。

0107

砂利道をトコトコ走っていくミゼット。後ろから電車もやってきます。のどかな光景ができました。

0108

ミゼットのヘッドライトは結構明るく光ります。光ファイバーの導光ながら、なかなかの効率です。街灯や赤色灯に埋没していません。

0109

単なる空き地スペースだった左奥の改良はこれで終了となります。後は歩行者でも設置するくらいになりました。

0110

火の見やぐらだけの時は、左奥部分は赤く怪しく光っているだけだったのですが、街頭とミゼットの設置により賑やかになりました。

電飾作業ももうすぐ終わりですが、まだ無謀な企みをしています。実現するかどうかはともかく、もうすこしジタバタしてみたいと思います。

しかし、明日は日帰りにて浜松に出張です。帰宅が遅くなりそうな予感がするので、工作が出来ないかもしれません。週末にまとめての作業となりそうです。

前回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」電飾への道35 電柱街灯の追加作成

次回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」TOMIX腕木式出発信号機

|

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第48号 | トップページ | 「昭和の鉄道模型をつくる」TOMIX腕木式出発信号機 »

講談社「昭和の鉄道模型をつくる」」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ミゼットの加工お見事です。
左奥隅、良い感じにまとまりましたね。
写真を拝見しますと、結構目立っていて良い感じです。happy01

う~ん、ここまで出来ていて企みとは何でしょうsign02
夜景の写真からすると、トンネル付近が暗いので、ここに
“大文字”なんてね?

投稿: TETSU | 2008年8月 6日 (水) 22時07分

こんばんは。

電車と並ぶとミゼットって小さいですね。確かに実物も小さいですが。
ライトを灯けて懸命に走る姿が健気で良いですね。
このスペースにも素敵な物語ができるのでしょう、さすがです。
私はこの場所どうしようかなぁ。

「無謀な企み」は気になりますね。
ミゼットの時は「今までの車両以上にヘッドライトに苦労しています。」ってコメントでわかったんですけどね。
んー、背景板の街のシルエット部分を光らせるとか、打ち上げ花火を上げるとか?
やっぱりわからないので楽しみにしておきますね。


投稿: JCM | 2008年8月 6日 (水) 22時37分

こんばんは~~happy01
ダイキャストのミゼットまで点灯とは・・・

さすがですね^^good

もうどんな車の点灯もOKですねscissors

ミゼットは、子供の頃に近所の酒屋さんが使っているのを憶えていますwww

「無謀な企み」は、非常に気になっています~~
まったく想像がつきませんwwww

歩行者が設置されたら、YUJIさんの物語ですね^^
これも楽しみですnote

昨日は、昭和通りの商店の配置と道路製作まで終わりました。
奥の商店の空き地のスペースの有効活用が見出せないので^^;
急遽、路地を作って空き地のスペースを少なくしてみましたww

今、おもいっきり妄想中ですwwwwww

お盆明けくらいには、UPできると思います^^;

では^^また遊びにきますね~~

投稿: タグ | 2008年8月 7日 (木) 00時43分

>TETSUさん、おはようございます。

企みでもったいぶらせてすみません。きっと週末の作業になりそうです。まだ作業開始しておりませんので、もう少しお待ちください。

大文字焼きのアイデア!とても面白そうですね。季節が夏ならトライしたかもです。


>JCMさん、おはようございます。

ミゼットの的中、おみそれしました。

打ち上げ花火など、楽しそうなアイデアが目白押しですね。
JCMさんのアイデアの種と工作力にはいつもびっくりしています。今後の作業進行を楽しみにさせていただきます。


>タグさん、おはようございます。

もったいぶらせてすみません。そんな凄いことではないのですけれど、もう少しお待ち下さい。

タグさんの商店街の建物設置、とても楽しみにしています。きっとまた物語が出来ていることと思います。

商店街の建物の裏側の空き地も、確かに処理に困りますね。私は今のところ放置状態なので、なにか考えないといけません。

投稿: YUJI | 2008年8月 7日 (木) 06時09分

ミゼットに関してNATOCの番外編に書いているのでご覧になったかも知れませんがその部分からの引用です。

私も津川のミゼットを昭和の「鉄道模型」を作るのレイアウトに置いています。
ミゼットに乗るとんま天狗(月光仮面と同じく私の昭和のヒーロー)を置こうと思い買ってありました。

しかしこれは私の記憶違いでとんま天狗はオロナイン軟膏でダイハツミゼットはやりくりアパートの方でした。しかもミゼットは後期型ではなく前期型(幌付き)でした。人間の記憶って40年も経つといい加減ですね(私だけかも知れませんが)。

そんな訳でミゼットに乗っているとんま天狗はボツとなり魚屋さんの車になった次第です。

とんま天狗とミゼットのCMはカズキのURLリンクを参照してください。

投稿: カズキ | 2008年8月 7日 (木) 08時00分

こんにちわ。

ミゼットは昭和の街並みにマッチしていて
良いですね。(^^

夜景がなんともいえないくらい
良い感じですね。(^-^

投稿: ミラノ | 2008年8月 7日 (木) 15時39分

>カズキさん、こんばんは。

津川洋行のミゼットには、バーハンドルの初代のタイプもありますよね。オートバイに覆いが付いたような、なんとも原始的で楽しい車両のように見えます。

昆ちゃん、40年前から大スターだったのですね。今は名古屋のローカル住宅街者のCMに出ておられるので、頻繁にお顔を拝見しています。お爺ちゃんになったなぁと思って見ています。


>ミラノさん、こんばんは。

夜景も完成に近付いてきましたので、部屋を暗くしてお酒を飲むのが楽しくなってきました。
ミゼットは特徴的な風貌なので、ミニチュアにしても可愛らしいのに存在感がありますね。

投稿: YUJI | 2008年8月 7日 (木) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/42087449

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和の鉄道模型をつくる」電飾への道36 津川洋行ミゼットの電飾:

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第48号 | トップページ | 「昭和の鉄道模型をつくる」TOMIX腕木式出発信号機 »