« 「週刊蒸気機関車C62を作る」前照灯の反射鏡の塗装 | トップページ | C62-17号機を橋上から望む »

2008年8月15日 (金)

「昭和の鉄道模型をつくる」電飾への道37FINAL ボード裏のケーブル

講談社の週刊Nゲージジオラマ製作マガジン、「昭和の鉄道模型をつくる」で作成しているレイアウトに電飾を施す作業の話です。

Final01

このレイアウトは方々の空き地部分を仕上げる段階になっています。その気になれば、フォーリッジやライケンを貼り付けて完成!といいたいところなのですけれど、毎週部品が来て追われるわけではない状態になった途端、ペースダウンしていてなかなか完成しません。残された僅かな隙間も、あれこれ手を加えて悪あがきしています。

しかし、建物や街灯、カーコレなどの電飾作業はこの間、出発信号機を取り付けた段階で作業終了となりそうです。今回は、今まで恥ずかしくて見せられなかったボード裏の惨状を晒して、この「電飾への道」のファイナルとなります。

Final03

ボードの補強版との僅かな隙間に、無数に縦横に配線が張り巡らされています。マスキングテープで仮止めのつもりだったのですが、今更本格的な固定に移行できずに、結局このまま完成となりそうです。
使用したLEDは75個、理髪店のサインポール回転用モーター1個、スピーカー1個、踏切用の交互点滅回路2つ、パトカー用の順次点灯回路1つ、踏切サウンド回路1つです。
その中で、踏切のサウンド回路と交互点灯回路は、レイアウト上の劇場建物内に収めてあります。写真では、右下部分の配線がたくさんある辺りになります。

Final04

写真上部のモーターとギアは、理髪店のサインポール回転機構です。3端子レギュレータで12V電源を5Vにまで降圧して使用しています。回転軸の下側にはチップLEDを仕込んであるので、回転とは別個に点灯させることができます。

左側の丸いものは、踏切サウンド用のスピーカーです。
ボードと補強版の僅かな隙間に設置できるよう、薄いタイプのスピーカーを使用しています。

右下のグレーの部品は、腕木式出発信号機です。台座部分とボードを両面テープで固定しています。

Final05

これはパトカーのパトライトの回転のための順次点灯回路です。上の3端子レギュレータで、12V電源を3.3Vまで降圧して使用しています。本来は安定用のコンデンサを取り付けるべき回路ですが、テスト点灯で問題なかったので、結果オーライで手抜きしています。

Final06

真ん中のパーツは、左右プラスマイナスに分けて、電源ユニットに接続するために終結するパーツです。その場しのぎ、後付作業のために、何ともゴチャゴチャになってしまったものです。ムカデの様な基板は、メンテナンスの為にマジックテープで簡単に取り外し出来るようにしています。

Final07

以前に紹介しましたが、電飾を切り替えるスイッチボックスは、100円ショップで購入した幼児用のきかんしゃトーマスの箸箱を利用して製作しています。
電飾全ての電源は、12V1.2AのスイッチングACアダプタを使用しています。

Final08

内部は、電飾全体のON-OFFスイッチ、2箇所それぞれの踏切の点滅、踏切の警報機、パトカーのパトライト、理髪店のサインポールの回転を制御できるよう、スイッチを配置しています。

Final02

今回で、「昭和の鉄道模型をつくる」の電飾に関わる政策作業は一旦終了と致します。残りは方々の空き地処理と仕上げになります。洋館付き和風住宅の横の部分の改良作業を開始しています。

前回はこちら
これ、これ、いけませんよ!

次回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」お墓の設置工事 1

|

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」前照灯の反射鏡の塗装 | トップページ | C62-17号機を橋上から望む »

講談社「昭和の鉄道模型をつくる」」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

今日も暑かったですね。
とは言え、明日からは台風の影響で、天気が崩れて
しまうのも嫌ですが・・・

レイアウトの裏側なんて、貴重な写真ありがとうございます。
それにしても、スゴイことになってますねcoldsweats01
でも、夜景の美しさは最高ですsign03
電飾はこれからですが、自分も効率性重視で行きます。

今日は時間があったので、B,C面の作業を進めました。
やっと大枠ができました。
あとは細々としたところを整えれば完成できそうです。
部品が一部足りないので、明日買出しに行ってきます。

投稿: TETSU | 2008年8月15日 (金) 23時19分

こんばんは~

ボードの裏側はハイテクの塊ですね。
文系の私には何がなにやらさっぱり(^^;
でも、この裏側の彼らが表の夜景を支えているんですよね。

私も小さなレイアウトを作ろうと思っていますが、
照明を組み込む時には、YUJIさんの記事を参考にしたいと思います。

投稿: 211 | 2008年8月15日 (金) 23時33分

こんばんは~~happy01
裏側拝見しました~~

この狭い昭和のレイアウトの裏に、これだけの配線とモーターやスピーカー、信号機諸々・・・・

あれだけの配線がトーマスの箸箱に収まって、手元でON~OFFができるなんて^^凄いですgood

大事な宝物ですよね^^scissors

では^^また遊びにきます~~

投稿: タグ | 2008年8月16日 (土) 01時12分

こんばんは。
やっぱり裏側はすごいことになってましたね。
電飾への道もとうとうFINALですか。なんだか寂しい気がします。
きっとここを見ている多くの方にとって電飾の参考、お手本になったのではないかと思います。
私もずいぶんと刺激を与えていただきました。
完成まではまだもう少し時間が必要ですが、今後もいろいろと参考にさせていただきます。

投稿: JCM | 2008年8月16日 (土) 01時13分

>TETSUさん、おはようございます。

今日はこれから名古屋に外出予定ですが、最高気温が37度程度の暑さになりそうです、しかも湿度が高いので、不快指数満点です。

パネルボードの裏側は、あまりに未整備ですが、電飾作業の最後に晒しておくことにしました。配線の総延長がどれくらいになるかわかりません・・・。

TETSUさんのレイアウトも仕上げの段階ですね!
またお教えいただくのを楽しみにしています。


>211さん、お久し振りです。

ボードの裏側、未整備のカタマリです・・・。
一応、自分ではどれがどの配線かは把握していますが、電気や配線に詳しい方からすると、考えられない状況と思われます。

最初にどれだけ電飾をするかを考えずに作業を行ってしまったので、全て後付け配線です。メンテナンスを考えて、モジュールで作成するのが正解なのでしょうね。

完成まではもう少しかかりそうです。宜しくお願い申し上げます。


>タグさん、おはようございます。

パネルボードと補強板との僅かな隙間に配線など組み込まないといけないのが辛いところです。当初は補強版の位置を嵩上げしてスペースを稼ごうかとも思ったのですが、専用クリアケースに入れて保管することを考えると、それもできません。

反り返って頼りないボードが意外と丈夫なので助かっています。
青春の妄想物語happy01、楽しみにしています。


>JCMさん、おはようございます。

あまりに未整備で、びっくりなさっているかと存じます。予想通り、舞台裏も稚拙な作業です。

電飾作業では本当に多くのことをお教えいただき、ありがとうございました。きっとJCMさんの作品を拝見しなかったら、理髪店のサインポールや踏切の点滅などはできなかったと思います。
私の方は、細かい情景はもう少し作りこんで完成となると思いますが、夏休みもバタバタしていて工作できない内に終ってしまいそうです。

投稿: YUJI | 2008年8月16日 (土) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/42176382

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和の鉄道模型をつくる」電飾への道37FINAL ボード裏のケーブル:

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」前照灯の反射鏡の塗装 | トップページ | C62-17号機を橋上から望む »