« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第51号 | トップページ | 岡崎駅のブルートレインとデアゴスティーニのフェラーリ創刊号 »

2008年8月28日 (木)

Tゲージをまともに走らせたい

T01

盆休みの前に購入して、一度走行実験しただけでしまいこんでいたTゲージですが、もう一度きちんと検分することにしました。世界最小の軌間3mm、450分の1の鉄道模型の開発という偉業に敬意を表し、今後の発展を願うばかりですが、しまいこんでいたのは第一印象があまり芳しくなかったからです。

購入した時の記事はこちらです。
世界最小の驚愕!Tゲージを買う
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2008/08/t_f9c1.html

車両の造形が甘いのは、製造元の栄進堂が鉄道模型の専門メーカーではなく、まだ登場したばかりなので仕方ない部分があります。設計、成型技術が向上すれば、どんどん良い車両は生まれるでしょう。
しかし、一番の不満は動作する鉄道模型としての本質的な部分です。製品として売り出す以前の検証が不足していると思われます。「世界最小の鉄道模型を作る」というコンセプトには強烈なものがあります。しかし、携帯電話のバイブ用の小型モーター等の新規技術を応用してナニが作れるか、というプロダクトアウトの要素が強く、鉄道という交通システムをミニチュア化して模型として楽しむ鉄道模型の本質とは離れがちな部分が見られます。

一番の問題は、悲しいかな小さすぎるが故に走行性能がおぼつかないことです。小さければ当然軽い、軽いから粘着力を稼ぐために強力な磁石で車輪をレールに押し付ける、押し付けるからスローが効かなくてギクシャクする、軽いから集電も不十分で安定しないので、電動車同士のスピードが異なって走行中に連結器が外れる・・・。
全ての物質は物理の法則の上に成り立ちます。どんなに新技術を応用しても、物理の世界からは逃れられません。Tゲージは世界最小の衝撃を与えましたが、「小さすぎた」ので、現時点ではまともに走行できないのです。
「鉄道模型」のカテゴリーよりは、まだ「玩具」に近いものと思われます。ラジコン飛行機の「エアロソアラ」を購入したときの、まともに飛ばなくてイライラした時の気分と似ています。

T0107_2

私が購入したセットのレールの半径は120Rです。もう一回り大きい132.5Rのセットもありますが、現在欠品中で購入できていません。この120Rというのは、実際の鉄道のスケールに換算すれば、半径54mとなります。路面鉄道や余程山奥の古いローカル線に行かないと見ることができない急カーブです。
しかし、3倍の軌間のNゲージでも、「昭和の鉄道模型をつくる」のレイアウトのR140や、更に小さなR103のスーパーミニカーブレールも存在します。もちろん走行できる車両は限られますが、Nゲージであってもミニレイアウトを存分に楽しめる時代になっています。せめて100Rくらいで作ってくれれば、小ささを活かしたレイアウトが作成できるのに、と考えます。100Rのカーブレールならば、A4ファイルサイズのボードの上の、「パームトップレイアウト」が実現できるのに、と妄想します。掌に載せられるジオラマに2両編成位のミニ編成を走らせたいものです。

120Rでは、Nゲージのスーパーミニカーブレールのレイアウトよりも大きなものになります。しかも、この120Rでさえまともに曲がることができないのです。また、ポイントも予定されているそうですが、現時点の走行性能では無事通過できるのか疑問を持っています。

T02

レールセットと同時に購入したJR103系電車の4両編成のセットは、中間の2両が電動車となっています。マグネット内蔵で、レールに車輪を押し付けて粘着力を稼いでいます。既に鉄道模型としては無理のある構造です。
しかし、カーブの走行性能が問題なのか、集電に問題があるのか、しばしば2両の電動車の間のカプラーが外れて2両ずつバラバラに走り出します。スローが効かず、常に高速運転である上に、ギクシャクした走行です。小さすぎるが故に難しいのでしょうが、模型としてはもう少し煮詰めていく必要があるのではないかと思う次第です。

T03

車両の連結には、Nゲージと同様のしくみのアーノルドカプラーが使用されています。車両同士をつき合わせば連結が完了する便利な構造です。
しかしNゲージと異なり、車両が軽いので、少々の衝撃で外れます。電動車同士がギクシャクしたら、途端に分離です。

T04

車両セットの中には、ドローパー状態のように連結するカプラーが付属しています。上下に凹凸をはめ合わせるタイプで、これに交換すれば電動車同士の分離は避けられるのではないかと思われます。

T05

カプラーの交換は、90度ねじって脱着するだけなので簡単です。しかし、モノが小さいだけに、作業は非常に細かいものになります。一応、カプラーの軸にはスプリングも付いているので、ピョンと飛んでいったら見つけるのが難儀です。

T06

4両全て交換するのではなく、2両の電動車同士の部分のみカプラーを交換しました。実際の鉄道車両のように、電動車ユニットをドローパーで固定するのと同様です。先頭車と電動車との連結は、今まで通りアーノルドカプラーでも外れません。
ようやくユニットが分離せずに、まともに4両連結のまま走行できるようになりました。ただ、スタートから猛ダッシュなのと、カーブでギクシャクするのは今まで通りです。
情景も無くて寂しいので、「昭和の鉄道模型を作る」の背景板を立てました。

T07

コントローラーが安っぽいのも不満点です。今のところ、使用電圧が異なるのでNゲージのパワーパックを安易に使用するわけにはいきません。また、この専用コントローラーは、逆転ボタンがワンタッチであり、付属のスイッチバックのセンサーを使用して、自動スイッチバックを行う仕組みを内蔵しています。但し、他のスケールの鉄道模型では通過センサーをで即座にスイッチバックする、などといった現実離れした動きを再現することは無く、これも技術が先行したプロダクトアウトの要素が見えます。

T08

カーブの若干のギクシャクをガマンすれば、安定した走行が楽しめるようになりました。結構な猛スピードなので、写真はブレます。今のところはこれで満足するほかありません。本物の鉄道車両も、2両ユニットは容易に切り離すことはできませんので、これでも良いのかもしれません。
但し、電動車1両だけの単独運転では更にギクシャクしてまともに走りません。2両の電動車で補完しながら走行させるのが現時点では最善手段と思われます。

携帯動画で粗くて恐縮ですが、走行時の動画です。
極力、スロー走行をしたいのですが、このくらいの速さで走らせないと、途中で停まってしまいがちです。この動画のスピードがほぼ最スロー状態です。個々の車両の当たり外れもあって、更にスローが効く車両があるかもしれません。
103系のような無味乾燥の車両ではなく、魅力的な形式が登場してほしいものです。

動画をもう一本、テーブル目線です。
結構、走行音は大きく感じます。車両の走行の安定は、これから煮詰めていくと思われます。
ポイントを始めとするシステムや、様々な車両が発売されてシリーズが活性化することを望みます。技術の向上は素晴らしいですし、何といっても世界最小で、しかも日本発。それまで世界最小の名を30年以上に亘って欲しいままにしてきたZゲージ、その1/220サイズのほんの少し小さい程度のものを作っていれば、ずっと開発は楽だったと思われるのに、現在のモーターをはじめとする極小機器が搭載できる究極のサイズの1/450という脅威のサイズで開発した心意気は賞賛に値します。一発屋で終らないパワーの発揮を願っています。商品として不十分な段階でも、喜んで人柱となって実験する所存です。

|

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第51号 | トップページ | 岡崎駅のブルートレインとデアゴスティーニのフェラーリ創刊号 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん、こんばんは~
Tゲージ、確かに小ささという点だけでは魅力がありますが、YUJIさんの検証レポートを拝見しているとやはりまだまだのようですね。メーカーもある程度走ればいいという考えで商品化に踏み切ったのでしょうか。(笑)
お菓子でも、ただその材料が珍しいものだったり、普通なら使用しないだろうっていう素材を使用しているモノがありますが、あまり美味しいと思ったことがありません。(笑)あれって、話題性だけで商品化してますよね。Tゲージも同じようなものなでしょうか。(笑)

投稿: ポップン | 2008年8月28日 (木) 21時57分

こんばんは。

これはまた小さいですねー!
レイアウト作るのに大きな虫眼鏡が必須になりそうですね。
模型趣味の方の新規参入の裾野を広げるには良いかもしれないですね。

投稿: lalande | 2008年8月28日 (木) 23時07分

こんばんは~~happy01
Tゲージの検証ご苦労様でした~~

このTゲージの車両を上手く改造出来て、
Nゲージの人形を乗せて、遊園地の電車とかにできたら、
ちょっと楽しいのかなってwwww
勝手なこと言ってますが^^;

レールが道床無しだったら、もっとリアルに見えるのでしょうね~

でも、もっと開発されたら夢のあるレイアウトができそうですよね^^

では^^また遊びにきますね~~

投稿: タグ | 2008年8月28日 (木) 23時45分

こんばんは。
昨日は早朝から名古屋での仕事と夕方からは奥様のコンサートと、多忙な1日お疲れ様でした。毎日チェックさせて頂いておりますと今日は何のお話をなさるのかと、興味津々です。好奇心の旺盛さに感心しきりです。
 先日、東急ハンズに立ち寄った時、公式掲示板にリンクされて独自の工作の世界を展開されている、グートさんが愛用されているガストーチがハンダごての脇に売っているのを見つけました。100円ライターがそのままボンベとなり、ケースに入れるだけでピンポイントのバーナーとなります。値段も1000円ちょっとのお手軽な品でした。グートさんの記載にもありましたが部品をこれで熱すると接着剤が溶けて簡単に外れるのです。これは便利です。私はバックブレードは一応完成していたのですが、水面計に三角のアクリルを使って加工したくなり、ごちゃごちゃバルブやパイプが周囲にあるにもかかわらず、ガストーチのピンポイントバーナーのおかげさまで外れました。これで安心してパーツを接着できます。加減弁てこも今後の展開からいって、接着に不安を持っていましたが、迷わず付けちゃいます。墓参りで持参した線香に火を点けるときも、このガストーチは重宝しそうです。これはほんとうにお薦めものですよ。

投稿: 蒸気大好き | 2008年8月29日 (金) 00時08分

YUJIさん、おはようございます。

岡崎は集中豪雨で避難勧告が発令されたとのこと
ご苦労様でございます。

投稿: ぺぺ | 2008年8月29日 (金) 07時18分

私の地元の岡崎市も、夜半の大雨の影響で、今朝は交通機関が麻痺して出勤も出来ません。
滝のような雨と絶え間ない雷が続き、岡崎市では亡くなった方もおられるので大変な災害になってしまったようです。

>ポップンさん、おはようございます。

Tゲージ、私が初めて見たのは東京ビッグサイトの見本市(ギフトショーかな?)で、もう数年前です。本当にびっくりしましたが、実際に販売されるまでに相当熟成されたはずですが、まともに走らせるためにはもっと時間が必要でしょうね。

小さいという一枚看板、しかし小ささゆえに走行が難しいとは皮肉です。今後に期待していこうと思います。


>lalandeさん、おはようございます。

Tゲージ、価格も安くて鉄道模型の入口としてはお手軽に購入できると思います。レイアウト作成では結構楽しめそうですね。

>タグさん、おはようございます。

Nゲージのレイアウトの中にTゲージを走らせるのは楽しそうですね!
もう少し急カーブが曲がれれば、豆汽車のように使用できそうです。
道床なしのフレキシブルレールも発売予定のようです。レイアウト組むときはフレキ使えばカーブの自由度が増しそうです。

デスクトップで複線レイアウトも気軽に組めるサイズなので、車両の熟成が望まれます。

>蒸気大好きさん、おはようございます。

昭和の鉄道のレイアウトが中断しておりますが、他のことは何かと気になって、あれこれ遊んでおります。

ガストーチで接着剤が取れるとは驚きです。金属模型は扱いが慣れませんが、熱に強いという特徴があるのですね。

接着のやり直しなど、何かの時に役に立ちそうです。情報、ありがとうございます。


>ぺぺさん、おはようございます。

ご心配、ありがとうございます。
私の近所でも、一時期は相当道路に水が溢れていたようです。夜中に一時停電しましたし、いまも東海道線は動いておりません・・・。岡崎駅には九州に向かう「富士・はやぶさ」が夕べから立ち往生しています。
一応、市内全域に避難勧告が出ていますが、近所では避難している方はいないようです。
これから関東も引き続き大雨が予想されますね。
どうかくれぐれもお気をつけ下さい。

投稿: YUJI | 2008年8月29日 (金) 07時34分

こんにちは。
ニュースでは岡崎はかなり被害がでたようなのでびっくりしましたが、今朝コメントなさっているので無事な様子、安心しました。

Tゲージ、小さいですね。ラジコン等もですが、最近の小型模型には驚くばかりです。子供の頃にこれぐらいのモノがあったならなぁと思っていた事が実現していることに感動しています。
小さいだけにいろいろ制約もあるのでしょうけど、今後に期待しましょう。

昭和、停滞しています。小物を用意したりしていますが完成はまだ先です。
フェラーリはあまり好きではないので見送りです。


投稿: JCM | 2008年8月29日 (金) 10時56分

そちらは大変でしたね。
昨日はカミさんのお供で新宿に小堺カズキのショウを見に行っていました。
私はあまり興味がなかったのですが一緒に行く相手が見つからずしかたなく私が付き合ってあげました。
それなりのエンターティメントで予想以上に楽しめました。
こちらも大雨で帰りのダイヤが乱れまくり我が家にたどりついた時は日付が変わっていました。

Tゲージですが、ポイントが出たら私も試してみたいと思っています。
行き付けの模型屋のオヤジさんはTゲージは間違いなく成功しないと豪語していましたが、私も技術屋の端くれですので栄進堂さんにはぜひがんばって欲しいと思います。個人的にはプロジェクトXクに出してあげたいくらいです。

投稿: カズキ | 2008年8月29日 (金) 11時40分

先ほどのコメントの補足
>私はあまり興味がなかったのですが
決してお笑いが嫌いだと言うのではなく、隠れ関西人なもんで、どうも欽ちゃん系(浅草系)の笑いとベクトルが若干ずれています。
昨日もなんで周りはバカウケしているのか理解できない場面がありました。
鉄道と違った話で申し訳ありません。

投稿: カズキ | 2008年8月29日 (金) 11時52分

>JCMさん、ご心配ありがとうございます。

岡崎は私の自宅は夜半に一時停電しただけで、他は何とも無い状態ですが、まだ近所でもライフラインが途絶えているところもあるようです。結局、午後遅くまで列車も動かず、仕事も行けずじまいです。

ドイツ規格のZゲージに長年最小の称号をほしいままにさせてきたのに、日本製で、あっと驚くほどのサイズで登場させてきたところに誇らしい思いがあります。
ストラクチャーも販売されていて、今後の電飾も視野に入れているところにも栄進堂さんの意気込みが感じられます。もう少し熟成したら、ジオラマ組んで見たいと思っています。

フェラーリ、私もエンツォ興味無いのですが、結局創刊号買ってしまいました・・・。


>カズキさん、こんにちは。

カズキさん繋がりで、小堺一機ショウですね!深夜のご帰宅、お疲れ様でした。
私もお笑いの価値観の基本的ルーツは吉本新喜劇なので、東京のお笑いよりも、コテコテでお決まりのギャグを待っている関西のノリの方が肌に合います。

栄進堂さん、発売を発表されてから、相当の期間熟成されてきたはずですので、満を持しての一般販売なのだと思います。ただ、物理の法則は、技術の発達をもってしてもいかんともしがたいのでしょう。
ポイントが発売されたら購入して実験していたいと思っています。

久し振りに、夢を見させてくれる素晴らしいコンセプトの模型だと思います。

投稿: YUJI | 2008年8月29日 (金) 17時24分

>私もお笑いの価値観の基本的ルーツは吉本新喜劇なので
子供の頃から花紀京師匠(エンタツの息子さん)の大ファンでした。
子供たちもお笑いは私のDNAを受け継いだようでカミさんだけ一人浮いています。
鉄道模型の話から脱線してしまいましがTゲージなんでしょうがないですかねぇ。

投稿: カズキ | 2008年8月30日 (土) 08時59分

カズキさん、こんにちは。
花紀京師匠、いいですね。また元気な姿で復活されることを私も望んでいます。芸人のおきまりのギャグを「さあでるぞ!」と待っている客席との一体感が関西ギャグの一つの醍醐味のように思います。
我が家では、最近では辻本茂雄ネタで盛り上がっています。新喜劇出演時になんば花月に見に行きたいものだと思っています。

>鉄道模型の話から脱線してしまいましがTゲージなんでしょうがないですかねぇ。

これは一本取られました!
栄進堂さん、ネタにして盛り上がって申し訳ありません。

投稿: YUJI | 2008年8月30日 (土) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/42258024

この記事へのトラックバック一覧です: Tゲージをまともに走らせたい:

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第51号 | トップページ | 岡崎駅のブルートレインとデアゴスティーニのフェラーリ創刊号 »