« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第4号 | トップページ | 「昭和のSL DVD BOOK」でC62の大迫力を満喫 »

2008年9月25日 (木)

今年も究極の枝豆「紫ずきん」通販じゃダメよ

0801

この季節になると食べたくなるのが、京都丹波黒大豆の枝豆「紫ずきん」です。9月中旬からの1ヶ月間程度の出荷なので、僅かな間の楽しみです。先週、mixiの日記の方に書きましたが、私としては買い込んできたものを連日楽しんでいるために、ブログの方にも書きたくなってきました。

先日、梅小路蒸気機関車館へC62の写真を撮りに行った時に、錦小路へも行っています。目的はこの豆を大量に買い込むためです。特に同行の妻にとっては、機関車はついでの用事です。豆を買いに愛知から京都まで行く酔狂者です。

買うのは錦市場の八百屋さん、「京野菜かね松」です。
この紫ずきん、ネット通販でも買えますし、付近のスーパーや八百屋さんにも同じ袋に入って売っているのですが、なぜか味が違うのです。かね松でも、通販と店頭では価格は同じながら、クオリティがかなり違います。 もともと丹波の黒豆にするために栽培していた豆を、枝豆として食べてみるという贅沢な食べ方であり、普通の枝豆の倍くらいの粒の大きさがあります。薄皮が紫がかっているので、紫ずきんの名があります。

0804

右の袋はかね松で購入したもの。200g580円。左の袋は錦市場内の他の八百屋さんで買ったもの。同じく200g500円。JA全農京都の指定袋で、栽培履歴表示も全く同じです。でも、袋に入っている状態を見ただけにも若干異なることがわかります。

0805

二袋、同サイズの二つの鍋を用いて、全く同じ条件で茹でてみます。
今度は左右逆で、左がかね松、右が他の八百屋のもの。いつもかね松の店舗で買うものは、さやの色が若干茶色くなります。さやの隅を切ってから茹でるのが我が家のコダワリ。薄塩でもしっかりと豆に味が付きます。全てのさやを一つ一つ切るのは面倒ですけれど、好物をおいしく食べるのに手間は惜しめません。

ネット通販やスーパーで買う「紫ずきん」でも枝豆としては特別に美味しいのですが、味は両者ではっきりと差があります。わざわざ錦市場のかね松でこの時期に買う「紫ずきん」、更に甘みが栗のように豊かで、鼻に抜ける豆の香りがたまりません。普通の枝豆よりもずっと大粒なだけに、味も濃厚です。このために往復5時間かけて京都に往復する価値があります。かね松さんの回し者ではありませんが、何でもバカ高くで無愛想で威張っているこの八百屋も、商品は最高なのでお気に入りです。 今は栗や松茸が店頭に並んでいます。栗も丹波産で、一袋1980円もするし、剥くのが大変ですが、これまたおいしいのです。松茸は凄い価格なので、買ったことはありません。

Photo

枝豆にはビールが最高ですが、しっかりとした濃い味なので、日本酒の冷やでもいけます。今夜はこいつで一杯です。錦市場の酒屋さんで購入した招徳酒造の「蔵出し純米ひやおろし」、秋の限定品です。すっきりとした飲み口で、どんどん進んで酔っ払ってしまいます。今日も飲みすぎて、工作がお休みとなりました。

いよいよ大量に買ってきたこの豆も、今日で食べ納め。また来年までの楽しみとなりました。美味しさを思い浮かべると、矢も盾も無く京都まで飛んでいけるくらいのパワーを持った一品です。松茸などの高級食材に比べれば、いささか安上がりですが、ビックリするおいしさです。通販じゃダメよ。

|

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第4号 | トップページ | 「昭和のSL DVD BOOK」でC62の大迫力を満喫 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(゚▽゚)/
豆好きの私には紫ずきんはかなり魅力的です^^

来年は京都の親戚に送って貰う事にしましょう。

今日、私は朝早くから横須賀に来ています。本当の目的はアメリカの空母ジョージワシントンの入港でしたが、先程小泉元首相が引退を表明したためまだ帰れそうにありません。

仕事が終わったら、取り合えず枝豆でも食べようかなと思っています。

投稿: 三日月 | 2008年9月25日 (木) 21時04分

三日月さん、こんばんは。

来年でなくても、今が最盛期なので親戚の方に買っていただければ十分間に合いますよ~。
ただ、混雑する錦市場まで行っていただかなければならないのが大変ですが。錦市場の中にも八百屋さんたくさんあるので、入荷する紫ずきん、袋は一緒ですが、それぞれ微妙にクオリティが違います。

小泉さん、引退なのですね。オペラ三昧のリタイヤ生活、羨ましい限りです。

投稿: YUJI | 2008年9月25日 (木) 21時36分

昨日のスーパーニュース(FNN)にかね松のおヤジさんが出ていましたね。かね松は食事もできるんですね。
例の問題で中国産の松茸がマッタケなくなったという話題で国産のいいやつは78,000円するとか、私は松茸(というかキノコ類)が好きじゃないのでいくらでも関係ありませんが。

ちなみに枝豆は大好物です。豆類は全般的に好きでピーナツやビスタチオをつまみにしていたのですがカロリーが高いので最近はダイズにしています。(特に節分にまくヤツ=季節限定になってしまうのでネットで取り寄せていました)

日本酒、いいですね。私も日本酒(特に冷)は大好きなのですが、日本酒には私に分解できないアルコールがあるらしくあまり飲み(飲め)ません。ビールや焼酎はいくら飲んでも大丈夫なんですがねェ。飲めるYUJIさんが羨ましいです。(酒のみに言われたくないでしょうが)

投稿: カズキ | 2008年9月27日 (土) 08時52分

カズキさん、こんにちは。

日本酒、冷やで飲むと飲んでるときは気持ちよいのですが、翌日残っているような気になってしまいますね。ひょっとして、私も日本酒分解できない体質なのでしょうか?熱燗ならば残ることはありません。
結局、単なる飲みすぎでしょうね。
今回のお酒も2日ですっかり飲み終わってしまいました。

京都のかね松、奥に食事処があって、季節の野菜の料理が食べられます。昼の定食で2000円台なので、そんなに高いわけではありませんが、あまりに混んでいて2時間待ちくらいが普通なので食べたことがありません。周りに美味しい店がいっぱいありますし。

次の京都行きは、C62の展示運転時になりそうです。

投稿: YUJI | 2008年9月27日 (土) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/42493831

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も究極の枝豆「紫ずきん」通販じゃダメよ:

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第4号 | トップページ | 「昭和のSL DVD BOOK」でC62の大迫力を満喫 »