« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第2号 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」元空気溜、コンプレッサーの塗装 »

2008年9月11日 (木)

「昭和の鉄道模型をつくる」隙間の高圧鉄塔

講談社の週刊Nゲージジオラマ製作マガジン、「昭和の鉄道模型をつくる」のレイアウト作成作業です。

遅々として進まないこのレイアウトの最後の仕上げ作業ですが。重い腰を上げて最終段階に設置するストラクチャーを用意しています。

101

先日、RMMハイパーパーツのエッチングの野立て看板の繊細さが非常に気に入ったため、他社のものですが、同じようなエッチングの高圧鉄塔を購入しました。アイコムのマイクロギャラリーの製品です。
アイコムの人形はたくさんレイアウト内に設置してあるので、馴染みのメーカーです。

102

エッチングパーツをランナーから切り離して組み立てます。
この高圧鉄塔は、比較的組み立てが簡単な部類に入ります。チョチョイと曲げて瞬間接着剤で固定して、10分程度で完成です。
エッチングパーツの特徴が良く出ており、非常に華奢で細かい造形の鉄塔となっています。しかも想像以上に小さい!先日組み立てた看板と比較すると、その低さがわかります。高さは93mmです。実際のスケールに換算しても14m弱。逆に危険なくらい低い高圧鉄塔ですね。
鉄塔自体はシルバーに塗装してあります。これは黒染めすることなく、軽く汚せばそのまま使用できそうです。

103

予定していた設置場所は、看板と同じく商店街裏の空き地です。
しかし、思った以上に低いので、正面からはあまり見えません。低すぎて、電線が屋根に干渉しそうです。実際には電線は無いので気にしなくてもよいとは思います。
また、奥に火の見やぐらの鉄塔が立っているので、何となく被りますけれど、これも気にしなければ大丈夫ですね。

104

小さくて、思った以上に設置場所を取らないので、他の場所にも置いてみます。
ますは正面の八百屋の裏側の異形の空き地です。家のそばにこんな高圧鉄塔があるのは避けたいものですが、電磁波のことなどあまり気にしなかった昔は結構おおらかに鉄塔のそばに家が建っていたものです。
大きな鉄塔ですと圧迫感がありますが、このくらいの高さならば良い感じに収まっています。ここでも良いかな・・・。

105

魚屋横の空き地でもOKです。
但しここに設置すると、タクシー車庫内のミラーが見えにくくなります。

106

お遊びでトンネル山に置いてみました。
あまりにぴったりで、驚きました。一番似合う場所です。しかし、専用クリアケースに収まらなくなるので残念ながらボツです。

結構使い勝手の良い鉄塔でした。二つくらい設置しても良いかと考えています。でも、いつもの模型屋さんでは残念ながら欠品中です。

前回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」最後に設置予定の広告看板

次回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」広告看板の作成

|

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第2号 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」元空気溜、コンプレッサーの塗装 »

講談社「昭和の鉄道模型をつくる」」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
やっぱり金属はいいですねー!
大きさもいい感じですね。
自分も山の上にも置いてみたかったのですが、KATOさんのはちょっと大きすぎるので、やめにしました。
まだ2基あるのですけどね。
設置を楽しみにしています。

ではでは

投稿: lalande | 2008年9月11日 (木) 22時13分

こんばんは。

いよいよ大詰めといったところですね。
鉄塔とはまた良いアイテム選択されたと思います。
写真を拝見していて、最後の山のてっぺんのものが
一番しっくりしていると思ったのですが、ケースに
収まらなかったとは残念!
それにしても、最後の最後までこだわるYUJIさんの
熱意が伝わって来ますねぇ。
自分も最後までがんばらねば!

最終段階、楽しみにしていま~す。ヽ(´▽`)/


投稿: TETSU | 2008年9月11日 (木) 22時37分

>lalandeさん、おはようございます。

山の上の鉄塔、よく見る光景なので、置いてみると似合いますね。

KATOの鉄塔は倍以上大きくて立派ですよね。奥の設置は少々大きい方が正面からも目立つので効果的だと思います。問題は専用クリアケースですが、寸法的には微妙なのですよね・・・。ボードが反っていると無理っぽいのです。


>TETSUさん、おはようございます。

鉄塔、前から気になっていたのです。でも火の見やぐらとも被りそうなので入手が遅くなりました。

山のてっぺんに立ててクリアケースに収めるのはまだ試していません。寸法的には大丈夫そうでもあります。

ただ、現在欠品中なので、複数購入ができません。通販で買うほどのものでもありませんし。

明日からの連休中には設置したいと思っています。

投稿: YUJI | 2008年9月12日 (金) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/42442336

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和の鉄道模型をつくる」隙間の高圧鉄塔:

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第2号 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」元空気溜、コンプレッサーの塗装 »