« 「蒸気機関車C62を作る」珊瑚模型の標識灯の点灯実験 | トップページ | ちょっと工作休みで熊本城観光 »

2008年10月28日 (火)

ANAのPC(プレミアムクラス)で優雅に熊本へ

  今日、明日と熊本に出張です。

0001

久々に中部国際空港から出発します。私の出張は、大抵新幹線から始まるので、飛行機に乗る気分は新鮮です。天井に、「国際線」という案内看板が見えますが、当然国内線です・・・。入口入って右側に進みます。中部国際空港駅に名鉄特急「ミュースカイ」が到着してから20分後の出発便でしたが、この空港はコンパクトなので余裕です。

中部国際空港から熊本には、JALもANAも飛んでいますが、上級クラスはJALは座席だけゆったりサービス普通席と殆ど変わらずといった新幹線グリーン車タイプの「クラスJ」だけで、国内最高サービスを宣伝しているファーストクラスはこんなローカル路線に設定されておりません。大体、名古屋からJAL国内便ファーストクラスに乗れる便はあるのでしょうか。

しかしANAは、名古屋-熊本便に同社の国内最上級クラスの「プレミアムクラス」を設定しています。ローカル路線でも需要があると踏んでいるのでしょうか。
ANAのプレミアムクラスは、JALがクラスJの上にファーストクラスを設けたのに対抗し、それまで国内最高のサービスを誇っていた従来のSSP(スーパーシートプレミアム)を更にアップグレードさせたというもので、今年の春から設定されています。私は鉄道で行けるところはなるべく鉄道で移動するので、まだプレミアムクラスは体験する機会がありませんでした。ただ、設定当初は飛行機の改装が間に合わず、広告の座席と実際の座席との差があって、クレームがあったそうです。今までのスーパーシートの座席のまま、少しシートピッチを広げただけのものを使っているものも多いとのこと。
HPを見る限り、この名古屋-熊本便はプレミアムクラス専用シートを装備しているかのような記載が見えます。こんなチャンスはなかなか巡って来ないので、プチ贅沢してプレミアムクラス体験してみることにしました。

0002

名古屋-熊本便はB737-700の小型機です。席数はたったの120席。その内、プレミアムクラスは8席のみ。さぞや競争が激しいかと思ったら、あっさり一番前の1A席が取れました。ANAアプリ入れた携帯を保安検査の機械にかざしてANAのスキップサービスで颯爽とチェックインします。行楽客でごった返している季節では、搭乗券も持たずに携帯でスマートに荷物検査に進むと優越感があるのですが、今日は格好付けてもガラガラでだれも見てくれません・・・。

0003

一番端に近いゲートにちんまりと止まっているB737-700です。
こんな小さな飛行機、全部普通席でもよいのになあと思ってしまいます。私のような物好きに対応してくれているのでしょうか。

0004

優先搭乗で案内されて乗り込むと、おぉー!新しいシートです。それに以前のスーパーシートよりもずっと前後に広い!シートピッチはHPによると50インチとのこと。隣席との間には、頭の部分のみ仕切りがあり、プライバシーが保たれるようになっています。しかしこの日はガラガラで、8席のプレミアムクラスの内、埋まっているのは私を含めて2席だけでした。

0005

座席の肘掛の前側にはパソコン電源用のコンセントが備わっています。名古屋-熊本間のフライト時間は僅か90分。その内パソコンが使用できるのは多分30分程度だと思われますので、余程忙しい方以外は使用しないでしょう。様々なタイプのプラグに対応しています。

0006

肘掛の中には、本来パーソナルモニターを設置するであろう金属アームが入っていました。国際便のビジネスクラスのクラブANAと同じシートを使用しているから、こんな部品が付いているのだそうです。担当CAさんに教えてもらって引き出しました。

0007

モニターは通常の飛行機と同様、天井部分に付いています。
これは特別というわけではありません。どのみち短時間なので映画を流すわけでもなく、これで十分でしょう。

0008_2

但し、ヘッドホンは普通席やスーパーシートとは差別化されていて、耳にフィットして多少音の良いものになっています。もちろん、持って帰ってはいけません。

0009

プレミアムクラスでは、国内便でも一応機内食が出ます。
私は朝早い出発でも必ず自宅で朝食を取るので、早くも今日2回目の食事です。国際便のような食事は望むべくも無くお弁当レベルですが、これが結構おいしいのです。そしてANAの機内でもらうビーフコンソメスープが大好きです。いつも帰りに空港で買っています。

0010

メニュー表です。朝の便なのでサンドイッチです。
この他ドリンクメニューがあり、シャンパンや日本酒、ビールも好きなだけ頼めますが、これから仕事なので飲むわけには行きません。

0011

着陸態勢に入る前の、CAさんのささやかな心遣いが心に残りました。
私が乗り込むなり、「新しいシートですね!」と喜んでいて、セッセとメシ撮りなどしているので嬉しがりの客と見て、シートの解説などの話をしてくれました。ふんわりやわらか笑顔の美人パーサーでした。

プレミアムクラスは、このB737-700と、B737-800の機材から新しいタイプのシートに交換しているとのこと。大きなB747や777等はまだスーパーシート時代のシートのピッチを拡げて使用していること、そして、国際線のクラブANAと同等の豪華なシートであるとのことなど、私が知りたいことを教えてくれ、しばらくの間話し相手になってくれました。ウェットなサービスが売りなのかも。着陸準備に立ち去る前には、袋に入れた飴と、「私はこのお菓子、好きなんです」といいながら渡してくれたクッキー。ササヤカながら、それだけでホンワカジワーンと良い気持ちになってしまいました。このプレミアムクラス、また乗ってみたい!と思うのですが、明日の帰りは時間が合わなくてJALの予定です。

私は国際線のビジネスクラスなんて3度しか乗ったことがありませんし、それも10年以上前のことなので、今とは状況が大きく異なります。でもシート自体は昔のビジネスクラスよりも比較にならないほど豪華です。このシートで海外に行ってみたいものですね。

プレミアムクラス、普通運賃に7000円プラスの料金です。しかし普通席は様々な割引プランがありますので、割引の少ないプレミアムクラスは、実際には普通席との価格差がもっと大きくなります。僅か90分のフライトなので、個人旅行では使用しないかもしれません。でもJALのクラスJみたいに僅か1000円の上乗せだと親子連れや団体客も乗り込んできてくつろげない!という方にはおすすめでしょう。

0012

しばし良い気分を味わって到着した熊本は、まだ晩夏のような暑さです。冬物のスーツに汗をかきながらリムジンバスで市内に向かいます。この熊本空港、市内からやたらと遠いのです。

0013

リムジンバスから見かけた路面電車。うーん、乗ってみたい!
でも今日は夜までびっしり仕事です。残念。

0014_2

今夜の宿は「ニューオータニ熊本」です。
サラリーマンの出張としてはニューオータニなんて贅沢だろう!と思われますが、地方都市では設備の古い名門ホテルが出張族のために閑散期に限って安いプランで部屋を提供していることが多いのです。良いホテルの一番安い部屋は、東横インなどの安ホテルの一番高い部屋よりは高いのですが、気分はずっと優雅になれます。荷物も部屋に運んでおいてくれます。

0015

豪華な部屋もあるのでしょうが、一番安い部屋はビジネスホテルに毛が生えた程度のシングルルーム。それでも清潔ですし、ベッドは3人ぐらい寝られそうなくらい大きいですし、窓からの景色も良いし、バスルームもビジネスホテルよりもずっと広く快適です。

0016

仕事帰りに食事を済ませており、ホテルへの到着が遅くなってしまったので、ささやかにさつま揚げをかじりながらコップの球磨焼酎をストレートでチビチビ飲ります。やたらとビンボ臭い佇まいですが、ホテルのバーに出かけるには遅くなりすぎました。部屋でおとなしく飲んでいる事にします。

今日は火曜日。デアゴスティーニのC62やフェラーリの発売日ですが、旅先では買えませんし、売ってもいません。明日早く名古屋に帰れたら、書店に寄って持ち帰りたいものです。

|

« 「蒸気機関車C62を作る」珊瑚模型の標識灯の点灯実験 | トップページ | ちょっと工作休みで熊本城観光 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

飛行機、私も高所恐怖症の割りに好きです。
私も必ず窓際を取ります。特に国内線は晴れた日、ずっと眼下に日本地図が広がるのは楽しいですね。

>「プレミアムクラス」を設定しています。
三国親子がCMをやっていたやつですね。
バブルの頃は私も海外出張でビジネスクラスを使わせてもらっていました。イギリス往復で80万、今では考えられませんねぇ。
最近はダブルブッキングのトラブル(本当はラッキー)でもない限りビジネスには載れません。
この前、アメリカから帰ってきたカミさんが「大変、大変」と言っていたのですが、エコノミーのアルコールは金を取るようになったとの事、私にとっては大変かも知れません。

> そしてANAの機内でもらうビーフコンソメスープが大好きです。
私も好きです、JALのはスーパーでも手に入るので良く買っています。タバスコを2,3滴たらすのが私のおすすめです。

> 笑顔の美人パーサーで・・・しばらくの間話し相手になってくれました。
YUJIさん、なかなかやるじゃん。
日本の国内線はいいですよね。アメリカの国内線なんかはオフクロぐらいの人がやっている事がありますが、まぁそれはそれでいいか。

投稿: カズキ | 2008年10月29日 (水) 07時27分

>カズキさん、おはようございます。

私も飛行機は必ず窓際です。高所恐怖症とか関係無い位の高度なので、ジオラマ見てるようで楽しいですね。昨日は四国の佐多岬や阿蘇山がくっきり見えてゴキゲンでした。
このご時勢、国際線でビジネスに乗るチャンスなど殆ど無いので、国内線でプチ贅沢体験して満足しています。

ユナイテッド等アメリカ系はアルコール有料でしたが、今は他もどんどん有料化しているのでしょうか。それは私にとっては一大事です。
上空で飲んでへべれけになるのを戒められている気がします。

コンソメにタバスコですか。おいしそうですね。お手軽そうです。今度やってみます。

我が家ではインスタントのANAのコンソメをベースにホールトマト等の具を入れてスープにしたりして楽しんでいます。そんなら具入りの他のスープ買えよってことになりますが・・・。

投稿: YUJI | 2008年10月29日 (水) 09時43分

>コンソメにタバスコですか。おいしそうですね。お手軽そうです。今度やってみます
帰りの飛行機じゃ無理ですね。
私も飛行機で「ちょっとタバスコ持ってきてちょうだい」と頼んだ事はありません。

投稿: カズキ | 2008年10月29日 (水) 10時13分

カズキさん、帰りのJALは50人乗りのボンバルディアでもちろんファーストクラスやクラスJなど無し、スープはおろか、ホットコーヒーさえありませんでした。CAさんも一人だけなので、語らいも無し・・・。
行き帰り逆ならばもっと楽しめたのに、と思う次第です。

投稿: YUJI | 2008年10月29日 (水) 21時58分

 いそがしかった熊本、御苦労さん。
老人のはなし,
 昭和29年小生大学受験受験のおり、熊本ー東京25時間かかりました1日便の急行阿蘇で、関門だけ電気ででした。駅弁は嗜好ではなく必須でした。
 百閒先生の第1阿呆列車では、浜松で電気機関車とC62の入れ替えが述べらているのですが、C62の東海道線の期間は、はかないのですね。
小生の旅は、大坂、京都とちがって、名古屋は電化の世界でした。
 90分against 25時間よろしく。

投稿: honest | 2008年10月29日 (水) 22時35分

honestさん、おはようございます。

バタバタ大急ぎにて熊本にお邪魔致しました。
九州はどこも暖かく迎えてくださるので、訪れると気持ちが安らぎます。

僅か1時間半で名古屋から行けるとは、昔と異なり忙しいことになったものです。熊本-東京25時間かけて大学受験に行かれた時代、今となっては羨ましい限りです。

百閒先生の特別阿房列車では、C62、そしてEF58等の形式名が出てきますね。蒸気機関車の重厚な汽笛に比べて按摩の笛のような電気機関車の汽笛の記述が的確です。

今度は個人的にゆっくり訪れたいと思います。

投稿: YUJI | 2008年10月30日 (木) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/42936895

この記事へのトラックバック一覧です: ANAのPC(プレミアムクラス)で優雅に熊本へ:

» ANA捦楆 [ANA Search Anything]
先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけどANAについてたくさんの資料を... [続きを読む]

受信: 2008年10月30日 (木) 03時45分

» ANA鹸 [ANA Search Anything]
ブログのランキングサイトなんか調べて見ると、ここにもANAについて書かれた記事... [続きを読む]

受信: 2008年10月30日 (木) 05時14分

» ファスティングダイエット [ファスティングダイエットの紹介]
ファスティングダイエット [続きを読む]

受信: 2008年11月 7日 (金) 21時10分

« 「蒸気機関車C62を作る」珊瑚模型の標識灯の点灯実験 | トップページ | ちょっと工作休みで熊本城観光 »