« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第9号 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」珊瑚模型ATS発電機の取り付け »

2008年11月 2日 (日)

DYDOエスプレッソ DUCATIコレクション第3弾

Dydoducati010

近所のローソンに、ダイドーコーヒーのエスプレッソ缶コーヒーにドゥカティの小さなモデルが付いたものが売っていたので、思わず買ってきました。全3種類あるそうですけれど、購入したのは1098というタイプです。
パッケージの外に内容物が記載されているので安心です。

Dydoducati011

缶コーヒーの太さと比較すれば大きさがわかると思いますが、なんとも小さくてかわいいバイクです。私はドゥカティについては、まるで無知ですが、レーサーではなくてストリートバイクのようです。カウルはもちろん、フロントブレーキディスクやチェーンまで作りこんであります。缶コーヒーのおまけとしては上出来です。

Dydoducati012

Lツインなので、マフラーは2本出ししている情景がわかります。
スタンドは簡単に取り外すことができますが、タイヤの転がりは悪いので、走らせて遊ばすことは困難です。オトナのコレクションですね。

Dydoducati013

作成中のプラモデル、アオシマの1/12ホンダVT250Fと並べます。
VTは、一応格好だけはついてきました。アンダーカウルは取り付け中です。しかし元々黒いモデルを白く塗り替えたので、特徴ある青いラインやロゴはまだ取り付けていません。真っ白けで、暴走族の改造ベースのバイクみたいです。シールかデカールでライン作成予定です。
少々塗装がつたないのは、20数年ぶりのプラモ作りなのでご勘弁ください。

実際にはVTよりもずっと大きなドゥカティですが、やはり1/12のバイクと比べると踏み潰されそうです。
でも、やっぱりずっと格好良いですね。デザインはピカイチです。いつかは乗ってみたいドゥカティです。小さなモデルで雰囲気のみ楽しむことにします。

缶コーヒーおまけの車やバイク、ついつい溜まってしまいます。エスプレッソはまだ飲んでいません。結局、おまけが無かったら買っていないコーヒーなので、私にとってはむしろコーヒーがおまけです。

|

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第9号 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」珊瑚模型ATS発電機の取り付け »

プラモデル」カテゴリの記事

ミニカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/42920785

この記事へのトラックバック一覧です: DYDOエスプレッソ DUCATIコレクション第3弾:

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第9号 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」珊瑚模型ATS発電機の取り付け »