« アオシマ1/24ナイトライダーのフロントスキャナー | トップページ | 唸らせるバームクーヘン「CLUB HARIE」 »

2008年11月28日 (金)

昭和の鉄道模型をつくる」念願?の山の上の鉄塔

講談社の週刊Nゲージジオラマ製作マガジン、「昭和の鉄道模型をつくる」のレイアウトの話題です。

完成して久しいこのミニレイアウトですが、この間、病気療養中の父親を楽しませるために実家に持っていってから、また運転の楽しさに気が付いた次第です。それからもメンテナンスがてら、たまに引っ張り出しています。

01

アイコムの鉄塔はコンパクトながらもなかなか良いスタイルをしているのでお気に入りのストラクチャーです。エッチング製なので、プラ製にない線の細さが特徴的です。塗装済みであって、5分ほどで組み立てられる手軽さもあります。
既にレイアウト手前の魚屋の横や、レイアウト左奥の空き地部分に設置していますが、やっぱり右奥のトンネル山にも設置したいと思い立ち、ひとつ追加購入致しました。

02

早速、山に設置した状態です。ベース部分はクリアボンドで固定してありますが、フォーリッジに貼り付けてあるだけなので、手荒に扱うと取れてきそうです。ベースを線材で延長して発泡スチロールの山部分に差し込む必要がありそうです。取れてきてから考えます。

山の上の鉄塔は、ずっと前から計画していたのですが、固定が厄介なので後回しになっていました。

03

小さな鉄塔ですが、スケール的には違和感がありません。むしろ、もっと小さな鉄塔を用いて遠近感を表現しても良かったほどです。
背景ボードの夕焼けとぴったり合致しています。鉄塔にとまったカラスの鳴き声が聞こえてきそうです。

04

レイアウト手前の鉄塔は、左奥の鉄塔と対応しているのですが、今回の山の上の鉄塔は他の2本とは関係ない配置になっています。

05

寸法的には、余裕で専用クリアケースに収めることが出来ます。鉄塔の上部に、赤く点滅する航空灯を取り付けても楽しそうですが、レイアウトのモデルとなっている昭和の時代にはそんなものは無かったかもしれません。

鉄塔ひとつ追加するのは簡単な作業ですが、情景の表現としては、結構効果があったと思われます。

前回はこちら
久し振りに「昭和の鉄道模型をつくる」の運転

次回はこちら
TOMYTEC情景コレクション 屋台A・B・C

|

« アオシマ1/24ナイトライダーのフロントスキャナー | トップページ | 唸らせるバームクーヘン「CLUB HARIE」 »

講談社「昭和の鉄道模型をつくる」」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

YUJIさんこんばんは~

鉄塔追加されたのですね。
とても良いアクセントになりましたね^^
最近は何を走らせていますか?
私は今タキに凝っています。

ではでは~

投稿: lalande | 2008年11月28日 (金) 23時46分

lalandeさん、こんにちは。
大型レイアウト製作、お疲れ様です。楽しみに拝見しています。走行車両の制限が少なくなって、楽しみが広がりますね。

私は今は、地元の名鉄車両などを走らせるのが楽しみです。旧3700系や800系が中心です。

余命いくばくも無い7000系パノラマカーは、架線柱に接触するのでBトレしか走れませんweep
貨物列車も楽しそうですね。久し振りにED62に貨物牽かせたくなりました。

投稿: YUJI | 2008年11月29日 (土) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/43222587

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の鉄道模型をつくる」念願?の山の上の鉄塔:

« アオシマ1/24ナイトライダーのフロントスキャナー | トップページ | 唸らせるバームクーヘン「CLUB HARIE」 »