« マイクロエース「国鉄C53-45デフ無し・改良品」 | トップページ | なつかしバイク、ホンダVT250Fプラモ青白カラー塗替え版の完成! »

2008年11月 8日 (土)

久し振りに「昭和の鉄道模型をつくる」の運転

講談社の週刊Nゲージジオラマ製作マガジン、「昭和の鉄道模型をつくる」のレイアウトの話題です。

完成後、しばらく運転していなかった昭和の鉄道ですが、昨日、マイクロエースのC53のテスト運転の際に引っ張り出したついでに小改良と運転を行いました。

07

病気療養で入院している私の父親が、今週一時退院して実家に帰ってきていたので、この昭和の鉄道模型を見せて元気付けてやろうと思い、車に積んで運んでいきました。レイアウトに加え、車両にコントローラー、電飾用のACアダプタなどは持っていけましたが、自動運転システムのNATOC一式は今回は大荷物になりそうなので今回は断念です。
まあ、グルグルとエンドレスを回しているだけでも鉄道模型のことはわからない両親は喜んでくれることでしょう。

01

昨夜、ほんの一部ですがストラクチャーの追加を行いました。
レイアウト奥の商店街裏の空き地の看板の横に、鉄塔を追加しています。レイアウト手前にある鉄塔と同じ、アイコムのエッチングパーツです。

02

鉄塔の周りは、悪ガキが入ってこないように有刺鉄線の金網で覆っています。これもアイコムの製品です。
ギンギンできれい過ぎるので。ちょっとウェザリングが必要な感じです。鉄塔はレイアウト手前のものと対のように配置しています。

03

全体像です。
正面から見ると、鉄塔は商店街の建物の屋根の上に少し覗く程度の高さなので、あまり目立ちません。

04

八百屋の横の鉄塔とは、同じ角度で立っているので、この間を電線が通っているという設定です。でも鉄塔が妙に低いので、下に垂れた部分は建物に接触することでしょう。そういった矛盾は深く考えないようにします。

05

上面からです。
やはり鉄塔はもう一本追加して、トンネル山にも設置したいものですね。高さ的には専用アクリルケースの中に十分納まります。

06

今日は各種車両を持参しましたが、もっとも楽しんでもらえたのが、C50とオハ31系客車のコンビです。昔の蒸気機関車の思い出などで盛り上がりました。両親と、久し振りに日立から帰省していた兄も、鉄道模型趣味など無く、普段は関心など無いのですが、細かい部分まで楽しんで作成したレイアウトを隅々まで眺めていました。

自宅から出したのは今回が初めてですが、専用アクリルケースが重く、度々運び出したくなるものではありません。でも、こんな趣味のものでも見て喜んでもらえると、息子冥利に尽きると思います。

前回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」C62紀行 D90で動画撮影

次回はこちら
昭和の鉄道模型をつくる」念願?の山の上の鉄塔

|

« マイクロエース「国鉄C53-45デフ無し・改良品」 | トップページ | なつかしバイク、ホンダVT250Fプラモ青白カラー塗替え版の完成! »

講談社「昭和の鉄道模型をつくる」」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、211です。
手前と奥と、鉄塔が並んだ事で凄く奥行きが感じられますね。
奥の鉄塔でカラスが並んで鳴いている姿が浮かびます。

YUJIさんの丁寧な工作と美しい電飾。
ご両親も喜ばれたことでしょう。

投稿: 211 | 2008年11月 9日 (日) 01時52分

お父様、少し元気になられた様でよかったですね。
昭和の鉄道模型、車での大移動、大丈夫でしたか。
Nゲージにとってはマグニチュード5以上の地震が1時間近く続く訳ですから。
ウチのは部屋を少し移動させただけで必ず2,3人は転倒します。

投稿: カズキ | 2008年11月 9日 (日) 08時39分

>211さん、お久し振りです。

「いい年して下らないことして・・・」
と思われることを心配していたのですが、思いのほか喜んでくれました。楽しそうならば実家に置いていこうかとも言ったのですが、世話や管理ができない様なので、持って帰りました。

後は、トンネル山の上にも鉄塔を建てて、カラスを鳴かせたいですね。


>カズキさん、おはようございます。

>昭和の鉄道模型、車での大移動、大丈夫でしたか。

特製アクリルケースのベースが非常に頑丈なので、あまり心配ないようです。移動にも無事でした。
電飾の配線不良が起きることを心配していましたが、大丈夫です。ただ、家のドアなどを通す時には重たいので、できれば二人がかりの移動が好ましいと思います。

父の病気後心配、ありがとうございます。
父はかなり落ち着いて、以前よりも食欲があります。
明日外来に行って、次回の入院日の検討です。早ければ今週後半には次回治療開始です。

投稿: YUJI | 2008年11月 9日 (日) 08時57分

こんにちは~
お父様のご容態が良くなられて本当に良かったですね。
私の父も、先日二度目の手術を無事に終え、術後の経過も良好でさ一昨日退院致しました。父と同時期に同じ病状で入院されていた姉の恩師がいらしたのですが、手術中に脳梗塞を患って言語障害が残ると言う残念な結果になりました。その話を聞いてホッとするのはその恩師に大変失礼とは思いますが、無事に手術を終えられた事にとても感謝しています。

「昭和の~」改めて拝見しましたが、いろいろ手を加えられ本当に完成度の高いレイアウトになっていますね。とても素晴らしいです。
我が家の「昭和の~」は、妻の仕事が忙しいこともあり、たまの休みには好きな読書がしたいと放置状態で、未だ更地のままレールだけが敷かれている状態です。(笑)
私はというと、「C62」「フェラーリ」「海水魚」「自作レイアウト」と四つも掛け持ちで、仕事よりも趣味に日々忙しくしています。(笑)

投稿: ポップン | 2008年11月 9日 (日) 15時17分

YUJIさん、はじめまして。
以前より、楽しみに拝見させていただいております。
特に「昭和の鉄道模型」、「C62を作る」は下名も購読しておりますだけに、とても参考になります。
記事から察して、毎日お忙しい中、毎週きちんと組立作業を進められているパワフルさに、いつも「凄いな」と感じております。
本日、恐縮ながら「お気に入りブログ」登録させていただきました。
これからも楽しみに拝見させていただきます。
現在停滞している「昭和の鉄道模型」、今年中には完成させたいと思います。

投稿: =雑+感 | 2008年11月 9日 (日) 15時49分

>ポップンさん、こんにちは。

ご趣味多忙の中、父へのお見舞いのお言葉、ありがとうございます。71歳の父は肺がんなので、とにかく気の長い治療です。調子の良いときには病気のことを忘れ、旨い物を食べて、好きなことをして過ごして欲しいと思います。

御父様の手術の成功、おめでとうございます。きっと今はご自宅で寛いでおいでのことと存じます。

昭和の鉄道、シリーズとしては終ってしまいましたが、最近になってどんどん魅力的なストラクチャーが登場していますので、改良を進められるのが羨ましいです。まだ生体の入っていない水槽がコポコポいっている中、模型に囲まれているのは至福でしょうね。もちろん、魚がはいればもっと楽しくなりそうです。


>=雑+感さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

ブログ拝見いたしました。
鉄道模型にビールがお好きと、私も興味のある内容でとても楽しませていただきました。昭和の鉄道模型、9月に完成して以来、ずっと運転もせずに放置してありましたので、久し振りに動かして、作成時の楽しかったことをたくさん思い出しました。これから作業ができることを羨ましく思います。

お気に入りブログへの登録、ありがとうございます。
私の方はズボラで管理できないことを理由にリンク集を作成しておらず、相互にならずに申し訳ありません。
今後も情報交換の程、宜しくお願い申し上げます。

投稿: YUJI | 2008年11月 9日 (日) 17時37分

YUJI さん

お父上のご病気心配ですが、昭和の鉄模見せるなんて心使いに感服します。わたくしも近くに養老院がありますので黒部峡谷鉄道(小さい方です)寄付しちゃうかなんかと考えてます。いらないなんていわれたらショックですが?
C62そろそろ終盤です。YUJIさんの実写参考に色々オリジナルで配管なんかくっつけてますが中々難しいです。オリジナルなんで多少は実写とは逸脱してますが。デアゴC62ベースは皆様と同じですが、オリジナル製作で世界で一台ですよね。残りわずかですが頑張りましょう。完成したら乾杯です。が、その先ネタ探しをしなければなりませんので大変です。

投稿: 湘南急行鉄道物語 | 2008年11月 9日 (日) 22時20分

湘南急行鉄道物語さん、おはようございます。

父親の名前をチャカして作った看板も設置していたので、一度見せねばなるまいと思っておりました。専用ケースが重いので、運び出すのには勇気が要りますが、このケースのおかげでふにゃふにゃボードのレイアウトも頑丈そのものです。
思いのほか喜んでくれたので、ほっとしています。ただ、世話が出来ないので寄付は断られました・・・。

C62配管、とても興味深く拝見しております。元々、とてもシンプルなC62なので、配管を施すととてもリアルに見えてきますね。美しい写真撮影の技術のために、塗装の肌の質感まで伝わってきます。

完成したら、まさに乾杯モノですね!

投稿: YUJI | 2008年11月10日 (月) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/43053641

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに「昭和の鉄道模型をつくる」の運転:

« マイクロエース「国鉄C53-45デフ無し・改良品」 | トップページ | なつかしバイク、ホンダVT250Fプラモ青白カラー塗替え版の完成! »