« 今日は工作出来ないので、また駅弁大会 | トップページ | ローソン限定企画のANAユニフォームコレクション »

2008年11月16日 (日)

思い出の北斗星の懐中時計

週末は、父の見舞いに行きたいので、週末の工作はしばらくお休みです。
停まってしまった時計の電池交換をして、昔の優雅な一人旅を思い出しました。

01

11年前に、北斗星の札幌発上野行きのロイヤル個室に乗りました。北斗星は2往復時代で今よりも人気のあった時代ですが、寝台券が2週間ほど前にあっさり取れてしまったのです。

当時は毎年、休みを取っては海外旅行に出ていましたが、その年は仕事での買い付けのためのアメリカ出張が多かったりして中々プライベートで海外に出られるチャンスがありませんでした。休暇の少し前になって、やけくそでみどりの窓口で問い合わせて、ロイヤル個室と食堂車のグランシャリオの予約券をゲットしたものです。

北海道内はグリーン車用の1週間有効のフリーきっぷを使用して縦横に楽しんだものです。札幌から各方面に走っていた寝台車付きの列車も乗りまくって、フリー切符の価格の何倍も乗車できたと思います。結局、これが独身時代最後の、のんびりした一人旅となりました。

ロイヤル個室に乗り込んで、調子に乗って購入したのがこの懐中時計です。乗車したのがJR北海道の車両であったために、JR北海道の監修で作られているようです。直径65mm、鉄道時計よりは少々小さいサイズです。当然、クオーツです。

日頃は懐中時計など持ち歩くことは皆無なので、この数年間ずっと妻がピアノのそばに置いて使用していたのですが、電池切れで停まってしまい、久しぶりに電池交換のために手にして旅行を思い出しました。

02

文字盤は一見豪華に見えます。
「SAPPORO」、「539」、「TOKYO」の文字が見えます。
539は、青函トンネルの53.9Kmの意味ですね。価格は8500円でした。

03

一緒に購入したのが、ロイヤルのルームキー型のキーホルダーです。こちらは2500円。レザー製で大きく、革の部分の横幅は117mm。あまりにゴツくて使えません・・・。本当にこんなの使ってたら、余程のうれしがりです。乗車時に舞い上がって購入した私も相当のうれしがりです。

これは実際の北斗星のロイヤルのルームキーと全く同じものです。私が乗り込んだのは1号室で、記載も「1 ROYAL」でしたが、販売しているのは12号室のものだけでした。
初めてのロイヤル体験は、最初のウェルカムドリンクで食堂車のウェイトレスさんが持って来てくれたワインを飲んで酔っ払いながら、ワクワクキョロキョロして落ち着いていなかったと思います。個室の天井に、部屋を暗くすると影絵のようなものが映りだす仕組みがあったようでした。翌朝終着の上野に近づき、満員の通勤電車との並走区間で、アームチェアに座って優雅にコーヒーを傾ける気分は何ともいえません。
朝はちゃんとした磁器のカップに入ったモーニングコーヒーを、朝刊と一緒に部屋まで届けれくれます。

食堂車で一人で夕食を取っているときに、ウェイトレスさんに記念品の購入の意図を告げたら、後で車掌さんが部屋まで記念品のいっぱい入った一式を持って来てくれました。オレンジカードくらい買おうかと思っていたのに、時計やキーホルダー、多分その他ボールペン、オレンジカード数種買ったと思います。お大尽の旅行になってしまいました。帰りがけに大散財ですが、優雅な旅の締めくくりにふさわしいものとなったと思います。

04_2

裏蓋を外して電池だけ取り外し、ホームセンターで同一の電池を買ってきて交換です。
交換を頼まずに電池だけ購入すると420円でした。蓋を開けたら、一応日本製のセイコーのムーブメントでした。安物ムーブメントながら、おかげで電池の持ちが良く、ほとんど狂わないわけです。

05

時計合わせには、カシオの正確無比な電波ソーラーGショックが便利です。
毎朝のROLEXの時刻合わせにしか使用していないこの時計ですが、何の手入れもせずに空気のような存在ながら、頼りになる奴です。
停まっていた北斗星時計も、静かに時を刻み始めました。まだ当分は防音室で働き続けることになるでしょう。

最近はめっきり少なくなった夜行寝台列車ですが、ベッドで揺られながら、ゆったりとしたな時間を過ごしたいものだと思います。

|

« 今日は工作出来ないので、また駅弁大会 | トップページ | ローソン限定企画のANAユニフォームコレクション »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

なんとびっくり、私も、そのキーホルダー持っています。
2年くらい前まで、実際に使用していました(笑

ごついですよね。
でも私はそれが気に入っていましたので、苦にはなりませんでした。

鎖部分がへたり、革の長辺部分がぼろぼろになったので、引退させました。
手あかやらなにやらで、黒々とした艶がいい感じでした。
どこかへしまい込んでしまい、出てきません。
見つかったら写真をご披露いたします。


ちなみ私も独身時代2度ほど下り列車に乗車しました。
札幌出張のアポイントを月曜日のお昼からに設定。
10時到着の北斗星は意外と仕事にも使えるんですよね(笑

ではでは~

投稿: lalande | 2008年11月17日 (月) 14時29分

lalandeさん、こんにちは。

奇遇ですね!同じキーホルダーをご購入されていたとは。
本文ではゴツいだの大きいだの、けなしてしまいましたが、実は私もこのキーホルダーの質感が大好きで、いつも机の前にぶら下げて眺めております。
個室寝台はほとんどカードキーになってしまったので、貴重な存在かもしれません。

北斗星、私も下りに乗りたかったのですが、上りしかロイヤル取れませんでした。もう一度乗りたいものです。今は出張も余裕が無くなってしまって、飛行機ばかりで寂しいものです。

仕事での寝台列車、私も昔はあさかぜやサンライズ、あけぼのなど利用しましたが、今は時間の余裕が無くなってしまってます。

投稿: YUJI | 2008年11月17日 (月) 16時09分

こんばんは~

そうなんですよねぇ。
出張も移動時間がどんどん短縮で。
ゆっくり寝台特急の旅がしたいですね。

一番長距離は富士で湯布院へ出張に行っちゃいましたよ(笑

携帯電話がない時代だったので、妙に仕事が気になってしまったことをよく覚えています。

自分の北斗星はもちろん一番リーズナブルなお部屋でした^^;

投稿: lalande | 2008年11月18日 (火) 00時03分

lalandeさん、おはようございます。

>一番長距離は富士で湯布院へ出張に行っちゃいましたよ(笑

わぁ~それは楽しそうです。でも出発の日の午後と到着の日の午前中は車内なので、世知辛くなった今では難しくなりましたね。
たまに夜、名古屋駅を発車する富士・はやぶさを見てもガラガラに空いているのも仕方ないのかもしれません。

携帯が無い頃、私もポケベル鳴って、車内電話から連絡を取っていたことを思い出します。
海外旅行に行くと、ポケベルも携帯も鳴らない開放感に浸れたものです。でも今ではローミングサービスで海外でも捕まってしまうのですよね・・・。

こうなったら、プライベートで休みを取って乗りたいものです。

投稿: YUJI | 2008年11月18日 (火) 07時52分

こんばんは~
ではいっそ富士・はやぶさoffなんてどうでしょう(笑)
参加者多数でツアーになっちゃったりしてbullettrain

@@旅行社主催
「YUJIさんと行く富士・はやぶさの旅」
なんて妄想炸裂ですね。

投稿: lalande | 2008年11月18日 (火) 19時56分

lalandeさん、こんばんは。

富士・はやぶさoff企画、楽しそうですね。
でも、今の富士・はやぶさはロビーカーが無いので、列車内では速やかにベッドに入って寝てしまうツアーになりそう・・・それはそれで、現地での楽しみを考えればよいことですが。年度末での廃止が決定して、少しは乗車率が上がっていることを望みます。

寝台列車のツアー、結局は北斗星のミニロビーで乾杯!の方が良いのかもしれませんね。

現在、何かと父親のことで多忙でオフ会企画の予定が立ちませんが、いつか実現させてみたいものだと私も妄想しています。

投稿: YUJI | 2008年11月18日 (火) 21時28分

前の記事のレスで申し訳ありませんが。
私も懐中時計は好きで2,3持っています。
いつもの創刊号攻撃でURLの創刊号だけ持っています。(この780円はお買い得でした)
今取り出したら電池切れで動いていません。
こればっかりはちょっとコレクションできませんね。それこそ部屋中時計だらけ(BTFのオープニングみたい)になってカミさんからは、あきれ果てられるのが目に見えています。
またメンテナンスの電池代もバカになりません。

投稿: カズキ | 2008年11月26日 (水) 13時12分

カズキさん、アシェットの「古(いにしえ)の時計」、私もそそられました。買っておけば良かったと思うものの、電池の世話だけで大変ですね。
かといって、機械時計もメンテナンスが必要で、クオーツよりもずっとお金と手間がかかるので無理です。

昔、ベルリンの壁が崩壊した少し後に訪れた際、壁の欠片と一緒に旧東ドイツ軍の旧ソ連製の軍用時計(懐中時計と腕時計)をたくさん購入してまいりましたが、機械時計なのに1年もしない内に全て動かなくなりました。本当にこんな役立たず、兵隊さんが使ってたのかはわかりません。

投稿: YUJI | 2008年11月26日 (水) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/42921829

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の北斗星の懐中時計:

« 今日は工作出来ないので、また駅弁大会 | トップページ | ローソン限定企画のANAユニフォームコレクション »