« ローソンキャンペーン「宇宙戦艦ヤマト メカニックコレクション」 | トップページ | 1/24エンツォ・フェラーリのエンジン »

2008年12月13日 (土)

JR武豊線半田駅前のC11-265

C1126516_2

実家のある半田市にも静態保存の蒸気機関車があります。
週末の実家詣でのついでにJR半田駅に立ち寄ることにしました。

C11265_2

このJR半田駅前に保存されているC11-265を久しぶりに見に行きました。昨年の9月に半田駅前の貨物線跡地に移動してきたもので、以前は武豊線の半田駅の隣の駅の乙川駅に程近い、半田市民ホールの前に置かれていました。

半田市民ホールは、建物内にアスベストが使用されているという事で昨年解体され、それに伴って静態保存されていたC11-265も半田駅前に移動されました。解体されずに、より人目に付きやすい駅前に置かれたことは喜ばしい事です。保存に尽力された方には敬服いたします。

C1126502_2

アスベストといえば、蒸気機関車にもたくさん使用されているはずです。ボイラーケーシングの内部にはぎっしり詰まっているはずですが、外に漏れないように対策がなされたのでしょう。
このC11-265、実際に武豊線を走行していた蒸気機関車です。昭和19年に製造された戦時型です。虚飾を廃した無骨な実用品のスタイルです。
でも、何か顔が変です・・・。ナンバーのあたりが平面的です。

C1126503_2

正面に回ると、ナンバープレートが外されていて、白ペンキで直接煙室扉に書かれていることがわかります。しかも、中心部よりも左にずれており、サイズも小さいので違和感があります。煙室前部が丸くなっておらず、煙室縁の手すりも無いのは戦時型の特徴ですが、白ペンキのナンバープレートも無骨さを一層強調しているようです。

C1126504_2

説明板には、武豊線を最後に走った「さよなら列車牽引」との解説があります。半田駅前に移動された際に新製されたようで、非常にきれいな看板です。

C1126505_2

屋根下の保存なので、よい状態です。
若干、デフレクターやシリンダーカバーが錆びていますが、足回りのロッドにも色入れされていて、定期的に手入れがなされています。周りは柵で覆われているので機関車のすぐ近くには行けませんが、柵は低いので、細部の観察や撮影に影響はありません。

C1126506_2

ボイラー上の砂箱は、戦時中の製造なので角型です。しかし、蒸気溜りは丸くなっており、興味深い造形です。

C1126507_2

サイドのタンクのナンバープレート部分です。
4箇所のナンバープレート全てが取り外されて、ペンキでの記入になっています。盗難対策なのでしょう。味気無いですが、仕方ない事だと思います。

C1126508_2

機関車後部には渦巻状のタブレット受けが設置されています。位置的におかしいですが、展示物のひとつと考えれば良いと思います。

C1126509_2

機関車後部です。
盲腸線の武豊線では、きっとバック運転も多くなされたのか、後部にもシールドビームの前照灯が設置されています。ブレーキホースが中心部に吊られているのは不可解です。

C1126510_2

機関車右後ろにはタブレット授が設置されています。
これも位置的には変ですが、今は見られないものだけに大切に保管されているのは嬉しい事です。

C1126511_3

前部には腕木式信号機も設置されています。
機関車を取り囲むように古い鉄道構造物が設置されているのは、ただのモニュメントではなくて、記念物としての意味合いがあることを思わせます。

C1126512_2

機関車の横には、半田市鉄道資料館があります。
半田市民ホール横にあったときには鉄筋コンクリートの建物でしたが、こちらではプレハブ造りです。駅の詰所のような雰囲気でもあります。C11は、鉄道資料館の付随施設としての静態保存の蒸気機関車という意味合いです。手入れがなされていることにも納得です。

C1126513_2

しかしこの半田市鉄道資料館、第1、第3日曜日の午前10時から午後3時までしか開館していません。今日は第2土曜日、当然閉館です・・・。

半田市民ホール時代、一度開館日に訪れた事がありますが、20年以上前の学生時代のことなので、何が展示されているのかはまったく忘れました。機会があれば、開館日に訪れたいものです。

C1126514_2

半田駅の駅前なので、武豊線に乗ってくれば機関車を見る事ができるのですが、武豊線は現在でも非電化単線のローカル線です。キハ75型が往復し、平日の朝夕のみ混雑する路線です。
自動車で来ても、C11の前には「SL見学・鉄道資料館来客専用駐車場」が用意されています。10数台は停まれそうな駐車場、至れり尽くせりですね。

C1126515_2

位置的には、半田駅を出て左手側です。
半田駅は武豊線の中でも代表的な駅ですが、ごらんの様に典型的なローカル線の小駅です。模型で表現できそうな雰囲気です。

01_2

今日はきれいに晴れ上がって、非常に暖かい一日でした。
機関車の撮影にももってこいですが、ドライブにも最適の日です。前を気持ちよさげに走っていたロータス・エリーゼをパチリ。青空の下、気持ち良さげな音を響かせておりました。

|

« ローソンキャンペーン「宇宙戦艦ヤマト メカニックコレクション」 | トップページ | 1/24エンツォ・フェラーリのエンジン »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

酔いにまかせて、もう一言、YUJIさんの故郷と、TVでみるサラリーマンの民意の新橋駅、ともに素晴らしい、C11という共有点があるのですね。

投稿: honest | 2008年12月13日 (土) 22時27分

honestさん、こんばんは。
新橋駅のC11は毎日たくさんの人に見られて幸せですね。東京出張時にゆりかもめに乗るときなど、ついつい立ち寄ってしまいます。
半田駅のC11は、田舎の小駅にひっそりと佇んでいるという感じです。
実家のPC、使い慣れていなくて、誤字だらけの投稿にて申し訳ありません。今気が付いて少し直しました。

投稿: YUJI | 2008年12月13日 (土) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/43409139

この記事へのトラックバック一覧です: JR武豊線半田駅前のC11-265:

» 汽車ポッポポポポポポーポー♪(鼠先輩) [ゆうきゃん缶〔別館〕]
この前の日曜日にじへいに誘われてSLの写真を撮りに行って来ました[E:camer [続きを読む]

受信: 2008年12月16日 (火) 00時00分

« ローソンキャンペーン「宇宙戦艦ヤマト メカニックコレクション」 | トップページ | 1/24エンツォ・フェラーリのエンジン »