« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第67号 | トップページ | 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第16号 »

2008年12月17日 (水)

東海道新幹線のオーディオサービス

今週は今日から金曜日の夜まで船橋に出張のために、デアゴのC62やフェラーリの工作が進みません。

東京に行くのは当然新幹線でいくわけですが、今日は週の中日ではありますが、師走の繁忙期だというのに乗り込んだ9号車のグリーン車はガラガラです。普段は早朝の上り東京行きは混んでいるものです。景気の急速な後退の影響で、出張が減っているのか、ビジネスマンが少ないようです。

ちなみに、私も出張経費でグリーン料金が出るわけは無く、普通車との差額はいつも自費負担です。しかし、何となく帰りは普通車にしようかとも思い始めています。こういったムードに流された行動自体が景気減速の正体なのかもしれません。

01

東海道新幹線では、知らない方も多いのですが、昔から乗車中に音楽が楽しめるオーディオサービスが実施されています。飛行機に乗ると多くの方が使用しているオーディオサービスですが、新幹線で聴いている人はあまりいないようです。

グリーン車では、肘掛の横にイヤホンジャックとチャンネル選択ボタン、ボリュームボタンが付いていて、持参のステレオヘッドホンを差し込むと楽しめるようになっています。普通車ではFMラジオを使用すれば、76.0~79.6MHzあたりで5チャンネルとも受信できます。

グリーン車くらいヘッドホンをサービスで用意しておけばよいかとも思いますが、今は携帯電話買ってもヘッドホンおまけに付いて来るので、ひとつカバンに忍ばせておけば十分使用できます。もちろん、iPodのヘッドホンも使用できます。

しかし、今はiPod等の小型オーディオプレーヤーがあるので、好きなときに好きなものを聴けないお仕着せのオーディオサービスなどつまらないと思いがちなのですが、肘掛のボタンを操作している気分は良いものです。好きな音楽を聴くときとは違う気持ちです。利用者が少なそうなので、最新のN700系ではなくなるサービスかと考えていましたが、しっかり継続されました。

放送は1~5までの5チャンネルです。番組は車内誌の「ひととき」の後ろの方に載っています。5chはNHK第一の再送信です。普通車内にてFMラジオで聞く場合、以下の周波数になります。

1ch 76.0MHz クラシックなど
2ch 76.6MHz 演歌・邦楽ポップスなど
3ch 77.5MHz 洋楽・フュージョンなど
4ch 78.8MHz 英会話レッスンなど
5ch 79.6MHz NHK第一の再送信(東海道区間のみ)

02

肌寒くなると、デッキから程近い場所の網棚に置いてあるひざ掛けを勝手に借りるのですが、今までは地厚で小さいタイプだったのに、このところ入れ替わってきているのは大判で薄手のタイプです。そして「この毛布は車内専用です。お持ち帰りにならないで下さい」と大きく書かれるようになってきました。持って言ってしまう人がいるということなのでしょうか。世相を現しているようで、世知辛い気持ちになります。

もう時効なので白状しますが、20年以上前に初めてヨーロッパ旅行に行った際使用したマレーシア航空の飛行機の中で借りた毛布を拝借してしまいました・・・。小さなひざ掛けではなく、しっかりとした毛布でした。
60日間有効のユーレイル・ユースパスを使用して各国を回っているときに夜行列車の中で非常に役立ちました。当時は罪の意識は皆無でした。世の中そんなものだと思っていました。いまさらごめんなさい。

03

新幹線の車内販売のコーヒーは、たまにとてもおいしい時があるので必ず購入しています。一息入れながら、PCなど拡げて仕事をしているふりをするわけです。
しかし、今日は車内はガラガラなので車販もなかなか来ず、コーヒーが買えたのは静岡の手前でした。クルーも削減しているのでしょうか。コーヒーは残念ながら煮しめたような苦い汁となっていました。

さて、師走の仕事は満載ですが、移動中くらいはオーディオサービスを楽しみながら車窓を眺めてまったりしたいものです。

|

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第67号 | トップページ | 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第16号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん
BROSです。今日は私も出張で、大阪でした。
指定席料金までは会社が持ってくれますが、グリーンには乗れません。自腹で一度だけ乗ったくらいです。
やはり、N700系は電源もあるのでよいですね。


投稿: Bros | 2008年12月17日 (水) 23時51分

Brosさん、おはようございます。

N700はグリーンなら各席に、普通車は窓際にコンセントがありますよね。本当に便利です。でも、えてしてN700に乗り合わせた時には電源必要でないことが多いものです・・・。
昨日は700系だったので、車端部しか電源ありません。

グリーンでは、東海道では無くなってしまいましたが、500系のシートが最も座り心地が良いと思います。枕部分が独立していて快適!その次は最新のN700でしょうか。懐かしの100系個室は辛気臭くて息が詰まりそうでした。通路を人が行き来しない2階席の方が快適でした。

移動中のササヤカな楽しみでしたが、そろそろ普通車に戻ることになりそうです。

投稿: YUJI | 2008年12月18日 (木) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/43449561

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道新幹線のオーディオサービス:

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第67号 | トップページ | 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第16号 »