« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第16号 | トップページ | 珊瑚模型の1/24C62パーツ、タブレット受と六角2×3ビス »

2008年12月20日 (土)

「昭和の鉄道模型をつくる」桜の下のラーメン屋台が開店

講談社の週刊Nゲージジオラマ製作マガジン、「昭和の鉄道模型をつくる」のレイアウトの話題です。

トミーテックの1/150情景コレクションシリーズの「情景小物018 屋台B ラーメン」をレイアウトに設置しました。前回、赤提灯を点灯化改造行った後、設置場所を検討していたものです。

0201

設置場所は、レイアウト手前の道路部分となりました。理髪店の隣で、ちょうど桜の木の下になる場所です。
当初ラーメン屋台は、駅前右側のスペースに設置しようかと考えていたのですが、小さい屋台なのに場所的に狭く、拡張用のパラソル付きテーブルを設置できそうも無いので手前部分に移動となったものです。

0202

まずは屋台だけの設置です。店主もお客もいません。
屋台の上にかかる桜の木が良い雰囲気を出しています。道端スペースに屋台を引き込んでいる状態を表現しています。手前を歩いている学生服の男の子はちょっと後ろに移動してもらうことにしましょう。

0203

赤提灯の配線を施した後、お客や拡張用のパラソル付きテーブルを配置します。赤提灯を点灯して、早速開店です。店主は屋台の陰になって見えませんが、一心にラーメンを作成中です。
屋台のカウンターに並んでラーメンを食べる男女二人連れ、心温まる光景ですね。銭湯帰りでしょうか。
パラソル付きテーブルの方で相席しているのは、帰宅途中にラーメンを食べに寄ったサラリーマンのようです。外で食べるラーメンって、何ともおいしく感じるものなのですよね。

0204

ふっと帰り道に寄りたくなる場所となりました。レイアウト手前がにぎやかになって良かったと思います。
おでん屋台の方は、駅の向こう側なので正面からは覗き込まないと見えません。手前にラーメン屋台を置いたことにより、赤提灯の点灯効果が表れたように思います。おでんの赤提灯LEDとも結線し、電飾スイッチを入れれば他のLEDと同時に点灯できるようになりました。先日のおでん屋台の赤提灯と、このラーメン屋台の赤提灯の二つのLEDで15mAのCRD一回線使用したので、もうひとつLEDを設置できる余力があります。無理に作らなくても良いのですが、今後の可能性として取っておきたいと思います。

昔は住宅地の内部までラーメン屋台が来たものです。チャルメラのメロディーが流れてくるようなレイアウトの光景を眺めつつ、懐かしい子供の頃のラーメン体験を思い起こします。

前回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」ラーメン屋台の赤提灯工作

次回はこちら
「昭和の鉄道模型をつくる」焼き芋屋台

|

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第16号 | トップページ | 珊瑚模型の1/24C62パーツ、タブレット受と六角2×3ビス »

講談社「昭和の鉄道模型をつくる」」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん
おはようございます。
桜の下のラーメン屋さん開店おめでとうございます。相変わらず芸の細かさに感心させられてます。次も何か行きそうですね。屋台の赤提灯なんかいいんでは、一昔前は横浜は西口や野毛の屋台で飲んだことがありますが、結構高いんです。江ノ島の弁天橋周辺にも屋台ありましたが、サザエのつぼ焼き2つで1000円なんて取られてました。観光価格ですね、全国的に屋台が衛生上のや道交法等々で激減してます。寂しい限りです。
ところで、YUJIさん影響を受けてカメラを買い換えました。現在は日進月歩でフルサイズブームです。この冬はニコン、キャノン、ソニーによる30万円クラスでフルサイズが揃い始めました。凄いです。そこでフルサイズのキャノン「EOS 5DMarkⅡ」2110万画素!を考えましたが、かみさんに一喝されました。結局少ない小遣いでEOSキッスX2に落ち着きました。1220万画素ですが、本格的な写真?目的ではなくブログ用でしたら充分すぎると思います。これでもスペックは落としながら掲載してます。ちなみに動画はIXY2000ISで撮影です。これも3万円チョッとで1200万画素、どこまで行くんですかねこの世界は凄いです。ちなみに今回の購入はネット購入をしました。ヤマダ電機、ビックカメラで現物を確認したんですが、カメラ、レンズ(タムロン18mm~270mm)の組み合わせで約5万円の差がありました。

投稿: 湘南急行鉄道物語 | 2008年12月21日 (日) 06時56分

湘南急行鉄道物語さん、こんにちは。

レイアウトの屋台も二つ目が開店し、もうひとつの焼き芋屋もどこかに設置したいと思っております。

新しいカメラのご購入、おめでとうございます。いつも上手に買い物されておられますよね。18~270ズーム!コレ1本で全てまかなえそうですね。

私は湘南急行鉄道物語さんのキヤノンとは異なりニコンばかりですが、この数年のデジタル一眼の進歩のめざましさに驚いています。もうフィルムカメラは忘れられそうです。

私は来年は手軽に持ち歩くコンパクトデジカメ購入したいと思っております。あれこれたくさんありすぎて、何が何だかわかりません・・・。

投稿: YUJI | 2008年12月21日 (日) 15時05分

私も、OMを中心に十数台の一眼レフで、遊んでいましたが、十年程前の火災ですべて失ってから、メディア環境も変わり、コンパクトデジカメでがまんしています。皆さんの様子をみて、そろそろ、機が塾したかなと思っています。

投稿: honest | 2008年12月21日 (日) 19時05分

honestさん、こんばんは。

火事にあわれて全て消失したとは、大変なことだったのですね。お悔やみ申し上げます。私も季節柄、火の元には気を付けたいと思います。

最近のデジタル一眼レフ、もうフィルムカメラには戻れない機能満載です。5年近く前にNikonD70でデジタル一眼の世界に入ってから、長年大切に使用してきたCanon F-1にはフィルムを全く通さなくなってしまいました。

今のD90は使い易さが格段にアップしており、ISO感度1600までは通常に使用できる画質で満足しています。一眼レフでは安い部類のD90でも最大感度はISO6400!これだけでもフィルムでは考えられない使い勝手ですよ。

投稿: YUJI | 2008年12月21日 (日) 21時30分

 マーケターの、意見を参考にします

投稿: honest | 2008年12月21日 (日) 21時43分

honestさん、おはようございます。

大いに物欲を煽ってしまいました。
デジタル一眼、残念なのはどんどん新製品が出て、しかも格段に機能アップするので気になって仕方ないことでした。

フィルムの頃は、信頼できる満足した機械があれば十分だったのですが・・・。

投稿: YUJI | 2008年12月22日 (月) 07時46分

こんにちは~~
cherryblossomこの場所のラーメン屋台良いですねgoodcherryblossom

素晴らしいマッチングです^^
自分の昭和にも置いてみたくなりました^^

赤提灯の点灯がたまりません^^

>カズキさん、こんにちは^^
訪問ありがとうございます~~
カズキさんの机の上のレイアウトが気になります^^
昭和と現代との行ったり来たりも楽しそうですね^^

是非!何か作ってください^^


では^^また遊びに来ます~

投稿: タグ | 2008年12月22日 (月) 11時37分

タグさん、こんにちは。

駅前に置こうと思っていたラーメン屋台、桜に木下に収まりました。レイアウト手前なのでよく見えます。

赤提灯、もっと時間をかけて作成すれば小さくてきれいなものが出来たでしょうが、レイアウト作成にがんばっているときから少し時間が経ってしまって集中力が続きません・・・。

屋台は小さいので、道路の片隅に置いて楽しめそうです。

投稿: YUJI | 2008年12月22日 (月) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/43356845

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和の鉄道模型をつくる」桜の下のラーメン屋台が開店:

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第16号 | トップページ | 珊瑚模型の1/24C62パーツ、タブレット受と六角2×3ビス »