« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第19号 | トップページ | 久々の大須ランチ情報 ハッシュ・デ・ロッソの「ステーキの橋本ステーキ丼」 »

2009年1月15日 (木)

カープラモデル製作「タミヤ1/24 360スパイダー」透明パーツの縁取り塗装

今日は職場のボウリング大会と新年会のために帰宅が遅くなってしまいました。
日頃の運動不足が体にこたえます。明日からの筋肉痛は必至です。スコアは・・・聞かないでください。一年振りのボウリングです。昨年は150オーバーだったのですが、今日は散々です。だんだん体力も衰えてくるようです。寒い日なのに大汗をかきました。

10090115

体を動かした後の後のビールは最高ですね。
新鮮な舟盛で乾杯でした。

今日は工作が出来ませんので、連休中に実施したプラモデルの製作ネタにて失礼します。

ボディのクリア塗装の最中であるタミヤの1/24フェラーリ360スパイダーですが、繰り返しスプレーすることが必要で、1回吹くと完全乾燥に2~3日を要する水性トップコートの乾燥を待つ間にウィンドスクリーンをはじめとする窓の縁取り塗装を行いました。

36001

前回のエンツォ・フェラーリの組立てのときもそうでしたが、タミヤのカープラモには、透明パーツの縁取りの塗装のためにウィンドマスクシールが付属しているようです。この360スパイダーにも付いていました。
アオシマのナイトライダーを製作したときはマスクシートは付いていなかったので、震える手で面相筆を扱って塗ったために、きれいな縁取りになりませんでした。こんなマスクシートで塗装すればよい事を知っていれば、マスキングテープで自作したのに、と思います。ひとつひとつ経験を積んで上達するわけです。

36002

ウィンドマスクシールは、各パーツに合わせてカットされています。
これをパーツに貼ってからセミグロスブラックを塗れば、はみ出さずに塗れるという寸法です。

36003

組立て説明書通りに各パーツにシートを貼ります。
マスキングテープと同じような材質なので、後で簡単に剥がすことができます。

36004

窓の反対の面には、一面を覆うようにマスキングテープを貼ります。
これはスプレー塗料を使用の際に、塗料が反対面に付着しないためのものです。前回は筆塗りで作業しましたが、マスクシートは結構水性のアクリル塗料を吸い込んで内側に染みてしまいました。せっかくマスキングしたのに仕上がりが汚くなってしまったのです。
はみ出し部分は、逆に塗装部分マスキングテープを貼ってからコンパウンドで削り取りました。最初からラッカー塗料をスプレーした方が仕上がりは良くなりそうです。アクリル塗料は丸一日乾燥が必要ですが、薄く吹いたラッカーならば、乾燥は数時間で完了します。

36005

しっかりマスキングを終えたら、一面にスプレーです。
周りもみんな真っ黒になってしまって、透明パーツを台無しにしたのではないかと心配になります。もちろん屋外でのスプレーです。

36006

2時間ほど乾燥させてからマスクシートを剥がすと、おお~!きれいな縁取りとなっています。スプレーの方がきれいに塗れるという企みは成功です。次回からは迷わずラッカーのスプレーでの作業ですね。カープラモ3つ目にして、ようやく窓の塗り分け方法を取得できました。

まだボディが出来ていないのでウィンドウは取り付けられません。傷がつかないように気をつけて保管していきます。いやはや、丁寧にプラモを作るのも大掛かりです。エンツォより簡単だ!などと言っていながらも、この360スパイダーの方が製作期間が長くなりそうです。

|

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第19号 | トップページ | 久々の大須ランチ情報 ハッシュ・デ・ロッソの「ステーキの橋本ステーキ丼」 »

プラモデル」カテゴリの記事

ミニカー」カテゴリの記事

コメント

んちゃ
お早う御座います
ボウリングお疲れさまでした 
私も10代の頃はちょくちょく行ってました
アベレージも200を越えてましたが先日行ったときには
1ゲーム目がかつがつ100に届く程度のスコアでした
おまけにビールを飲みながらでしたんで2ゲーム以降は
ボロボロでした

ウィンドウのマスキング バッチリの様でなによりです
塗装を終えてマスキングを剥がす時のドキドキ感と
塗り分けがキマッタ時の達成感は癖になりそうです
私も以前はタミヤのアクリル系塗料を使ってましたが
今は殆んどクレオスのラッカー系を使ってます
互換表を使ってタミヤのキットもラッカーを利用してますが
塗膜の強さはアクリル系の比ではありません
YUJIさんも室内で乾燥作業をして奥様に叱られたとか・・・
その場を想像しながら笑わせて頂きました

投稿: asawa | 2009年1月16日 (金) 09時48分

こんにちは~
D社のエンツォフェラーリがきっかけで、車のプラモ製作に燃えていらっしゃるようですね。(笑)
塗り分け塗装などは、やはりスプレーやエアーブラシでの塗装の方が抜群な仕上がりになりますよね。
実は私のC62ですが、火室下部の色を色々思案した結果、「赤」としました。それと同時にロッドにも赤を入れました。当初は真鍮色に「赤」は?・・・と思っていたのですが、皆さんのブログを拝見していて真似て塗っちゃいました~(笑)
感想はというと、結構良いかな~って感じです。
この時に、スライドバーの部分を塗装する時に手塗りをして、それ以外のロッドは、マスキングをしてからエアーブラシで塗装しました。やはりブラシでの塗装の方が綺麗に仕上がってます。ベタ塗りだからといって手で塗ると良くないです。

>丁寧にプラモを作るのも大掛かりです。
そうでしょう~私も学生時代に1/144のガンプラを丁寧に作ったら丸二日間は掛かりましたよ。
子供が作るような数百円の安価なプラモでも、合わせ目を消したり塗装をして丁寧に作ると凄く時間がかかるものですよね。まあ、それだけ作る楽しみがあるということですが。

投稿: ポップン | 2009年1月16日 (金) 11時51分

>asawaさん、こんにちは。

たった2ゲーム投げただけなのに、何となく足腰に来ています。その後に飲みすぎたのも原因かもしれません・・・。

マスキングしても水性アクリルの筆塗りでは沁みてはみ出します。やっぱりラッカー系のスプレーが必要でした。環境問題から、実際の車の塗装は多くが水性塗料になっていますけれど、ラッカー系のお手軽さは良いですね。

C62の塗装の際に、金属なので熱で塑性変形することは無いと思ってドライヤーで乾かしたら、自然乾燥の時とは比較にならないほどの臭いが発生して、日頃は塗装の臭いに文句を言わない妻もさすがに怒りました。私の部屋だけならともかく、脱衣所がシンナー臭くては、そりゃ怒りますよね・・・。塗料はすぐ乾きましたけれど、もう2度と出来ません。


>ポップンさん、こんにちは。

C62の火室下部の赤色、塗るとリアルでしょうね。実機も赤い部分がアクセントになっています。ロッドも格好良さそうです。

プラモなんて小学生以来で、塗装組立てなんて初めてです。でも思いのほか楽しいので、360の次は何を作ろうかと迷っています。

この360スパイダー、乾燥待ちの時間が大半ながら、もう20日程かかって製作しています。
私の場合、完成してしまうと一気に興味が失せるので、今の内が良い時期なのでしょう。

投稿: YUJI | 2009年1月16日 (金) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/43646298

この記事へのトラックバック一覧です: カープラモデル製作「タミヤ1/24 360スパイダー」透明パーツの縁取り塗装:

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第19号 | トップページ | 久々の大須ランチ情報 ハッシュ・デ・ロッソの「ステーキの橋本ステーキ丼」 »