« あけましておめでとうございます 年の初めはC62に国旗掲揚 | トップページ | 「昭和の鉄道模型をつくる」焼き芋屋台 »

2009年1月 2日 (金)

新年最初の工作は、タミヤ360スパイダーから

年末年始は夜更かしが続くので、今朝の起床時間が10時過ぎとなってしまいました。早起きして年越しのプラモ作りを開始したいのに、本格的な作業は夕方からになってしまっています。

正月休みの間に、合間を見て実施したかった作業はいくつかあります。
昭和の鉄道のレイアウトの細部の改良、デアゴスティーニC62のボイラーと煙室の固定、タブレット受けの取り付け、パイピング作業の開始、そして年末に購入したタミヤ1/24フェラーリ360スパイダーの組み立てなどです。全て行うのは無理ですが、とりあえず360スパイダーから組立作業を開始しました。

3600201

一番の難点であるボディは、シルバーメタリックでの塗装予定です。
まずは年末から3回繰り返してきた下地のサーフェサー吹きです。丁寧に下地を作らないと、きれいに塗装することは困難です。結構失敗してやり直して学習しました。

3600202

薄く数回塗り重ねることにより、平滑な下地塗装となります。

3600203 

このままつや消しグレーの車にしたいほどの塗装になりましたが、もちろんそんなわけにはいきません。明日までしっかりと乾燥させた後表面をコンパウンドで磨き、細部の筋彫りをしてから台所洗剤で洗ってからアルミシルバーのスプレーを吹く予定です。

3600204

シャシ部分の大半は、セミグロスブラックという半光沢の黒色塗装となります。また、内装は黒の予定なので、セミグロスブラックの塗装部分が非常に多くなりました。
前回のエンツォ・フェラーリの時は、セミグロスブラック部分は筆塗りをしましたが、今回はスプレーで吹いておくことにします。元々のパーツは黒い樹脂性なので、無塗装でも大丈夫なのですが、やっぱり塗装をすると仕上がりが良くなります。
室内でスプレーすると大変なことになるので、寒空の下で塗装作業です。

3600205

このモデルにも若干のデカールが付属しています。
私はデカールを上手に貼れない不器用さなので、デカールをスキャナーでスキャンした後、Photoshopで調整してフィルムラベルで印刷して使用することにします。デカール貼りを失敗したときのバックアップにもなります。

3600206

細部を調整し、コントラストやカラーを若干いじれば、オリジナルのデカールと遜色無い仕上がりになります。
今回はついでに前回製作したタミヤ1/24エンツォ・フェラーリの利やバンパーに取り付けるプレートも作成しました。デアゴスティーニの1/10エンツォ・フェラーリの模型に付属していたプレートをスキャニングしてから縮小しました。

3600207

早速、エンツォのリヤバンパーに貼り付けます。
ナンバーが無いと何となく物足りなかったのですが、ようやく落ち着いた感じです。

ボディのサーフェサーとシャシーの黒塗装が完全乾燥するまでは組み立て開始できません。今日はこれにて作業終了となってしまいました。

|

« あけましておめでとうございます 年の初めはC62に国旗掲揚 | トップページ | 「昭和の鉄道模型をつくる」焼き芋屋台 »

プラモデル」カテゴリの記事

ミニカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/43613480

この記事へのトラックバック一覧です: 新年最初の工作は、タミヤ360スパイダーから:

« あけましておめでとうございます 年の初めはC62に国旗掲揚 | トップページ | 「昭和の鉄道模型をつくる」焼き芋屋台 »