« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第74号 | トップページ | オビラジRの影像が送られてきました! »

2009年2月11日 (水)

「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第23号

2301

デアゴスティーニ刊、パーツ付きマガジン「フェラーリ・グランツーリズモ」(エンツォ・フェラーリをつくる)の第23号です。

2302

今週の冊子の特集は、1985年式の412です。
12気筒をフロントに搭載した4座の贅沢なクーペです。グランドツーリングカーとしての実用性を持ちながらも卓越した性能を誇ると言う車です。模型としてはあまり人気が無さそうです。しかし、アメリカ市場では非常にヒットした車です。トルコンATで運転も楽々、サーキットやワインディングを走るよりも、立派な邸宅の車庫が似合いそうです。

2303

今週の部品は、右側のリヤ・ディスクブレーキとデカールです。
大きなパッケージの中央に、ちんまりチマチマとビニール袋に入ったパーツが納められています。相変わらずの過剰包装です。

2304

左側のリヤ・ディスクブレーキが付属してきた第4号では、大きなリヤホイールも一緒だったのでそれなりに存在感がありましたが、今回はブレーキの他はペラペラのデカールなので、スカスカに軽いビニール袋ひとつだけとなっています。

2305

部品の一覧です。
リヤ・ディスクブレーキ(右)、デカール01(水転写式)、デカール02(シール)、ビス10本(Rタイプ)2.0×4mmです。
右側のリヤタイヤやホイールがまだ無いのにブレーキディスクだけ付属してくるという理由は不明です。また、デカールは今回貼るわけではありません。10本ずつ付属してくるビスは前回はありませんでしたが、今回復活しました。後の作業で速やかに探し出せるようにメモ書きして、ビスケースに収めておきます。

2306

予想通り、今回の組立作業はありません。
組み立てガイドの指示は、相変わらずとなった「「パーツを確認しよう」です。今回もロクなネタがありません。

2307

第4号に付属してきた左側のリヤ・ディスクブレーキと左右対称形です。大型模型の利点として、実車と同様タイヤと一緒にディスクホイールが回転するようになっています。

2308

付属のデカールは2種あります。
大きな方のエンブレムは水転写式で、表面には保護紙が当てられています。このまま袋の封を切らずに保管しておくことにします。
組み立てガイドを見ると、このエンブレムはフロントフェンダーの両サイドに使用するようです。フロントフェンダーが付属するのは50号あたりのことなので、半年も先のことです。パーツと一緒に付属してくれれば良いのに、と思います。

2309

小さい方の四角いエンブレムはシール式です。
大きさ的にはフロントノーズの先に貼られているエンブレムと同じですが、ここには既に最初からエンブレムが取り付けられています。組み立てガイドにもどこに使用するのか書かれていません。

2310

次回の24号の部品は、フロントホイール他です。
予告には左側と明記されていませんが、20号の左側フロントタイヤをはめ込む作業があるのだと予想します。2本の冷却パイプや恒例の10本ビスは保管ということになるのでしょう。

前回はこちら
「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第22号

次回はこちら
「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第24号

|

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第74号 | トップページ | オビラジRの影像が送られてきました! »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊フェラーリ・グランツーリズモ」カテゴリの記事

コメント

沢山の跳ね馬がありますね。 このあいだ、ロールス・ジャギュアーのシンボルについて、教えていただきましたが、ついでに、ご存知でしたら、娘も乗っているプジョーの立っているライオンの名前を教えてください。 私のは平安時代からのすばる星です。

投稿: honest | 2009年2月11日 (水) 18時32分

honestさん、こんばんは。

今回の跳ね馬のデカール、どこに使用するのでしょうね。特に四角いのは謎です・・・。

プジョー、以前我が家にもおりました。妻の車でした。

愛しのプジョー206物語
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2007/08/206_5618.html

とてもかわいい車で、今でも懐かしく思い出します。
プジョーの立ち上がって舌を出して吼えているエンブレム、私は単に「ライオン」と呼んでおりました(フランス語ではリオン)。調べてもはっきりしません。お分かりになったらお教えください。

尚、ぬいぐるみ等のキャラクターになると、「ビクトル」という名前が付いています。

投稿: YUJI | 2009年2月11日 (水) 21時03分

YUJIさま、こんばんは。

四角い跳ね馬(#02)は、多分シートベルト用じゃないかな?と思います。
5枚あるので1枚は予備ではないかと。

しかし後になればなるほど、貼り付けが困難になるのに
デアゴにはもっと添付部品の順番を考えてほしいですね。

デカールの貼り付け場所一覧をアップしておきました。
伊掲示板からの転載なんで解像度が悪いですが、参考になれば…
http://dgez2008.blog77.fc2.com/blog-entry-33.html

投稿: 出アゴ円蔵 | 2009年2月11日 (水) 22時32分

出アゴ円蔵さん、いつもすばらしい改良作業拝見しています。デカール情報、ありがとうございます!
シートベルトだったとは全く思いもしませんでした。道理でシール式であるわけです。

こんなにいっぱいデカール貼り付け作業があるとはびっくりです。最後に指示があるなんて、場所によっては分解が必要になりそうな気がします。ブログに書かれている通り、貼れる場所は適時貼っていった方が良さそうですね。

ブログ内でご紹介されているイタリアの公式フォーラム、言葉はさっぱりですが、写真が今後の工作に大いに参考になります。それにしても、最後の最後にタイヤとは・・・。

投稿: YUJI | 2009年2月12日 (木) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/44027105

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第23号:

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第74号 | トップページ | オビラジRの影像が送られてきました! »