« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第25号~ビス欠品です | トップページ | 古い運転台型コントローラー、TOMIX DU2 »

2009年2月26日 (木)

世界の車窓からDVDでのオリエント急行

1

先週、KATOの「オリエントエクスプレス'88基本セット」を購入以来、この模型の素晴らしい出来に大いにヨロコビを感じています。良いものを買いました。KATOの今年の会心の作品だと思います。

2

最初に試運転して以来、連結して走らせていませんが、度々ケースを開けては眺めて楽しんでいます。眺めているだけで幸せになる模型は、1年に一度出会えるかどうかです。

4 

この、オリエントエクスプレス'88を購入してから思い出したのが、テレビ朝日の人気番組、「世界の車窓から」のハイライト場面を編集した朝日新聞出版、「世界の車窓から DVDブック」です。一昨年、2007年11月20日に創刊された時、特別価格980円のスイス1編のみ購入していました。

3

創刊号を購入して以来、ずっと忘れていたのですが、このシリーズは、2月5日発売のロシア・ウクライナ編にて終了していた模様です。全30号です。

私がいつも訪れる書店では、バックナンバーが全て揃っており、欲しい号だけつまみ食いできる状態です。No.2以降は1470円。この手のDVDとしては相当にお買い得ですが、全て購入する必要もありません。

01 08

とりあえず、「No.3ドイツ1」と、「No.18フランス2」を購入してきました。やっぱりヨーロッパの鉄道は憧れです。

02

ドイツ編を購入したのは、映像特典として、「豪華列車 オリエント急行の旅 ヴェネチア~ローマ」が納められているから、と言うことも理由です。ドイツ編にイタリアを走行する列車を収録するのも変ですが、まだシリーズ3号目ということで、購読者確保のための目玉としたのでしょう。

03

現在もヨーロッパでは、観光列車としてのオリエント急行が運行されています。代表的なのはVSOE(ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス)で、このDVDに収められているのもそのVSOEです。
1988年にはるばる日本にやってきたイントラフルーク社のNIOE(ノスタルジー・イスタンブール・オリエント・エクスプレス)とは異なりますが、同年代の客車で、豪華なもてなしを施しているのは同様です。

04

ベネチアを出て、ローマまでは約8時間半。映像では10分程度に凝縮しています。
昼間の運行なので、ずっとイタリアののどかな風景を眺めながらの豪華な汽車旅の魅力を、携帯電話の画面のドコデモシアターで存分に疑似体験して楽しむことができました。

05

特に、プルマン客車を利用した食堂車での食事光景と、サロンカーでのピアノ生演奏を聞きながらリラックスしている情景にはウットリします。このDVDを通勤電車内で楽しんでいますが、現実とのコントラストの凄まじさが逆に心地よくなっています。

06

興味があるのは、乗客がどんな格好で乗車しているのかということです。
食事は昼食なので、フォーマルでは無いようですが、女性は洒落たワンピースかドレス、男性はタキシードにブラックタイかダークスーツですね。豪華客船と同様の扱いのようです。
こういう場で、ちょっとカジュアルな適当な服装をしていると周りの雰囲気を壊しますし、本人も片身の狭い思いをします。特にヨーロッパでは格好で判断して対応を変えられる事が多いことも現実なので、邪険な扱いを受けたくなければ、ある程度の正装が必要なのでしょう。

海外旅行に出ると、一流レストランでもスニーカーを履いてハイキングに行くようなスタイルで平気な年配の団体を見かけますが、思わず眉をしかめます。アンタは日本でレストランに行くときもそんな格好で行くのか!と思います。

若い頃は、若いってだけで方々で好かれます。どんな格好で行動してもある程度許されますが、大人になったら、バカにされたくなければ、たとえ荷物になっても旅行にマトモな服を1着は持って行け!と思います。

07

さて、このオリエント急行、気になるのは料金です。
VSOEには日本語サイトがあって、運航日や料金を確認することができます。

ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス日本語サイト
http://www.orient-express.com/web/vsoe/japanese-train-vsoe.jsp

09

このDVDと同様の、ベネチア-ローマ間の昼間運行時の料金です。
ベネチア(サンタルチア駅)を朝出発、8時間半ほど走ってローマ(オスティエンセ駅)に夕方到着。途中の昼食とアフタヌーンティーは料金に含まれています。

基本料金660ユーロとキャビン料金400ユーロ、〆て1,070ユーロ、
1ユーロ約124円で換算すると、132,680円。

うーん・・・。
一人で乗ることはあまり考えられないので、例えば妻と乗るとして、日本で乗車券を求めた場合、手数料モロモロ考えると30万か。えらいことです。
まだまだ私には無理っぽいですね。

どうせ夢旅行ならば、日中運行ではなくやっぱり夜行列車でゆっくり楽しみたい!
運行区間は様々ですが、ヨーロッパの2大観光地を結ぶパリ-ベネチア間で調べてみます。
1泊2日、もちろん夕朝食は料金に含まれます。

パリーベネチア
基本料金1,860ユーロとキャビン料金410ユーロ、〆て2,270ユーロ、
1ユーロ約124円で換算すると、281,480円・・・。
夜行列車二人で乗ったら60万か。



その料金だけで、ヨーロッパ旅行できそうです。しかも、夕食時や夜のサロンカーでは正装しないと楽しめそうにありません。ダークスーツ1着に略礼服のタキシード1着、冬ならウールのコート、女性はワンピースとドレス、そしてアクセサリー。大変な荷物です。妻は着物を着るなどと言い出すかもしれません。費用、荷物、想像するだに恐ろしい・・・。
なんて考えている小市民はお呼びではないのだと思います。

まあ、ベネチア・サンタルチア駅か、パリ東駅などに停まっている時に近寄って写真に収めるというのが現実的な計画となりそうですね。それさえもいつのことになるか・・・。

10

今は、模型の世界で楽しむか、通勤電車内で「世界の車窓から」を楽しんで、東海道線をヨーロッパの風景になぞらえて、一人良い気分になるのがせいぜいです。

このNo.3ドイツ1、南ドイツのローカル線の情景がたっぷりで、本編の方も相当に楽しめます。ドイツと言えば、高速鉄道ICEが有名ですが、ローカル線にこそ、ワーグナーの世界の黒い森を体験できるようです。ゆるやかなBGMにのせて、居眠りしている乗客を映していたりするので、思わずこちらもコックリしてしまいます。

他の国のものにも興味がいっぱいです。書店にバックナンバーが並んでいる内に、チョイチョイつまみ食いしてみたいと思います。

|

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第25号~ビス欠品です | トップページ | 古い運転台型コントローラー、TOMIX DU2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

キャサリン・ヘップバーンが、8mmムービを車窓に向けて、ベネチアの夏の楽しみの始まりをを予感させる映画のシーンを思い出します。私はバスでしたが、orient expess の始着駅だとは忘れていました。

投稿: honest | 2009年2月26日 (木) 21時52分

honestさん、こんばんは。

アガサ・クリスティの、エルキュール・ポアロが登場する時代のロンドン-イスタンブール間のオリエント・エクスプレスは、ベネチア-ローマなんて通りませんよね。今は観光列車なので、有名どころを走っているようです。
20歳の時の私はユーレイル・ユースパスだったので、満員の2等車での移動でした・・・。

ヨーロッパの夜行列車の食堂車での思い出は、既に社会人になって2年目での旅行にて、偶然乗り合わせた卒業旅行の女性との夕食でした。しばらく一緒に旅行しましたし、帰国後も一度再会したのですが、旅先での淡い恋心を実らせるには未熟すぎて、今ではほろ苦い青春の思い出です。

投稿: YUJI | 2009年2月26日 (木) 22時15分

YUJIさん
こんばんは、オリエントEXPは1988年当時は凄い鉄道の中では世界的イベントでしたんですね。21年前はそれほど鉄道に興味は離れていたので東海道線を走ったなんて気にしてませんでした。損をしてました。多分二度とないと思います。もう少しオリエントEXPの記事が書けそうです。本日会社から帰るとD5140分の一が届いていました。すげエすげえでかいんです。ちょっと大人のおもちゃって感じですが、3時間充填で30分ぐらい走ります。ただ細工もしないで線路くっつけ試運転しました。結構面白いです。このD51どこまでデコレーションできるか思案中です。デアゴで養った銅線の配管をどこまで施すかです。

投稿: 湘南急行鉄道物語 | 2009年2月26日 (木) 22時48分

湘南急行鉄道物語さん、おはようございます。

1/40のD51-498入線、おめでとうございます。
ヘッドライトも眩く、結構リアルなのに驚きました。走らせられると、ディスプレイモデルには無い楽しみがありそうですね!これからのディティールアップを期待させていただきます。
梅小路蒸気機関車館の売店で売られている実物を見たときに、私自身も相当心を動かされました。きっとC62-2なら即刻買っていたかもしれません。C62も出してくれないでしょうか・・・。

いつか再び、オリエント急行が日本にやってくるときには、C62牽引の姿を見たいと夢想は拡がりまくりです。

投稿: YUJI | 2009年2月27日 (金) 07時36分

湘南急行鉄道物語さんはじめまして。
私もこの商品新聞広告で知っていました。
興味があったのは運行メカニズムです。
HOやNゲージのようにレールから電気を拾わず、バッテリー供給でコントロールはラジコンという所です。
おそらくコストの問題だと思いますがレールを金属で作ったりまたは金属板貼ったりするよりバッテリーラジコンのコストの方が安いのでしょう。
なおレールによるコントロールが可能でもサウンドコントロールは何とかしないといけませんが。

ところでレールの上以外でも走行可能なのでしょうか。方向のコントロールはできないにしても前進行進は通常の床でもできるかと思いまして。

YUJIさん、オリエント急行からは脱線してしまいましたが、ちょっと興味があったのでコメントしました。なおこの蒸気機関車は脱線しても走り続けられるものと思われます。

投稿: カズキ | 2009年2月28日 (土) 08時00分

YUJIさん
こんにちは!オリエントEXPの記事ヤフーで検索しましたら凄いです。多分ご覧になってると思いますが?見たんですが当時の鉄道ファンの方なんかすさまじい記事が掲載されてました。来日していた当時はそれほど興味があったわけではなく追っかけはしなかったです。当時はバンド活動に夢中で多分暇がなかったかなと思い出しております。残念でした。でも皆様の当時の記事見てますと本当に嬉しくなります。NのオリエントEXPはYUJIさんが絶賛するほど良くできたNゲージといえます。走らせても眺めてても絵になります。牽引車両のバリエーションがありこれから少しづつパンフレット参考に試運転をしていきます。在庫車両で何とかいけそうですが、保有してない車両は、ない財産が散財しそうです。

カズキさんこんにちは、YUJIさんの場を借りまして失礼致しますが、カズキさんのコメントいつも拝見させていただいております。最近はNゲージ車両を買ってませんでしたが、(陳列棚がいっぱいで入りません。)YUJIさんの情報で中々探すの大変でしたがついつい販売店を探し当ててオリエントEXPのフル編成を買ってしまいました。本当は基本セットだけと思ったんですが何しろ在庫が残り1セットの在庫で(基本+増結)したのでアライヴの社長さんは増結のみでは売れ残る可能性があったと思われ、まとめてお願いできないかなんていわれて買わされた感じでした。でもフル編成で購入してよかったと思います。
既にD51予約してましたのでちょっと考えたのですが、かみさんぶつぶつ云ってます。D51床で早速走行させたところ見事に走ります。原理的には当たり前なんですが、その発想はなかったんですが前進とバックOKです。今はノーマルなんですがちょっと手を加えてC62製作経験から蒸気配管とかを改造すると面白いかもしれません。プラレールなんで塗装なんかしたらよくなると思います。
煙はドライアイスで挑戦してみます。よろしくお願いいたします。

投稿: 湘南急行鉄道物語 | 2009年2月28日 (土) 15時26分

> D51床で早速走行させたところ見事に走ります。
思いつきで言ってしまったのに実験をしていただいてすみませんでした。
タカラのQトレイン(URL)と逆の発想ですね。Qトレインはレールなしで走らせるのですがNケージのレイアウト上も走れるという。

投稿: カズキ | 2009年2月28日 (土) 18時17分

大阪泊まりを覚悟していたのですが、何とか終電に間に合う新幹線に乗れそうな雰囲気だったので、日付が変わってただいま帰宅いたしました。
地元以外でのコンサートでしたが大成功で、開催に向けてご尽力された方々、そして満員近いお客様にも感謝!です。


>カズキさん、こんばんは。

湘南急行鉄道物語さんがご購入になったD51、実物は結構良いスタイルなのです。レールは玩具っぽくても、機関車は模型に近いと思います。

RCということで、またまたカズキさんの知的好奇心に火が点いたのでしょうか?
脱線しても走らせられますし、プラレールと違って手元でストップさせられますね!


>湘南急行鉄道物語さん、こんばんは。

私も88年当時は、鉄道に興味がありながらも、オリエント急行の追っかけをするほどの情熱がありませんでした。大学生の時で、海外旅行の費用を貯めるためのアルバイトで忙しく、あまり汽車に乗っていません。
私も牽引機を考えたいものです。今度KATOから出るD51-498がベストでしょうか?

D51、見れば見るほど良く出来ていますね。
煙突のドライアイス!楽しそうですね。
私はD51、全く詳しく無いのですが、このRC、498号機の復活運転時を元にしているのでしょうね。

投稿: YUJI | 2009年3月 1日 (日) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/44184882

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の車窓からDVDでのオリエント急行:

» ドラゴンベアード(DRAGON BEARD)のこだわり [ドラゴンベアード駆ける!]
ドラゴンベアードがこだわるのは、まずブランドの基本姿勢として”世界”に視線を向けることで、日本に数多く存在する他のどのシューズメーカーもこだわりを持つことのなかった、グローバル化を強く意識することにポイントを置いている点です。その目的は、日本が誇るべき高度な技術や、長い歴史に育まれた独自の優れたセンスを世界中に発信して存在を認識してもらい、そして受け入れてもらうことに他なりませんが、そのモチーフとして、覇者の�... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 22時28分

» ヨーロッパ旅行が安い!海外旅行 / てるみくらぶ [旅行予約がいっぱい!格安だ〜]
[:楽しい:]パ〜リ〜〜〜素敵なパリ〜〜〜♪ [:男:]楽しそうだね〜♪ [:楽しい:][:飛行機:]明日からヨーロッパ旅行だよ〜 「てるみくらぶ」はヨーロッパ旅行が安い! たとえば・・・ 【5日間】コリアンエアーで行く秋冬パリ・フリープラン! クラス受け \\64,800〜 【5日間】コリアンエアーで行く秋冬のパリ・フリー! スタンダードクラス \\92,800〜 【5日間】コリアンエアーで行く秋冬パリ・フリー! スーペリアクラス ... [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 18時37分

» 【全自動HPで5つのビジネスを同時展開しませんか】 [開業パック]
ヨーロッパ旅行資金は→▼24時間稼ぎ続ける『全自動HP』で以下の6つの厳選ビジネスを同時展開して、【一生涯権利収入】+【即金収入】を得ませんか!【1】進化を続けて3年!インターネット副業の定番!『開業パック』ビズ【2】アフィリビズの定番!3段階コミッション付『インター...... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 08時33分

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第25号~ビス欠品です | トップページ | 古い運転台型コントローラー、TOMIX DU2 »