« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第22号 | トップページ | ドコデモシアターP706iμは交換処理に »

2009年2月 5日 (木)

フェラーリファンごめんなさい。金鯱エンブレムで悪ノリです。

01_2

先週発売の、デアゴスティーニの「週刊安土城をつくる」の創刊号には、最上階の木製パーツとともに、天守閣の象徴的な構成物である金の鯱が1対、付属してきました。

カズキさん、honestさんから、北野武さん、所ジョージさんがフェラーリに跳ね馬がコマネチポーズを取ったコマネチエンブレムを取り付けることを計画しているとのテレビ番組があったとの情報を頂きました。対抗するわけではないのですが、この金鯱をフェラーリにつけては?との面白い提案に乗って、悪ふざけを試みました。

02_2

ということで、金鯱をパッケージから取り出してみました。
高さ18mm。ダイキャスト製で、しっとりと重みがあります。台座を少し削ってみたら、表面のメッキだけでなく、中身も真鍮の無垢のようです。雌雄1対ありますが、両方とも同じ大きさです。実物のような違いはありません。
何とも贅沢なパーツです。この金鯱だけでも創刊号590円の価値がありそうです。毎週、1890円のC62のチマチマしたパーツの付属に慣れている身としては、驚愕の高級パーツに見えます。
大きさも適当で、お城を作らない私としては、これを使って何かをして遊びたくなるものです。下部の突起を削れば良さそうですが、やすりがけが必要なので、時間のあるときに実施しようと思います。

03_2

1/90という大きな模型の金鯱なので、結構大きいものです。
後ろは現在研ぎ出し中のタミヤの1/24BMW Z3ロードスターです。1/24スケールに用いるにはいささか大きすぎる様子です。

04_2

デアゴスティーニの1/10エンツォ・フェラーリは、まだボディの主要パーツが無いので、1/24のタミヤのプラモデルのエンツォ・フェラーリのルーフ(スイングドア)の左右に置いてみます。
金鯱の下部の突起を削っていないので不恰好ですが、両面テープで雰囲気はわかります。思いっきり悪趣味で、結構笑えます。大きすぎるとは思えません。このスケールならば、ルーフで決まりですね。

05

今度はフロントです。
ロールスロイスやジャガーにはこの位置に伝統のボンネットマスコットが取り付けられていますので、そんな感じを思い浮かべます。でもやっぱり大きすぎますね。

06

今度は台座を削って取り付けたいものですが、いくら模型とはいえ、これではマンガです。お正月のおめでたい昔の暴走族の飾りつけのようです。

07

デアゴスティーニの1/10エンツォのドアを取り出して貼ってみます。ちょうど良さげな大きさです。
これは車の完成後にいたずらで取り付けるのが楽しみになってきました。

08

創刊号付属の、フロントノーズの先端のパーツに貼ってみます。ちょっと大きいですが、そんなに違和感無い?ですね。
これも楽しみです。後ろのプラモデルと合わせて、完成後の戯れを想像してみたいと思います。

09

あくまでこの金鯱は安土城のものなので、名古屋とは直接関係無いはずですが、金鯱を取り付けるとなんとなく名古屋仕様になってしまうのが笑えます。一時期名古屋におられた関口房朗さんが愛車のエンツォでやって下さらないでしょうか。

この模型をまじめに製作されている方には、今回のおふざけは本当に申し訳なく思います。どうかお許しください。でもどうしても今夜試したかったのです。

|

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第22号 | トップページ | ドコデモシアターP706iμは交換処理に »

ミニカー」カテゴリの記事

コメント

 どんどん、やってくだい。落語文化の世界です。

投稿: honest | 2009年2月 5日 (木) 21時50分

honestさん、こんばんは。

しゃちほこと言ったら、異常に反応する名古屋気質なのです。
以前、AIBOを飼い始めたときも、耳にシャチホコのシールを作って貼っていました。イベントでは全国からオーナーが集まるので、ちょっとしたアイデンティティーでした。

http://www.ne.jp/asahi/yuji/i/ERS111.jpg

AIBOと金鯱を合体させたこのデザインは、名古屋のオーナー仲間のデザイナーさんが作成して、「アイボコ」と名付けていました。
当時はこの姿でテレビなどにも紹介されました。

シャチホコへの思い入れは深くなってしまっています。

投稿: YUJI | 2009年2月 5日 (木) 22時20分

早速、試して頂いて恐縮です。
高さ18mmですか、意外と大きいですね。写真で見ると小さく思っていましたが。
1/10スケールだと18cm、ちょっと大きいですね。
ハーレーだと64mmで、いい感じです。
付けるとしたらフロントのフェンダーでしょうか。
それこそ暴走族ですね。

投稿: カズキ | 2009年2月 5日 (木) 23時02分

いぜん、本当のしゃちが名古屋の川で、金ヒカのの遊覧舟と一緒のショットを見たことがありますが、すごいと思いました。

投稿: honest | 2009年2月 5日 (木) 23時31分

> ハーレーだと64mm
ハーレーだと72mm(1/4)
小学生の算数を間違えてしまいました。coldsweats01

投稿: カズキ | 2009年2月 6日 (金) 06時07分

>カズキさん、おはようございます。

ハーレーのフェンダー、ぴったりじゃないですか!お一ついかがです?まだ店頭には590円特別価格の創刊号が山積みですヨ。これだけでも590円はお買い得です。きれいなメッキ仕上げで、存在感バッチリです。ただ、他のパーツが丸ごと無駄になるのが心苦しい次第です。

お遊びの金鯱目当てで創刊号買っているとは、デアゴスティーニさんも思いも寄らないでしょうね。


>honestさん、おはようございます。

金鯱の遊覧船、金鯱号(きんこごう)、いかにも派手好きの名古屋趣味だと思います。この間まで、地元のタクシー会社が金鯱をイメージした全身マットゴールドのお目出度いタクシーを走らせていました。さすがに鯱の形はしていませんが、慶事に引っ張りだこだったようです。

金鯱の形の遊覧船も、名古屋港水族館のシャチのクーちゃんも、今は思い出となってしまいました。ミニチュアで楽しみます。

投稿: YUJI | 2009年2月 6日 (金) 07時46分

こんにちわ。

大変ご無沙汰しております。(^^;

皆さんお元気でしょうか?

YUJIさんのフェラーリとC62の作成も
進行しているようで、暇をみて拝見させていただいて
おりました。

安土城も作成されるのでしょうか?(^^

自分もTVのCMで見て
興味は沸いたのですが、なかなか買いに行く
機会に恵まれず。(^^;

結構内部まで細かく再現されているようで
作ってみたい気もします。

また暇をみてお邪魔させていただきます。

季節柄皆さんも風邪などにはご注意ください。

投稿: ミラノ | 2009年2月 6日 (金) 11時29分

ミラノさん、お久しぶりです。お元気そうで何よりです。

安土城、迫力あるスケールで精密そうですね。とても魅力的です。

でも、私は創刊号の金鯱手に入れただけで満足してしまったのでリタイヤです・・・。
どうしても天守閣だけというのが引っかかってしまっています。8月には完成予定のC62、そして同時進行で作成して12月までには完成するフェラーリまでは見通しが立ちますが、この先2年以上、つまり昭和の鉄道の2倍以上もの期間をかけてお城を造り続ける自信がありません。

こちらは立春を境に何となく暖かい日が続いていますが、北海道ではまだまだ厳しい寒さが続きそうですね。どうぞご自愛ください。

投稿: YUJI | 2009年2月 6日 (金) 13時00分

> ハーレーのフェンダー、ぴったりじゃないですか!お一ついかがです?
私、こういう事にノリやすいタイプで・・・
ハーレーだけにイージーライダーなんて。
URLリンクにアップしました。
ちゃんとヤスリをかけて貼ってあります。さすがにフェンダーに穴を勇気はありませんでした。

創刊号だけ買いは良くしますが、クラフト本では初めてです。
ちょっと悪い予感がして来た。まさか・・・

投稿: カズキ | 2009年2月 6日 (金) 14時20分

カズキさん、早速お買い求め&ハーレー取り付けありがとうございます!

>ハーレーだけにイージーライダーなんて。
ダジャレも冴えまくりですhappy01

スケール的にぴったりですね。近寄らないと金鯱ってわからないですし、実際にハーレーってオーナーの方はカスタムされていますので、違和感無いですよ・・・って、良く見たらシャチホコで笑えます。
余った1個はどうぞフェラーリのフロントに~

もう金鯱の取り付け部を切断してしまっておられるので、安土城に使用できませんね。私も早く削って、デアゴスティーニさんの戦法に乗らないようにしたいと思います。夕べは切断の踏ん切りがつかなかったのです。
木製パーツはもったいないですが、使い道を考えないといけませんね。

投稿: YUJI | 2009年2月 6日 (金) 17時30分

> もう金鯱の取り付け部を切断してしまっておられるので
安土城は築城しないという固い決意の元、ぶった切りました。

投稿: カズキ | 2009年2月 6日 (金) 17時38分

DVDを見るか迷っています。・・・

投稿: カズキ | 2009年2月 6日 (金) 17時44分

カズキさん、私にはDVDは模型抜きでも楽しめましたよ。歴史勉強していた学生時代のことを思い出しました。模型の紹介に終始していたフェラーリとは大違いで、とても気合が入っていました。このDVDだけでも590円は安いと思ったほどです。

模型の難易度は高いということが伝わってきました。
作る行為は楽しそうなのですが、いかんせん山城の鉄片の部分だけと言うのが気になります。市販されている安土城のプラモのように、せめて本丸部分が再現されて欲しいものです。

天守閣だけでご満足!というのなら、DVDご覧にならない方が良いかもしれません・・・。

投稿: YUJI | 2009年2月 6日 (金) 19時40分

YUJIさんは、あの時代の,城,城の城文化の中心地に、お住まいで。あの時代に、へき地の熊本城の存在の意味を考えます。

投稿: honest | 2009年2月 6日 (金) 21時54分

honestさん、私は昨年熊本城を訪れて、その壮大さに度肝を抜かれました。また、本丸御殿が昔の建築方法を忠実に再現して再建されていたことにも感動したのです。文化が成熟している気質を感じました。清正公、偉大なヒーローであること、しっかりと体感しました。

名古屋城も本丸御殿を再建する予定ですが、歴史的な文化財復興事業の意義の大きさへの関心が小さく、「この不況時に貴重な税金を無駄なものに使うな!」という考えの方が多くおられて寂しい思いです。食うや食わずの方がおられるのも事実ですが、食って寝るだけが人生ではないはずです。実は、名古屋城本丸御殿の建築費用の多くは寄付金なのです。

デアゴスティーニさん、熊本城待っています。

投稿: YUJI | 2009年2月 6日 (金) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/43965883

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリファンごめんなさい。金鯱エンブレムで悪ノリです。:

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第22号 | トップページ | ドコデモシアターP706iμは交換処理に »