« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第23号 | トップページ | TOMYTEC情景コレクション お墓A »

2009年2月12日 (木)

オビラジRの影像が送られてきました!

昨日、オビラジRの番組製作会社のご担当の方から、番組収録DVD-Rが届きました。
先日の記事にて、番組制作スタッフの方にテレビ業界人としての誇りと自信を疑うような発言をしてしまったことを、深くお詫び申し上げます。

2月9日にて、1月20日のTBS オビラジR「デアゴスティーニ特集」でほんの少し私が取材された光景についてご報告させていただきました。

2月9日の記事です。
1月20日のTBS オビラジR「デアゴスティーニ特集」出演場面の顛末
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2009/02/120tbs-r-be10.html

Dvd01

私の住んでいる地域では放送を見られないために、取材の際に放送後に番組影像を送って頂くことを約束しているのに、無しのつぶてだということを愚痴のように書いていました。
ブログに書いてしまったことが催促になってしまったのか、取材にお越しになった番組制作会社のavex&EASTの担当者の方から昨夜、番組を収録したDVD-Rが届きました。

「大変遅くなりました」というご丁寧な手紙も添えられています。随分と失礼なことを書いてしまったことを反省します。タイミング的に、きっとブログご覧になってすぐに発送準備なさったのでしょう。
遅くなりながらも送っていただけたこともそうですが、わざわざ取材行った人のブログをチェックしていただいていたことを嬉しく思います。今後、役に立つことがあれば情報提供したいと思います。ありがとうございました。

Dvd02_2

影像のファイル作成日時を拝見すると、ブログ見て急に作成したものでなく随分前からDVDに落として発送準備をなさっておられたことがわかります。

想像ですが、ご本人が岡崎に取材に来られたのに、番組内では構成上?名古屋と言うことに改変してしまったので、直後には送り辛かったのではないかと思います。

Dvd03_2

影像はアナログ放送を録画したものでした。
家族や周りの方など、放送を見たがっている方にディスクを貸すにはぴったりのフォーマットです。最近、テレビを見ていると目障りに見えてきている右上の「アナログ」の文字がその証明です。

放送直後にカズキさんにお送りいただいた録画はデジタルのDVD版とフルハイビジョン版のBlu-rayでした。お陰様で、期せずして様々なフォーマットの影像が揃ったので、同じ番組の録画にて、解像度や影像の美しさを見比べる機会に恵まれました。
もっとも、自分が映っている場面は恥ずかしいので見ませんが・・・。一度みれば十分です。

Dvd05

これはデジタル録画の方です。PCのキャプチャではほとんど違いがわかりません。
画面が動いていると、明らかににじみやボケが少ないことが確認できます。

Dvd04_3

同じ30分番組で、アナログ録画とデジタル録画の容量差は約3.3倍です。(アナログ561MB、デジタル1.85GB)Blu-rayは自宅にドライブが無いので比較できませんが、さらにサイズは大きいことでしょう。だんだんDVDでもテレビ番組録画には力不足になってきていることを実感します。

|

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第23号 | トップページ | TOMYTEC情景コレクション お墓A »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 よかったですね・TV界のOBとしても、ちょっと心配していましたが、OKとして下さい

投稿: honest | 2009年2月12日 (木) 21時04分

honestさん、こんばんは。
きっと気にして下さっていたのだと思います。先日は失礼なことを書いてしまって反省しています。
honestさんの後輩の方々は、きっと誇りと自信に満ちて仕事をされておられると思います。もうすっかりOKです。今後も役に立てれば協力したいものです。

投稿: YUJI | 2009年2月12日 (木) 21時47分

最近色々な制限があって、オンエア素材の持ち出しにはうるさいテレビ局が多いと聞きますので勘弁してあげてくださいね。

投稿: 三日月 | 2009年2月13日 (金) 11時48分

三日月さん、こんにちは。

>最近色々な制限があって、オンエア素材の持ち出しにはうるさい
>テレビ局が多いと聞きますので勘弁してあげてくださいね。

ご担当者の誠実なお気持ちはしっかりと受け取りました。
取材先には希望があれば都度影像を送っているとのことです。
今回は送り辛かった事情は別のところで、とても誠実故に、内容改変を気にされていたのかと・・・。
私としては、仕事の役に立てればあのくらいのこと、全くOKです。

投稿: YUJI | 2009年2月13日 (金) 13時16分

今、帰ってきました。
お送りした事をフォローしていただいてありがとうございます。
向こうでの様子をネットにアップしてからコメントしようと思いましたがとにかく疲れたので寝ます。

酒と酒の日々でした。唯一私がイギリスでの運転経験者という事で国際免許を持たされたのですが一度もハンドルを握らせてもらえませんでした。

投稿: カズキ | 2009年2月16日 (月) 20時54分

カズキさん、お帰りなさいませ。
イギリスに行かれている間はずっと暖かかったのですが、急に冬が戻ったような天気と共にお帰りですね。とにかくお元気そうで何よりです。

運転せずに乗せてもらってお酒飲むのは何より楽しいですね。きっと楽しい道中を過ごされていたことと存じます。紀行記、楽しみにしております。

投稿: YUJI | 2009年2月16日 (月) 21時09分

時差ボケで起きてしまったのでこの時間にコメントを書いています。
> イギリスに行かれている間はずっと暖かかったのですが、
イギリスは前の週は18年ぶりの大雪で大変だったそうですが、私たちは一度も雨にも降られずそれほど寒くはありませんでした。

> お酒飲むのは何より楽しいですね。
お酒もそうですが、£を使って£をゲットしてきました。体重計に乗るのが怖いです。

> 紀行記、楽しみにしております。
まとめるのはまだ先になりそうなので一部紹介します。
私と同行した一人は大体年も同じでビートルズ世代です。
リバプールに行ったのもそのためです。

今回の一番の目的はロンドンのアビィロードで世界一有名になった横断歩道でレコードのジャケットと同じ写真を撮ってくる事でした。

ジャケットと同じアングルで撮るにはカメラマンが車道の真ん中で撮影する必要があり、決死の覚悟の撮影です(実際死亡事故も起こっているそうです)
比較的車のすいている日曜日の朝を狙って行ったのですが時々車が往来します。

通行人にシャッターを頼んでスリーショトもあるのですがさすがに車道の真ん中から撮ってくれとは言えず、URLの写真はお互いに撮ったものを合成しています。

地元の人にとっては滑稽で迷惑な日本人達です。
我々が撮影しているとアメリカから来た2人連れの女の子がやって来たので車道の真ん中に行ってシャッターを押してやりました。画像をチェックして「パーフェクト」と言ってたのですが、まぁオジサンもそこで車にはねられたらとんだ笑いものですが。

また続きはボランティア団体のホームページで。

投稿: カズキ | 2009年2月17日 (火) 03時44分

カズキさん、おはようございます。

時差ボケでの未明の書き込み、ありがとうございます。

>お酒もそうですが、£を使って£をゲットしてきました。体重計に乗るのが怖いです。

いつもどおり絶好調で、安心です(笑)

リバプールのアビィロードの写真、ベストショットじゃないですか!私はリバプール行ったこと無いのですが、非常に有名なスポットなので、そんなに危険な撮影場所とは知りませんでした。合成も違和感全くありませんね。早速一仕事なさったエネルギーに感服です。

何十年経っても、全く変わらない風景を保っているというのは、さすがイギリスだなぁと感心します。世界的に有名なスポットなのに、普通の状態で保持しているのも、文化の余裕を感じます。日本ならば、周りに土産物屋が大量に出来たり、写真屋さんが跋扈したりしそうです。

写真を拝見していて、私も旅行に出たい気持ちがウズウズしてきました。

投稿: YUJI | 2009年2月17日 (火) 07時41分

私も下調べをするまではアビィロードはリバプールだと思っていました。ちなみにリバプールではペニーレーンという通りに行きました。

> 日本ならば、周りに土産物屋が大量に出来たり、写真屋さんが跋扈したりしそうです。
そうなんです。何の目印もないので通行人にここがそうかと確認したほどでした(脇に落書きがしてあるくらいです)。ここで撮影の商売をしたら儲かると思いました。

> 世界的に有名なスポットなのに、普通の状態で保持しているのも、文化の余裕を感じます。
コッツウォルズのバイブリーという所に行ったんですが、その家で人が普通に生活しているというから驚きです。日本だったらお金をとって家の中を見せて収入を得ようとする家が出てくると思います。

投稿: カズキ | 2009年2月17日 (火) 10時44分

アビィロード、リバプールじゃなかったのですか!知りませんでした。思い込みと言うものです。

私の地元の岡崎でも、NHKのドラマでちょっと使われた場面さえ観光名所にしてしまっています。商魂逞しいことですが、ありのまま置いておくことの大切さは英国に学ぶべきと思います。

コッツウォルズ、私は行っていないのです。いつか行きたいと思ってはいますが・・・。
フランスのパリもそうですが、外観を変えたりしてはいけない法律があるのですよね。多分、きちんと文化財保護の補償はもらっているのでしょうけれど、不便さよりも昔のままの大切さを優先する精神性があるのでしょうか。

投稿: YUJI | 2009年2月17日 (火) 12時24分

> 酒と酒の日々でした。
折りしも中川さんのG7での飲酒、結構問題になっているみたいですね。
私も今回、時差ボケがひどくて毎晩夜中にスコッチの小瓶を一本空けていましたのでよく分かります。
私はそれだけでも閣僚になれませんねぇ。

投稿: カズキ | 2009年2月17日 (火) 13時22分

中川さん、辞職されましたね。
いくらお酒好きでも、あんな醜態はありえないですし、何か盛られたのかと勘繰ってしまいます。結構、海外の閣僚にも堂々と意見する大臣だったのに、とんだ失敗で失脚してしまいました。

毎晩スコッチ小瓶とは、ご同行の方も、カズキさんにハンドルを持たせなかった原因はそれだったのですか・・・。

投稿: YUJI | 2009年2月17日 (火) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/44035828

この記事へのトラックバック一覧です: オビラジRの影像が送られてきました!:

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第23号 | トップページ | TOMYTEC情景コレクション お墓A »