« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第85号 | トップページ | 連休の谷間のしらさぎ号で金沢へ »

2009年4月29日 (水)

「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第34号

3401

デアゴスティーニ刊、パーツ付きマガジン「フェラーリ・グランツーリズモ」(エンツォ・フェラーリをつくる)の第34号です。

連休の合間の号となりました。次号の35号はC62と同じく今週金曜日の5月1日発刊となっています。5連休の前に次のパーツを手に出来るというのはありがたいと思います。但し、相変わらず大した作業は無さそうです。

3402

今週の冊子の特集は、1982年式の208GTB ターボです。
2000cc以上の排気量のエンジンを持つ車の税金が格段に高くなるという、かつての日本と同様のイタリアの市場に合わせて作られた、308系のボディに1991ccの小排気量エンジンを乗せてターボチャージャーで過給したモデルです。日本にはほとんど入ってきていないので、見たことがありません。日本でも、贅沢品である高級外車には、割高な自動車税に加え、物品税や関税もかかっていた時代が長かったのですが、税金など気にしない人が買うのだ!という常識が働いていたこともあると思います。よりエンジンが大きくて豪華な308や328はたくさん売れていました。

3403

基本は308系と同じボディながら、リヤタイヤの前に512BBとそっくりのNACAダクトが付けられていて、より精悍でシャープなスタイリングとなっています。
1991ccながらV8エンジンなので、1気筒あたりの排気量は249cc足らず。NAよりも圧縮比を下げてあるのでトルクは非常に細く、当時のKKKの空燃比テキトーなターボがかかるまではスカスカ、踏み込むといきなりドカーンと滑って大加速するエンジンであったことが予測されます。

3404

今週の部品は、インパネです。
先週のダッシュボードパネルに引き続き、コクピット部分のパーツです。今回は配線部分の繊細なパーツがあるために、きちんと透明樹脂で保護されたパッケージです。

3405

部品の一覧です。
インパネ、ビス2本(Sタイプ)2.0×6mm、ビス10本(DDタイプ)2.3×5mm  です。
メーターパネル内にLED?を内蔵して発光させるギミックが組み込まれています。全パーツが指で摘めるくらいのチマチマ具合ですが、電気仕掛けであるだけでも先週のダッシュボードよりはマシです。

3406

プラモデルではインパネのメーターはデカールを貼るところですが、この模型ではメーター部分は最初から作りこんであります。しかも、電気仕掛けの部分はビス止めではなく密閉してあるので、内部の照明がどんなものであるのかはわかりません。下手に通電して壊してもいけないので、きちんと回路を組んでからのお楽しみとしておきます。メーター自体はなかなか良い感じです。

3407

今日は、少しだけ作業があります。
先週のダッシュボードをひっくり返して、インパネ取り付け部の突起に配線の輪を通して差し込みます。

3408

インパネをダッシュボードの所定の位置に差し込みます。

3409

再びひっくり返して、1箇所のみSタイプのビスを締めて完成です。
ゆっくりやっても3分の作業です。

3410

インパネ下部には、これからハンドルなどが取り付けられていきます。

3411_2

インパネ照明のコードは、コネクタまでが短いので、ごく近くに回路からの配線が伸びてくることになるのでしょう。

3412

次回の35号の部品は、ステアリングです。ステアリングコラムやステアリングホルダーなどの一連のパーツとなります。
ステアリングホイールは前輪と連動して回ると思われるので、回転機構を内蔵し、クラクションを鳴らすためのボタンも設置されていると思います。組立作業は不明です。5月1日の発売なので、すぐ次がやってくることになります。何とか金沢への出張帰りに受け取りたいものです。

前回はこちら
「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第33号

次回はこちら
もうすぐ100万アクセス! 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第35号

|

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第85号 | トップページ | 連休の谷間のしらさぎ号で金沢へ »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊フェラーリ・グランツーリズモ」カテゴリの記事

コメント

YUJIさま、こんばんは。

金沢には昔住んでいた事がありますが、あそこは美味しい物が多いですよね。

私は甘いものが好きで、
俵屋のじろ飴と中田のきんつばがお気に入りです。ベタですが(^_^;)
圓八のあんころも大好きですが、駅や空港だと夕方頃はいつも品切れで…

出張お気をつけて。

投稿: 出アゴ円蔵 | 2009年4月29日 (水) 21時52分

出アゴ円蔵さん、こんばんは。

金沢は食べ物も美味しく、情緒豊かな町なので好きです。不定期にて出張しておりますが、プライベートで滞在したことが無く、ろくに観光していません。時間があれば、兼六園に行く程度です。
出張はいつもとんぼ返りなので、金沢駅でお土産を買うことがせいぜいです。俵屋のじろ飴と中田のきんつば、探してみようと思います。実は、いつも探すのが夕方なので売り切れで諦めています。私は酒飲みですが、他の家族は甘いものに目がありません。

ただ、ゴールデンウィークの最中なのに結構簡単に特急の指定券が確保でき、定宿の都ホテルも空いているようで拍子抜けです。しかも、シーズンオフ並みの割引料金で宿泊予約できました。
観光産業にも景気の影響が出ているのかと心配です。

投稿: YUJI | 2009年4月29日 (水) 22時21分

 西茶屋街にある、甘納豆はなかなかですよ。

投稿: honest | 2009年4月29日 (水) 22時29分

honestさま、こんにちは。

甘納豆も良いですね~
でも広小路方面だと駅から遠いので出張帰りは難しいかも…駅の商店街には甘納豆も置いてあった気がします。

生姜がお好きなら、小出の芝舟もかなりお勧めです(^^)

投稿: | 2009年4月30日 (木) 00時37分

honestさん、デアゴ円蔵さん、金沢のお土産のお話、楽しませていただいています。
文化を持つ都市には多くの名物がありますね。金沢はいつかゆっくりプライベートで訪れたいとつくづく思います。

投稿: YUJI | 2009年4月30日 (木) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/44825633

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第34号:

« 「週刊蒸気機関車C62を作る」第85号 | トップページ | 連休の谷間のしらさぎ号で金沢へ »