« 「昭和の鉄道模型をつくる」ライト点灯の二輪車を設置 | トップページ | キヤノンのペーパーD51、動輪の固定とモーションプレートの取り付け »

2009年4月24日 (金)

キヤノンのペーパーD51、ボイラーと台枠の合体!

キヤノン「CREATIVE PARK」のペーパークラフト「蒸気機関車 D51 498」の製作です。

全パーツ数721個というのは、最初に考えていた以上に作りでがあるものです。結構時間を割いて作業しているのに、なかなか完成に近づきません。製作を始めてから、もう少しで1ヶ月が経とうとしています。気軽に始めた紙工作なのに、結構重い作業となってしまいました。その分、長い間楽しめるともいえます。とはいえ、もう半分以上は進んだのではないかと思います。

今回は、バラバラに製作してきたボイラー部分と台枠部分を合体させる作業となります。本来は、台枠に動輪などを組み込んでから合体させるべきだろうとは思いますが、エンジンシリンダがボイラー側にあるというこのペーパークラフトの構造上、先に合体させてから足回りの製作を実施するということになります。

D510901

まず、前回取り付けた従台車と、主台枠をイコライザーで連結します。実車の仕組みを結構再現していますが、ほとんど車輪やロッドで隠れる部分だけに、手抜きをしたくなりますが、後でディティールアップは不可能なだけに、まじめに作業しておくことにします。

D510902

第4動輪の部分から伸びているばね吊りに、従台車をイコライザーで接続します。もちろん稼動するわけでは無いのですが、実機と同様にこれで第1動輪から従台車までリンク接続したことになります。今後の作業にて、ほとんど隠れる部分です。

D510903

続いて先台車を取り付けます。
先台車も、回転軸は後部に位置しており、実機と同様です。先台車を取り付けたら、ボイラー部分と台枠部分を組み合わせて接着です。エンジンシリンダ部分がキツキツなので、何度も仮組みを繰り返して接着部分を確認し、破損しないように慎重に作業します。二つのエアータンクをランニング・ボード裏側に取り付けてから、いよいよ合体作業です。
フロントエンドビーム、エンジンシリンダ裏側、管受け、従台車前後のスペーサー部分に木工用ボンドを塗布し、一気に貼り付けます。

D510904

しばらく押さえて固定し、乾燥を待ちます。ここが曲がってしまったら今後悲しいことになりそうなので、今夜は飲みながらの作業は控えて、ちょっと真剣モードです。

D510905

台枠、ボイラー部分の合体作業は終了です。ちょっと見では歪んでいるようには見えません。

D510906

動輪を仮組みしてみましたが、車輪の浮きやがたつきはなさそうなので安心します。このペーパークラフトの基本設計はかなり精密と思われます。

今日の作業はここまでです。次回は動輪を台枠に固定していく作業となります。細かいブレーキパーツの切抜き作業があるので、カッターナイフを強く握りすぎて、右手の人差し指を傷めないように気をつけたいものです。

|

« 「昭和の鉄道模型をつくる」ライト点灯の二輪車を設置 | トップページ | キヤノンのペーパーD51、動輪の固定とモーションプレートの取り付け »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

私もキャノンのユーザサイトからデータをダウンロードしてEOS-5Dのペーパークラフトを作ってみました。
150パーツくらいなので簡単にできると思ったのですが、大きな間違いで曲面が多くパーツが細かいので結構難易度が高いものでした。
最初ちょっと作ってこれは無理だと思いましたが、データを全てプリントアウトした後だったのでこのまま捨てるのももったいないので仕事の合間に少しづつ作っていました。
これからは全てプリントアウトせずに組み立てる分だけにしようと思いました。

嫌々作っていたのでだんだん雑になってきてパーツは全てハサミでカット、折り線も付けずにいい加減に作ったので小学生の工作のようになってしまいました。
URLの写真はレタッチをして誤魔化しています。愛用の30Dとツーショットです。本物のレンズも装着できます。

今回ちょっと作ってみて分かったのですが、綺麗に作るには丁寧な作業が必要だと思いました。
パーツの切断は勿論、接着にも十分気をつけないと接着剤が表面に付いてしまい汚くなってしまいます。

YUJIさんの作品を見て非常に丁寧に作られている事がよく分かります。私のようないい加減な性格の人はペーパークラフトには不向きですね。

投稿: カズキ | 2009年4月25日 (土) 08時41分

カズキさん、こんにちは。

リアルなEOSとペーパークラフトのツーショット、楽しいですね!
カメラは曲線部分が多く、パーツの貼りあわせが難しそうに見えます。是非、レンズも作ってあげて欲しいものです。

ペーパークラフトは切り抜き(折れ線付け含む)作業が全体の8割の時間を要するような気がします。本気でたくさん作るなら、切り抜き作業を自動化したくなります。
私のD51も、実物は相当に雑です・・・。
今日は雨降りなので、ちょっと作業を進ませておきたいのですが、なにかと忙しくて少ししか進みません。動輪周りのブレーキパーツが非常に細かく、切抜きだけで数時間を要しそうです。でもエコ工作のために、ちくちく手で切り抜き作業を行います。

でも、ペーパークラフトを作るにしても、鉄道車両はしばらく結構という気になってきました。

投稿: YUJI | 2009年4月25日 (土) 11時00分

> 是非、レンズも作ってあげて欲しいものです。
実はデータをDLして作り始めています。
しばらく間を置こうと思っていましたが・・・
何かペーパークラフトもマラソンのようなもんで終わるとしんどいんで二度とやるもんかと思いますが、すぐに忘れて次に手が出てしまいます。

今度こそはと最初は丁寧に作っていたのですが、やっぱりだめですね。
レンズは小さなパーツもあまりなく曲面とはいえ単純(筒)なんで簡単に作れそうです

> 今日は雨降りなので、
こっちも雨ですがそっちは凄そうですね実家の近く(津)の映像が出ていました。

投稿: カズキ | 2009年4月25日 (土) 12時15分

雨、非常に強く降っています。
今日はおとなしく工作・・・とは言いながらも、D51の細かいブレーキパーツの切抜きで心が折れそうです。少し切っては他事して遊び、を繰り返しています。
我々は、少しずつ部品がやってくるデアゴスティーニ方式のほうが良さそうですね。

ボディだけでなく、レンズも取り付けられるということで、何よりです。一眼レフのミラーが丸見えのボディはちょっとかわいそうですよね。

投稿: YUJI | 2009年4月25日 (土) 15時38分

おはようございます。
今朝はいい天気なんですが、寒い朝です。
ペーパークラフトD51進捗状況よく出来てますね、細かい製作に関心をしながら見させてもらってます。カズキさんもキャノンEOS50D取り組んでいるんですね見たいです。
こちらもEF55始めたんですが、本体ボディまでは簡単でしたがそこから止まっています。季節がら予定変更で兜飾りを作りました。これは比較的部品点数とあまり細かい部品がなく、直線的なカットが多いんで比較的入門用としては適しているかと思います。結構雑になりましたが。かみさんが5月5日まで出来るの!なんてプレッシャーを掛けるんで突貫工事で完成しました。
ともかくペーパークラフトの製作は時間が掛かりますがゆっくりゆっくり末永くですね、昨日C62の84号~85号が届来ました。
テンダー上板と飾り台フレームです。今の時点で飾り台フレームが届くなんて変ですね?ラストスパートなんですが残り15巻で完成するんですかね皆さんも心配してる模様です。

投稿: 湘南 | 2009年4月29日 (水) 07時47分

湘南急行鉄道物語さん、こんにちは。

兜飾り拝見しました。いつもながらの丁寧な工作をなさっていて素晴らしいですね!光沢紙の選択がバッチリなのは流石です。あっというまに作り上げてしまう作業の早さにもびっくりしています。

私のD51、ご覧の通りちっとも進みません。
毎日作業できませんし、作るときも1時間程度しかやっていないのでこんな感じです。

C62、飾り台の作業がしばらく続きそうですね。
機関車の仕上げは残り数号でやるようですが、省略される部分が出てこないかと心配です。車体にモーターを積んで、本当を回転させられるかも不明ですよね。

投稿: YUJI | 2009年4月29日 (水) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/44655982

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンのペーパーD51、ボイラーと台枠の合体!:

» キャノン インク [みんなで幸せ♪]
o○☆ *:..【小悪魔agehaで掲載♪】。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ 【小悪魔ageha モデル みきてぃ 愛用】明日届く!カラコン クリスタルアイ ☆ 度なし フチあり ... 【キヤノン純正インク】インクタンク イエロー BCI-6Y商品価格:761円レビュー平均:4.87 【激....... [続きを読む]

受信: 2009年4月28日 (火) 19時56分

« 「昭和の鉄道模型をつくる」ライト点灯の二輪車を設置 | トップページ | キヤノンのペーパーD51、動輪の固定とモーションプレートの取り付け »