« キヤノンのペーパークラフトD51-498、ボイラーから製作開始 | トップページ | 週刊フェラーリ・グランツーリズモ フロントサスペンションのしくみ »

2009年4月 4日 (土)

キヤノンのD51、キャブとランニング・ボードの取り付け

キヤノン「CREATIVE PARK」のペーパークラフト「蒸気機関車 D51 498」の製作です。昨日から連日の作業となりました。
ペーパークラフトの製作には、非常に時間がかかります。休日を使って結構長時間作業をしていたのに、少し進行しただけです。

今日は花見にでも行こうかと出かけたら、岡崎市内は同じ事を考えている人が多いのか、主要道路は渋滞している上に、肌寒くて雨が降ってきたので早々に帰宅して工作しようというヘタレ日となりました。

D510201

昨日製作したボイラーとランニング・ボードは、キャブの組立後に行うので、まずキャブを製作します。
キャブは一応内部もパーツを貼りあわせて組み立てることになっています。実機のキャブ内壁は、この模型のように緑色をしているものが多くあります。

D510202

キャブを組み立てたら、ボイラー後端に貼り付けです。
たくさんのパーツを貼り合わせているので、紙素材なのに少々重量感があります。

D510203

キャブ前妻です。

D510204

ランニング・ボードは歪んでいると恥ずかしいものです。
慎重に位置を調整します。

D510205

前の方から順番に後ろに取り付けていきます。
水平になるように、糊しろを適時削りながら現物合わせて作業を行います。

D510206

非公式側も無事水平に取り付けえられました。
だんだん機関車の姿が見えてきました。キャブの組立て、そしてランニング・ボードと共にボイラーへの取り付け作業で5時間を要しています。私の作業が遅いこともありますが、塗装が終わってしまえばみるみる組みあがっていくプラモデルとは対照的です。
今日の作業はここまでとなりました。次はシリンダー部分の組立です。

D510207

デアゴスティーニC62をバックに、KATOのNゲージのD51-498 オリエントエクスプレス'88タイプとの比較です。
いつになったら完成するのかと不安ですが、中断しながら作業を行います。

D510109

ところで、妻が「私も何か作りたい!」とうるさいので、希望のヴァイオリンのパーツを渡していたのですが、今日、見よう見まねで作り始めてしまいました。折れ線の筋付けからはじめたようです。この後、骨組みと内部を製作していましたが、今のところ失敗していないようでやれやれです。
但し、結構手が痛くなるはずなので、ピアノの練習に影響しないかが心配です。
集中していているのか、思ったようにいかないのか、声をかけると機嫌が悪いです。放っておくしかありません。

|

« キヤノンのペーパークラフトD51-498、ボイラーから製作開始 | トップページ | 週刊フェラーリ・グランツーリズモ フロントサスペンションのしくみ »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(゚▽゚)/
私もEPSONのPM-A940と言うプリンターを購入してしまい、今日到着致しました。今日は泊まり勤務なので明日帰ってからのセットアップになると思います。

私もペーパークラフトをやりたいですが時間がとれるか微妙なのでしばらく考えて見たいと思います。

投稿: 三日月 | 2009年4月 5日 (日) 21時03分

三日月さん、こんばんは。

プリンター新調、おめでとうございます。
私はプリンターなんて年賀状以外ではそんなに使用しないのですが、このところペーパークラフトで多用しています。結構苦戦中です。D51の完成は遠そうです。

投稿: YUJI | 2009年4月 5日 (日) 21時39分

新調と言うか中古です。複合機が家庭で持てるなんて凄い時代になった物です。

投稿: 三日月 | 2009年4月 6日 (月) 01時24分

プリンターはどんどん新しくなって、インクも変更になるので最新を追いかける意味がありませんよね。私のプリンターも古物となりつつありますが、まだまだ使用します。

自宅での複合機が凄い時代を感じさせること、同感です。自宅でカラーコピーなんて夢のようです。

投稿: YUJI | 2009年4月 6日 (月) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/44564559

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンのD51、キャブとランニング・ボードの取り付け:

« キヤノンのペーパークラフトD51-498、ボイラーから製作開始 | トップページ | 週刊フェラーリ・グランツーリズモ フロントサスペンションのしくみ »