« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第34号 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」第86号 »

2009年4月30日 (木)

連休の谷間のしらさぎ号で金沢へ

ゴールデンウィークの谷間に金沢へ出張です。

09043001

名古屋から金沢へは特急しらさぎ号で約3時間。行楽シーズンですし、非常に陽気が良いので混んでいるかと思ったのですが、思いのほか空いています。ビジネス客はほとんどおらず、家族連れや中高年のグループ客ばかりで非常に賑やかです。

09043002

昼時の移動となれば、お昼ゴハンは車内でとります。
しかし、JR名古屋駅の駅弁は種類ばかり多いのにあまりおいしいものが無いので、少々足を伸ばして近鉄パッセの地下の魚屋さんでうなぎ弁当を買います。買いに行くのにJR名古屋駅から往復10分ほどかかるのですが、ここのうなぎ弁当は絶品です。

09043003

冷めてもおいしいうなぎ弁当、ここ以外に知りません。上うなぎご飯でも950円。リーズナブルです。JR名古屋駅近辺にはお弁当を買える店が無数にありますが、わざわざ足を延ばして買いに行く価値があります。

09043004

ご飯を食べて本を読んで、昼寝しても3時間は経ちません。
しかし、ぼんやりしていても電車は進みます。穏やかな日差しを眺めている内に金沢到着です。

09043005

ホームの反対側にはローカル電車が停まっています。汽車旅の雰囲気バッチリです。
でもこれから仕事です・・・。

09043006

金沢での定宿は、老舗の金沢都ホテルです。
観光シーズンなのにあっさりネット対応の禁煙ルームが取れてしまったので拍子抜けです。しかもシーズンオフ並みの価格。ビュフェでの朝食付きで7350円。

09043007

部屋に帰ると、ルームサービスで夜食のホカホカの焼きおにぎりセットが届けられます。これも宿泊代に入っています。ありがたい。

明日は名古屋へは夜の帰着になりそうです。5連休前日なので、さすがに混んでいることでしょう。
デアゴスティーニのC62とフェラーリの発売日でもあるので、なんとか購入して帰りたいものです。

|

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第34号 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」第86号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん、はじめまして。
我が県にようこそ。
都ホテルのほうが良かったのでしょうか。
駅から少し離れると、もう少しお安いホテルがあります。
金沢は遅配地区と言うことで、
本は発売日より1日遅れで、残念です。

投稿: FUMI | 2009年4月30日 (木) 20時55分

FUMIさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
金沢にお邪魔しています。じっとりと汗ばむ名古屋と異なり、陽気が良いもののとてもさわやかで快適です。

都ホテルがとても好きというわけでは無いのですが、朝から列車で移動するので駅前が便利ですし、何となく慣れているのでいつもここになります。部屋はビジネスホテル並ですが、一応シティホテルのサービスがあるのにリーズナブルで寛げます。朝食のビュフェも観光客が多くて何となく華やかです。
今日仕事場で出会った同じ会社の人は、シンプルな東横インなどが好きなようで、好みが分かれます。

もはや明日、次号の発売日ですが、直販ですと再来週の配達になってしまいそうですね。大したパーツでないのが救いですね。

今後も宜しくお願い申し上げます、

投稿: YUJI | 2009年4月30日 (木) 21時31分

もうお出かけになったでしょうか。お気を付けて。

慣れているホテルが良い。ありますね。
私も大阪に行くと、慣れているところに泊まります。

こちらこそよろしくお願いします。

投稿: FUMI | 2009年5月 1日 (金) 07時45分

FIMIさん、こんばんは。

とんぼ返りで帰ってきてしまいました。
今度は観光旅行でゆっくり訪れたいと思います。

都ホテル、ビジネスと見られたお客には朝の新聞は日経を届けてくれます。(観光客にはだいたい北国新聞が入っている)自分で買えばよい事ながら、些細なサービスがちょっと嬉しいものです。

投稿: YUJI | 2009年5月 1日 (金) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/44846590

この記事へのトラックバック一覧です: 連休の谷間のしらさぎ号で金沢へ:

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第34号 | トップページ | 「週刊蒸気機関車C62を作る」第86号 »