« キヤノンのD51、キャブとランニング・ボードの取り付け | トップページ | キヤノンのペーパーD51、エンジンシリンダ部分の組立て »

2009年4月 5日 (日)

週刊フェラーリ・グランツーリズモ フロントサスペンションのしくみ

デアゴスティーニ刊、パーツ付きマガジン「フェラーリ・グランツーリズモ」(エンツォ・フェラーリをつくる)の製作についての話です。

全65号のこのシリーズは、先週発売分にて30号となり、もうすぐ折り返し点となります。デアゴスティーニかたの直販購入されている方に中には既に31号も手にされているでしょうが、私は書店での注文なので、火曜日にならないと買えません。

300201

30号の到着時には急いで作業してしまったので、フロントサスペンションの検証は行っていません。
この模型では、フロントサスペンションのロアーアームはコクピットのフロアパネルに取り付けられているので、サスペンションの完成はコクピットが出来上がってからとなります。今は仮組みして様子を見る事になります。ショックアブソーバーにはコイルバネが組み込まれてショックを吸収する仕組みになっています。

300202

しかし、ロアーアームの車体取り付けのヒンジが水平に取り付けられていて、ロアーアーム自体が上下動しない構造です。
指でアームの動きを確認すると、ヒンジ部分とフロアパネルのたわみで少しだけコイルスプリングが収縮することがわかります。
実車も同様の構造だそうで、さぞかしガッチガチの乗り心地でしょう。

300203

30号にはリヤサスペンションの水平ショックアブソーバーも付属していましたが、取り付けは40号以降のことなので、長期間保管しておくことになります。
しかし、取り付け位置は判明しています。メインフレームの後部にちょうど収まるべく突起があります。しかし、フロントと同様にケーブルに繋がって付属しているエアータンクの差込部がスカスカで固定できません。フロントと含め、この部分は最終的に接着処理が必要と思われます。

300204

ドアについては不具合が生じている方が多いとのことですが、幸い私のパーツは左右とも問題無いようです。もっとも、最終的に取り付け作業を行ってみなければわかりませんが、仮組み状態では開閉作業にも問題がありません。

300205

メインフレームは、28号に付属してきた梱包剤を利用して保管しています。
フロントサスペンション部分のみ切り抜けば、無理なく収められます。作業時以外はしまっておかないと邪魔になってきました。

C62も大きくなってきましたし、だんだん作業中の模型の置き場所に苦労するようになります。
この上、デアゴスティーニはゼロ戦も全国発売との事。せめてC62が終わってからにして欲しいものです。

前回はこちら
「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第30号

次回はこちら
「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第31号

|

« キヤノンのD51、キャブとランニング・ボードの取り付け | トップページ | キヤノンのペーパーD51、エンジンシリンダ部分の組立て »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊フェラーリ・グランツーリズモ」カテゴリの記事

コメント

 100年に1度の経済不況のための給付金、使い道決めましたか。われわれは、それ以上の額を、毎月、景気刺激のために、デアゴ1社に消費していますね。それにゼロ戦、YUJIさんの場合はピーターがいますし、文明発祥以来の不況に備えられそうですね。

投稿: honest | 2009年4月 6日 (月) 14時51分

こんにちは。
最近よく話題にあがるドアとメインフレームのチリの不具合、自分も不安になり取り付けてみたところ…予感的中。左右のチリが全く合いません。

早速電話しオペレーターと相談し、ドア側のジョイントを含めたパーツ一式を送ってもらうことに。
メインフレームよりもドア側のジョイントに問題が多いそうで、自分で削ってチリを合わせる方も多いそうです。
自分にはそのような技術も勇気もないのでパーツを送ってもらうことにしました。
やっぱりこの手の不具合は多いようで、オペレーターの方も親切な対応でした。
YUJIさんは全く不具合がなかったとのことでしたがとてもラッキーでしたね!
またしばらくエンツォ作成はお預けです。
トホホ…

投稿: mana | 2009年4月 6日 (月) 17時29分

>honestさん、こんばんは。

定額給付金は、私の住む自治体はまだ先の支給のために、使い道は何にも考えていません。ただ、一人1万2千円、家族二人で2万4千円なので微妙な金額です。ちょっとドライブに出て、良いもの食べてパーッと使ってしまって終わりかもしれません。何も問題が起こらなければ9月に海外旅行に出る予定なので、その足しにするかもしれません。

ピーターも購読していること、良く覚えていて下さいました。カード引き落としなので意識していませんでしたが、これも今年8月ごろ終了予定です。
その頃にゼロ戦発刊してくれれば無理なく始められるのに、と思っています。


>manaさん、こんばんは。

ドアの不具合、予想以上に多いのですね。ドアのヒンジや上部のビス部分だけでなく、メインフレーム自体にも問題があるものも存在するようなので、組み立ててからドアの部分で困ることも生じそうです。ドアのジョイント部分は、私のものはちょっと押し込めば入りましたが、斜めにしか入らないものは問題があるのかもしれません。

不具合の生じたドアは回収されるのでしょうか。もしお手元に残るのなら、塗装の研ぎ出しの実験に使用できそうですね。

イタリアでの販売でも結構不具合あったようなので、解決しておいて欲しいものです。あちらの方は先に仮組みするということをせずに、イザ、ドアの組み込みの際に不具合発覚して大騒ぎしたそうですね。国民性の違いでしょうか。

投稿: YUJI | 2009年4月 6日 (月) 21時21分

私も、左右のドアまったく合いませんでしたが、今日のコメントをみて、再注文を覚悟して、やさしく、暴力的に、ドアに力を加えつづけたら、ピッタリになりました。ドアのジョイントの問題ですね。

投稿: honest | 2009年4月 7日 (火) 03時10分

ドアの全開状態でのクリックも必要ですね。

投稿: honest | 2009年4月 7日 (火) 03時29分

honestさん、おはようございます。

ドアのジョイント部分の角度がおかしいものがあるようですね。私はたまたまジョイント部をはめ込むと自然な位置に上部のボルトが位置しましたが、明らかにずれているものもあって、その場合、修正不可能のようです。honestさんのパーツははまったわけなのでよかったですね。
結構良くできているキットだと思ったのに、品質バラバラで少々警戒を強めています。

ドアの取り付けはまだまだ先のことですが、試しておくことが必要だと思った次第です。

投稿: YUJI | 2009年4月 7日 (火) 07時18分

 YUJIさんおはようございます。Honestさんはじめまして。

メインフレームに取り付けられているギア等は精度が良いように見えるのですが、実際にメインフレーム側に問題がある方もいるとなるとやはり注意が必要ですね。
私の物はジョイント部をはめ込んでもドアの上部のボルトがズレているので修正不可能なんですね。

オペレーターの対応で、「すでに組み立てた左右のドアを送ってくれれば、こちらでフレームとドアがピッタリと合うよう部品を交換して送ります」といってくれました。
「とても親切な対応だ!」と思ったと同時にそれだけ不具合の報告が多いということに気づきました。
私はドアの表面や内張りに傷でも付けられると嫌だと思いパーツを送ってもらうことにしましたが、最悪の場合はそのような手段も必要になるかもしれません。

honestさんも合わなかったとのことですが、ドアに力を入れて大丈夫でしたでしょうか^^;
私も強引にやってみようと思いましたが、あまりにもズレがひどいので絶対にドアが破損すると思い断念しました。

私はデアゴからの直接発送なので今日30号と31号が届く予定ですが、パーツの確認と保管になってしまいます。

投稿: mana | 2009年4月 7日 (火) 09時02分

みなさんのコメントが気になり、私もやってみました。
右は何とか納まりましたが、左が5mmほどずれています。
ドアを分解(最初はビス隠しをしていたのですが幸い前回のガラス開閉メカニズムの改良でビス隠しを外してありました)してヒンジの固定部を調整しましたがやはり少しずれています。
honestさんのようにドアのアールを力ずくで変形して(女性ならDVで訴えられる)何とか納まるようになりました。
注)ドアの側面と屋根は溶接してあるみたいであまり力を入れるとここが破損しそうなのであくまでも自己責任で(壊れても私は責任は取れませんので悪しからず)

実車のようにスムーズな開閉とはいかないようですが後は本番の微調整で何とかなるでしょう。

しかしYUJIさんの写真では完全に跳ね上っていますがドアの自重で降りて来るのですが何か細工されていますか。

投稿: カズキ | 2009年4月 7日 (火) 10時22分

honestさん、YUJIさん、定額給付金の受付が昨日から始まり今請求処理をしたところです。
私は定額給付金については反対していたのですが(たかが12,000円位でダマされないぞ、そんなお金があるならもっと有効な景気対策にまわせと)
しかし人間はゲンキンなもので5人分、6万円をチャッカリ請求しました。
本当は現金でもらいたかったのですが、口座がないとか金融機関まで遠方だとかの条件に該当しないのであきらめました。
このままだと埋蔵金になってしまうのですぐおろして平等に分配します。
私・・12,000円じゃゴルフ1回分でおしまいですね。

投稿: カズキ | 2009年4月 7日 (火) 11時01分

>manaさん、こんにちは。

デアゴスティーニさんも本国製作パーツの不具合に苦労されているようですね。手間をかけてドアの修正までされるとは・・・。
きっと問い合わせが多いのでしょう。心配なのは問い合わせずに、静かに見切りをつける方です。静かな抗議のユーザーは絶対戻って来ないので、これだけ大掛かりな不具合については何か対応の声明を出すべきと思います。

このコストでは他に無い迫力のある模型なので、何とか上手に作れるようにデアゴスティーニさんに対応をお願いしたいものです。

プラモデルでもドアのチリ合わせは大変でした。エンツォ実車も大変だろうなぁと予想します。


>カズキさん、エンツォへのDVで、無事?矯正されたようですね。5mmほどのずれは、工業製品では考えられないものですが、この模型では誤差なのかもしれません。

私の模型のドア、いっぱい跳ね上げておいて、手で支えながらカメラを構えて、シャッター切る瞬間に手をどけています。撮影後、左右ともゆったりと下降してしまいます。

定額給付金、私もばら撒き政策には異議を唱えていたくせに、ちゃっかり申請してしまうと思います。さもしいでしょうか。
急速に失業率が上がっているのにこの国はこんなことしてて良いのか、と思いますけれど、やっぱり他の方がもらっていて自分がもらえないのは寂しいものです。

9月の連休にパリに行こうと思うので、そのための費用の足しにしようと思います。でも、もっと円安が進んだら為替差損で吹っ飛びそうな額ではあります・・・。
もっと早く旅に出たいのですが、予定が立ちません。9月の連休、正規割引の航空運賃が前後の日程の2倍程度と高価なのでびっくりしました。皆様考えること同じなので仕方ありませんね。とりあえず、ゴールデンウィーク並の価格で確保しました。

投稿: YUJI | 2009年4月 7日 (火) 12時45分

 ドアでは、訴訟をやめて日本流の手仕事にしました。 袋のビスは初回から保存しているAタイプですね。 作業毎に必ず1本の予備を用意しているほか、毎回の10本の予備と一緒にセーフティーネットとしましょう。

投稿: honest | 2009年4月 8日 (水) 22時11分

honestさん、こんばんは。

>袋のビスは初回から保存しているAタイプですね。

あっ!本当ですね。気が付いていませんでしたが、10号で10本付属してきたものと同じでした。
今回のきれいにビニールに密閉された1本も、予備として取っておく事にします。終了後は雑多なビスがたくさん余りそうですね。

投稿: YUJI | 2009年4月 8日 (水) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/44572996

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊フェラーリ・グランツーリズモ フロントサスペンションのしくみ:

« キヤノンのD51、キャブとランニング・ボードの取り付け | トップページ | キヤノンのペーパーD51、エンジンシリンダ部分の組立て »