« ありがとう100万アクセス! 今日はだまし絵に振られたので空港へ | トップページ | キヤノンのペーパーD51、コンプレッサー、給水ポンプの取り付け »

2009年5月 6日 (水)

トミーテック「二輪車・自転車」、調子に乗って自転車も点灯だ!

今日は連休の最終日です。明日からいよいよ普通の生活に戻らねばなりません。
ずっとお休みでは、これまた困ったものですが、やっぱり休暇が終わる時というのは物憂いものです。
ちょっと今月からはしばらく多忙な日が続くので、工作も休みがちになりそうです。

昨日からしつこく雨が降っており、二日続けて出かける気にならず、明日からの仕事の準備などをしがてら細かい工作を行います。先日、丸栄での鉄道模型展に触発されたものあり、レイアウトの情景のチョイネタを作りました。非常に細かい作業になりましたが、ひとまず成功です。

講談社の週刊Nゲージジオラマ製作マガジン、「昭和の鉄道模型をつくる」のレイアウトの話題です。
この前から、久し振りにレイアウトへのアクセサリー設置に際して電飾作業を施しています。まだレイアウトへの設置はしていませんが、スクーター、及びカブも光ファイバーを設置してライト点灯準備を行っています。

この2両のレイアウト設置に際しては、新たに回路を組まなくてはなりません。一回路ごとに15mAのCRD(定電流ダイオード)を設置し、3個のLEDを灯すことができます。つまり、スクーターとカブの二つでは一つ分、LEDが余ります。ムダにならないよう、何とかもう一つLEDを灯したいものです。

01_2

トミーテックの情景コレクション、情景小物シリーズの「二輪車・自転車」シリーズは、既にライト取り付けを行った自動二輪車、スクーター、カブの3両のオートバイに加え、自転車も3両入っています。自転車はフレームも細くて、到底ライトも設置できそうに無いと思っていたのですが、しげしげ眺めるうちに、「何とかなるのでは」と思い始めました。かなり線の太い自転車フィギュアなので、光ファイバーも目立たなく出来るかもしれません。

自転車に付随している人形は、1体は運転中ですが、1体はスタンドを立てた自転車の荷台に荷物積み込み中、もう1体は押し歩き中です。つまり、走行中にてライトを灯せる自転車は1台だけとなります。3つも光ファイバー仕掛けるのは大変!との事情もあります。

02_3

いくら線の太い自転車とはいえ、さすがにフレームの中に光ファイバーを通すことは出来ないので、ライト部分以外は外部を引き回すことになります。
まず、ライト部分の中心に0.5mmの穴を開けます。割れないように慎重に・・・。

03_2

光ファイバーを通します。
ライト後部からは自転車の外部を引き回すので、露出する部分は黒いマジックで塗ってしまいます。人形を乗せればそんなに目立たないかと思います。

04_2

人形を乗せ、光ファイバーと車体をクリアボンドで接着して完成です。
ちなみに、光ファイバーには瞬間接着剤は要注意です。脆くなってポキリと折れます。今回はクリアボンドを使用して、ある程度フレキシブルに光ファイバーが動くようにしました。

05_2

左側面からは光ファイバーは全く目立ちません。
こちら側がレイアウトの外に向くように自転車を設置すれば良さそうです。

06_2

点灯実験です。ナカナカ良い感じ!
実用自転車のダイナモ使用のライトとしては明るすぎますが、模型なのでメリハリが付いたほうが良いでしょう。よーく見ると右側面に黒くて太い棒が見えますが、地面に設置してしまえばそんなに目立たないかと思います。

早くレイアウトに設置したいものです。新しく回路を組まなくてはなりませんし、先日のスクーターやカブとの同時の設置作業になるので、少々時間のかかる作業です。設置場所をアレコレ考えて楽しみたいと思います。

前回はこちら
トミーテックのスクーター、カブのライト点灯改造

次回はこちら
二輪車・自転車のライト点灯のためのLEDライトボックス製作

|

« ありがとう100万アクセス! 今日はだまし絵に振られたので空港へ | トップページ | キヤノンのペーパーD51、コンプレッサー、給水ポンプの取り付け »

講談社「昭和の鉄道模型をつくる」」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

連休中、TOMYの赤外線コントローラのおもちゃで遊んでいました。
赤外線コントロールカーで使おうとしていたBUFFALOの赤外線コントローラですがTOMYのROBO-Qで使える事が分かりました。
今回赤外線コントロールシステムでサポートしました。(URLに動画を貼り付けてあります)
ROBO-Qは小型ながらちゃんと二足歩行ができるロボットです。
ただ欠点は電池で充電するタイプでフルで充電しても5分ほどしか持ちません。リード線を付けて電源を供給しようかとも思いましたが、充電を繰り返しながらデバッグをしていました。
しかし3000円弱の安価ながらいろいろ出来て素晴らしいと思います。昭和の鉄道以来、トミラーになっています。

投稿: カズキ | 2009年5月 6日 (水) 20時02分

カズキさん、こんばんは。

赤外線コントロールシステムで歩き回るROBO-Q、可愛いですね。車と違って動きがのろいし、ヨチヨチ歩き回るのがよりプログラミングの面白さがあるように思います。
それにしてもロボットも安くなったものですね。
昔、AIBOを無線LANに取り込んでパフォーマンスさせていた頃はAIBO本体、PC、ソフトウェア一式で大変なコストかけていたものです。

うーん、ROBO-Q、欲しくなったかも・・・。

投稿: YUJI | 2009年5月 6日 (水) 20時51分

> うーん、ROBO-Q、欲しくなったかも・・・。
もし買われるなら方向認識がしやすいA BANDのものをお勧めします(URL参照)
PCでコントロールしないにしても自分で障害物を認識しますのでそれなりに楽しめます。
NATOCで使っているI/Oコントローラに接続しても動くはずですがサポートしていません。
もしやられるのならおっしゃってください。

投稿: カズキ | 2009年5月 7日 (木) 06時28分

ひとつ書き忘れましたが小さくても高さ35mmありますからNゲージで換算すると5m以上になり昭和の鉄道模型なら巨大ロボ出現になります。

投稿: カズキ | 2009年5月 7日 (木) 07時00分

カズキさん、おはようございます。

>もし買われるなら方向認識がしやすいA BANDのものをお勧めします

BANDによって性能が異なるとは知りませんでした。情報ありがとうございます。

どうもロボットモノには昔から目が無いのですが、SONYのエンタティメントロボット事業停止以来、結構高価なものでも子供だましのオモチャの域を出ないものが多くて困っておりました。
これだけ安くて小さいと、割り切り出来そうですね。昭和の街に巨大ロボ出現!

でも今月は連休明けから月末近くまで既に仕事が目白押しになってきました。しばらく模型屋さんに足を踏み入れることが困難です・・・。

投稿: YUJI | 2009年5月 7日 (木) 07時54分

> BANDによって性能が異なるとは知りませんでした。
直接BANDは関係ないのですがA BANDのタイプは頭の前方が青く塗装してあるのでこれでロボットの向きを検出しています。
自動車だと進行方向で向きが検出できるのですが、この場合その場で旋回するので進行方向では向きが検出できません。

> 月末近くまで既に仕事が目白押しになってきました。
仕事がいっぱいあってうらやましいです。今日、普段めったにやらない営業活動をやってきたのですが、どこも不景気で大変です。

投稿: カズキ | 2009年5月 7日 (木) 14時10分

なるほど、タイプによって形状が異なるのですか。
とりあえずはリモコンで遊んでいるだけでも楽しそうですね。

貧乏暇無しというか、たまたま4月から8月ごろまではスタッフとしてのイベント業務が重なります。
突発的に忙しくなるのではなく、あらかじめ予定がいっぱい入っているのは良い事ながら、ストレスですね。

不景気ながら、新型インフルエンザ対策の過剰な反応のために振り回されること多し、です。絶対にマスクや衛生関連品はどこでも直後に過剰在庫になりそうです。
実際にはセントレアの到着ロビーでもマスクしている人なんかほとんどいないのに、マスコミはどうなっているのでしょうか。

投稿: YUJI | 2009年5月 7日 (木) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/44799503

この記事へのトラックバック一覧です: トミーテック「二輪車・自転車」、調子に乗って自転車も点灯だ!:

« ありがとう100万アクセス! 今日はだまし絵に振られたので空港へ | トップページ | キヤノンのペーパーD51、コンプレッサー、給水ポンプの取り付け »