« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第37号 | トップページ | 宝島社トムとジェリーDVD BOX »

2009年5月22日 (金)

「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」サウンドテスト

デアゴスティーニ刊、パーツ付きマガジン「フェラーリ・グランツーリズモ」(エンツォ・フェラーリをつくる)の話題です。

01

このシリーズでは今週発売の37号にて電子制御回路ユニットが配布されました。エンツォ・フェラーリの模型の電気仕掛けの制御の全てを司る肝心要のパーツです。ダッシュボードの内側に取り付けて、外に見えないようにセットされます。

02

横幅60mmの小さな基盤ですが、11個ものコネクターが付いています。電源やスイッチ、そしてヘッドライトやテールランプ、スピーカーなどと接続して全てのギミックを接続して制御することになります。

果たして、どれがどのコネクターなのかパッと見には判別が付きかねるのですが、今回の工作で結線した4箇所以外の部分も、いつもお世話になっている出アゴ円蔵さんのブログにて、回路の詳細図を掲載しておられます。とっても参考になります。ありがとうございます。

エンツォ プチ改造日記
http://dgez2008.blog77.fc2.com/

03

回路図をプリントアウトして参照しながら各パーツと接続します。スピーカーは、以前「昭和の鉄道模型をつくる」のレイアウトを製作した際に、踏切サウンドを鳴らすためにいろいろ用意したスピーカーの内の一つを使用します。安物なので良い音は鳴りませんが、今日のところはサウンドテストなのでコレで十分です。

まず、ステアリングホイールのホーンボタンを押してホーンの音のテストです。ホーンの音の動画です。

「パッ、パー」と、FIAMMのフェラーリ用の2連ホーンの音が鳴り響きます。エンツォのホーンの音は聴いたことがありませんが、これを聴く限りは他のフェラーリと同様の音なのでしょう。ちょっとマセラティのもののようにも聞こえます。

次に、センターコンソールのスターターボタンを押したときのエンジンスタート音です。

スピーカーの音が割れてしまって何が何だかわからない状態です。
もう少し良いスピーカーを使用して実験したほうが良かったのでしょう。

最後に、アクセルペダルを押したときのエンジン音です。

エンジンを吹かして発進した時のV12サウンド(のつもり)が楽しめます。1速で発進して、クラッチが切れるまでの音です。
これでサウンドの3つのギミックテストは成功です。次に、LEDの点灯テストです。

04

いきなり不具合を発見してしまいました。
インパネには左右二つの赤色LEDが組み込まれています。ステアリングコラムのレバーを1回引くとインパネ照明が点くはずですが、左側の一つが発光しません。ステアリングコラムのきっとインパネ取り付け時に断線させてしまったのでしょう。
出アゴ円蔵さんのようにこの部分はいずれLEDを白色か電球色に交換するつもりだったので、今度分解してみたいと思います。

05

ステアリングコラムのレバーをもう一回引くと、インパネに加えてヘッドライトが点灯します。
ヘッドライトのパーツはまだ配布されていませんので、手元にあった電球色LEDを接続して実験します。

06

ブレーキペダルを押すと、ブレーキランプが点灯します。一応、赤色LEDで実験です。
これもパーツが配布されるのはずっと先のことです。

今回の実験にて、サウンドギミックの確認に加えて、インパネの不具合を発見することができました。メインフレームに組み込む前に、LEDの交換などの修正作業を行っておこうと思います。
そして、カズキさんに倣ってステアリング回転の改良も進めたいものです。

前回はこちら
「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第37号

次回はこちら
「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」ステアリング配線の修正

|

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第37号 | トップページ | 宝島社トムとジェリーDVD BOX »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊フェラーリ・グランツーリズモ」カテゴリの記事

コメント

エンジンのスタート音ですが私はそこそこのスピーカで聞いていますが雑音のようにしか聞こえません。
始めの部分は急カーブのスリップ音のようにも聞こえますし。
ちょっとデータがおかしいんじゃないかと思っています。
本物のエンッオのスタート音を聞いた訳じゃないので何ともいえませんが。
アクセルのエンジン音はいいんじゃないですか。

以前コメントでクラクション音が安っぽいと書きましたが、フェラーリはみんなこのような音なんですね。
高級車=プォ~ンというイメージだったんで。

そもそもこの車クラクションは要らないんじゃないかと思ってきました。
音を追い越してしまうようなスピードで走るのでクラクションが後から聞こえる?(ちょっとオーバーか)

インパネのLED、私も同じ所が断線してしまいました。
私は応急処置としてリード線を2,3mmむいて熱収縮チューブに差し込みました。(この時通電しながらやると分かりやすいです)
なおLEDを交換するだけならLEDはただ差し込んであるだけなのでインパネを分解する必要はないと思います。

後日ちゃんとハンダ付けして本格的に直そうとしたのですが、どうせ直すのならメータが赤なので違う色にしようとしましたが、手持のLEDが赤と緑なので緑の方(あまり実車にこだわっていない)を付けたら点灯しません。
単独では点灯するのですが、メータのLEDと並列にすると点灯しません。不思議なことに赤い方は点灯します。
スペックは両方とも全く同じです。
まさか色の相性があるとは思えませんが。
しょうがないので元のLEDをハンダ付けしておきました。
また適当なLEDを探して交換しようと思っています。

投稿: カズキ | 2009年5月23日 (土) 08時08分

カズキさん、こんにちは。

私もサウンドテストをすることができました。
フェラーリのクラクション、2連ラッパなのであんな音だったと思います。上品じゃないですよね。フェラーリ以外にもイタリアのスーパーカーの多くが使用してるので、特別高価なエンツォも同じなんだと思った次第です。
模型の世界限定にて、ヤンキーホーンがあれば鳴らしたいものです。7連ラッパでゴッドファーザーテーマ!下品極まります。

インパネのLEDは構造上、結構不良率が高そうです。この機会に私もLEDの色を交換しますが、色によって点かないことがあるのですね・・・。点灯実験しながら進めます。赤色よりも白色や青色は使用電圧が高いので、インパネ回路の電圧では不足するのでしょうか。

電気仕掛けの改造は楽しいものですね。

投稿: YUJI | 2009年5月23日 (土) 08時41分

YUJIさん、おはようございます。
私もフェラーリ定期購読していますが、全巻そろってから一気に組み上げようと未だ未開封の状態です。ステアリング部の電気系統トラブルが発生しているようですが、電気関係には全くと言っていいほど明るくなく、LEDに至っては未知の領域です。
C62の前照灯、副灯、標識灯もLEDで点灯させたいのですが残念です。電気関係に強いYUJIさんがうらやましいです。

組み立て途中でのこうしたトラブルがあったときのパーツ交換を考えると各号毎に組み立てて行った方が良いのでしょうね。

C62の話題ですが、今日の北海道新聞朝刊に「釧路石炭SL模型で人気」という記事が載りました。勿論デアゴスティー二のC62のことです。現在4000袋の注文があるそうで、「最終的には6000袋を超えるのではないかと驚いている」と載っていました。
第100号に石炭を模した樹脂製の部品が付くそうです。

一体どれ位の人がC62を作っているのでしょうね?

投稿: 梅 | 2009年5月23日 (土) 09時35分

YUJIさま、こんにちは。

確かにFIAMMのフェラーリホーンは、もう少し和音で聞こえたような気がしますね。でもENZOは半分レーシングカーですから他のフェラーリ車と違って、軽量なエスカルゴタイプを使用しているのかもしれません。
56号のこの部品がホーンらしいです。ラッパ型じゃないみたいですので、キットのような安っぽい音でも有り得ますね。
http://i5.tinypic.com/8b8hk52.jpg

スタート音は、Youtubeで検索すると聞ける動画が結構たくさんあります。最初のスキール音のようなものはスターター音みたいです。

異色LEDをインパネに付けると片方しか点灯しない現象は、私も経験しました。実はそれが原因で両方とも白LEDにしてあります。
キットは並列回路で赤LEDの方がVfが低いので、白/青/緑のLEDと並列にすると、赤LEDに電流が集中して白/青/緑側のIfを確保できない事が原因と思います。
赤LED Vf:1.9-2.3V If:30mA
白青緑LED Vf:3.0-3.3V If:20mA

直列回路に変更するか(2個LED分のVfを確保できない?点灯しても明るさに差がでるはず)、あるいは赤LED側にCRDを挿入して電流を制限すれば解決できるかと…

投稿: 出アゴ円蔵 | 2009年5月23日 (土) 11時38分

出アゴ円蔵さん、詳しい解説ありがとうございました。
どうも私はLEDというものに疎くて、何しろ模型をやっていた子供の頃は模型といえば麦球でした。

投稿: カズキ | 2009年5月23日 (土) 14時04分

普通の抵抗で大丈夫のようです。
赤と緑にそれぞれ470Ωを直列に入れるといい感じで光ってくれます。
ただし置き換えた緑のLEDは2V20mAなんで必ずしもこの抵抗でうまく行くとは限りません。
出アゴ円蔵さんアドバイスありがとうございました。
電気の実験楽しかったです。

投稿: カズキ | 2009年5月23日 (土) 16時27分

一応、ハンダ付けして組み立ててみました。
URLに写真UPしておきました。

投稿: カズキ | 2009年5月23日 (土) 21時04分

>梅さん、こんばんは。

C62と異なりフェラーリはきちんとしたパーツが多くて信頼していたのですが、電装関係でトラブルが噴出しそうで、少々信頼を失っていると思います。きっと後に組み立てられて不具合があっても、デアゴスティーニさんはきちんと対応してくれるでしょうね。それにフェラーリは最初から一気に組み立ててもすぐに追いつけそうです。C62ならば気が遠くなりますが・・・。

私、あまり電気関係に詳しくありません。光ればいいか!って感じで自己流です。今回も出アゴ円蔵さんやカズキさんにご教示いただいています。

C62の石炭、100号に付属するという石炭型の樹脂パーツを見てから考える予定です。私は無塗装組立なので、石炭は無くても良いのかもしれません。
大型模型の石炭パーツのお陰で、思わぬ特需を生み出したとは、興味深いことです。


>出アゴ円蔵さん、こんばんは。

イタリアのサイトのホーンの画像、有難うございます。随分小さなパーツですね。おなじみFIAMMの赤いラッパとは形状が異なっています。エンツォ独自でしょうか。

スタート音は、私の手持ちのスピーカーではノイズにしか聞こえませんので、後日良いスピーカーで確認したいと思います。
「クーッ」という連続音のスターター音、クリアな音で聞いてみたいものです。でも、スタートアップDVDの音も割れていました。スピーカーでなく、サウンドジェネレーターの問題なのかもしれませんね。

>カズキさん、こんばんは。

LEDのカラーのこだわりを実現されましたね!おめでとうございます。
やっぱり赤色LED2個はコクピットを妖しく浮かび上がらせると思うので、私も交換したいと思います。

投稿: YUJI | 2009年5月23日 (土) 21時12分

追伸
カズキさん、画像拝見しました。
緑と赤のコントラスト、GOODです!

投稿: YUJI | 2009年5月23日 (土) 21時13分

こんばんは^^
サウンド&REDテストすごいですね^^;
あまり電気の知識ないのでさっぱりです^^;
不具合のないことを祈りたいです^^;

投稿: ジマッチ | 2009年5月23日 (土) 21時29分

ジマッチさん、こんばんは。

このモデルはとても良く出来ているのですが、今回の電気関係は心配いっぱいです。もしパーツを組んでから音が鳴らない&光らないという時はデアゴスティーニさんにすぐにご相談されれば対応してくれるものと考えます。

私も不具合の無いことを祈っています。

投稿: YUJI | 2009年5月23日 (土) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/45095730

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」サウンドテスト:

« 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第37号 | トップページ | 宝島社トムとジェリーDVD BOX »