« 東京ディズニーリゾート乗り物みやげ | トップページ | 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第55号 »

2009年9月24日 (木)

金沢出張へも模型同行?

シルバーウィークの連休中日ではありますが、早速金沢への出張となりました。
金沢へは普段、北陸線の特急しらさぎ号で名古屋から乗り換え無しの直行が私の定番ルートですが、今日は加賀温泉駅付近での架線障害で折り返し列車が名古屋まで来られず、米原まで新幹線での移動となりました。久しぶりに自由席の乗車位置に並びます。

20090924101

昼食時の移動となったので、名古屋駅で駅弁でも買おうかと思っていたのですが、新幹線に乗ることで少々時間の余裕が出来たので、名古屋駅新幹線口のエスカ地下街の「矢場とん」にて味噌カツ弁当を買っていくことにしました。
矢場とんの本店は名古屋大須にあるのでオフィスの近所です。しかし近年はガイドブックなどに掲載されているためか、観光客で混雑しています。混雑に比例して接客態度も悪くなっているので、遠方のお客さんを連れて行く以外に利用することはありません。味もさほど美味しいものではありません。味噌カツを食べたければ、もっと美味しい店は名古屋にたくさんあります。

20090924102

でも、経験ということで購入したわけですが、結局はお店で食べるのと同じ、イマイチの味です。駅弁の「びっくり味噌カツ弁当」を買ったほうが良いでしょう。名古屋から米原までの20分間での食事です。

20090924103

JRのトラブルのために、新幹線を米原で降りて、米原仕立ての特急しらさぎ号に乗り換えです。2号車指定席は、50%程の乗車率です。結構ゆったりしています。

20090924104

名古屋駅地下の三省堂名古屋駅店にて、予約しているデアゴスティーニの「フェラーリ・グランツーリズモ」と「鉄道模型少年時代」を受け取ります。出張中も持ち歩くことになるので、我ながら、その物好き度合いに呆れます。

20090924105

特に、フェラーリはサウンドエフェクトの実験を行うようなので、実際に試せないのは寂しい限りです。早く帰宅してテストしたいものです。

20090924106

北陸線は、国鉄時代の古い車両が多く走っているので楽しめます。これは415系電車です。同時期の車両は、地元の東海道線ではとっくに廃車となっていますが、どっこいこちらでは現役です。

20090924107

金沢に行くと、夜は海鮮品の酒席となります。刺身も新鮮で美味しい!

20090924108

ズワイガニは季節ではありませんが、北海道産の新鮮なものを出してくれます。

20090924109

定宿としている都ホテルに帰ると、大いに酔った後に嬉しい焼きおにぎりのルームサービスがあります。ありがたい。

この間滞在していたホテルミラコスタからすると簡素なビジネスホテル調ですが、金沢では名門ホテルの誇りを持った対応をしてくれるのでお気に入りです。ネットも通じる上に夕刊、朝刊も配達してくれるので、昔ながらの人的サービスによる顧客満足度の高さを維持している貴重なホテルだと思います。

|

« 東京ディズニーリゾート乗り物みやげ | トップページ | 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第55号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

架線トラブルに見合われてしまった様ですが、新幹線としらさぎ号に乗車し移動出来たとの事で良かったですね。夜、美味しい物ゲットして良かったですね(笑)又、しても、売れすぎると、対応等の店員の態度が悪く成るのは、如何な物かと思いますね。名古屋は味噌味タイプカツ丼ですが、会津はソース味タイプカツ丼ですよ〜。さすがにソース味タイプカツ丼は食べ飽きたので、味噌タイプカツ丼食べて見たいですね(笑)C62の方で待機します。

投稿: 会津の鐵道マニア | 2009年9月25日 (金) 03時59分

会津の鐵道マニアさん、おはようございます。

米原停車のひかり号の自由席は混んでいて、隣に香水プンプンのオバサマが座ってきて、なかなかにシュールな食事となりました・・・。
名古屋-米原間、新幹線で30分のところをしらさぎ号で1時間かけてチンタラ行くのが贅沢な時間だったのですが、仕方ありません。

その分、夜は海鮮で満腹、及び大量飲酒となってしまいました。

ソースカツ丼、私も好物です。
親戚が長野の飯田や伊那にいるので、山に遊びに出かけた際に食べています。

味噌カツは、名古屋に出張にいらした方が食べたければ連れて行くのですが、普段は我々食べませんね。

投稿: YUJI | 2009年9月25日 (金) 06時43分

YUJIさんは、公務員ではないし絶対しなそうでない行動ですから安心ですけど、今ニュースでは、JR西日本の事故調査にかんして、飲食接待や新幹線の模型を送ったとかいって問題にしてますね。模型もたいしたものですね。多分JR特注の超レアものでしょうけど。

投稿: honest | 2009年9月25日 (金) 19時19分

考えると怖いですね、後輩から先輩にと、考えたプレゼントも、百閒先生時代のの国鉄時代でだったら、それがしくんうまくやっていたのででしょうね。 私はひらやまくんと一杯飲みます。

投稿: honest | 2009年9月25日 (金) 21時40分

honestさん、こんばんは。

私は出張先でも社内対象が多く、酒席もワリカンが多いので、変な勘ぐりはされないのですが、接待も度を越すと、一般企業でも厄介なことになってくるようになりましたね。

JR特注の新幹線の模型、JRさんに下さいとは言いませんので、売ってほしいものです。

投稿: YUJI | 2009年9月25日 (金) 22時26分

YUJIさん今晩は。私、実は福井市在住なもんで、ソースカツ丼と
聞くと黙っていられません。ソースカツ丼の発祥の地は福井で
ヨーロッパ軒のソースカツ丼がオリジナルです。会津のも食べたこ
とありますが、あれは普通のカツにソースをかけただけで、まったく別の食べ物です。 まずヨーロッパ軒のカツは棒でかなり薄く
伸ばしてあり、口に入れるとパリパリ、サクサク感がまず来てその
後に豚肉のうまみが口の中に広がります。あとソースも甘みと酸味
とコクが絶妙に混ざって飽きません。会津のとは比べ物になりません。次回北陸にお越しの祭は是非福井で途中下車して、片町のヨーロッパ軒本店で食べてみてください。食べると判ります。
会津の鐵道マニアさん気分を害されたらごめんなさい。

投稿: ドッペルゲンガー | 2009年9月25日 (金) 22時47分

ドッペルゲンガーさん、こんばんは。

夜半に好物のトンカツの話、たまりませんね。
福井のヨーロッパ軒、要チェックですね!プライベートで行ってみたいものです。福井もソースカツ圏とは知りませんでした。

きっと会津にも名店があるのかもしれませんね。

名古屋でも味噌カツは各店で全く違う味で競っています。でも私はカツは味噌でなくても良いです。
名古屋名物としては、味噌煮込みうどんの方が好きで、東京などで食べる鍋焼きうどんに味噌を入れたようなインチキ味噌煮込みは許せません。話がずれてスミマセン。

投稿: YUJI | 2009年9月25日 (金) 22時58分

YUJIさん、コンバンハ。味噌カツ丼に興味有りますよ〜。いつに成るか分かりませんが、名古屋に行った時は食べたいと思います。各地には、色々なカツ丼が有ると思いますし、同じ名前を使用しても、その地域性により、全く違う食べ物に成ると、私は考えて居ます。YUJIさんが、おっしゃいます様に会津名物として各店が競って居ます。テレビでも、とある食堂を取材して、その食堂は有名に成りましたが、全国的にでは無いかも知れません。地元の食べ慣れた物が、一番美味しいと思います。とある食堂に取材で来たタレントさんは、カツの大きさにビックリして、ソースも気に入って居たのですが、会津で近頃は大きさを競ったりで、私はチョット真似し過ぎだと思って居ます。正、会津のソースカツ丼でも種類が有り、小さいカツから大きな物まで有り、形も色々で各店のソースの味も別々です。確かにマズイお店も有ります。後は、美味しい・マズイは、各自が判断して貰うしか無いです。何せ会津のソースカツ丼なので。(会津の中で元祖ソースカツ丼とか有りますが、他の県や地域の方の元祖を敵視して居る物では有りません、会津の中での元祖です)YUJIさんC62の方にて待機します。

投稿: 会津の鐵道マニア | 2009年9月26日 (土) 00時14分

会津の鐵道マニアさん、私も先のコメントに反省です。

この間、札幌の方が名古屋にお越しになって、名古屋駅にある札幌ラーメンを召し上がったようで、「不味い!」と言ってました。私らにはそこそこ美味しいのですが・・・。生まれ育った環境で舌の感覚が異なりますね。
東京の味噌煮込みうどんが不味いだなんて、私も同じ言い草です。東京の方、ごめんなさい。ちなみに鍋焼きうどんは東京のも大阪のも好きです。

その土地の料理は、その土地の方が好む味付けをして発達するので、よそ者が判断するのは危険ですね。名前は同じでも別の料理です。長い間、支持を受け続けるには、大変な工夫と努力が必要だと思います。会津にはソースカツもそうですし、たくさん名物がありますね。

ソースカツ丼も、信濃や甲州でもそれそれ「元祖」を謳っていますね。各地、別の料理として食べ歩きしたいものです。コメント書いていておなかが空いてきました・・・。

投稿: YUJI | 2009年9月26日 (土) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/46303074

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢出張へも模型同行?:

« 東京ディズニーリゾート乗り物みやげ | トップページ | 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」第55号 »