« 「鉄道模型少年時代」第3号 | トップページ | 「鉄道模型少年時代」走行可能車輌の研究 タンク型蒸気機関車編 »

2009年9月11日 (金)

久々の大須ランチネタはスープカレー

勤め人の最大の悩みは昼飯を何にするか!ってことですよね・・・。
ちがいますね。でも、お昼ゴハン問題で、それなりに毎日困ります。

このところ、昼時に会社に出張販売のお弁当屋さんがやってくるので、面倒臭くてそれを食べることが多くなっています。6~7種類あって一つ300円と非常にサイフに優しいですし、結構美味しいのですが、連食するとさすがに飽きてきます。それに、1歩会社を出れば魅力的な飲食店は目白押しです。

01

大須の赤門通りの第2アメ横ビル近くに、6月にオープンしたスープカレー屋さんがあります。ロボットが作ってくれるラーメン屋さん「ふぁーめん」の斜向いです。
「マジックスパイス」という店名で、真っ赤な外観がド派手でびっくりしていました。この店構えに恐れおののき、なかなか入る勇気がありません。でも、このところ地元の情報番組や情報誌に取り上げられる事が多く、一度偵察に行きたいものだと思っていました。

マジックスパイス
http://www.magicspice.net/

マジックスパイス名古屋店
営業時間 11:30~15:00/17:30~23:00(22:30L.O.)土日祝は通し営業
定休日 火曜・水曜
460-0011 名古屋市中区大須3-15-13
tel 052-249-8884 /fax 052-249-3233

HPを調べると、札幌をはじめ、東京や大阪にも店があるチェーン店でした。元々、発祥は北海道であるスープカレー、だんだん本土各地にも進出してきています。私も好物です。
しかし、火曜、水曜休みってのは、週末需要が中心で、平日ランチはあまり力を入れていない印象を受けます。

こっそり一人で偵察に行こうと思っていたのですが、職場にもこの店のことをテレビで見て知っている方が多く、話題にして雑談している内に盛り上がって、「いっそみんなで行くか!」ってことになりました。ゾロゾロ8名団体で入店です。
大勢で入って席あるのか?と思っていたら、店の奥の半個室スペースをすぐに用意してくれました。対応も迅速です。

02

メニューからしてエスニック調です。
メインは「インドネシア風スープカレー」です。11:30から14:30までのランチタイムは各カレー100円引きです。

05

オプションにてトッピングしたり辛さをアップできます。
この辛さの段階が、なぜか仏教用語。チョイ辛の「覚醒」から、最強の「虚空」まで7段階です。何も加えない普通の辛さは「お子様が食べられるくらい」とのことなので、とりあえず最下段の「覚醒」で様子を見ます。
「どなた様も首尾良く旅立ちください」という文句はおふざけが効いていて楽しいと思います。

03

15分程待ってやってきたシーフードカレーです。エビやムール貝、などゴロゴロ入っています。上には削り節。そんなものインドネシアにあるんかいな?と思います。モリジブやスリランカには鰹節ありますが・・・。難しいこと考えないでスプーンに取ったライスをスープに浸して食べます。

スープカレーの香ばしさと相まって、この削り節がとても良い味を醸しだしています。野菜もたっぷり。こりゃ美味しい。ライスはきちんとサフランライスで、程よく粘度があって食べやすくなっています。普通のカレーが重く感じるときにも、このスープカレーならばどんどん入りそうです。しつこく残暑が続く中、夏バテ解消には持ってこいでしょう。
スープの中の具が食べにくいときには、ちゃんとお箸も用意してあります。

ただ、辛さが「覚醒」では控えめすぎて、中々覚醒できません。もう少し辛めが好みです。テーブルにはカレー粉と唐辛子があるのでお好みでかけられます。辛すぎる方には酢も置いてあります。

04

隣の同僚の食べていた「モモ」と称するネパール餃子入りのカレー。これも美味しそうです。他にもメニュー沢山あるので色々食べてみたくなります。

この店の所在地は、かつては洋服店でした。その後、トルコ料理など複数のエスニック料理店が続いて入りますが、どれも定着せず、早期に閉店しています。
大須の商店街から少々外れた場所なだけに、通りがかりの人がフラッと入ることは少ないので、店に魅力がなければ閑古鳥が鳴くことになります。
マジックスパイスさん、注文間違えが重なったりするなど、まだ店員さんの対応が不慣れな部分がありますが、店内の様子も良く料理は美味しいので、大須の地に根を下ろし、長く続いて欲しいと思います。

|

« 「鉄道模型少年時代」第3号 | トップページ | 「鉄道模型少年時代」走行可能車輌の研究 タンク型蒸気機関車編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

大須」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

カレーの話題が出たので、インド在住の私としては本来のゼロ戦とは別にコメントします。スープカレーなるものを食べたことはありませんが、インドはこれすべてカレーです。残念なことにベジタリアン、ノンベジタリアンカレーでチキン以外の動物性たんぱく質の具材が入ったカレーは今のところお目にかかった事がありません。でも不思議と良いスープが出ていて、またそれぞれ味に個性が有りおいしいですよ!ベジタリアンのカレーも何のスープ本当にベジだけ??と思うくらいおいしいものがあります。でも・・・やはりカレーは日本が一番と思いますよーやはりスプーンで粘り気のあるご飯に掛かったカレーが日本人にはカレーです。当方辛いのはぜんぜん問題ありません!COCO一番は常に8辛でした。こちらにはグリコのLEEの20倍をストックして有ります。ところで大須も変わったようですね!懐かしい!
ゼロ戦の第二号はまだインドには届きません。時間も無いのでまだプロペラも手付かずです。ブログ楽しみにしています。
ナマステ

投稿: マヒンドロ | 2009年9月12日 (土) 02時51分

マヒンドロさん、おはようございます。

私はインドを訪れたことがありません。数多くの書籍に書いてあることのように、本当にカレーばかりなのですね。
日本のカレーは既に日本料理でしょうし、スープカレーは数年前に北海道発祥で全国に広まった、これまた日本料理ですね。

大須の町も、ここ数年で若者や外国人観光客のたくさん集まる場所に変貌しました。


零戦2号の大きなパッケージが届くのが楽しみですね!

投稿: YUJI | 2009年9月12日 (土) 07時04分

カレーの話題なので、
スープカレー数年前にブームになりましたね。私もスープカレーまだ食べていません(つい普通のカレーになってしまいます)
また2,3年前にカレー鍋もブームになりましたが、やってみたいのですが家族の反対に合い実現できていません。

マヒンドロさんのコメントにあったグリコのLEEですが、この30倍に付属のピメンタ・デ・シェイロを加えて45倍にして食べるのですが、辛いもの好きな私もこれには参りました(と言いながらリピートしていますが)

白いご飯をそのまま食べれない私は安いレトルトカレーを買い置きしています。(LEEは高いのでたまに)
いろいろ試したのですが今の所グリコの炎のカレー職人の大辛です。100円カレーなので味はイマイチですが辛さは丁度いい感じです。
本当は具なしのルーだけのものをどっか出してくれればと思っています。(私のような需要はあるはず)

カレーの話で朝からカレーが食べたくなりました。

投稿: カズキ | 2009年9月12日 (土) 08時26分

ちょっと気がついたのですが冒頭の写真、画像処理されていますね。
ストリートビューの問題等、昨今うるさいご時勢ですからね。
カレーとは関係ない話で失礼しました。


投稿: カズキ | 2009年9月12日 (土) 13時23分

カズキさん、こんばんは。

今日は職場の社員旅行だったので、しこたま比飛騨牛を食べ、朝からずっと飲みっぱなしで疲れました。楽しい疲れではあります。

私はLEEの30倍は食べられません・・・。CoCo一番屋でもせいぜい2辛です。

>冒頭の写真、画像処理されていますね。

右端の通行人以外はみんな同僚なので、迷惑をかけられません。ちょっとストリートビューのように擦ってみました。

投稿: YUJI | 2009年9月12日 (土) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/46116865

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の大須ランチネタはスープカレー:

« 「鉄道模型少年時代」第3号 | トップページ | 「鉄道模型少年時代」走行可能車輌の研究 タンク型蒸気機関車編 »