« 小松に出張中 美味は意外なところにあり | トップページ | 「鉄道模型少年時代」第9号 しばらく工作ありません »

2009年10月23日 (金)

発展途上の小松商店街鐵道

昨日から石川県の小松に出張しています。
11月1日の小松基地航空際に向けて、早朝からF15やF4等が訓練飛行しており、秋晴れの空に爆音を響かせています。ガラガラだったホテルや居酒屋も、航空際の日には賑わうのだと思います。

2009102301

ホテルの部屋から見える商店街のアーケードの中に、街作りの一環として、鉄道模型ジオラマ製作に取り組んでいるところがあるとの情報をFIMIさんから頂いたので、仕事を終えて名古屋に帰る前に、ちょっと立ち寄ることにしました。

2009102302

昨日夕方に、駅から宿泊先の小松グランドホテルに向かう際にも通った小松駅前の商店街です。昼下がりでも殆ど人通りがありません。日本各地の地方都市と同様、郊外のショッピングモールにお客を取られたのか、空き店舗だらけの見事なシャッター街となっています。アーケードの下を、車が我が物顔で走っています。気をつけないと撥ねられそうです。

2009102303

閑散とした商店街の一角の「小松市まちづくり推進会」と看板が掲げられた建物の窓から鉄道模型のレイアウトが見えました。全国各地で商店街の空き店舗を活用して中心市街地活性化事業を行っていますが、小松では鉄道模型をその目玉にもってきているようです。

小松商店街鐵道
http://www.tetsu-ko.com/

〒923-0924 石川県小松市三日市町50-1

営業時間:10:00~16:00 / 定休日:水曜日、土曜日
事業を行っているのは、小松中心商店街振興組合連合会と地元有志とのことです。

2009102304

道路に大きく開いた窓からは、明らかに作りかけと見えるレイアウトが見えます。大きな鉄橋やノイシュバンシュタイン城も見えていて、共同作業ながらメンバー各員がかなり野放図に作っていることが垣間見えます。製作作業に参加するのは楽しそうですが、製作が始まってから何年も経っているのに、まだ人に見せるようなレベルのものではなさそうです。

2009102305_2

殆ど人通りの無い午後の商店街で、しかも他に誰も先客がいないので、中に入るのに勇気が要ります。入り口近くのサグラダ・ファミリアのペーパークラフトをじろじろ見ていたら、通りを行く人が不審げに眺めていたので、意を決して入ります。

2009102306

中には中心商店街振興組合連合会と思われるおじさんとおばさんがテレビを見て談笑していました。私が入っていくと空気が変わります。人の家に上がりこんだような気分です。
挨拶すると、自由にレイアウトを見てよいとのことですが、今日は係がいなくて走行が出来ないとのこと。まあ、お店ではないので愛想は必要ありません。放ってもらえるのは有難いこと。自由に作りかけのレイアウトを見せてもらうことにしました。結構大きなモジュールレイアウトなので、走らせ甲斐がありそうです。

2009102307

お子さんが楽しまれるだろうと思っていたら、やっぱり「体験コース(小学生・会員限定)」などという表示を見つけました。
レイアウトの中にはトレインスコープのアンテナやモニターがあったので、前面展望も楽しめるようです。結構デキる方がメンバーにおられるのでしょう。

2009102308

工作資材も出しっぱなしで、まさに作業中のレイアウトです。とりあえず走行できるようにだけはしてあるのでしょう。通りから見ている時に目立っていた赤い大鉄橋は列車が走行するわけではありません。いずれ、大立体交差にしていくのでしょうか。置いているだけでも存在感があって良い光景ではあります。
線路やシステムは、KATO、TOMIX入り乱れていて統一してありません。メンバーそれぞれ、かなり野放図に製作が進んでいるのでしょう。但し、このカットではレイアウトというよりは作業場です。

2009102309

レイアウト奥のヤードには、会員さんのものと思われる車両がズラリと並んでいます。私もお気に入りのKATOのオリエント急行もあります。フル編成を走らせることが出来るのは羨ましい限りです。
夕方には学校帰りのお子様で賑わうのでしょうか。日曜日も営業しているようなので、家族連れが訪れるようになれば良いかと思います。
ヤードにはブラス製の見事なHOゲージEF58も展示してあります。雑然とした作業場の中で異彩を放っています。だれか触ってしまわないか心配になります。

2009102310_2

中心となっているモジュールレイアウトは、大きいので走行は楽しそうではあるものの、設計に計画性が無くてこれといった特徴はありません。しかし、唯一感心したのはこのTOMIXのスーパーミニカーブレールを上手く活用したアップダウンの激しいレイアウトです。

2009102311

こちらも未完成ですが、現実離れしたカーブと立体交差の入り乱れぶりが素晴らしく、車両走行が楽しいと思います。模型ならではの楽しい情景です。2系統の運転が出来るようで、めまぐるしくカーブを曲がる光景を見せて頂きたいと思いました。

2009102312

会場自体は商店街の中ながら、中に入るのは人の談笑中に他人が土足で入り込むような気分になります。レイアウト自体は特筆すべきものではなく、見る価値はありません。会員にならないと運転も出来なさそうなので、地元に住んでいなければわざわざ足を運ぶ場所では無いと思います。祭りは参加してこそ楽しいものなので、このレイアウト製作に携われば、きっと何倍も楽しめることでしょう。

まだまだ発展途上のようなので、公式ページで今後の成長を確認させていただきたいと思います。心の中で、強く応援します。
メンバー間の意志の疎通がうまくいけば、素晴らしい地域活性化の前例になりますが、まだ時間がかかりそうです。ひとまず強力なリーダーシップのもと、急ピッチで完成させてから、ゆっくり改良を行うべきかと思いますが、予算や時間の問題があるので門外漢がアレコレ言うことではないでしょう。

使命を帯びたレイアウトを未完成のまま長期間経過すると、最初は応援していた方々からも見捨てられかねません。「レイアウトに完成は無い!」のは事実ですが、それは製作している本人達の問題です。周りの応援者が完成を祝ってくれる気持ちを持っていただけている内にキリを付けなければ、この商店街と同じ運命になってしまうかもしれません。

2009102313_2

小松からの帰りは、車内販売にて好物の番庄の「かにめし」を求めました。昨日、小松駅構内のコンビニで買ったおつまみの番庄のカニ味噌が非常に美味しかったので、その影響かと思います。

2009102314

福井の駅弁ながら、北陸路の特急車内では大体販売しています。デパートなどの駅弁大会でもお馴染みの名物駅弁ですが、車内で食べると味もひとしおです。
ズワイガニの身がふんだんに乗ったゴハンは、カニ味噌で炊き込んであって風味豊かです。

2009102315

鉄道模型少年時代の第9号は名古屋に帰ってから買い求めましたが、今日はパーツ確認しただけで、内容を細かく見ている時間がありません。まあ、レイアウトのベースとなる木製ボードなので工作は無いのですが、明日レポートする予定です。

|

« 小松に出張中 美味は意外なところにあり | トップページ | 「鉄道模型少年時代」第9号 しばらく工作ありません »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん、こんばんは。

あまりお気に召さないようなところを、お勧めしてすみません。
しかも、出張の合間の時間を割いて下さったのにも関わらず。

一貫性が無く、完成意欲もないようです。

レイアウトの下に、布で隠された部分には、街コレが山のようにあります。空き地が多いので、建物を置きましょうと思った人が、会員料金を払って行くようにさせてますね。
実際、私も建物を置いた一人です。KATOの看板建築商店(モルタル)に、アルファベットの看板を付けて、置いてあります。

置いてから、街コレを見せられました。

さらには、作ってない昭和の鉄道模型も幕の下にありました。

私としては、「レイアウト奥のヤード」で、線路が  ̄\_ となっている部分を、フル編成が通る姿が好きです。

重ね重ね、貴重なお時間を使わせてしまい、申し訳ありません。

投稿: FUMI | 2009年10月23日 (金) 22時27分

> 今日は係がいなくて走行が出来ないとのこと
動いてるとこが見えなくて残念でしたね、専門家がここにいるのに。

素人の私からみるとどれも素晴らしいレイアウトのように見えます。
特にスーパーミニカーブレールのレイアウトはおもしろそうです。
KATOとTOMIXが混在しているのもNHK的でいいじゃないですか。

先日BSで欧州模型探訪というのをやっていまして、ドイツの小さな町のメルクリンクラブを取材していました。
70を越えるおっちゃんたちが週に一回集まってビール片手にレイアウトでメルクリンを走らせているのですが、そのノリに近いと思いました。

FUMIさん、気になさる事はないと思います。YUJIさんはそれなりに楽しまれているハズです。

投稿: カズキ | 2009年10月24日 (土) 07時39分

>FUMIさん、おはようございます。

一部、放置状態を非難するような記事になってしまい、メンバーのFUMIさんを傷つけることになって申し訳ありません。列車の発車時間までの空き時間に訪れたので、駅のそばですし、貴重な時間を割いて行ったということではありません。あんまり駅前で見るものが無かったので、実はとても楽しませていただきました。有難うございます。

中心市街地活性化法の適用で設立された全国の商店街のTMOは無数にありますが、鉄道模型を中心にしてまちおこしを地道にやって、成功例が全国に広がればすばらしいと思いました。地元でやっていたら、是非参加したいと思います。

町コレが無数にあるとの事なので、資材は豊富ですね。一番厄介な土台と線路敷きが殆ど終わっているので、もう一頑張りなのでしょう。
うーん、近くに住んでいたら、私も電飾で頑張っちゃいそうなステキなレイアウトです。


>カズキさん、おはようございます。

留守番?のようなおじさんとおばさんは鉄道模型に関心が無いようでした。彼らの誇りになればなぁ、と思った次第です。

欧州模型探訪、私も実家で録画したのをドコデモシアターで楽しみました!リタイヤした後の方々がすばらしい鉄道模型をつくっておられましたね。一人若手がいて、電飾などしていて、きちんと継承されていることに感心しました。

投稿: YUJI | 2009年10月24日 (土) 08時33分

YUJIさん、おはようございます。

私もメンバーですが、登録後、店長と背後関係を知り、行けない場所となってしまいました。

商店街の組合と同居してるようでして、おじさんおばさんは、そちらの人になります。なので本当に留守番だけと思います。

>カズキさん、おはようございます。

フォローありがとうございました。

投稿: FUMI | 2009年10月24日 (土) 09時50分

FUMIさん、こんばんは。

様々な事情があるようですね。

ちらっと垣間見ただけで余計なことを言うのはいけないことは重々承知しておりますが、何年も未完成のままでいることに、計画性とリーダーシップに疑問を抱いた次第です。

試みには大変興味があるので、今後を楽しみにしたいと思います。

投稿: YUJI | 2009年10月24日 (土) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/46561959

この記事へのトラックバック一覧です: 発展途上の小松商店街鐵道:

« 小松に出張中 美味は意外なところにあり | トップページ | 「鉄道模型少年時代」第9号 しばらく工作ありません »