« TOMIXのキハ130「日高ポニー号」 | トップページ | 「鉄道模型少年時代」バスのライト点灯化改造はお手のモノ? »

2009年10月10日 (土)

日高ポニー号「昭和の鉄道模型をつくる」の夜景を走る

Tomix130201

先日購入したTOMIXのNゲージディーゼルカーのキハ130形日高ポニー号を「昭和の鉄道模型をつくる」の夜景レイアウトに入線させました。各種ライト完備の車両の走行はたのしいものです。

購読中の、講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」のレイアウトを走行させるための車両を探しています。ディーゼルカーで各種ライトが点いて、しかも小型車両となると選択肢が狭くなります。

各種電飾を施した、前作の「昭和の鉄道模型をつくる」のレイアウトを走行させます。街の夜景だけでなく、車両の灯りも点くと、走行が更に楽しくなると思います。

Tomix130202

「鉄道模型少年時代」の1~50号の購読者のプレゼント車両の「里山交通キハ2001形」です。TOMIXのキハ130形が基本となっています。
おでこのライトが塞がれていたり、屋根上にクーラーがあったりして、少々改良されています。

Tomix130203

このキハ130形を夜景レイアウトを走らせるためには条件があります。上位機種のコントローラーを使用することです。
上の写真の右側は、「昭和の鉄道模型をつくる」の1~25号の購読者プレゼントのコントローラーです。
左側はTOMIXの「N-1000-CL」という機種で、車両の常点灯タイプに対応しています。走行も安定するので、コントローラーは上位機種を使用するに限ります。現在は「N-1001-CL」という後継機種が発売されていますが、電源部分が本体からACアダプター化しただけのようです。

Tomix130204

まずは「昭和の鉄道模型をつくる」専用コントローラーです。
ポイントマシンも二つついていてコンパクトで便利なのですが、走行性能が大きく劣ります。「鉄道模型少年時代」のシリーズに付属するコントローラーは、更に単純な鉄道コレクション用のコントローラーなので、走行性能はもっと期待できません。

Tomix130205

「昭和の鉄道模型をつくる」専用コントローラー使用時には、停車しているときには各種ライトは光りません。走行時にはかすかに光ります。相当高速で走行させないと、夜景を楽しむことはできません。

Tomix130206

次に常点灯タイプに対応しているN-1000-CLです。
大きさはあまり変わりませんが、走行性能は大きく変わります。

Tomix130207

コントローラーの走行ツマミをホンの少しだけひねって、走り出す寸前の状態です。車両は停まっていますが、各種ライトはMAX状態で光っています。
夜景を楽しむには、常点灯タイプに対応したコントローラーが必須です。スロー走行も思いのままです。

Tomix130209

駅に停車中のキハ130形です。2両連結でも、この狭いレイアウトで十分楽しめます。

Tomix130210 

夜景状態です。
車両の灯りが思いのほか強く、夜景がより楽しくなりました。

Tomix130211

車両は停車状態です。

Tomix130212

テールランプの赤色が目立っています。

Tomix130213_2 

商店街の外れの踏切を渡るキハ130形です。カーブも楽々です。

Tomix130214

TOMIXの常点灯システム、街灯にも負けていない程に室内灯が明るく光ります。
側面には馬の絵が描かれているので、日高線以外は似合わないと思っていましたが、夜景ではどのみち車両の模様はあまり確認できないので、これでも十分に楽しいことが判りました。
「鉄道模型少年時代」を50号まで買い続ければ、同一形態のプレゼント車両がもらえます。しかし、夜景レイアウトを存分に楽しむためには、今回実験したN-1000-CL後継機種で現在発売中のN-1001-CLか、更に上位機種のコントローラーがあった方が、50倍くらいはシアワセになれると思っています。

前回はこちら
TOMIXのキハ130「日高ポニー号

次回はこちら
「鉄道模型少年時代」バスのライト点灯化改造はお手のモノ?

|

« TOMIXのキハ130「日高ポニー号」 | トップページ | 「鉄道模型少年時代」バスのライト点灯化改造はお手のモノ? »

講談社「昭和の鉄道模型をつくる」」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

ほー!これは、かわゆい列車ですね。今月は先述の事情によりものいりですが、いつかは買いたいと思う列車ですね。買うにあたり、質問なのですがこの車両は量販店へ行けばあるレベルなのでしょうか、それともオクなんでしょうか?やはり、調達を考えるといろいろと情報を仕入れておかないと厳しいんですよね。僕の場合、ジョーシンかポポンデッタで売っていたら、買いやすいんですが。これも地方によって在庫の方向性があるので東海では、あるのかいいなーなんて思っていますが。

投稿: きのこの里山鉄道 | 2009年10月10日 (土) 21時38分

前々からちょっと疑問だった常点灯タイプの原理ですが、コントローラがPWM仕様となっているから可能なんでしょうか。
LEDはPWMの速度コントロールのパルス幅に関係なく常に一定の明るさで発光できるという事でしょうか。

> 走行ツマミをホンの少しだけひねって
やはり最低状態では点灯しないのでしょうか、走行方向のスイッチが真ん中(停止)の時も点灯しないのでしょうか。(これはその方が仕様として正しいと思います)

NATOCでもPWM(擬似)をサポートしているのでちょっと気になりました。少年時代の読者プレゼントをもらったら試してみます。

投稿: カズキ | 2009年10月11日 (日) 07時11分

>きのこの里山鉄道さん、こんにちは。

このキハ130、私は店頭で求めました。名古屋のジョーシンキッズランド大須店です。しかし、最後の一つの展示車両だったので、もうありません・・・。入荷予定も無いようです。

同じような大きさで各種ライト装備のキハ120はいろいろありますね。夜景の中では車両の細かい部分は確認できないので、少々近代的でも気にならないかも知れません。


>カズキさん、こんにちは。

コントローラーは走行つまみが最低状態ではもちろん光りません。走行方向真ん中でも光りません。
走行方向に応じて、少しだけひねると前照灯、テールランプ、そして室内灯が光ります。走行時と殆ど同じ輝度です。停車状態のライト点灯は嬉しいものです。
ただ、車両が対応していないとダメのようで、例えば蒸気機関車でも先般発売されたTOMIXのC57は停車状態で前照灯が光りますが、他社のものは走行時にしか光ってくれません。

投稿: YUJI | 2009年10月11日 (日) 09時49分

> 車両が対応していないとダメのようで
そうですか読者プレゼントは微妙ですね。もともと付属のコントローラを対象にしているのでしょうから、常点灯は考慮されていないでしょうね。
その時はレポートお願いします。(YUJIさんの事だからダメでも改造されるでしょうね)

投稿: カズキ | 2009年10月11日 (日) 13時55分

プレゼント車両の写真を見た限りでは、今回の日高ポニー号と同等のキハ130形ではないかと思います。それならきっと常点灯するのではないでしょうか。

TOMIXのCLタイプのヘッドライト、テールランプ、室内灯ユニットを使用していると思います。ワザワザライトだけ旧タイプに入れ替えたりしないでしょうね。

最近のTOMIX車両ならば、常点灯ライトを装備しているので、対応コントローラーを使用すれば停車時もライト点くようです。オプションの室内灯も同様です。

投稿: YUJI | 2009年10月11日 (日) 15時53分

YUJIさん
キハ130形日高ポニー号はなかなかよろしいですね。
私は先日お知らせしましたように、YUJIさんが当初購入されるおつもりだったキハ120形を購入し常点灯を楽しんで走行させてます。ただし関西線ですけど。

YUJIさんがお持ちのコントロラーN-1000-CLで常点灯を有効にするには、スピードコントロールつまみが最低状態では光りませんか? 私が購入したN-1001-CLでは、スピードコントロールつまみが最低状態でも、同つまみの外側にあるギザギザのつまみを右に回すことによって停車時の点灯照度を調整できます。照度調整といっても、少し回すと照度全開になってしまいますが。旧型コントローラーも同じではないですか? このギザギザつまみを、あまり右に回し過ぎると走り出してしまいますが。 これによって、スピードコントロールつまみを停車時に完全に最低状態にしても、点灯しています。

投稿: かめきち | 2009年10月12日 (月) 00時25分

かめきちさん、おはようございます。

コントローラーの外側のつまみ!
長年使用してきてはじめて気が付きました。お恥ずかしい・・・。説明書など呼んだこと無かったので全く知りませんでした。これで最初からすこしひねった状態にできたのですね。

わかった様なことを書いていて、相変わらずおバカなのが改めて判明しましたが、今後もお気づきの際には御指摘ください。

ますます上級のコントローラーがあった方が夜景が楽しくなりました。

投稿: YUJI | 2009年10月12日 (月) 08時19分

YUJIさん

コントローラーについて、やはり機能的には新旧まったく同じですね。 実は私もよっぽど困ったことが無い限り、取説など詳しく呼んだことはありません。

コントローラーを買う時に、常点灯ができるコントローラーとのことでしたので、その意味と使い方を販売店の人に聞いて分かったことです。 私も、もしその時聞いていなければ、ギザギザのダイヤルが回り、スピードダイヤルがゼロの状態で照度調整ができるなんて、きっと思いもつかなかったでしょう。

投稿: かめきち | 2009年10月12日 (月) 12時28分

いやはや、4~5年は使用しているコントローラなのに、基本的な機能を知らなくて情けないことです。
マニュアルはとっくの昔に捨ててしまっていましたが、カタログにはきちんと記載があるようです。

あれから色んな車両を試してみましたが、TOMIXの車両は殆ど常点灯しますね。KATOやマイクロエースは走り出すまで明るくなりません。

投稿: YUJI | 2009年10月12日 (月) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/46235149

この記事へのトラックバック一覧です: 日高ポニー号「昭和の鉄道模型をつくる」の夜景を走る:

« TOMIXのキハ130「日高ポニー号」 | トップページ | 「鉄道模型少年時代」バスのライト点灯化改造はお手のモノ? »