« 「週刊零戦をつくる」第16号 ミニルーター大活躍! | トップページ | 「週刊零戦をつくる」第17号 翼端チマチマ作業です »

2009年12月21日 (月)

雪原の信濃路で絶品蕎麦発見!

今日、明日の出張予定で長野県の長野市に来ています。

名古屋もここ数日、非常に冷え込んでいたので、きっと長野は更に寒いと思い、流行のユニクロのヒートテックをゴロゴロと着込んで出かけます。コートやマフラーなども必要なので、冬の出張は荷物が多くて厄介です。

2009122101_2

名古屋から長野へは、中央線の特急「しなの」号で向かいます。JR東海の振り子特急電車383系です。
「しなの」は、昔の381系の時から数多く利用してきた馴染みの特急ですが、この電車自体はあまり好みではありません。格好は非常に良いのですが、とにかく揺れるからです。シートに座っている時はそんなに問題が無いものの、通路を歩くと足元を掬われるような独特の揺れが襲います。足元の揺れに頭がついていきません。

とはいえ、酷く揺れて乗り物酔いの方がトイレに駆け込むことの多かった旧型自然振り子の381系よりは、カーブに合わせて制御された強制振り子の383系はずっとマシです。シートピッチも広いし、足元もゆったりしています。でも、あの横揺れは慣れません。速度制限の35km/hプラスで急カーブを駆け抜ける振り子電車の宿命でしょうか。

急カーブとアップダウンの連続する中央西線と、新幹線とを比べるのは無理がありますが、振り子電車と同じ効果を狙った車体傾斜式の新幹線N700系はほどんど揺れを感じないのに、久しぶりにのった「しなの」はやっぱりよく揺れました。
でも列車に乗っていて乗り物酔いしたことはありません。「しなの」車内でお酒を飲むと、いつもより酔うのが早いような気がします。振り子の揺れは、その酔いの効果もあるかと思います。

2009122102

車両の揺れは置いておいて、「しなの」は美しい木曽路の光景が眺められます。車窓は抜群です。
このところ降り続いていた雪のせいで、木曽路は静かな雪の中でした。空はよく晴れ上がり、杉の枝からハラリと滑る雪を見ていると気分も良くなってきます。

2009122103

「しなの」号で長野に向かうときの車窓の白眉は、松本を出てからの篠ノ井線姨捨付近の右手の大パノラマです。ここは日本3大車窓の一つと言われています。
普通電車でスイッチバックしながら辿ると雄大な景色を長く見ていられるのですが、仕事の移動ではままなりません。峠の駅を、車体を傾けながら振り子特急は駆け抜けていきます。

2009122104

名古屋から2時間50分強で、深閑と冷えた長野駅に到着です。長野駅は新幹線の開通までは仏閣風の特徴ある駅舎でしたが、現在は何の変哲も無いターミナル駅になってしまっています。ますます寒さが募ります。

2009122105

今夜の宿は、長野駅前の長野プラザホテルということろです。時勢を反映しての経費節減の折、あまり良いホテルに泊まると領収書を出すときに経理が煩くなってきました。なので駅前の安いホテルを探すことになります。私はいいホテル(の一番安い部屋)に泊まってエラそうな顔をするのが好きですが、それはプライベートでやってくれって言われています。

日のある内は寒さもガマンできる範囲でしたが、夜になってホテルに辿り着いた頃には底冷えがするようになって来ました。歩く足元から震えが上がってきます。

2009122106

寒いので、再び街に出て居酒屋を探すのも面倒です。
ホテルの中に手打ち蕎麦屋さんがあったので、そこで手軽に飲むことにします。元来、寒がりの根性無しです。

2009122107

出張先で静かに一人杯を傾けるのも悪くないものです。
当然、店の中は暖かいですし、地酒が内側からも体を段々と暖めてくれます。信州は地酒も豊富でどれも旨いのです。

2009122108

私は麺類が好物で、蕎麦の味にも結構こだわるのですが、締めに食べた戸隠蕎麦が滅法おいしくてたまげました。犬も歩けば棒に当る。根性無しがぼんやり入ると旨い蕎麦屋に当ります。香り高くて、ギュッと締まったコシのある麺、ちょっと甘みのあるつゆとぴったりです。当然、蕎麦湯も旨い!蕎麦湯つまみにお酒が飲めます。
泊まったホテルに蕎麦屋があったから入ったのですが、これなら蕎麦を食べついでに長野に来てもよいくらいです。このところ、出張先で入った店で失敗が多かったのですが、今回は横着の為に大成功でした。「そは味処ぼっち」という店名で、宿泊者でなくても普通に入れるお店です。

2009122109

店で一人で粘って多量に飲むことは困難なので、部屋に帰って飲み直します。これはワインセラーではありません。湯沸しの電磁サーバーで沸かしたお湯に日本酒の小瓶を入れて燗をつけているのです。よい子は真似をしてはいけません。

明日は晴れて、今日よりは寒さが和らぐようです。夕刻、列車に乗る前に少し時間があれば、急いでタクシー飛ばしてでも善光寺参りに行きたいものですが、悪巧みをすると大抵時間ギリギリになってしまうのですね。今年最後の出張も、忙しく過ぎていきます。

|

« 「週刊零戦をつくる」第16号 ミニルーター大活躍! | トップページ | 「週刊零戦をつくる」第17号 翼端チマチマ作業です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

月曜日に飲みネタありがとうございます。
私も蕎麦好きで、月曜日は飲めないので夕食はカレーで夜食は蕎麦と好物で我慢しています。
晩飯二食なのでどっち(飲むのと)が体に良くないのか分りません。

投稿: カズキ | 2009年12月21日 (月) 21時23分

カズキさん、こんばんは。

>月曜日に飲みネタありがとうございます。

ワザとしゃ無いのですが、何となくこのパターン多いですね。こちらは部屋に戻って燗をつけたのも目出度く無くなってしまいました。

こそこそ食べる夜食、私も好きです。このホテル、ちいさなカップうどん差し入れてくれました。どうしようかと思案中です。

投稿: YUJI | 2009年12月21日 (月) 21時33分

> ワザとしゃ無いのですが
私も快感になっていますのでドンドンやってください。

> ちいさなカップうどん差し入れてくれました。
麺でかぶってしまいましたね。
私なら蕎麦とうどんは違う食べ物だと都合のいい解釈をしていただきます。
しかし差し入れしてくれるとはいいホテルですね。

投稿: カズキ | 2009年12月21日 (月) 21時43分

お燗したサーバーでカップうどんの湯をもう一度沸かそうとしましたが、翌朝もたれそうなのでやめました。朝の仕事を心配する、殊勝な態度にもう一度乾杯です。

家にいる時は、カップ麺食べると「体に悪い!」妻に怒られるので、出張中がチャンスなのですが、適当に乾き物つまんで水割りすすっておきます。もたれるより二日酔いの方が辛いので、一杯にしておくつもりです。酒の方がずっと悪そうですね。

投稿: YUJI | 2009年12月21日 (月) 22時15分

私は旅の打ち上げにと、空港で生ビールを注文して、そままあきらめた事が数回あります。遠い熊本の空港に自動車を置いてきたことを思い出すからです。距離は遠いのですが、所要時間は1時間ちょっとです。乗るなら飲むなを守っています。

投稿: honest | 2009年12月22日 (火) 09時26分

今、零戦を作る17号にかかりしたが、翼端がうまくいきません。よくみると(パーツ3翼端小骨3)の切り込みが上下逆のようです。デアゴさんには再送してもらうこにしました。作業前にチェックしてみて下さい。 そのまま進めると、いらぬ手間がかかります。

投稿: honest | 2009年12月22日 (火) 12時11分

> 朝の仕事を心配する、殊勝な態度にもう一度乾杯です。
そう胸をムカムカさせたままお客さんとこに行く訳にはいかんもんね。そんなら二日酔いはええんかい(一応突っ込んどきました)

私も零戦を取りに行きました。今日は例の書箱のおネエちゃんでした。
しばらく見なかったのでクビになったかと心配していました。
まだ書箱と書いていたらどうしようと思いましたが今日はちゃんと書いてくれました。

honestさん、私のは正解のようです。

投稿: カズキ | 2009年12月22日 (火) 13時43分

ざいます。

先程帰宅してからパーツ確認しましたが、私のものは問題無いようです。パーツの入れ違いではなく、パーツ自体のエラーとは、思いがけないことがありましたね。


>カズキさん、こんにちは。

おかげさまで二日酔いも、胸焼けも無く、朝から元気です。
元来早起きなので、今朝は仕事前に善光寺に参拝に行ってきました。凍て付く寒さの中、他に参拝客もおらず、身も心も引き締まりました。
敬虔なオツトメを話したらお客さんからも感心されたので、株も上がったかもしれません。

投稿: YUJI | 2009年12月22日 (火) 20時13分

こんばんは(゚▽゚)/先日岡山のトレビック模型さんに改造をお願いしました、里山交通が完成致しました。かなり良い感じでは無いかと思います。まだトレビック模型さんにあり手元に来ていませんが、HPに載っていますので良かったら見て見てください。

http://www3.tvt.ne.jp/~trbig/index.html

投稿: 三日月 | 2009年12月22日 (火) 20時39分

三日月さん、こんばんは。

トレビック模型さんの改造作品、確認しました。
前照灯を明るく!という三日月さんのリクエストに応えて、眩いばかりの仕上がりですね。これは素晴らしい!コストはかかるものの、頼む価値はありそうですね。

うっかり依頼主の名前を載せてしまわれたのは御愛嬌でしょうか。

投稿: YUJI | 2009年12月22日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/47079856

この記事へのトラックバック一覧です: 雪原の信濃路で絶品蕎麦発見!:

» 手打ちそばの作り方教室 [手打ちそばの作り方教室]
おいしい手打ちそばの作り方のコツをお教えします。 [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 21時49分

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/12/22 09:42) [ケノーベル エージェント]
長野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 09時42分

« 「週刊零戦をつくる」第16号 ミニルーター大活躍! | トップページ | 「週刊零戦をつくる」第17号 翼端チマチマ作業です »