« 「週刊零戦をつくる」第31号の残り作業 主脚のサスペンション組み込み | トップページ | ハイブリッド「SAI」がやって来た! »

2010年4月 3日 (土)

「ありえへん∞世界」の取材を受けましたが・・・

花粉症なのか何なのか、鼻炎が酷くて鼻ズルズルの体調ではありましたが、今日、テレビ東京さんの深夜番組、「ありえへん∞世界」の取材を受けました。

「ありえへん∞世界」は、テレビ東京系列で毎週火曜24:12~24:53に放送されているバラエティ番組で、平日のその時間は私は就寝しているので視聴したことはありません。取材の打診を受けた後に調べてみたところ、視聴者から寄せられた、世の中の「ありえない」現象を投稿して、徹底調査を追求する謎解きバラエティ番組とのことです。電話をかけてこられたディレクターさんは真面目な方だったので、遠路はるばるお越しになって、私でお役に立てるのなら、とお受けしたのですが、実は結構軽いノリの番組の様子です。自分たちの価値観で理解できない変な人を捕まえて「いい歳してこのオッサンありえへんやろ~」と笑い飛ばすのかと、引き受けてから少々心配ではありました。

ありえへん∞世界:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/ariehen/

01

取材の内容は、デアゴスティーニさんのパーツ付きの分冊工作マガジンの愛読者に話を聞くというものです。完成後、あまり表に出さないフェラーリ・グランツーリズモも部屋に持ち込んでスタンバイします。

メールや電話にて取材の打ち合わせをしたテレビ東京のディレクターさんは私のことをかなり調べ上げておられたので安心していました。しかし実際にお越しになったのは、別の若いディレクターさんでした。お一人でハンディのカメラを担いで、遠路お疲れ様です。

02

しかし、挨拶もソコソコに、玄関にあるC62模型を見て、「これ凄いっすね~。これも作ったんですか?10万位するんですよね~」とのお言葉。

私「いや、18万以上で、週刊全100号なので2年がかりです」
Dさん「ハッ(鼻で笑う・・・)。2年すか!」
Dさん「このスイッチは何すか?動くんですか。動かすと車体がちょっと揺れますね。これってどうなんすか?」

のっけから、大きなお世話です・・・。

随分軽いノリですし、取材前に何にも調べてないのかと少々不安になり、最初の内は疑心暗鬼からか不自然な対応になってしまったかと思います。

03

もちろん、現在進行中の「零戦を作る」も仕掛品を全て並べて撮影されます。さりげなく、下に講談社さんの「鉄道模型少年時代」も置かれています。

また、取材前の電話での打ち合わせにて、AIBOも見せて欲しいとの事だったので、久し振りに稼動するようにメンテナンスしておきます。電源を入れるのは半年振りくらいです。
今時、AIBOを普段から楽しんでいる人を取材するほうが「ありえへん」人たちとしてネタになるがなぁ、と思います。AIBOは動かしたところを少し撮影しただけです。

取材は、筋書きや台本が殆ど決められているようで、ディレクターさんの軽いノリにうまく突っ込めないまま、オタオタとした対応が続きます。

結局、「いつもこんな少しのパーツばっかりで、途中でやめたくなりませんか?」なんていう言わずもながの質問の際に、取材を停めてもらって、最初から打ち合わせをさせてもらいました。遠方から単身、出張でいらしたのに、御希望の画が録れなかったらマズイと思ったからです。

番組内容としてはデアゴスティーニさんとのタイアップ。今やマスコミ界の大切なお客様となっているようです。読者(私)の紹介が少し流れた後、デアゴスティーニ本社の取材シーンに移るそうです。まあ、それなら一安心。それ以降は、質問内容と受け答えを確認しながら予定通り取材が終了しました。

当初の軽いノリは、番組の趣向に沿った演出であり、ディレクターさんは非常に仕事熱心で真面目な方でした。人によっては、警戒心を解くために用いる気楽な導入が、功を奏することが多いのでしょう。また、軽いノリのバカっぽい質問も演出によるものです。番組コンテンツ作りも素直なものばかりではないのですね。

04

講談社の「昭和の鉄道模型をつくる」も、オリジナル電飾ピカピカしながら待機していましたが、あまり録ってもらえませんでした・・・。

いい歳して、こんな分冊マガジンに凝っている変なオヤジを面白おかしくネタにするってことなら、開き直って欲しいコメントをして役に立ちたいものです。ちょっとデアゴスティーニさんをヨイショしすぎな気がしましたが、もちろんデアゴさんからは何ももらっているわけではありません。まあ、毎回良くも悪くも楽しませてもらっていることは事実です。

05

工作に凝っているオヤジを演出するために、普段は並べていないプラモデルもテレビの下に並べておきます。これもあまり見てくれませんでしたが、何となく一瞬映るかもしれません。

先述のとおり、朝から鼻ズルズル頭ボーッの状態だったので、要領を得ず、鼻声でモゴモゴした返答になっていたかと思います。

放送日はまだ決定していないそうですが、少々先の5月になりそうとのことです。広島にて先行販売されているハマーラジコンカーが6月初めに全国発売されるので、それの宣伝に合わせてくるとなると、少々先のことになります。「零戦をつくる」のパーツが放送時にはかなり配布が進んでしまっているかもしれません。それだけが心配です。

最初は戸惑いましたが、楽しい経験をさせていただきました。
ディレクターさん、ほんの僅かの映像のために、遠路お疲れ様でした。

|

« 「週刊零戦をつくる」第31号の残り作業 主脚のサスペンション組み込み | トップページ | ハイブリッド「SAI」がやって来た! »

デアゴスティーニ「週刊 蒸気機関車C62を作る」」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

週刊フェラーリ・グランツーリズモ」カテゴリの記事

週刊零戦をつくる」カテゴリの記事

コメント

さすがテレビ東京、テレビ界の実態そのままですね。一番組に数年かけるNHKより視聴率をかせげるかも知れませんね。 評価はノーコメントとしておきます。

投稿: honest | 2010年4月 3日 (土) 23時39分

こんばんは!なにか今までのテレビ取材とは違った感じがしています。あそこの局はあまりお金をかけずに素人をいじって作る番組が多いからです。勢い中身が薄い場合が結構多く世間に誤解を与える場合がある様に思えます。放送は勿論見ますが、私の心配が間違えである様に祈っています。

今日は3VのACアダプターを作っていました。材料はジオコレの電飾キットの電池ボックスとマルチACアダプターです。作ったと言っても電池の部分をマルチACアダプターに置き換えただけですが、コネクターとスイッチはそのまま使える様にしました。

投稿: 三日月 | 2010年4月 4日 (日) 00時03分

バラエティ界に進出おめでとうございます。

私はわりとテレ東、御贔屓にしています。
WBS,カンブリア、ガイヤと欠かさず見ています。
バラエティ番組は、ギャラの安い芸人さん達を集めてやっていますがあまり見ませんねぇ。
そういえば少年時代の女の子が出ているヤツは時々チェックしています。(どの子がそうだかよく分かりませんが)

この番組は知りませんでしたが、最近フェラーリネタをやっているみたいですね。

投稿: カズキ | 2010年4月 4日 (日) 07時13分

>honestさん、おはようございます。

来られたのは番組制作会社の方ではなく、テレビ東京本体の主任のディレクターさんでした。効率よく欲しい画を撮っていこうって感じで、少々戸惑いましたが、僅かなシーンのためにわざわざ愛知県まで足を伸ばして来られたことに免じています。

>三日月さん、おはようございます。

フジテレビさんが綿密な打ち合せの上、非常に多くのカットを繰り返し撮っていかれたことと比較して、あっという間(それでも2時間くらいですが)にパパッと片付けていかれた感じでした。多分、放送では勢い良い突込みが入っていじられるのかと思います。
デアゴさんとのコラボなので、内容には検閲が入って分冊マガジンユーザーを疑心暗鬼にさせるものや、マイナスの印象を与えるものは削られることに期待しています。

3V電源製作、お疲れ様です。
私は12V電源を枝分けして、3端子レギュレーターで3Vに降圧してみようかと思っていますが、電流量が電池と異なるのでLEDが切れないか心配です。

>カズキさん、おはようございます。

カンブリア、ガイヤもテレ東でしたね!私も好きです。

>この番組は知りませんでしたが、最近フェラーリネタをやっているみたいですね。

フェラーリオーナーを訪ねていじるシリーズがとても好評のようです。人物像をあれこれ探ってネタにする進行なので、事前の電話打ち合わせでは車を見せて欲しいって言われましたが、やめておきました。

投稿: YUJI | 2010年4月 4日 (日) 08時24分

こんばんわ、YUJIさん
この放映、楽しみに待っていますよ(^^

>フェラーリオーナーを訪ねていじるシリーズがとても好評のようです。
って何という番組でしょうか?
いきなり、すみません(^^;

投稿: RYUJI | 2010年4月 5日 (月) 02時33分

RYOJIさん、こんにちは。

フェラーリオーナーを訪ねる企画は「ありえへん∞世界」の人気コーナーのようです。

投稿: YUJI | 2010年4月 5日 (月) 17時44分


こんにちは。
ダブルエーブログ…アメブロの見に来てね。
相内優香の可愛い衣装見て下さい。

投稿: 相内です | 2010年12月 7日 (火) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/47986938

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありえへん∞世界」の取材を受けましたが・・・:

« 「週刊零戦をつくる」第31号の残り作業 主脚のサスペンション組み込み | トップページ | ハイブリッド「SAI」がやって来た! »