« 「週刊零戦をつくる」第67号 手順間違え、羽布貼りなおしたのでヨレヨレに | トップページ | 「鉄道模型少年時代」第65号 フィギュア設置のお楽しみは後日 »

2010年12月 8日 (水)

グランツーリスモ5のためにいまさらPS3? ハードもソフトも凄いぞ浦島太郎状態だ!

今夜は工作お休みにて、ちょっと関係の無いゲームの話題です。

Ps301

今更ながら、SONYのゲーム機のPS3を入手しました。

昔からビデオゲームは好きであり、初代PSやPS2は発売日早々に予約して入手していました。しかし最近は工作が忙しいので、トンとご無沙汰です。4年前に発売になっていたPS3も、発売前は予約しようかと逡巡していたものの、結局今まで買わずにいました。発売当時はブルーレイプレーヤーとして使用しても安価なので、ゲーム以外の使い道もありそうだったのですが、それも後に専用のブルーレイレコーダーを入手してしまったので必要ありません。また、ゲームする暇も、この歳(43歳)になって遊びたいソフトもありませんでした。

たった1本のゲームソフトの為に久しぶりに購入したゲーム機、昔のビデオゲームの印象で凝り固まった私の空気頭には刺激的でした。ハードの発達だけでなくゲーム内容の壮大さも手伝って、まさに今、浦島太郎状態です。

PS3は随分と安くなっていて、HDD160GBのモデルならば、4年前の発売当初の半額程度の3万円未満で購入できるようになっていました。価格.comで見ると、今日現在では26,300円なんて店舗もあるようです。

Ps302

今回PS3を購入したのは、グランツーリスモ5が先月、満を持して発売になったからです。「何だ、ただのレースゲームじゃないの」と言われればそれまでですが、このグランツーリスモシリーズは、私は初代からずっと買い続けているファンなのです。先代のPS2版のグランツーリスモ4の発売から既に6年の月日が経っています。今回は、前回まで無かったフェラーリやランボルギーニ等のスーパーカーも納められているので、我々の年代にも待ち遠しいソフトでした。

Ps303

私が入手したグランツーリスモ5は、初回限定版と呼ばれるものです。ソフトウェアの他に、初回専用の冊子、そしてプレゼントカーが付属します。ゲームの発売当初は少々売価が高いものですが、以後手に入らないプレミアムを付けることがゲームソフトの常になっているようです。

付属している「The Gran Turismo Magazine “Apex”」という300頁ほどの分厚い小冊子には、自動車評論家の福野礼一郎さんが「モノの秘密、クルマの秘密」と題したプロローグを書かれています。グランツーリスモシリーズのプロデューサーの山内一典氏と昔からよく対談している記事を読んでいるので、深い交流があることを思わせます。生産技術や機械工学、素材や歴史等各方面に造詣が深い福野氏の小気味良い文章に引き寄せられます。

これは初回限定版で無いと読めない貴重なものです。ゲームのオープニングと符合する大切なプロローグであり、影像に込められたメッセージを解り易くする解説がこの前文に込められています。冊子あってのゲームソフトの完成品、といった感じです。

Ps304

このシリーズでは、レースを楽しむためには技量を磨いてレベルアップしたり、レースで賞金を稼いだりして車を購入しなくてはなりません。購入って言ったって、ゲームの世界のことながら、車のグラフィックや再現性が素晴らしいので、バーチャルな世界で車を所有する気持ちにさせてくれます。7000円程度のソフトで車贅沢のエッセンスが味わえるのでやめられません。初回限定版は、この黒いレースカーが5台付属するとのことです。ゲームを始めた当初は、バーチャル世界に於いても現実同様に貧乏なので、プレゼントカーは助かります。

Ps305

グランツーリスモ5のソフトは11月25日の発売日に入手して、まあ暇が出来たらPS3買って遊ぼうかと思っていました。しかし、ソフトを入手し、ブルーレイディスクを眺め、付属の冊子の詳細解説を読んでいると、少しだけでも中身を見てみたくなるものです。

せめて、「鉄道模型少年時代」や「零戦をつくる」が終わってから始めようと思っていたのに、とうとう我慢できずにPS3を買ってきました。困ったものです。工作忙しいのに、ゲームなんてやっている暇あるのでしょうか。以前のグランツーリスモシリーズを購入した当時も、それこそ寝食を忘れてのめりこみ、全クリアまで使える時間の限り没頭する日々がありました。前作のグランツーリスモ4からは、Bスペックと称する自分が監督になって運転しないモードが出来たので、寝ている間や仕事している間もPS2付けっぱなしてランクアップに努めていました。育てたドライバーが強くなれば、監督が放置していても独りでに優勝してくれているのです。賞金とプレゼントカーを売っぱらって、バーチャル世界だけでもリッチな気分を味わいました。

意外と小さく軽い箱を開封すると、必要にて最小限の構成物とペラペラの説明書が出てきました。分厚いマニュアルや体験版などは、オンラインで最新版が参照できるので必要ないのでしょう。

Ps306

PS3を買うと、テレビに接続するコンポジットケーブルは付属していますが、PS3の高画質を体験するには、やっぱりHDHIケーブルは必須でしょう。音声ケーブルが別に必要無いのですっきり接続できます。
最初からHDHIケーブルをおまけに付けて発売している店も多いようです。

Ps307

PS3のインターフェイスは意外とシンプルでした。もちろん、HDHIケーブルだけでなく、普通のコンポジット入力にも接続できますし、別売りケーブルにてD端子にも接続できます。
LAN入力端子もあります。しかも無線LANも内蔵しているので、我が家の様に無線化した家では気軽にネット接続できそうです。実際に、LANの設定はウィザードに沿っていけば簡単に終わりました。最新のPCの設定並みですが、ユーザー登録の際の文字入力だけが面倒です。コントローラーの操作だけでなく、USBキーボードを別途用意して併用すれば楽が出来そうです。

Ps308

コントローラーは無線ながら、付属のケーブルにてUSB端子に繋ぐこともできます。このUSB端子に繋いでいる間に無線コントローラーを充電するとの事です。
このUSB端子に、様々なアクセサリーを接続できます。2つで足りなければ、USBHUBで分岐できます。ゲーム機も、インターフェイス部分はパソコン用のものが標準的になっているようです。

Ps309

イソイソと、自室のテレビの下のブルーレイレコーダー(DIGA)の上にPS3を設置します。このDIGAの上にはフェラーリやBMWのカープラモが乗っていたのですが、サッサと片付けて場所を確保しました。PS3、非常に軽量コンパクトです。重量は約3kg。

テレビが3Dタイプならば、グランツーリスモ5も3Dの大迫力を体験できるとのことですが、我が家のVIERAはそんなものじゃないので2Dで普通に楽しみます。3D体験は、専用メガネの要らない裸眼3Dが普及してから考えます。ただ、32インチのテレビででは少し小さいようです。後述するハンドルコントローラーを使用するのなら。もう少し大型のテレビが欲しいところです。しかし、私の部屋ではそんなの置く場所が無いので諦めます。

Ps310

ソフトウェアはフロントからスロットインタイプです。
PS3のネットワーク設定、そしてユーザー設定、ソフトウェアのインストールにたっぷり90分掛かりました。皆さん、こんなに時間を掛けてゲーム機セットアップしているのでしょうか。USBキーボードを接続すれば、文字や数字の入力時に時間短縮が出来るのかもしれません。
ちなみに、ソフトウェアは内蔵HDDにインストールしなくてもゲームは出来ます。ただ、オンラインでゲームのデータのアップデートを行うので、最初にインストールしておいた方が良いでしょう。こんな点も、殆どパソコンの設定と同じです。前作からの6年間の重みを感じます。

グランツーリスモ5を起動するといきなり、激しいプロコフィエフの変拍子のピアノ曲が鳴り響き、オープニングが始まります。宇宙から地球を見た画面より、採掘した鉄鉱石を精製して自動車を作り上げていく一連の光景、エンジンが動き出す様に合わせ、ロシア近現代ピアノ曲を選択するセンスに舌を巻きます。シームレスでGTシリーズのメインテーマである「Moon Over The Castle」に続き、実写と見まがうレースシーンが流れます。このオープニングを見ているだけで鳥肌物です。ビデオゲーム作成も凄いところに来たものです。

オープニングの曲は、私は聴いた事がありながらも曲名を知りませんでした。しかし、オープニングを大きな音で流していたので、別室からも聞こえていたのか、妻がやって来て、
「へー、プロコフィエフ。誰の演奏?」
と聞いて来たので、詳しく教えてもらって知った次第です。

オープニングに使用されている曲は、プロコフィエフの「ピアノソナタ第7番 変ロ長調 作品83」の第3楽章とのことで、通称プロコフィエフの「戦争ソナタ」。妻もこのあたりの近現代曲も注文があったら弾くことがあるようで、つくづくピアニストは大変な世界だと思います。楽譜は音符だらけで真っ黒の、それがずっと続く凄まじいもので、素人には理解不能です。

演奏は、ラン・ラン。
世界的な若手の気鋭の正確無比で機械かと見紛うような超越技巧が、デジタルの世界の影像とマッチしています。ピアニスト選択のセンスもバッチリです。ゲーム中のBGMとして使われる多くのピアノ曲もラン・ランの演奏によるものであり、それだけ抽出しても一枚分のアルバムくらいの分量があります。ゲームの開発も、各界の超一流が集う国際プロジェクトになっているようです。

Ps311

グランツーリスモシリーズは、PS3付属のゲームコントローラーでも遊べますが、やっぱりこのハンドルコントローラーが無いと存分に楽しめません。これはロジクールのGT Force Proという古いタイプですが、とりあえずはちゃんと作動します。ハンドルへのフィードバックも表現されています。

以前、BMW JAPANのサーキットディというイベントで鈴鹿サーキット(東コース)を実際にBMW各車で走行する機会があった時、このハンドルコントローラーを使用してグランツーリスモ4で走りこんで予習したことがあります。予習をしてから実車でコースを走ってみると、走行ラインや路面状況まで実に正確に再現されていることに驚きました。最終コーナー前がゲームよりも更に上り坂になっていること以外は、実際に走ってもほぼ画面通りなのです。ど素人の私が、腕自慢の他の人よりも正確なラインで上手く走れました。このゲームをやり込めば、実際のサーキット走行も上手くなると思います。少なくとも、コースの走行ラインを覚えるのにはピッタリです。

グランツーリスモ5の発売に当って、新しいハンドルコントローラーが発売されているのですが、何処も売り切れで入手できません。コントローラーの新調まで行って入れ込んだら、益々自分の時間をゲームに割いてしまいそうなので、売り切れで手に入らないなら諦めが付いて、丁度良いのかもしれません。

Ps312

私の旧式のGT Force Proは、ハンドルにセガラリーと書かれていますが、これは当時安かったのでセガラリーバージョンのこちらを買っただけであり、機能的には通常のGT Force Proと変わりません。グランツーリスモ4の時は、PS2のゲームコントローラーで全クリアした後、このハンドルコントローラーを買って改めて最初からプレーしました。最初は下手くそでコントローラーに手が行きますが、ある程度操縦できるようになるとハンドルコントローラーから戻れなくなります。ただ、ハンドルにフィードバックされる力がかなり強いので、やりすぎると翌日筋肉痛を来します。

新しいG27というコントローラーはクラッチペダルもあってマニュアルミッションが楽しめるようです。しかしハンドルには反動や応力が掛かっても、ペダルには何の反動も無いのは旧型と同じ様です。アクセルの振動、クラッチの感触やアンチロックブレーキ等再現して欲しいものです。モデルチェンジにてブレーキやクラッチに反動が掛かるような仕掛けが出来たら入手することにします。

時間がナイナイと言いながらも、少しだけ、と入手してから合計2時間程度遊んでしまいました。前作グランツーリスモ4で培った技術は十分に活かせますし、お馴染みのコースも多数あります。ライセンス入手に集中し、初日だけで国内Aライセンスまでは取得出来ました(ブロンズ・シルバー多いですが・・・)。自信が付いたら、オンラインレースデビューと行きたいものです。

私のお楽しみは、イギリスの自動車バラエティ番組「TOP GEAR」のテストトラックが走れることです。コースを使用するにはスペシャルイベントクリアが条件だそうですが、正月休みにでもゆっくり楽しむことにしましょうか。The Stigのタイムに挑戦!です。

ゲームにてハンドルを握っても飲酒運転でも違反になりませんが、明らかにタイムが落ちて事故が増えるので自重します。グランツーリスモ5では、クルマによっては事故ったらダメージを受けるところまで再現されます。たかがレースゲーム、されどレースゲーム。6年間の人間英知の結集、これから長くに亘って楽しませてもらいます。

|

« 「週刊零戦をつくる」第67号 手順間違え、羽布貼りなおしたのでヨレヨレに | トップページ | 「鉄道模型少年時代」第65号 フィギュア設置のお楽しみは後日 »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!PS3&GT5入手おめでとうございます。我が家は未だにPS2&GT4なので羨ましい限りです。一番初めのGTでもすごく感動したのですがGT4でも更に進化していたのには驚きでした。でもGT5はもっと凄いのでしょうね。


先日お話ししたこばるのデカール月曜日に連絡があり今日到着致しました。すごく良い対応で好感が持てます。早速先程貼りましたがかなり細かいので苦労しました。これで里山小学校特設屋台村がオープン出来ます。

投稿: 三日月 | 2010年12月 8日 (水) 22時27分

三日月さん、こんばんは。

GT5発売日に買ってしまって、とうとう我慢に耐え切れずにPS3買ってしまいました。まだ数日触っただけの印象ですが、自分で運転するAスペックでは、GT4で散々培ったテクニックの資産が存分に活かせそうに思います。PS3のセットアップに思いのほか時間が掛かりましたが、映像と音楽の出来にそれを忘れてしまいました。

デカール到着良かったですね!こばるさんの対応に安心しました。
デカールは、文字ピッタリに切るのではなく、横長に提灯に巻きつけるように切るのがコツの様ですね。私はギリギリに切ってしまい、結局マークセッターの力を借りました。

投稿: YUJI | 2010年12月 8日 (水) 22時50分

YUJIさん こんばんは
PS3&GT5入手おめでとうございます。私は、レース系ゲームはほとんどやりませんが、家には、初代ファミコンからWii位まではまだありますが現在はWiiとPS2のみモニターに接続しております。最近は、電源も入れてませんが・・・
しかし、ゲーム機この30年程で、格段の進歩デスヨネ。画像のグレードの進歩は実写の様で目をみはるものがありますね。
私は、初代任天堂のファミコンのCPU(リコー製)の開発用の評価ボードの半田付けを父の仕事の手伝いのアルバイトで一杯作ったのを懐かしく思い出します。
処で、先日のカズキさんの100円均一の着けまつげ、着色して重ねると河原のススキの様になりました。又一つ、アイデアをパクリです。ありがとうございます。

投稿: マーボウ | 2010年12月 8日 (水) 23時14分

思い出しましたが私のゲーム機初購入は高校2年の時に地元にコジマ電機が出来た時にオープン記念で4980円で限定10台のを友達5人で徹夜で並んで買いました。10時間位並んだ気がします。


こばるのデカールアドバイスありがとうございました。YUJIさんに教えてもらった方法で貼ったら楽に貼れました。

投稿: 三日月 | 2010年12月 9日 (木) 00時00分

YUJIさん、こんばんは。
そしてお久しぶりです。

待望のPS3&GT5の入手、おめでとうございます。
私の家にもPS3(最初期の60GBでPS2のゲームもプレイ可)とWiiがありますが、最近はあんまり電源を入れていません。最近なかなかオモシロイと思えるのが無く、宝の持ち腐れ状態です。
車に興味を持ち始めたのは最近の事で、このゲームにも興味を持っています。とりあえず評価が固まってから買おうかどうか決めたいと思います。

最近のゲームがあんまり面白くないのと反比例して、私は今昔のゲームをやり込んでいます。メインはスーパーファミコン時代のモノで、アクションとRPGをプレイ中です。現代のゲームは3DCGが主体で何か味気無い、もっと言うなら無機物を見ているような感じがしてあまり好きになれないですね。もちろん技術はすごいと思いますし、場合によってはそっちの方が気に入る場合もあります。
ですがやっぱり私は昔のドット絵主体の手作り感あふれるあの絵が好きですね(昔ドット絵キャラクターを作ってみた事があったのですが余りに手間暇がかかるので途中で断念しました...)。
こんな風な考えになってしまっているのは私が歳をとっているからでしょうか?ちなみに私は20代後半です。

投稿: KOU | 2010年12月 9日 (木) 00時06分

>マーボウさん、おはようございます。

初代ファミコンの開発に関わっておられたとは、凄いですね!あの頃は、ファミコンが全世界でヒットするなんて想像もつきませんでした。スーパーマリオやファミスタで遊んで、勉強サボって徹夜したものです・・・。

師走で忙しく、工作すすまないのに気が散るものが増えてしまいました。少年時代はしばらくフィギュア配布なので、電飾改造は必要ないのが救いです。

つけまつげ、私も100円ショップで買ってこようと思います。ファンデーションやアイシャドウと一緒に買ったらお店の方が誤解してくれるかもしれません。

>三日月さん、おはようございます。

4980円、ファミコンですか!安いですね。
当時、私はつまらないソフトと抱き合わせでボッタくられました・・・。

>KOUさん、おはようございます。

初代PS3はプレミアムが付いているモデルですね!今のはPS3買っても、PS2処分できません。きっと起動することも無いのでしょうが、一応テレビの下に置いています。

今のゲーム、作成するのが巨大プロジェクトになってしまって、買った方も気軽にプレイできない気もします。GT5、まだサワリだけですが、グラフィック、挙動などGT4の時との技術の差を感じます。私の様な下手でも一応、ライセンス取らせてくれる優しさもありますので、最初から楽しめますが、やりこむと奥が深すぎて気軽に手が出せません。今週末まで封印です。

投稿: YUJI | 2010年12月 9日 (木) 08時09分

アタリの頃と比べると隔世の感がありますね。 24時間暇な私ははまったらそら恐ろしいので、敬遠しておきます。 たまのソリテアで我慢します。

投稿: honest | 2010年12月 9日 (木) 09時14分

私もファイナルファンタジー13をやるためにPS3を買わなければいけないのですがソフトをひとつやるだけにハードを買うのは・・・と二の足を踏んでいました。
ドラゴンクエスト10をやるために買ったDSはそれ以降使っていないません。
昔(私が新入社員の頃)のコンピュータソフトはハードを売るためのオマケ的な存在でしたが今や逆転しましたがゲームもそうなんでしょうね。
ここはちょっとYUJIさんを見習ってFFをやるためのオプションのPS3を買いますか。

> 処で、先日のカズキさんの100円均一の着けまつげ
着けまつげは、少年時代のグレードアップ講座では・・・
100円均一で化粧用のブラシを買いました。両端にブラシが付いていて重宝しています。オッさんは100円均一で化粧道具を買うのは別に恥ずかしくありません。オレはマツコデラックスか・・・

投稿: カズキ | 2010年12月 9日 (木) 15時54分

カズキさん。まさ次々のクエストですね。つぎの素晴らしいネクストステジーを期待します。 

投稿: honest | 2010年12月 9日 (木) 21時17分

>honestさん、こんばんは。

ゲームの進歩は、最近のテレビの発達の影響も大きそうですね。
ハンドルコントローラーで運転しすぎたので筋肉痛です・・・。
実際の車の運転よりも疲れます。


>カズキさん、こんばんは。

つけまつげの下り、失礼致しました。
カズキさんがいつ仰っていたのかと気になって、過去のコメントを探していました。少年時代のグレードアップ講座でしたね。すみません。


100均のコスメ用品。カゴにドッサリ買っているオッサンは、化粧の趣味のある方だけではないということになりそうですね。安心して買います。

>FFをやるためのオプションのPS3を

まさに私はGT5のオプションのPS3でした。ソフトがハード普及のけん引役ですね。VHSビデオデッキの普及が一気に進んだのも、あるジャンルのソフトが多大な寄与をしていましたし。

投稿: YUJI | 2010年12月 9日 (木) 21時18分

VHSと聞いて、現代の老人の話、昔、VHS1号機、3年払いで買いました。大好きな映画を我が家でとの思いで。 2時間テープが8千円しました。 アメリカ映画を1日借りると借り賃3千円でした。 我ながら嘘をいってる気がします。  タイマーも、リモコンもない頃でスタートには力がいる頃です。 携帯のタッチがままならいのが?

投稿: honest | 2010年12月 9日 (木) 22時12分

YUJIさん 皆さんこんばんは
>VHSデッキの普及
私が、大卒で最初に就職したのがシャープの協力工場で、VHSデッキのメカ部分の組立(組立ラインの監督と生産技術)をやってました。ちょうどテープをデッキの上からいれる方式からシャープの特許のフロントローディングを作りだした時分でした。レンタルビデオもまだVHSとベータの両方を陳列してましたが、人気ソフトがVHSにながれていくと次第にハードもVHSの天下になりましたね。honestさんが入手されたデッキは初号機だということなので私が扱ったよりもさらに古いタイプでテープは上からガチャと押し込むタイプだと思いますが・・・フロントローディングなりテレビ台の中にデッキを収納することができるようになり、デッキの普及に拍車がかかったと言われております。

投稿: マーボウ | 2010年12月10日 (金) 00時08分

YUJIさん、こんばんは
お久しぶりです。
PS3、GT5入手おめでとうございます。
私はいまだにPS2でGTがんばっています。
そろそろ、PS3が欲しいのですが、息子のもの優先で買えない状態です。
子供がゲームをバシバシゲームをやるころには、PS3やWiiの次の世代のものが出てるんだろうなぁと思うこのごろです。

投稿: bros | 2010年12月10日 (金) 00時23分

 マーボウさんたちの毎日の努力のおかげで今のラクチンがあるのですね。 有難うございました。  まだまだ頑張りましょう。  遊びながら。

投稿: honest | 2010年12月10日 (金) 01時01分

先日WOWOWで陽はまた昇る(URL)を見た所です。
(honestさんのように映画を撮るには)録画時間2時間が必須だとありましたがまさにそうですね。

> VHSビデオデッキの普及が一気に進んだのも、あるジャンルのソフトが多大な寄与をしていましたし。
私も3Dの普及の鍵を握っていると思ってます。

投稿: カズキ | 2010年12月10日 (金) 07時41分

>honestさん、おはようございます。

ビクターのVHS1号機!当時でも25万くらいした超高額商品ですね。夢のような道具だったと思います。ビクターのプロジェクトX見て泣けました。

通勤電車の中で映画が楽しめるこの時代、想像も付きませんでした


>マーボウさん、おはようございます。

やっぱり映画等のコンテンツをいち早く豊富に揃えたのがVHSの勝利の要因でしたね。

私も高校生の時に最初に購入したのがシャープのフロントローディングでした。懐かしいです。マーボウさんが監督されていた工場製品だったのかもしれません。

おかげさまで、テレビの下にすっきり収められました。


>brosさん、おはようございます。

PS3は発売後4年ですが、私にとってはビックリ性能でした。まだやり込む暇がありませんが、GT4の時点でかなりのレベルにあったことにも驚きました。ただ、一度にレースできるのが6台だったのが、今思うと寂しかったと思います。GT5でライバルが大量に増えたので、レースの面白味がグッと増したと思います。

>カズキさん、おはようございます。

裸眼3Dが一般的になれば、一気に普及が拡がりそうですね。カズキさんのご活躍が鍵を握っていますね。

GT5も3D対応ですが、あのメガネを掛けるテレビを買ってまで楽しもうとどうしても思えません。

投稿: YUJI | 2010年12月10日 (金) 08時08分

> カズキさんのご活躍が鍵を握っていますね。
3Dテレビに関しては単なるユーザーです。
鍵はやっぱりアレでしょう。(裸眼で裸体)

投稿: カズキ | 2010年12月10日 (金) 12時01分

カズキさん、それで語呂合わせもヒット間違いなし!

投稿: YUJI | 2010年12月10日 (金) 22時04分

年末年始、特に予定がないのでPS3とFF13をAmazonに発注してしまいました。
最近のサンタさんワンクリックでお願い聞いてくれるのですね。

投稿: カズキ | 2010年12月24日 (金) 10時07分

カズキさん、こんにちは。

PS3、FF13、有料のサンタさんからのプレゼント届きますね!
私のGT5の方は、工作そっちのけではまりそうで、ちょっとセーブしています。

投稿: YUJI | 2010年12月24日 (金) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50234624

この記事へのトラックバック一覧です: グランツーリスモ5のためにいまさらPS3? ハードもソフトも凄いぞ浦島太郎状態だ!:

« 「週刊零戦をつくる」第67号 手順間違え、羽布貼りなおしたのでヨレヨレに | トップページ | 「鉄道模型少年時代」第65号 フィギュア設置のお楽しみは後日 »