« ラーメンとうどんの屋台の電飾化改造 | トップページ | 分校の運動場の屋台村のテーブル照明取り付け »

2010年12月16日 (木)

「鉄道模型少年時代」第66号 のどかさを演出する農家の人々の設置です

6601

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の第65号です。

師走も半ばになって、仕事もさることながら、忘年会などで夜も忙しい日が続きます。平日の夜に時間が無い時は週末にまとめて工作したりするのですが、このところ、週末には家庭の仕事も待っています。ということで、なかなか趣味に割ける時間を確保できず、作業が進みません。明日も忘年会の予定が入っており、それも職場の会なので確実に帰宅が遅くなります。元来、宴会は嫌いじゃないのでトコトン飲んじゃいます。終電ヘロヘロ帰還では、工作もブログの更新も絶望的です。これから年末年始にかけて、たまに記事投稿が無い日があっても、何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

今日は何とか66号を引き取って帰ることが出来ました。どうせ今回も大した作業が無いという気楽さがあります。

6602

今回の付属品は、フィギュア③(農家の人々)です。
終盤のフィギュア配布のフェーズ第2弾です。今回を合わせて、このシリーズも残り10号となってしまいました。真面目にやっていれば、レイアウトはほぼ完成形になっているかと思います。
私は、まだトンネル山や川原の部分が手付かずなので、シリーズ終了後もしばらく作成を楽しめると思います。

6603

フィギュア12体です。米袋を運んでいたり、鍬を下ろしていたり、あぜ道に座って休んでいたりと、里山の長閑さを表現する農家の人々が様々なポーズを取っています。

6604

今回の付属品も、TOMYTECのジオコレと全く同じものです。ジオコレのザ・人間003「農家の人々」です。カラーリングも同等です。この農家の人々は大量に生産されたのか、よく模型屋さんの店頭では300円程度で安売りされています。今号は付録だけ見ると複雑な気持ちになるでしょうが、冊子の情報はなかなか楽しいので買い続けたいものです。特に、製作マニュアルのフィギュアの設置場所のセンスはなかなか良いとおもいます。存分に参考にさせていただきます。

6605

拡大してみると、ジオコレクオリティで甘い造型なのは仕方ありません、しかし初期のジオコレのフィギュアにしては、この農家の人々は味のあるスタイルをしていると思います。一目で農村光景とわかる格好ばかりです。設置場所にドラマが生れる要素が多分に含まれています。

6606

このレイアウトは小さいながらも、農家の人々を設置するのに似合う場所が結構あります。レイアウト左手前の農家の前の田畑が中心となります。

6607

駅前旅館裏のそば畑の周辺にも何体か設置したいものです。
もっと設置したければ、安いジオコレのフィギュアを足せば良いでしょう。同じ場所に、全く同じフィギュアを並べなければ気にならないと思います。

6608

かやぶき農家の庭の道路側には、小さな畑があります。僅かながら畝もあるので、製作マニュアルではここに鍬を持ったフィギュアを設置する旨、指示があります。なるほど、ここは気付きませんでした。

今夜も帰宅が遅くなったので、フィギュアを確認して作業を終了しようかと思いましたが、開封してしまったものを戻すのも面倒なので、農家の人々12体だけは今日設置してしまうことにしました。前号までに配布された駅周辺や神社の人々はまだ設置していません。神社の境内に設置した行灯が壊れてしまう等、電飾関係のトラブルが解決してから前号分の設置を進めようと思います。

フィギュアには電飾改造を施す必要が無いので、足元に接着剤を付けて地面に固定するだけです。気が乗れば、12体くらいは僅かな時間で設置できます。

6609

まず、製作マニュアルにもあった通り、農家の庭の道路側にある小さな畑に二人を配置します。鍬を下ろしている人と、しゃがんで種蒔きしている人です。あまり寄せて置くと、しゃがんでいるところに鍬を下ろされかねないので、かなり間を空けて設置しました。

道路と農家の敷地の境界に垣根かフェンスでも作ろうかと思っていましたが、フィギュアが良く見えるように開放的なままにしておきます。

6610

農家の門の前には、袋を担いでいる人を設置します。自転車を牽いて門を出て行こうとしている人と立ち話している感じです。製作マニュアルを参考にして配置していますが、自転車のライトの方向の関係上、向きが逆になっています。

6611

小さい方の柿の木の根元には、休憩しながら談笑している人たちを4人配置します。暑い盛りの農作業、たまに木陰に入って休憩しないとやってられません。
ただ、トマト畑には二人、中腰になって作業中です。

6612

中腰で作業しているフィギュアは、水田に設置すると全身が稲穂に埋まってしまいます。かといって、稲に浮かせて接着するのも気が進まないので、トマト畑の作業中とさせてもらいました。
そば畑も水田と同様、全身すっぽり埋まってしまうので配置できません。まるで沖縄のサトウキビ畑のようです。

6613

中に入ったら埋まってしまうそば畑では、旅館の裏のあぜ道で3人が談笑中です。
一休みしたら、背の丈よりも高い鬱蒼とした巨大なそば畑の中に入って格闘することになるのでしょうか。

6614

まだ大きな柿の木の下や、農道の先の踏切付近にフィギュアを設置できていませんが、今回付属の12体はあっという間に固定できました。人と人を寄せて設置することで、その場のシーンが妄想できるようなドラマが生れます。シリーズ付属のフィギュアを優先し、その他にも手持ちのフィギュアの設置を進めていきたいものです。

6615

ジオラマグレードアップ講座は、創刊号付属の車両のウェザリングテクニック紹介です。
そろそろ、完成レイアウトに車両を走行させるイメージが浮かんでくる頃です。前回までに建物はウェザリングしたものの、車両だけがピカピカでは違和感があるでしょう。今後の鉄道模型ライフに於いても、かなり参考になるテクニックの紹介です。
私は、トレビック模型さんにライトを仕込んでもらったキハ1001型を分解してまで改造する気が無いので、この車両のウェザリングはパスします。

6616

今回、盆踊りの櫓の自作方法の解説がありました。消しゴムを使用する、簡単な方法です。
自作ならば、このレイアウトに合わせた小型の櫓も簡単に作成できそうです。光らないながら、賑やかな提灯の設置も楽しそうです。

6617

私のレイアウトには、ジオコレの祭の櫓をドーンと分校の運動場に設置してしまっています。点灯する提灯を設置したいという思いからの製作ですが、運動場の大半を占拠され、屋台や遊具、樹木の設置に制限を来しています。自作の櫓ならば、コンパクトに出来たかもしれません。

6618

次号、第67号の付属品は、フィギュア④(祭の人々)です。12月23日の木曜日が天皇誕生日の為に、前日の22日の発売です。また、次号が年内最後の号となります。年末は1週お休みが入り、68号は年明けの1月6日の発売となります。
祭の人々のフィギュア、予告写真を見る限りはジオコレと同じものと思われます。夏祭りの光景を再現するのに欠かせない、浴衣姿のフィギュアです。参道の露店前に集中設置してしまうと12体くらいはすぐに消費します。足りない部分は市販のものを足せば良いでしょう。KATOからも浴衣姿の人たちのフィギュアが発売されています。

また、ジオラマグレードアップ講座では、川原の風景を賑やかにする、と称して、「中洲・いかだ・桟橋を作る」テクニックの紹介とのことです。予想していなかった展開に、大いに期待したいと思います。

前回はこちら
ラーメンとうどんの屋台の電飾化改造

次回はこちら
分校の運動場の屋台村のテーブル照明取り付け

|

« ラーメンとうどんの屋台の電飾化改造 | トップページ | 分校の運動場の屋台村のテーブル照明取り付け »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

このレイアウト、タイトルのように少年がテーマですよね。
またレイアウトで特徴的なのが鉄橋です。
少年と鉄橋とくればあの映画のワンシーンですよね。
このレイアウトでやってみたかった事があります。(URLに記事)
いまいちリアリティに欠けますが、そこは音と映像でごまかしています。

投稿: カズキ | 2010年12月16日 (木) 23時13分

カズキさん、おはようございます。

動画拝見しました。参考の映画の映像か、懐かしいな、と思っていたら、最後にカズキ少年が鉄橋を渡る場面が!

危ないってところで終わっているのが素晴らしいです。
鉄橋を眺めながら、ここを走って渡る自分を妄想していましたが、実際に再現されたことに敬服します。これで「動くのは電車だけ?」と言われなくて済みそうですね。

投稿: YUJI | 2010年12月17日 (金) 08時01分

本当は映画のように蒸気機関車でやりたかったのですが手持ちのKATOのC50はこのレイアウトを走らない事はないのですがあまり低速走行ができません。一応少年時代のオリジナル車両でという事で。

投稿: カズキ | 2010年12月17日 (金) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50315526

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道模型少年時代」第66号 のどかさを演出する農家の人々の設置です:

» 福岡出張に行くことになりました [【ブログ-22日】日々是好日(ALC Blog)]
年末のこの時期になっていきなり福岡に出張です。期間は一泊だけなのですが、ちょっと慌ただしいです。行き先が博多駅から歩いて10分程度と聞いたので、博多駅 格安ホテルを予約... [続きを読む]

受信: 2010年12月22日 (水) 05時26分

« ラーメンとうどんの屋台の電飾化改造 | トップページ | 分校の運動場の屋台村のテーブル照明取り付け »