« 「鉄道模型少年時代」第66号 のどかさを演出する農家の人々の設置です | トップページ | 電飾メンテはもぐら叩きのようです~神社の行灯の修復 »

2010年12月18日 (土)

分校の運動場の屋台村のテーブル照明取り付け

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の製作の話題です。

64号に付属してきたラーメン、うどんの屋台は、分校の運動場に設置して屋台村を構成します。このシリーズの試作品には無かったアイデアですが、夏祭りの雰囲気が広範囲にわたって続いた楽しい光景になりそうです。

01

前回、屋台本体のLED照明や点灯する赤提灯の取り付けなどは終わりました。しかし、屋台村の雰囲気を演出する橙色のLEDはもっと必要になりました。今夜は不足してきた横幅1.6mmの橙色1608タイプのチップLEDのケーブル取り付けから開始します。

屋台の一連の電飾改造にて使用しているのは、これまでに使用していた国産の日亜製の1608ではなく、恐らく中国製の同型の安物です。名古屋の大須の第一アメ横1階のアイテクさんで購入しました。安いのに、端子部分が外れる事故が少なくて歩留り率が高いスグレモノです。6個入り3セット購入しましたが、2セット消費した今の時点にて、不良品に遭遇しません。しかし輝度が低いので、ヘッドライトや建物照明、街灯等には不向きです。

02

64号には、ラーメン、うどんの屋台と共に、近隣に設置して屋台村を形作るテーブルやパラソル、椅子等が付属しています。紅白のパラソルと白いテーブルの方は、TOMYTECの市販品のジオコレのラーメン屋台にも付属していたものです。木製風のテーブルの方は、このシリーズのオリジナルカラー品となっています。

このパラソルの内側にLEDをつけてテーブル照明にしたいと思います。イメージとしては、パラソルの骨に裸電球がぶら下がっている雰囲気です。

03

電球がぶら下がっている様をそのまま表現するのは困難なので、LEDをパラソルの裏側に接着します。
このシリーズの、金魚すくいの露店の電飾改造の際に行った作業と同じです。LEDの光がパラソルの表側にまで少し透けている状態にしたいものです。

04

パラソルの裏側に、瞬間接着剤を使用してLEDを接着します。瞬間硬化剤を吹き付けて、強引に固めます。

05

LEDのケーブルを、パラソルの支柱に沿わせて接着します。支柱の先端部分はテーブルの真ん中の穴に挿し込むので、下部1mm程度は接着しないようにします。

06

支柱に沿わせたケーブルが目立つので塗装します。
支柱はシルバーに見えたので、手近にあったメタリックグレイを塗ってみましたが、少々濃すぎたようです。アルミシルバーくらいが適当でした。
でも、開き直って柱全体をメタリックグレイで塗ってしまえば問題無いでしょう。

07

テーブルに、ケーブルを通すための穴をあけます。直径0.6mm程度の小さなものにして目立たないようにします。

08

テーブルの裏側にケーブルを通します。
使用しているのは0.2mmのケーブルですが、実寸換算すると、直径30mmもの太いケーブルが2本もテーブルを突き抜けているわけであり、目立っていても仕方ありません。

09

支柱をテーブルに接着し、ケーブルもテーブル下側のパーツに這わせて瞬間接着剤で貼り付けます。

10

テーブル裏側のケーブルも丸見えなので、ホワイトで色入れしておきます。

11

茶色のテーブルの方は、ウッドブラウンにフラットフレッシュを少し混ぜて塗っています。レイアウトに設置してしまえば、このくらいで目立たないでしょう。

12

早速、テスター電源に接続して点灯実験です。
橙色の灯りは決して明るくありませんが、裸電球がテーブル上のうどんやラーメンを照らすには十分です。

13

上から見ると、LEDの灯りが多少パラソルから透けています。特に白い方のパラソルは、全体がオレンジっぽく輝いています。

14

これらのテーブルは、どちらがラーメン屋、うどん屋という区別無く、分校の運動場に設置して屋台村の構成物とする予定です。

配線を木製ボード裏面に通すために地面に穴をあけるのですが、丁度ラーメン屋台の真下くらいにボードの境目があって真っ直ぐ穴あけできない様子です。また、このあたりは配線の密集地なので、性急に事を進めず、慎重に作業を行わなければなりません。シリーズではしばらくフィギュアの配布が続くので、あらたな電飾改造はありません。じっくりと配線の構想を練ってから設置しようと思います。

前回はこちら
「鉄道模型少年時代」第66号 のどかさを演出する農家の人々の設置です

次回はこちら
電飾メンテはもぐら叩きのようです~神社の行灯の修復

|

« 「鉄道模型少年時代」第66号 のどかさを演出する農家の人々の設置です | トップページ | 電飾メンテはもぐら叩きのようです~神社の行灯の修復 »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん 今晩は
昨晩は、久しぶりの外飲みで日頃のストレスは発散されましたでしょうか?私は、今日も来客で、一日暮れてしまいました。
ジオラマ内も、屋台村が出店準備に大忙しでしょうか。盆踊りの人たちの、おなかを満たすのでしょうね。
処で、先ほどまで、NHK-BSの番組で、月光仮面の話題を放送していました。私も、当時2.3歳ですので、再放送の記憶か、リアルタイムの記憶か定かではありません。しかし、風呂敷マントで、祭りで買ってもらったセルロイドのお面を付けて遊んだ記憶は残っております。
先ほどの放送で知った情報・・主題歌の作詞はあの、森進一の(おふくろさん)の川内先生だそうです。どちらかといえば、お顔はどくろ仮面の様ですが・・・失礼しました。

投稿: マーボウ | 2010年12月18日 (土) 21時59分

こんばんは!今日私は恒例の模型資金稼ぎに行きました。今月もお蔭さまで何とかなりそうです。

夜には2週間分のフィギュアの取り付けを行いました。神社の辺りはかなり賑やかになりましたがまだこれから祭の人々が配分されますが自分で買った分で既にいっぱい感があります。さらに自力調達が1セットと配分分が1セットとどこに置くか悩み所です。屋台にでも行って貰いましょうか・・・

投稿: 三日月 | 2010年12月18日 (土) 23時44分

マーボウさん、月光仮面ネタなので割り込まさせてもらいます。
川内康範は作詞どころが月光仮面の原作者だったと思います。
巨人の星もそうですがなぜか怖そうな顔の人が多いですね。

投稿: カズキ | 2010年12月19日 (日) 10時11分

>マーボウさん、こんにちは。

結局、金曜日の夜は早めに切り上げたのに、電車を乗り過ごして結局終電タイムになってしまいました。週末も何かと忙しく、ゆっくり休んだり工作したりしていられません・・・。

川内康範先生、亡くなってしまいましたが、月光仮面をはじめ多くの業績残されましたね。テレビのヒーローモノの嚆矢の月光仮面の影響は、今の番組にも生きていますね。
私は仮面ライダーやゴレンジャーくらいからの世代ですが、みんな川内先生の月光仮面が源流のように思えます。

森進一の度重なる無作法に対し、最後まで頑なに筋を通されたのに、亡くなった後、遺族があっという間に歌詞の使用に合意してしまったのにびっくりしました。


>三日月さん、パチンコ・スロット(でしたっけ?)お疲れ様です。

フィギュアの設置は楽しいですね。あっという間に出来る、なんて言いながらも落ち着いて取り付けないと立ってくれないので、なかなか手が出せません。

参道の露店周りや運動場の屋台村は賑やかにしたいものです。私の方は、境内の行灯の修復が終わったので、ようやく神社の人々を設置できそうです。


>カズキさん、こんにちは。

月光仮面の話題といえば、三輪車で失踪するカズキ少年ですね。雑貨店2階のテレビではずっとオープニングが流れているはずですし。
川内先生、とにかく低予算でつなぎの番組を頼まれて、あの月光仮面を作ったとのことですね。

月光仮面は見ませんが、最近昔のヒーローもののグッズが発売されていますが、熟年世代ターゲットなのでしょうか。また、BS11で日曜日の19時からウルトラマンのシリーズが放送されています。何となく毎週見てしまいます。

投稿: YUJI | 2010年12月19日 (日) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50226958

この記事へのトラックバック一覧です: 分校の運動場の屋台村のテーブル照明取り付け:

« 「鉄道模型少年時代」第66号 のどかさを演出する農家の人々の設置です | トップページ | 電飾メンテはもぐら叩きのようです~神社の行灯の修復 »