« 「鉄道模型少年時代」第67号 今年の最終号です | トップページ | 日本人のショパン好き考に博物館収蔵車両と金ピカC62(小) »

2010年12月23日 (木)

校庭の屋台村の電飾点灯です

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の製作の話題です。

01_2

前回、分校の校庭にラーメン屋とうどん屋の屋台とテーブル2セットを設置して、屋台村を作りました。このシリーズの試作品では無かったアイデアですが、夏祭りの雰囲気が盛り上がり、非常に効果的な演出だと思います。今夜はLEDのケーブルを接続して点灯させる予定です。

私のレイアウトでは結構窮屈になってしまいましたが、何とか神輿倉の前まで使用して屋台村が形成できています。

02

この屋台村の位置は、丁度木製ベースのジョイントの中央部に位置しているので、配線をベース裏面に通すのに苦労しています。一部の配線は地面を這っており、それを隠すために上からバラストを撒いてあります。バラストに浸透させたボンド水溶液はすっかり乾燥して、ケーブルも見えなくなりました。

03

屋台村には、屋台2台の赤提灯と天井の行灯、テーブル二組の傘の裏と、合計6個のLEDを使用しています。3個一組直列接続するために、2回路作成することにします。

04

屋台1台とテーブル一組ずつ2回路作成し、それぞれに15mAのCRDを挟み込みます。2回路をひとまとめにしてピンヘッダを付けたケーブルを半田付けして12V電源に接続します。いつもの慣れた作業ですが、CRDを逆向きに取り付けたり、LED配線の極性を間違えたりしてストラクチャーに取り付けたLEDをパーにする事故があるので緊張する瞬間でもあります。

05

30分程度で配線作業は終わり、点灯実験です。
この2台の屋台の赤提灯には、こばるのキットを使用しています。赤いプラスチックの無塗装なので、非常に明るく輝いています。周囲の祭の提灯と比べてひときわ明るく、お客を引き寄せる誘蛾灯のようです。

06

屋台村の電飾により、この一角が非常に明るい空間になりました。橙色のLEDの暖かい光と相まって、楽しい雰囲気を醸し出しています。提灯だけでなく、屋台内部にも照明を施してよかったと思います。

07

ただ夏祭りの時期なので、ラーメン屋うどんよりもかき氷の屋台が欲しかったところですが・・・。今から旗だけ無理やり作ってうどん屋さんに吊るしましょうか。

08

手前の盆踊りの櫓の周囲にフィギュアを多数配置させれば、この校庭の一角の賑やかさがアップすることでしょう。

09

神社の参道の露店から、今回の屋台村、そして盆踊りの櫓まで続く暖色系の電飾が、このレイアウトを特徴付けるものになっているようです。

前回はこちら
「鉄道模型少年時代」第67号 今年の最終号です

次回はこちら
農家の庭の縁台将棋の名勝負?

|

« 「鉄道模型少年時代」第67号 今年の最終号です | トップページ | 日本人のショパン好き考に博物館収蔵車両と金ピカC62(小) »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

ぜひ帰ってみたい世界です。放し飼いの犬、猫、鶏は、など人事なので贅沢をいってみたくなります。

投稿: hohest | 2010年12月23日 (木) 21時21分

honestさん、おはようございます。

放し飼いの動物たち、是非設置したいですね!ジオコレの手頃な犬猫が出ることを願っています。

鶏や犬の鳴き声のサウンドも欲しくなります。

投稿: YUJI | 2010年12月24日 (金) 07時44分

間違ってたらゴメンなさいm(_ _)m
校庭にある盆踊り(?)用のやぐらのまわりに
将来的に人が輪になって踊ってる様子を
表現するのでしょうか。?
きになったのでしつもんしちゃいました。
すいません。。。。。。

投稿: マッキー | 2010年12月24日 (金) 10時50分

マッキーさん、こんにちは。

仰るとおり、盆踊りしている方々を配置します。櫓のセットに入っていた12人に加え、ジオコレのフィギュアも買い足しています。
屋台村が出来てからと思っていたので、そろそろ着手しても良さそうですね。

投稿: YUJI | 2010年12月24日 (金) 12時51分

まったく関係ないですが、アメリカの映画のサイト IMDBをいじっていたら、YUJIが442人、KAZUKIが150人がヒットしました。 私のMASANAOわわずか21人でした。おさがわせしました。

投稿: honest | 2010年12月24日 (金) 15時16分

YUJIさんは有名人がいっぱいいらっしゃるでしょうね。(ご本人も含めて)
KAZUKIは映画関係では大森一樹(字も一緒)監督がいます。(代表作ヒポクラテスたち)
あと有名どころで小堺一機、えなりかずき・・・

投稿: カズキ | 2010年12月24日 (金) 17時14分

私がなりたくなかって、命に関するヒポクラテス、おかげで思い出しました。

投稿: hohest | 2010年12月24日 (金) 20時54分

PS 私、老人は現在いは健在ですが、ドクターにヒポクラテスの誓いの話題をしますと・・・・・セカンドオピニオンが大事ですね。

投稿: hohest | 2010年12月24日 (金) 21時09分

こんばんわYujiさん いろんな場所に電飾化されてますねとっても、楽しそうですね。私が、今住んで居る場所は,とても 田舎で、なかなか、いろんな物が、揃いにくい所です。それでも、ネットで仕入れたりしています。今の所は、旅館裏に、温泉作りをしようと思っています。でも本誌にも載せてあったのを、ぱくろうかと、幾らかは、アレンジしていこういうとは、思っております。最初は、旅館裏から、神社まで、ロープウェイを作る予定でしたが、やめましてた。余り造形に合わないと思い旅館裏に温泉作りをしてみようかとおもいます。他に、何かいいアイデアが、あると参考になります。どうぞ宜しくお願いします。

投稿: いっしっー | 2010年12月24日 (金) 22時47分

皆様、メリークリスマス!
今夜は冷えますが、お元気にご家族とお過ごしのことかと存じます。

ただいま帰宅しました。このところ毎日忙しく、工作進まず日記も滞って申し訳ありません。

今夜は忘年会や飲み会ではなく、妻のコンサートです。終了後にたくさんお土産頂戴した後、挨拶などしてバタバタ帰宅し、これから夜食です・・・。

妻は明日も明後日もショパン弾く仕事があるようで、留守番の間に少しは工作手がけたいものです。でも、明日、明後日も何かと忙しくてあまり家に居りません。

>honestさん、こんばんは。

>IMDBをいじっていたら、
“honest”で検索すると1件のみヒットしますね。ひょっとしてご本人でしょうか。

>カズキさん、こんばんは。

ご存知レーサーにも2名おられますし、国際的に有名な方が多いですね!


>いっしっーさん、こんばんは。

旅館裏の温泉ネタは楽しいですよね!冊子に載っている読者の方の作品の健康ランド的なものにはびっくりしました。基本を損ねずに、あそこまで作り込む感性に敬服です。

私は29日頃まで超多忙のために、年末年始休暇まで工作お預けかもしれません。

投稿: YUJI | 2010年12月24日 (金) 23時24分

YUJI様 皆様 メリークリスマス
YUJIさん 奥様のコンサートのお手伝いご苦労様です。
>旅館裏の温泉ネタ
私も庭園露天風呂に改造しましたが、冊子の読者にははるかに作り込みが足りません。ブルーのライトと言い敬服物ですね。
私はというと今夜は、妻の用意したクリスマスディナーとスパークリングワインの飲みすぎ(フルボトルを開けてしまいました)でまだほろ酔い気分です。明日は又、大掃除要員として妻の采配で動かされます。直販は年末は、配送がないようです。昨日も配送がありませんでした。

投稿: マーボウ | 2010年12月24日 (金) 23時57分

YUJI様 

☆メリークリスマス☆
大変なご無沙汰ですみません!早いもので2010年も後一週間!鉄道模型少年時代」第67号今年の最終号ですかだいぶ進みましたね!いつも見てもYUJIさんの細かい工作は感動すら覚えます。残り23号?5月頃が完成ですか?また完成イベントが楽しみです。イブは奥様のコンサートなんて羨ましいです。
うちはケーキ職人なんでこの時期が超過密みたいです。くたくたで自作ケーキ2個をもって帰って来ました。僕はクリスマスといっても普段どおりのレモン生絞り焼酎です。ケーキはねえ~
鉄道模型は少し休んでたんですが冬なんで一部ですが雪景色なんかやっちゃいました。モーリンの雪材料高いんで630g×4本でやめました。
益々のご活躍を!!

投稿: 湘南急行鉄道物語 | 2010年12月25日 (土) 08時09分

昨日はサンタさんはやってきませんでした(いくらAmazonでも当日は無理か)
そういえば今年、あまりいい子にしてなかったからなぁ。

という訳でゲームはお預け、工作をやってます。
一応バスの自動往復ができました(URL)
ここでもお馴染みのアレを使っています。

投稿: カズキ | 2010年12月25日 (土) 09時27分

PS.
サンタさん今やってきました。
普通サンタは子供に見つかったらヤバいですが、このサンタ、カミさんに見つかったヤバいです。

投稿: カズキ | 2010年12月25日 (土) 10時47分

>マーボウさん、こんにちは。

大掃除、お疲れ様です。クリスマスの朝は冷え込みましたが、良い天気なのでお掃除日和ですね!きっと昨夜のワインも飛んでいることでしょう。

旅館の露天風呂、しっとり落ち着いた温泉旅館風と思っていたのに、あの健康ランド風はびっくりでしたね。作成する方それぞれの思い入れが詰まったレイアウト、きっと同じものを使用しているのに仕上がりが全く異なりそうです。

>湘南急行鉄道物語さん、お久し振りです。お元気で何よりです。

湘南急行鉄道物語さんのレイアウトはいつも羨ましい限りのスケールで、小さなミニレイアウトをチマチマ作っている私から見ると世界が異なるように感じています。雪景色を作るだけでも資材が大量に必要ですね!

奥様がケーキ職人とは、まさにこの時期超多忙ですね。私もお酒の方が良いのでケーキは一口食べる程度ですが、昨夜は町のあちこちで山積みにして売られていると、一つ買って帰らねばならないような気になってしまいます。

今週末も工作進みそうにありませんが、無理せず続けております。
よろしくお願い申し上げます。


>カズキさん、こんにちは。

点発珍でバスの自動運転制御ですか!これは素晴らしいですね。レイアウトの道路部分に動きが出て楽しい光景です。頭の中がアイデアの宝庫ですね。

サンタさん、クリスマスの朝にやってきましたね!奥様と鉢合わせにならず、何よりです。今頃、オンライン設定やソフトのアップデートなどサクサク進まれていることと存じます。
私のPS3、GT5の点数稼ぎの為に、連射パッドを使用して24時間自動運転中です。なんだかなあ・・・こんなんでゲームって言えるのか、と思いますが、そうしないとお金(ゲーム内の)が貯まらなくてレースカー買えないのです。

投稿: YUJI | 2010年12月25日 (土) 11時25分

たまには失敗も記事にしないとという訳ではありませんが、バスの自動往復の改良少しつまづいてしまいました。(URL参照)
今回は時定数とか慣性の法則とか記憶の彼方に行ってしまったような事を書いてしまいました。
それにしても読者プレゼントのキハ2100型はいい車両ですね。

投稿: カズキ | 2010年12月29日 (水) 17時31分

カズキさん、こんばんは。

バスの自動運転の改造、お疲れ様です。失敗というより、理想の動きを求めてどんどん精度を上げておられるように感じます。おもりとして乗せたボルトが妙に似合っているのが以外です。このまま除夜の鐘を突きそうです・・・。失礼しました。

投稿: YUJI | 2010年12月29日 (水) 21時48分

> このまま除夜の鐘を突きそうです・・・
そういえば明日ですね。
レイアウトに除夜の鐘もいいかなと、何か鐘になりそうなものと見渡したところ真っ先に砲弾型LEDを思いつきました。実測した所5mmでスケール換算すると75cm、かなり小ぶりです。
通常は1.5~2m位で東大寺の鐘にいたっては3.8mもあります(Nゲージでも相当でかい)
しかしこのレイアウト、お寺でなく神社でしたね。

投稿: カズキ | 2010年12月30日 (木) 15時35分

LEDの形状が釣鐘にそっくりとは、全く気付きませんでした。
このレイアウトでも、トンネル山の上に山寺の光景を作成すれば、鐘突堂も設置できますね。本堂は奥にあるということにすれば、設置したい鐘突堂だけ置けそうです。3mmLEDだと半鐘といった感じなので、5mm以上のものになりますね。

東大寺の鐘、Nゲージでも 25.3mmですか。やっぱり凄い!

投稿: YUJI | 2010年12月30日 (木) 22時19分

YUJIさん カズキさん こんばんは
>トンネル山の上に山寺の光景
ジオコレの鐘楼や山門載せてみましょうか?
案外いけるかもです・・
YUJIさんのトンネル山は、黄金の大仏が鎮座されてましたが・・?
LEDの形状確かに似てますね。砲弾型ではなく釣鐘形?

投稿: マーボウ | 2010年12月30日 (木) 23時08分

マーボウさん、こんにちは。

黄金の大仏様は、今でもたまに白いままのトンネル山に乗せて遊んでいます。大仏様には申し訳ないながら、一気に俗っぽくなってしまうのが面白いです。
レイアウト中では巨大に見える大仏様ですが、実物換算だと半分にも満たないスケールです。東大寺、とにかく巨大です。

投稿: YUJI | 2010年12月31日 (金) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50351789

この記事へのトラックバック一覧です: 校庭の屋台村の電飾点灯です:

« 「鉄道模型少年時代」第67号 今年の最終号です | トップページ | 日本人のショパン好き考に博物館収蔵車両と金ピカC62(小) »