« 「鉄道模型少年時代」自動車のライト結線と点灯実験 | トップページ | 「鉄道模型少年時代」第66号 のどかさを演出する農家の人々の設置です »

2010年12月15日 (水)

ラーメンとうどんの屋台の電飾化改造

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の製作の話題です。

01

64号に付属してきたラーメンとうどんの屋台を電飾化改造しました。
この2台の屋台は、分校の運動場に設置して、夏祭り時期の屋台村を演出することになっています。どちらも市販のジオコレのラーメン屋台の金型を使用しています。このシリーズオリジナルのうどん屋台がなかなか良く出来ていると思います。

赤提灯を灯して、屋台村の雰囲気を盛り上げたいものです。

02

屋台の内部には、白い行灯状の照明が見えます。ここにもLEDを仕込んで、屋台内部を照らす予定です。基本的な作業は、おでんの屋台の改造と同じです。

03

この屋台は完成品の状態で付属しています。電飾改造には分解することが必要です。
マイナスの精密ドライバーを使用して、パーツを壊さないように気をつけてゆっくり分解します。屋根部分をばらすことが出来ませんでしたが、屋台は上下に分けられました。まあ、これで何とかなるでしょう。

04

屋台の提灯は、屋台の下部に取り付けられているので、ゆっくり外します。

05

点灯化改造したこばるの提灯は、この屋台の大きさにピッタリです。全体に大作りで造形が甘いジオコレクオリティに比べて、こばるのアクセサリーは非常に細かく良く出来ています。パーツの精度が大きく異なりますが、提灯を交換したくらいではそんなに気にならないと思います。

06

屋台の天井部分の行灯の中にチップLEDを埋め込む為に、直径2mmのドリルを使用して途中まで穴をあけます。

07

屋根部分を分解することが出来なかったので、横からチップLEDの配線を出すように加工します。使用しているチップLEDは、1608タイプの橙色のLEDです。白色LEDと異なり高輝度ではありませんが、それでも屋台の照明には十分です。

08

LEDの発光面をこちらに向けてから、穴をLEDごとゼリー状瞬間接着剤で埋めます。

09

二つの屋台とも、同様に天井の照明を固定しました。
瞬間接着剤が乾燥して白化してくると、それも行灯の風合いに見えなくはありません。

10_2

赤提灯を、屋台ののれんの横に接着します。

11

天井の灯りと、赤提灯のLEDの配線を直列接続します。

12

LEDの配線は、屋台の下部から地面に引きとおすようにします。
屋台の厨房側のカウンターから屋台の両方の車輪にケーブルが通るように、斜めに穴をあけました。

13

柱に沿わせたポリウレタン線が目立つ箇所のみ、軽く塗料で色入れします。
ラーメン屋台はよく使用するフラットブラウンでOKですが、うどん屋台にはピッタリの色の塗料を持っていません。少し濃い目ですが、ウッドブラウンを塗っておきました。

14

二つのLEDを直列接続したケーブルを屋台の下部に引き通します。

15

屋台の柱部分とカウンターとを接着して、屋台の電飾改造は終了です。屋台からはケーブルが2本ずつ出ているだけなので、地面にあける穴は直径0.5mm程度の小さなものでOKです。

16

早速テスター電源に接続して点灯実験です。
こばるの提灯セットは非常に明るく灯ります。運動場の良いアクセントになりそうです。

17

屋台内は、提灯よりもかなり赤っぽい灯りが灯っています。提灯とのコントラストが楽しく、これはなかなか良い出来となりました。

これらの2台の屋台の運動場への設置は、配線の穴あけやテーブルなどのアクセサリーの仕上げを行ってからとなります。しばらくは大切に保管しておきます。

前回はこちら
「鉄道模型少年時代」自動車のライト結線と点灯実験

次回はこちら
「鉄道模型少年時代」第66号 のどかさを演出する農家の人々の設置です

|

« 「鉄道模型少年時代」自動車のライト結線と点灯実験 | トップページ | 「鉄道模型少年時代」第66号 のどかさを演出する農家の人々の設置です »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

おいしそうなA級グルメの屋台たち、完成した暁には踏破したいとおもいます。 酔っ払ても里山から熊本に帰るのには1秒ですみますね。車で帰ります。 道をあけておいて下さい。フェラーリですよ。

投稿: honest | 2010年12月16日 (木) 00時17分

おでん屋で痛飲した後の締めはうどんorラーメン、YUJIさんはどっち?(笑)

投稿: 三日月 | 2010年12月16日 (木) 01時18分

>honestさん、おはようございます。

デアゴのフェラーリでご帰還されるhonestさんのために、校庭の屋台村はお酒を供さない予定でしたが、既におでん屋さんで一杯飲んでおられるようですね。道は渋滞中なので、酔いが醒めるまで、お神輿の通過をしばしお待ちください。

>三日月さん、おはようございます。

私はお酒の締めに、麺類頼んでもつゆだけ飲んで仕舞いです。飲まれない三日月さん、飲んだ後の麺類楽しまれる方々と、屋台村のお席はご一緒させていただきます。

投稿: YUJI | 2010年12月16日 (木) 07時50分

一年ぐらいに渡って、そう少年時代
が発売した頃からです〜。
楽しく拝見させて頂いております。

自分も作成してますが、標準的な
工作が精一杯で。。。。

とても素晴らしく、また、教えて頂けるようなブログこれからも拝見させて頂きます。o(^▽^)o

投稿: マッキー | 2010年12月16日 (木) 09時27分

マッキーさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

このシリーズも終盤になってきましたね。何とも寂しい限りです。週刊パートワークをネタにアレコレ遊ぶのは楽しいものです。何か次のネタがあれば良いのですが・・・

今後もよろしくお願い申し上げます。

投稿: YUJI | 2010年12月16日 (木) 12時45分

Yujiさんこんにちは。すごいですねほぼ電装化ですね。私なりにぼちぼち電装化してますが、なかなか作業が進みません が、お正月から、やる積もりではいます。最近面白い物を見つけまして電話ボックス エコーモデル 未塗装があったんですが、サイズがわからず、購入するのをやめましたサイズがわかれば、購入すると思います。

投稿: いっしっー | 2010年12月16日 (木) 17時02分

こんばんは!

いっしーさんへエコモデルのは多分HOスケールだと思います。私も買おうかと調べて見てがっかりしたもので。

余計なフォローごめんなさい。

投稿: 三日月 | 2010年12月16日 (木) 21時28分

>いっしっーさん、こんばんは。

お正月休みが工作のチャンスですね!私も色々と計画しています。

エコーモデルさんは素晴らしいストラクチャーを作成しておられますね。もしNゲージのストラクチャーだったら、私も即購入です。

>三日月さん、こんばんは。

仰るとおり、エコーモデルさんは調べてもHOしか出てきませんね。もしHOでレイアウトを作成していたら使用したいものばかりです。フィギュアも楽しいですね。

投稿: YUJI | 2010年12月16日 (木) 22時18分

Yujiさん三日月さん感動です調べていただき有難うございます。なかなかサイズがわからず、苦戦してるしだいで お手本になるか、目安になるものでもあれば嬉しいなです。またいろいろ参考にさせていただきます。有る意味段々真似事のような気がしできました。自分なりにやってるつもりがトホホ。

投稿: いっしっー | 2010年12月16日 (木) 22時59分

いっしっーさん、おはようございます。

私はエコーモデルさんの商品を買ったことが無いのですが、雑誌等に取り上げられているのを拝見すると、素晴らしい作品ばかりですね。

正月休みの作業進行に期待しましょう。

投稿: YUJI | 2010年12月17日 (金) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50208059

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンとうどんの屋台の電飾化改造:

« 「鉄道模型少年時代」自動車のライト結線と点灯実験 | トップページ | 「鉄道模型少年時代」第66号 のどかさを演出する農家の人々の設置です »