« 「週刊零戦をつくる」第70号 フラップにも外板貼ることにて落着! | トップページ | コロネットのコンサート前の鉄板スパゲティー »

2011年1月 9日 (日)

父親の一周忌法要は、森伊蔵がお供えとなりました

昨年1月16日に逝去した父親の一周忌法要を本日執り行う為に、昨朝より実家にて準備を進めていました。よって工作はおろか、日記どころではなく、ついつい記事内容もサボり気味です。法要を斎場で行えば楽なのでしょうが、大げさなことを決して望まなかった父親のことを思うと、大好きだった実家で行いたいものです。でも、お客様を迎える準備、料理屋への移動など、やらねばならぬことは多岐に亘ります。しかも予期せぬ来客分までの食事や手土産の緊急追加手配などハプニングは付き物で、今回も滞りなく行事をやり遂げた達成感と共に、少々グッタリしています。

明日も妻のコンサートのサポートがあり、夜は打ち上げ食事会を予定しており多忙です。今夜は父の思い出とともに昨夜飲んだお酒の話題しかなく恐縮です。

晩年の父は本格芋焼酎が好みで、病状が進むまでは毎日少しずつお湯割にして楽しんでいました。その中で、大威張りで見せてくれたのが、「森伊蔵」というプレミアム焼酎です。何でもそこらの酒屋さんでは一升瓶1本で3~4万円で売っているとのこと。しかし、蔵元の定価は送料を入れても3~4千円とのことで、それを抽選に当たって定価で手に入れて威張っていたのです。当然、おだてて私もご相伴に預かりました。とてもすっきり香り高くて旨い!

01

昨日の法要を前にして、父の芋焼酎好きをご存知の方が下さった森伊蔵、命日まで仏壇に供えておこうと思ったのですが、皆様で飲んで欲しい、とのことなので、父を偲んで家族で昨夜父親の思い出と共に存分に楽しませてもらいました。

そういえば、昨年のお葬式でも、末期の水の代わりにコニャックのレミーマルタンルイ13世を使ったなあ、と思い出し、つくづくお酒好きだったということかもしれません。天国でも銘酒に囲まれて、楽しくやっていることでしょう。全く夢にも出てきてくれないのもその証拠かもしれません。

02

せっかくの好物焼酎、命日より早く飲んでしまってすみません。いつか天国で再び飲み交わせることを祈って、献杯。

|

« 「週刊零戦をつくる」第70号 フラップにも外板貼ることにて落着! | トップページ | コロネットのコンサート前の鉄板スパゲティー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前にもコメントさせていただいたぴん太パパと申します
昭和の…の頃より愛読させていただいております
少年時代は書斎と、定期購読を頼んでいる書店に山積みです
私自身老後の楽しみとボケ防止のためにピアノを習い始めて二年目…
そういった点でも勝手にyujiさんに親近感を覚えて毎日読み逃げしていました

今ではネット犯罪の道具にもなってしまう森伊蔵ですが
そうですか~、お父上は蔵元から直接買ったことを自慢されましたか
それはお父上のお人柄と人格をあらわす良いお話ですね
一際美味い酒だったことでしょう

私自身は工作が進まないくせにyujiさんの更新を楽しみにしております


投稿: ぴん太パパ | 2011年1月 9日 (日) 22時54分

ぴん太パパさん、お久し振りです。

森伊蔵、なんともふくよかな香りなのにすっきりとしていて、つい飲みすぎてしまう旨さでした。父を偲んで、思い出して下さる方がおられるということに、改めて多くの方に愛されてたということを感じました。

私も連休中には全く工作が進みません。今日はこれからコンサート会場となります。普段と変わらない本人よりも我々周りがドキドキしています。

投稿: YUJI | 2011年1月10日 (月) 10時12分

森伊蔵せっかく当たったのですが森伊蔵の口座番号が
わからず振り込みできず、まだ受け取れていません。
助言をできればお願いいたします。
       わき

投稿: せごどん | 2011年2月 8日 (火) 13時30分

せごどんさん、こんばんは。

実は私、自分で購入したことが無いので抽選の仕組みがわかりません。ネットよりも電話で尋ねられたら如何でしょうか。
無責任にてすみません。

投稿: YUJI | 2011年2月 8日 (火) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50538500

この記事へのトラックバック一覧です: 父親の一周忌法要は、森伊蔵がお供えとなりました:

« 「週刊零戦をつくる」第70号 フラップにも外板貼ることにて落着! | トップページ | コロネットのコンサート前の鉄板スパゲティー »