« 瞬間接着剤でのフィギュア固定は慎重に! | トップページ | 雪景色のトンネル山を緑いっぱいにする計画開始 »

2011年1月16日 (日)

「鉄道模型少年時代」フィギュア設置!やたらとペアの多い高校生とおまけです

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の製作の話題です。

現在69号まで進行しているこのシリーズは、次回の70号の観光客のフィギュアの配布にて全てのフィギュアが揃います。雪降りにて出かけられないので、一気に69号までのフィギュアを片付けておこうと思います。69号付属の高校生は、市販品のジオコレの高校生と同等品なので、ジオコレのものも足して数多く設置したいものです。

ただ、このフィギュアのセットは男女比が1:2と、やたらと女子生徒が多い配分です。男性としては嬉しい環境です。どうしても男女ペアで設置してしまいそうになります。冊子の製作マニュアルでも、ペアでの設置が多く見られます。

01

まず、夏祭り会場に設置した高校生たちです。参道のたこ焼きの露店の前の男女です。ここは格好良く、男子が奢ってあげるという設定でしょう。男子の方が一歩露店に近づいています。

02

レイアウト手前の稲荷神社にてデート中の男女です。
賑やかな祭り会場から離れて、静かなところでおしゃべり中です。甘酸っぱいような、高校生の頃の思い出が過ぎります。

03

神社の境内で、絵馬掛けに絵馬を掛けている女子生徒の横に男子生徒を立たせます。背中に手を回してたりして、何とも仲睦まじい光景です。暑い最中に女子だけ冬服なのはご愛嬌です。
これら3組のペアは、いずれも製作マニュアルのまんまの配置です。編集部でもきっと意識して男女ペアを作ったのかと予測します。

04

以降はオリジナル配置ですが、神社の境内にはもう一組の男女を配置しています。ちょっとシャツのボタンを多く外して胸を開けて格好つけた男子の腕を取る女子。チョイワルに憧れる年代でしょうか。
ちなみに、この二人の右下には、本ワルのツッパリたちがいます。

05

参道の奥のカルメ焼きの露店の前にも男女二人組みがいます。やたらとカップル率の高い高校生たちです。これだけカップルだらけならば、二人連れで歩いていてもからかわれたりすることは無いでしょう。安心して二人で仲良くして欲しいものです。

06

駅のホームの端には、男女4人組のグループが談笑中です。駅前雑貨店で買い食いして楽しんだ後、列車に乗って帰るところです。

ホームへの設置には、瞬間接着剤を使用しました。ほんの少量なので、白化することはありません。

07 

列車通学する高校生たちを配置すると、駅前周辺の情景が活き活きして来るようです。

08

彼女無く、友達と一緒でもなく、一人でバス停で佇む男子生徒です。
別に寂しいわけではありません。他にバスに乗る生徒がいなかっただけでしょう。

09

近所の主婦たちと一緒に、石焼いも購入中の女子生徒もいます。
色気よりも食欲です。

10

座り姿勢の女子2名は、校庭の片隅のベンチに座ってもらいました。
仲良し二人組みというよりは、ちょっとよそよそしい感じです。

11

高校生とは関係ありませんが、もう一組ペアを設置しました。少々おふざけ気味ではあります。
祭り会場から外れて、露店の裏側のイチョウの木の下に隠れるようにしています。

12

おやおや、熱いラブシーン中です。暑い祭り会場の片隅にて、さらに熱い情景が繰り広げられていました。
このフィギュアはもともと金髪でしたが、あまりにレイアウトの情景に合わないので黒髪にしました。でもまだやたらとバタ臭い二人です。

13

二人は隠れているつもりながら、実は駅からは丸見えなのです。
「ねーあの人たちキスしてるよ!」
「これ、見ちゃいけません!」
等といっている親子を設置したいものですね。

前回はこちら
瞬間接着剤でのフィギュア固定は慎重に!

次回はこちら
雪景色のトンネル山を緑いっぱいにする計画開始

|

« 瞬間接着剤でのフィギュア固定は慎重に! | トップページ | 雪景色のトンネル山を緑いっぱいにする計画開始 »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

私も今日、高校生設置しました。
やたらカップルが多いですね。高校時代、恋愛落ちこぼれ組の私は「そんな訳ないやろ」と思いつつ指示通りにしましたが、このレイアウトの作者が私のような境遇で昔の願望でこのレイアウトを作ったとか。

NATOCのデータ用にレイアウトの平面を撮影しました。本当はもっと綺麗なレイアウトを撮影すべきなのですがそこは作者のコダワリということで・・・
今まで創刊号のグラビア写真を使っていたので見比べました。
全体的にあまり変わっていませんがバス以外の乗り物が増えた事と前は小学校の校庭に屋台村がありませんでした。

投稿: カズキ | 2011年1月16日 (日) 17時21分

カズキさん、こんばんは。

製作マニュアルの高校生のカップル率も凄いものですが、私のは更に増やしてしまいました。キスまでしている状況です。

地方や学校にも寄るでしょうが、こんなにカップルだらけってのは当時は考えられませんし、公認のカップル以外が祭りの日にデートしていたなんて知れたら、翌朝噂になってからかったものです。私はといえば、やっぱりからかった側でした。羨ましさもあったのでしょう。

確かに、シリーズ創刊号の試作品には屋台村がありませんでしたね。今では重要なアクセントになっています。

投稿: YUJI | 2011年1月16日 (日) 21時18分

今は独身の私、あの瞬間に戻ることを期待してセンチメンタル・ジャーニー号の汽車・里山直行便、 all aboard です。

投稿: honest | 2011年1月17日 (月) 22時01分

honestさん、おはようございます。

あの瞬間に戻って、試験があることだけが苦しいです。でももうちょっと真面目に勉強してたらモテたのかもしれません。

レイアウトの中の青春は永遠です。

投稿: YUJI | 2011年1月18日 (火) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50602541

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道模型少年時代」フィギュア設置!やたらとペアの多い高校生とおまけです:

« 瞬間接着剤でのフィギュア固定は慎重に! | トップページ | 雪景色のトンネル山を緑いっぱいにする計画開始 »