« 「鉄道模型少年時代」第71号 側面パネルは頑丈な塩ビ板でした | トップページ | 久々の休みの週末グロッキー・・・側面パネル隙間塗装もヨレヨレ »

2011年1月28日 (金)

踊る阿呆に見る阿呆!フィギュア追加設置を進めています

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の製作の話題です。

このシリーズは、既にレイアウトのストラクチャーやアクセサリーの配布は全て終了しています。後はレイアウトを展示に値する体裁に整える作業です。最後の2号にはオリジナル車両が付属します。長く続けてきたレイアウト作成も、終了に近づいていることを感じます。

01

シリーズを購入するだけでもたくさんのフィギュアが付属してくるので、あえて自前のフィギュアを加える必要性は低いと思います。しかし、何故かこの1年半の間にジオコレを中心に買い溜めてきたものが増えてしまいました。ミニレイアウトにこんなに設置できるわけはありません。フィギュアを設置するのも結構時間を要すので、厳選して使用したいと思います。

02

今日設置するのは、ジオコレの「祭りの人々です。分校の運動場に置いた盆踊りの櫓の周りを踊る人たちを見ているという設定にしたいと思います。

03

校門を入ったところのスペースに、浴衣姿のフィギュアを集中して設置していきます。広いスペースにバラバラに置くとフィギュアの設置効果が薄れるので、何人も群がらせて人ごみ感を出したいものです。

04_4

出来るだけ親子連れの様に配置します。校門のそばにゴチャゴチャと人が群がりました。見ている人たちは、踊りの輪の中に加わるタイミングを計っているようです。

05

でも、今のところは遠巻きに眺めているだけで、まさに「踊る阿呆に見る阿呆」の図となっています。
浴衣を制服の様におそろいにしているような気合の入った人たちが踊っている状況では、なかなかあらたに踊りの輪に加わるのにはかなりの勇気が必要でしょう。

06

「祭りの人々」全てを校門の側に設置できなかったので、駅前のワタアメの露店の前にもお客として設置します。すぐ後ろの道路を救急車が走っていくような緊迫した状況なのに、のん気にワタアメ屋の店主と話しています。

07

ジオコレではありませんが、駅前雑貨店の横の自販機の前にもフィギュアを設置します。こばるの自販機セットに付属していた女の子のフィギュアです。
制服やホットパンツ姿で、どう見ても現代のギャルです。このフィギュア、自販機のオマケの他にも、「街で遊ぶギャル」というセットにも入っているものです。昭和の時代のサンキストの古い自販機にそぐわないかも知れません。

それに、カブのおじさんが歩道を突っ込んできていてぶつかりそうです。気をつけて欲しいものです。

08

夜になると、自販機には照明が灯ります。
ただ、カブの反対側からはミゼットが路地に入ってきていて、こちらもギャル達にぶつかりそうです。

09

フィギュアはまだまだたくさんあるのですが、殆どは今回のレイアウトには設置できそうにありません。今後レイアウトを作成する機会まで、大切に保管しておくことになりそうです。

前回はこちら
「鉄道模型少年時代」第71号 側面パネルは頑丈な塩ビ板でした

次回はこちら
久々の休みの週末グロッキー・・・側面パネル隙間塗装もヨレヨレ

|

« 「鉄道模型少年時代」第71号 側面パネルは頑丈な塩ビ板でした | トップページ | 久々の休みの週末グロッキー・・・側面パネル隙間塗装もヨレヨレ »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん こんばんは
里山駅周辺や運動場に、人々が集まり賑やかになってきましたね。まだまだあるフィギュア、楽しい情景が再現される事と思います。
>またまた 
honestさんの決まり文句の様ですが、新聞ネタです。
本日の夕刊に、以前、YUJIさんが紹介された『有田焼カレー』がJR九州駅弁NO.1に選出されたとトピック記事でありました。
おりしも、大阪の阪神百貨店では、全国駅弁大会が開催されていますが、こちらの人気は、東北新幹線E5系の形の容器の駅弁と九州新幹線さくらの形の容器の駅弁で入荷して、すぐに完売するらしいです。実物の(さくら)開業したら乗ってみたいものです。

投稿: マーボウ | 2011年1月28日 (金) 22時52分

マーボウさん、こんにちは。

フィギュアの設置は地味な作業ながら、ジワジワと情景が生きてくるので楽しいですね。吟味にてもっと人口増やします。

有田焼カレー、九州No.1駅弁とは!情報ありがとうございます。
あれを列車の隣で食べられたら空腹時には耐えられませんが、駅弁大会で買うことが売上の大半なのでしょうね。
あの有田焼の食器は便利で、我が家ではいつもカレーの時に愛用しています。
開通の折には、私もさくらに乗って、honestさんの熊本までひとっとびしたいものです。

投稿: YUJI | 2011年1月29日 (土) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50693321

この記事へのトラックバック一覧です: 踊る阿呆に見る阿呆!フィギュア追加設置を進めています:

« 「鉄道模型少年時代」第71号 側面パネルは頑丈な塩ビ板でした | トップページ | 久々の休みの週末グロッキー・・・側面パネル隙間塗装もヨレヨレ »