« 「週刊零戦をつくる」第77号 模型の巨大さを実感するデカール! | トップページ | 宝島社の「HOMESTAR AQUA cute BOOK」でお手軽プラネタリウム? »

2011年2月18日 (金)

「鉄道模型少年時代」第74号 ラス前の号はすることありません・・・

7401

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の第74号です。

一昨年の8月に創刊となってから長らく続いてきたこのシリーズも、いよいよ次号にて終了となってしまいました。ほんの少しだけながら、記事情報に参加したこともあり、製作している期間は、後年になって思い起こすととても思い出深い時期になりそうです。

オーラス前の74号では、作成作業自体はありません。レイアウトを構成するパーツは既に配布が終了しており、終盤は体裁を整えるアクセサリーや車両の配布です。

7402

付属パーツ自体は興味深いものではなかったのですが、冊子の裏表紙のTOMYTECの広告に目を惹かれました。このスペースには、模型のパーツ提供をしているTOMYTECが毎号様々な広告を入れています。今回は、バスコレ走行システムの広告でした。試作品は、私も昨年の静岡のホビーショーで見ていましたが、なかなか発売のアナウンスがなされずにいました。

Nゲージ模型に対応したスケールのバスコレは、人気のシリーズです。それを模型の中で走行させるセットです。模型のバス走行は、「鉄道模型少年時代」のレイアウトにてカズキさんが実現されています。鉄道模型の中では、列車だけが動いていて他の乗り物は静止しているのは仕方ないことだと諦めていたのに、カズキさんのレイアウトでは、バスが行き来してリフトが山を上下しています。とても楽しそうです。

7403

TOMYTECのセットは汎用性が無く、決められたセット内を周回するだけです。それでも、トラムと同時走行ができるようであり、市街地レイアウトに仕立てれば、それなりに楽しい光景になりそうです。レイアウトまで発展させなくても、このセットとトラムを同時走行させてみたいものです。3月の発売予定とのことです。シリーズ終了後の楽しみが出来ました。

7404

今回の付属品は、トレーラー化パーツセットです。
鉄コレ車両をNゲージレイアウト内にて動力車と連結して走行させるためのパーツです。パーツ自体は小さいものですが、いつものストラクチャー箱に入っています。

7405

箱の中身は、大半がボール紙の緩衝材でした。パーツは指先で摘めるほどのものです。

7406

小さなビニール袋二つと、解説書が出てきました。
かつて見たことのあるパーツです。

7407

カプラーやスペーサー、ウェイト、車輪など、鉄コレを動力化させるパーツです。
モノ自体は、TOMYTECの市販の「鉄道コレクション用Nゲージ走行用パーツセットTT-03」のパーツ抜粋版です。並べて比べたわけではありませんが、かつて何度か購入しているパーツなのでよく覚えています。TT-03は2両分入っていますが、今回の付属パーツは車輪やウェイトが1両分だけです。

7408

付属の解説書です。このシリーズのために作成されたものです。
車両への取り付け方法は、今号の製作マニュアルにて詳しく解説されていますし、創刊号付属のDVDにも納められています。パーツと同梱されたこの解説書を参照する必要性はありません。

7409

今回は、このパーツを取り付けるべき車両がまだありません。次号、最終号の75号にて、「里山交通キハ1501型」が付属してくるので、それに取り付けるパーツということになります。

次号のキハ1501型は、鉄道コレクション第10弾の鹿島鉄道のキハ432形の色違いかと思われます。私は創刊号の直後に鉄コレ第10弾を2両入手しました。里山交通キハ1001形の原型の旧国鉄気動車キハ04型と共に、鹿島交通のキハ432型の2両があったのですが、今回探しても出てきません。

いくらNゲージ模型が小さいとは言っても、紛失するほどのことは無いと思うので、いつか出てくるとは思います。今回は、当時の記事を読んで懐かしむことにしておきます。

2009年8月23日 (日)
「鉄道模型少年時代」創刊号車両の動力化
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2009/08/post-b6da.html

2009年8月27日 (木)
「鉄道模型少年時代」創刊号車両と鉄コレ10弾車両のNゲージ化
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2009/08/10n-460a.html

確かに入手し、トレーラー化パーツも取り付けているようなのに、失くしてしまったとは残念です。次号付属のキハ1501型を大切にすることにします。

7410

取り付け作業が無いので、内容確認したパーツは手持ちのチャック袋にひとまとめにして保管となります。ただ、「鉄道模型少年時代」のレイアウト自体は、2両連結の列車よりも単行の気動車がのんびり回っている方が似合うと思います。カーブが急なので、連結部が広く離れすぎるのです。
でも列車と言うからには2両以上連結したいのや人情です。総括制御の出来ない昔の気動車では、車両ごとに運転手が乗り込み、ブザーで合図しながらギアチェンジを同時に行っていたそうですが、そういったのんびりした時代を思い起こすことが出来そうです。

7411

ジオラマグレードアップ講座は、これまでに紹介したテクニックの総集編です。
細かい解説を記載した号数が書かれているので、仕上げの際の参考になりそうです。この見本レイアウト、緑いっぱいで夏の光景バッチリです。私も参考にして、パウダーやフォーリッジを撒きたいと思います。

7412

次号、オーラスの第75号の付属品は、キハ1501型ディーゼルカーです。
創刊号が車両で始まり、最終号も車両で締めるということです。今回付属のトレーラー化パーツを取り付けて、いよいよシリーズ終了となります。いざ、あと1号となると非常に寂しい気持ちになります。レイアウトの完成はまだ先のことながら、毎週首を長くして待っていた木曜日の楽しみが来週限りという現実がすぐそこに迫ってしまいました。

前回はこちら
30余匹の蛍、少年時代のレイアウトの河原を舞う!

次回はこちら
HOMESTAR AQUA cuteでレイアウトの星空は作れるか?

|

« 「週刊零戦をつくる」第77号 模型の巨大さを実感するデカール! | トップページ | 宝島社の「HOMESTAR AQUA cute BOOK」でお手軽プラネタリウム? »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

バスやリフトと色々とくだらない事をやってきましたが(本人はいたって真面目のつもりですが)ちゃんとした卒業制作をやらねばと思っています。

先日の背景板の流れ星のプログラム、スクリーンセーバーにしてURLからダウンロードできるようにしておきました。
ディスプレイも液晶になってスクリーンセーバーもあまり需要はないと思いますが動く背景として使えます。

投稿: カズキ | 2011年2月18日 (金) 22時11分

カズキさん、こんばんは。

星空のスクリーンセーバー、楽しいですね。流れ星が消える様子がリアルです。

起動時、一瞬液晶パネルが大量にドット欠けしているかのようでビクッとしましたが、すぐに色とりどりの星(カラーの場合)で癒されました。このまま背景に使用できますね。光ファイバーよりも簡便ですね。

投稿: YUJI | 2011年2月18日 (金) 22時38分

いよいよ来週で最終回ですね。とは言いながら電飾の配線等やることがまだまだ有って終わりは全く見えません。

バスコレ走行システム基本セットAの件ですが実は割引と送料無料につられてアマゾンに注文してしまいました。しかしオーバルコースは単調ですし、いずれ交差点を曲がる事が出来るのと車種が豊富になるのを期待しての先行買いです。ワイドトラムと組み合わせてミニレイアウトでも考えて見ると楽しいかもしれません。

投稿: 三日月 | 2011年2月18日 (金) 22時39分

三日月さん、こんばんは。

完成を目指して購読しているのに、結局ワクワクと毎週パーツを待っている時が一番幸せなのですよね。いつまでも完成したくはありませんが、ある程度でケリを付けないといけませんよね。

バスコレ走行システム、もう予約注文出来たのですか!情報ありがとうございます。私も検討したいと思います。こういうデカイのは通販に限りますね。

ワイドトラムも入手しておいて、バスコレ到着後に連結させたいものですね。バスも改造できるかもです。

投稿: YUJI | 2011年2月18日 (金) 22時46分

 雪の被害もありますが、とにかく学びの、”蛍”の光、”初春”の窓の雪ですね、おめでとうございます まだまだお別れたくはありませんね。 かってに卒業式同席しました。

投稿: honest | 2011年2月18日 (金) 22時47分

honestさん、こんばんは。卒業式のご同席、ありがとうございます。
来週が卒業式ながら、劣等生故に留年です。自己学習を重ねて、晴れて卒業宣言とします。

卒業したくは無いのですが、シリーズ終わる上に、一旦ケリを付けないと応援してくださる方や家族から見放されません。

投稿: YUJI | 2011年2月18日 (金) 23時21分

YUJIさん、こんばんは。
私も「留年時代」確定です。在校生の言葉でも読み上げましょうか。

現在、校舎の裏山探検用の小径を作成中です。だんだん緑が増えてきましたが、あと1週間ではとうてい卒業できません。
駅の裏側もノープランで放置したままなので、樹木を本誌改造講座を参考に増やしていこうと思います。

投稿: まっぴい | 2011年2月19日 (土) 00時21分

まっぴいさん、こんにちは。

留年同士、まだ勉学に励みましょう!
学校の裏に楽しい登山道が出来ましたね。学校の裏山という感覚、放課後に探検に出かけたくなる小道のようです。

74,75号のジオラマグレードアップ講座は、改造テクニックのインデックスとして使用できそうです。

投稿: YUJI | 2011年2月19日 (土) 11時25分

YUJIさん こんにちは
私は、水曜日夜から発熱し、木曜日の朝にインフルの診断が下り昨日までほぼ、床に付いたままでしたので、74号もさっき開封したところです。いよいよ、ラスト1号となり皆様卒業に向けて製作に励んでおられるところですが、病欠しては3月いっぱいの年度内の卒業も絶望的になりました。
>グレードアップの総集編
改めて見るときにインデックスになりますね。私はエクセルでインデックスを作ってましたのに・・・
>バスコレ走行システムもう予約出来たのですか?
大変興味があり、トラムと一緒に走行してみたいものですね。動力ユニットのみで走行、停止等制御できるのでしょうか?

投稿: マーボウ | 2011年2月20日 (日) 11時09分

マーボウさん、インフルエンザ大変でしたね。

今は特効薬があるので、早めに飲めばすぐ楽になれますが(私は3日間我慢していたので効くのに2日間掛かりましたが)、5日間は外部との接触が禁止となるので大変です。この機会に、ゆっくり体を休めていただきたく存じます。

バスコレ走行システム、詳しいことは判りませんが、ホビーショーのデモではバス停で停車して走り出すなどの制御をしていました。

投稿: YUJI | 2011年2月20日 (日) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50906831

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道模型少年時代」第74号 ラス前の号はすることありません・・・:

« 「週刊零戦をつくる」第77号 模型の巨大さを実感するデカール! | トップページ | 宝島社の「HOMESTAR AQUA cute BOOK」でお手軽プラネタリウム? »