« オリジナル動作を加えた照明&サウンドメカユニットで電飾コントロール | トップページ | 「鉄道模型少年時代」細部に草を植えて実感的に »

2011年2月26日 (土)

「鉄道模型少年時代」河原にキャンプが似合わない・・・

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の製作の話題です。

全75号は終了してしまい、もう新しいパーツや情報の配布は無くなってしまって寂しい日々を送っておりますが、まだ私は完成して卒業できておりません。いつまでも留年してはいられませんが、もう少しこのレイアウトで楽しみたいと思います。

01_2

レイアウトの大部分の情景自体は殆ど出来上がっており、細部のフォーリッジやパウダーの散布を残すのみとなっています。しかし、レイアウト右手前の河原の部分は、簡単に地面パウダーを撒いた状態で放置しています。ここに何かの情景を作成したいのですが、なかなか考えがまとまらないのです。水車小屋を置いてしまっているので、表現の制限が多いということもあります。水車小屋は、どうしても回転できる状態で設置したかったのです。

02_2

河原から墓地に向かう部分の小道を作成したときに使用した木工用ボンド水溶液が浸透して、みっともない染みになっています。レイアウト全体を眺めて、この手前の部分のみが未完成の状態になっている証左でもあります。何とかせねばならないのですが、重い腰を動かすことができません。

03_2

当初は、この河原スペースはキャンプサイトにする予定でした。アイコムのマイクロ・ライフシリーズの「釣りキャンプ」と、「キャンプ場&タープセット」を入手して、やる気は満々でした。でも、何となく合わないような気がしてきて放置状態でした。
レイアウトにテントなどを仮置きしてみたことは無かったので、今回は初志を確認するために設置して様子を見たいと思います。

04_2

テントとタープなどを設置します。
キャンプサイトには、この他にもキャンプファイヤー等も設置したいですし、石や木材を配置して雰囲気を出せるかと思います。

05_2 

しかし、やっぱりなんだか周囲と合いません。
テントがドーム型で近代的過ぎるのもありますが、それ以前にキャンプがミスマッチに見えます。もっと川に近い場所ならば雰囲気が出たかもしれません。でも水車小屋があるので無理です。この水車小屋の牧歌的な雰囲気と、テント、タープ等のレジャー的光景が合わないようにも見えます。

06_2

テントに付属していた釣り人だけはこの場所に馴染みそうです。ベースの部分を切除すれば、すぐにでも設置できるでしょう。

07_3

すぐ側の墓地とのバランスもいまいちです。
墓地には柳の木を植えて、その中に人だまでもボヤリと発光させようか、等と企んでいましたが、悪趣味なので実行していません。でも電柱の側に柳は欲しいところです。ますますキャンプと合わない光景です。

08_2

釣り人は、アイコムのセットに入っているもの以外に、KATOのフィギュアも入手しています。狭い河原にこんな釣り人ばかり配置したら、釣堀のようになってしまうのである程度に制限するつもりです。

釣り人のような、設置に迷う必要の無いもの以前に、河原情景をどうするか考えないと、いつまで経っても卒業できそうにありません。

前回はこちら
オリジナル動作を加えた照明&サウンドメカユニットで電飾コントロール

次回はこちら
「鉄道模型少年時代」細部に草を植えて実感的に

|

« オリジナル動作を加えた照明&サウンドメカユニットで電飾コントロール | トップページ | 「鉄道模型少年時代」細部に草を植えて実感的に »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん、はじめまして。
私も少年時代を製作しております。
とうとう75号までいってしまいましたが私はまだ40号あたりを製作いるのでまた楽しめます。
今日は、休日なので駅前旅館・駅舎・駅舎雑貨店・街灯(3本)の電飾を施しました。
これで建物の電飾が終了しましたので、明日からトンネル製作を開始するつもりです。
実は私、レイアウトをこしらえるのは初めてなもので、使用する道具の名前も全く知りませんでした。
テレビのCMを見た際に自分も作ってみたいと思いました。
正直、LEDの基礎知識なども全く知らなかったです。
組み立ては思いの外簡単だったので安心しましたがYUJIさんのブログを見た際に自分も電飾をやってみたい!と思いました。
YUJIさんのブログ説明文はとても分かりやすく、初心者の私でもすぐに製作することが出来ました。 「レイアウトに電飾を施す!」これ以上の幸せは私にとってありません。
YUJIさんには本当に感心!感心!です。
毎日、ブログ拝見させていただいております。
これからも記事更新頑張ってください。

投稿: あさひ | 2011年2月26日 (土) 20時42分

あさひさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

>とうとう75号までいってしまいましたが私はまだ40号あたりを製作いるのでまた楽しめます。

羨ましいです。まだまだ長期間楽しめそうですね!
電飾関連のネタを提供したあたりの記事をご覧のようですが、掲載順が遅いものもあったりしてお叱りを受けた箇所でもあります。

前作の「昭和の鉄道模型をつくる」の製作の時に、最初に100円ショップのイルミネーションを使用して建物を電飾した時の感動は忘れられません。あの思いが高じて今回は新しいことにたくさん挑戦しました。

完成間際ではありますが、あえて楽しむために仕上げていない状態です。でも、ちゃんと仕上げて完成宣言を致します。

気晴らしのブログのために、記事が書けない日も多いのですが、まだまだマイペースで続けます。何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿: YUJI | 2011年2月26日 (土) 22時22分

YUJIさん、こんばんわー

私は既に終わってしまって、
時々動かして遊んでおります。
(全て標準の情景ですが・・・)

河原の情景の完成がたのしみです。
早くみたいですね。^^

投稿: マッキー | 2011年2月26日 (土) 22時53分

またまた、またまた、まったく関係なく。 日本一の清流、川辺川の五木ダム計画の見直し、里山の魚たち(釣られなくて生き延びてほしい)にも、朗報だと。 
 うるさい地元の一意見です。 ところで人吉・球磨川の鮎はおいしいですよ。 SLもあります。

投稿: honest | 2011年2月26日 (土) 23時38分

>マッキーさん、こんばんは。

無事ご卒業、おめでとうございます。
私の方も、早く仕上げられるように頑張ります。

>honestさん、こんばんは。

川辺川の五木ダム計画見直し、遠い愛知からも大歓迎です。

球磨川の鮎、是非賞味したいものです!10数年前に、人吉駅の駅弁の鮎寿司食べました。姿のままの鮎の楽しいお弁当で、ビールに良く合いました。

投稿: YUJI | 2011年2月27日 (日) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50921796

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道模型少年時代」河原にキャンプが似合わない・・・:

« オリジナル動作を加えた照明&サウンドメカユニットで電飾コントロール | トップページ | 「鉄道模型少年時代」細部に草を植えて実感的に »