« 簡単プラネタリウムでのレイアウトの背景板の星空化は、上空なら可能 | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第2号 逞しい胸像完成! »

2011年2月22日 (火)

照明&サウンドメカユニット電源周りの仕上げです

講談社のNゲージジオラママガジン、「鉄道模型少年時代」の製作の話題です。

今週木曜発売の75号にて最終号を迎えてしまうこのシリーズですが、まだレイアウトの細部を仕上げていないので、完成はもう少し後になります。情景作りと同時に、そろそろ電飾周りの仕上げもしていかなければなりません。プラネタリウムで遊んでいるだけでなく、ちゃんと前に進まないとちっとも卒業出来ません。重い腰を上げて、メカユニットの仕上げから開始しました。

01

このシリーズの33号に付属してきた、「照明&サウンドメカユニット」にボリュームやボタンを追加する改造を行っています。長い間仕舞ってありましたが、レイアウト仕上げにあたって、久し振りに引っ張り出して、電源入力周りの再改造を行いました。

02

メカユニット上部のインターフェイス部分には、電力の入力ジャックを追加したほか、他のスイッチも用途を変更しています。当初の設計通り使用するのは、スピーカーのジャックだけです。

03

このメカユニットは、単3電池2本を使用する3.3Vの電圧でサウンドを鳴らしますが、私はレイアウト本体の電源から供給しようと思います。当初はレイアウトの木製ベース裏面に回路を作って、12Vから3Vまで降圧したものをこのメカユニットまで引っ張ってきて接続しようと思っていました。しかし、木製ベース裏面は電飾工作のために入り組んできており、これ以上複雑にしたくありません。

そこで、12V電源をそのまま分岐してこのメカユニットまで引っ張ってきて、メカユニット内にて3V程度に降圧しようと思います。使用するのは、大須の第一アメ横1階奥のアイテクさんで200円で買ってきた3.3V電源ユニットのキットです。

04

3端子レギュレーターを使用し、安定化のためのコンデンサをセットしたキットです。バラバラに揃えるよりもお手軽なので、この手のキットを電圧調整に愛用しています。付属の基板が便利です。但し、3端子レギュレーターの基本的知識がないと使いこなすのは困難です。

05

ジャックで取り込んだ12Vの電圧を、この回路を通して3.3Vに降圧し、サウンドの電源とするわけです。チョチョイと結線して作業終了です。

06

電源ユニットは、メカユニット内部の下部の隙間に何とか押し込むことが出来ました。
もしスペースが無ければ、電池ボックス内部に設置するつもりでしたが、何とかそれは免れることが出来たようです。

07

電池ボックスは、一応温存しています。外部電源を使用しないときでも、電池から給電してサウンドユニットを鳴らすことが出来ます。ただ、外部電源と電池はトレードオフです。同時に使用することは出来ません。電池が破裂したり、液漏れを起こす恐れがあります。

08

次に、メカユニット上部のインターフェイスやスイッチに貼るシールを作成します。

09

救急車の動作回路、水車の動作回路、そして中央の12V入力、照明の切り替え回路、スピーカーのジャック、それぞれ間違えないための表記を行いました。

10

ボディ右側に追加した二つのスイッチの動作表示のシールも作りました。
上は水車の動作スイッチ、下はわかりにくいですが、救急車の動作スイッチのつもりです。

レイアウト本体の配線から、このメカユニットに接続するためには、かなりの改造が必要です。最終的にはアクリルケースに収めた状態にて各種配線を最適化するので、もう少し後の作業となります。これが繋がったときが、いよいよ電飾関連の最終回となりそうな気がします。

前回はこちら
簡単プラネタリウムでのレイアウトの背景板の星空化は、上空なら可能

次回はこちら
「鉄道模型少年時代」第75号 いよいよ最終号です

|

« 簡単プラネタリウムでのレイアウトの背景板の星空化は、上空なら可能 | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第2号 逞しい胸像完成! »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道模型少年時代」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん こんばんは
サウンドユニットの改造完了、ご苦労さまです。
私は、ジオラマとは別に、コントロールBOXを作る算段で考えてますのでサウンドユニットは手つかずです。
>インフル罹患のその後
本日まで外出禁止でしたので、自宅マンションの和室に軟禁状態でした。妻が、トイレと食事以外は殆ど、部屋から出してくれません
。和室では、テレビは見れるのですが、撮り溜めた番組は、リビングでしか見れない(HDDの為)ので、雑誌等で時間つぶしです。御蔭で妻に伝染することもなく済みそうです。明日から平常通りの勤務に戻りますが、社内で後二人患者が出ているそうなので、休んだ分と合わせて対応に追われそうです。
皆様も、くれぐれもお気をつけ下さい。

投稿: マーボウ | 2011年2月22日 (火) 22時49分

こんばんは(゚▽゚)/サウンドユニット良い感じですね。私は12Vから3Vまで変えられるACアダプターを強引に繋いでしまったので見てくれがイマイチです。

この前予約したバスコレ走行システムですがそれのパンフレットを見ているうちにLRTと並走させたくなってワイドトラムレール特別セットなる物を購入してしまいました。

まだ少年時代も仕上がってないのに自分でも呆れてしまっています。多分ですが東京中央区が路面電車を復活?などと言うニュースの影響も大きい気もしています。

投稿: 三日月 | 2011年2月22日 (火) 23時05分

>マーボウさん、こんにちは。

インフルエンザからのご回復、本当に良かったですね。

罹患した私自身はもちろんながら、家族にも苦労を掛けました。症状が治まらないときは寝ているほかないのですが、リレンザが利いて楽になると退屈なものです。工作など集中作業は出来ないので、ぼんやりテレビ見ているほかありませんよね。

まだインフルエンザ猛威を振るっているようですね。型が異なれば、我々も罹ることがあるので気をつけたいものです。

私はインフル去ったら、花粉症がやってきました。早速処方された抗ヒスタミン剤(アレロック)の副作用で、突然睡魔が襲ってきます。その内慣れるのですけれど。


>三日月さん、こんにちは。

ワイドトラムレール特別セット、調べたらかなりの割引率ですね!ココロ動きます。
バスコレ走行システムがやってきたら、早々に併走光景が再現できそうですね。

少年時代、明日発売の75号で終わってしまいますが、レイアウト作成はもうしばらく続きます。電気関係をまとめないと、完成とはまいりません。
最後の車両は、コレクションとして大切に保管しておくことになりそうです。

投稿: YUJI | 2011年2月23日 (水) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/50785367

この記事へのトラックバック一覧です: 照明&サウンドメカユニット電源周りの仕上げです:

« 簡単プラネタリウムでのレイアウトの背景板の星空化は、上空なら可能 | トップページ | 「週刊ロボゼロ」第2号 逞しい胸像完成! »